ニッキン FITフォーラム: fit。毎年、10月に東京で開催する日本最大の金融ITフェア「FIT」(金融国際情報技術展)のセミナー部門を独立、全国主要都市で展開している金融機関向けイベントです

Home > FIT東京フォーラム > FIT東京フォーラム・サイバーセキュリティセミナー

FIT東京フォーラム・サイバーセキュリティセミナー

テーマ: サイバーセキュリティセミナー
 ~対策は万全ですか?深刻化する前にできること~
開催趣旨:  5月13日、ランサムウェアによる世界規模の感染被害が明らかになり、金融界にも大きな衝撃が走りました。2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催も見据えて、攻撃の増加も見込まれます。
 そうしたなか金融庁では、昨年10月に初めて行ったセキュリティ演習を「今年はより実効性の高い内容で実施する」としており、金融機関にはさらなるサイバー攻撃への対策強化が求められています。そこで、深刻化する攻撃を防ぐために必要な新製品・ソリューションについて金融事例を交えて紹介します。
日時 : 2017年7月11日(火)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 東京會舘LEVEL XXI (レベル21)
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-2 アーバンネット大手町ビル 21FMAP
定員 : 60人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。
協賛 : ネットワークバリューコンポネンツ、エンカレッジ・テクノロジ、
インターネットイニシアティブ、エムオーテックス、エントラストジャパン
(講演順)

申し込みはこちら



セミナースケジュール

内容講師名

Session 1
10:00~11:00

侵入が前提時代の最善策はこれだ! インシデントレスポンスの実践方法

 日々ずる賢くなっていく攻撃手法に、もはや脅威を完全に止めることはできません。このような状況の中で考えるべきことは、インシデントが発生した際にいかに早期に検知、対応することができるかです。それによって、自社へのダメージを最小限に抑えることができます。
 自社とその価値を守るために何をし、何を把握しているべきなのでしょうか。インシデントレスポンスを再考しましょう。

(株)ネットワークバリューコンポネンツ
エンジニアリング部
第1グループ
第1チーム
堀井 靖章 氏

Session 2
11:10~12:10

青梅信用金庫様における特権ID管理強化の取り組み事例

 今金融機関にとって、多様化するセキュリティリスクへの対処は、重要な経営課題となっています。中でも特権IDの適正な管理は、内外のセキュリティリスク管理の要であり、優先して取り組む必要があります。
 本セッションでは、弊社の特権ID管理ソリューション「ESS AdminGate」を採用し対策強化を実現した青梅信用金庫様における事例を中心にご紹介いたします。

エンカレッジ・テクノロジ(株)
事業推進部長
日置 喜晴 氏
12:10~13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 3
13:00~14:00

どこまでやるべき? 限りあるリソースで高度化する脅威に立ち向かうためには

 ランサムウェア、標的型攻撃、DDoS攻撃による被害は、手口の巧妙化や攻撃規模の拡大により、金融機関においても深刻な問題となっています。
 本セッションでは、直近の攻撃傾向や攻撃手法を踏まえ、金融機関で着目されているサンドボックス、Web分離などの対策をどのように実現すべきなのか、限りあるリソースの中で対策を実現するポイントをご紹介します。

(株)インターネットイニシアティブ
サービスプロダクト事業部
プロダクトマーケティング室
和泉 瑛一 氏

Session 4
14:10~15:10

沖縄銀行が採用したエンドポイントセキュリティとは

 沖縄銀行では、秘匿性の高い個人情報を数多く取り扱っている金融機関だからこそ堅持すべき、安全かつ信頼性の高いインフラ作りに長年取り組んできました。
 同行がさらなるセキュリティ強化策の1つとして取り組んだのが、未知のマルウェアへの対策でした。検証を重ねた結果、人工知能の技術を活用したエンドポイントセキュリティ製品でした。

沖縄銀行 システム部
執行役員部長
髙良  茂 氏、
同部上席調査役
上原 慶典 氏、
エムオーテックス(株)
営業本部役員
池田 淳 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 5
15:30~16:30

AIエンジンが認証セキュリティを高め、サイバー攻撃のリスクから金融機関、顧客を守る

 AIエンジンによる予見的危機管理、スマートフォンやタブレット機能の拡張、オンプレミスおよびクラウド型のサービスの提供、多くのITサービスを統合する生態認証を含む複数の認証手段を可能とする次世代認証によって、顧客の利便性を損なわずに、取引のセキュリティを高めるプラットフォームをご紹介します。

エントラストジャパン(株)
カントリーマネージャー
堀川 隆治 氏

▲ このページのトップへ

2017年6月12日