ニッキン FITフォーラム: fit。毎年、10月に東京で開催する日本最大の金融ITフェア「FIT」(金融国際情報技術展)のセミナー部門を独立、全国主要都市で展開している金融機関向けイベントです

Home > FIT福岡フォーラム

FIT福岡フォーラム・サイバーセキュリティセミナー

テーマ: サイバーセキュリティセミナー
 ~対策は万全ですか?深刻化する前にできること~
開催趣旨:  5月13日、ランサムウェアによる世界規模の感染被害が明らかになり、各界に大きな衝撃が走りました。一方で、金融庁は昨年、77機関が参加するセキュリティ演習を実施。「職員の端末がマルウェアに感染した」といった想定のもと、原因究明や危険除去作業に取り組みました。
今回基調講演には、この演習に企画段階より携わった事務局メンバーのNTTデータ経営研究所 大野博堂氏を招き、金融庁の問題意識を紐解きながら対応方法を解説します。また、より深刻化する攻撃を防ぐための新製品・ソリューションについて金融事例を交えて紹介します。
日時 : 2017年6月23日(金)10:00~15:20(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 福岡銀行協会 4階
〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴1-5-17 福岡銀行協会 4階MAP
定員 : 40人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。
協賛 : セキュアブレイン、エムオーテックス、ThreatMetrix(講演順)

◆申込受付は終了いたしました



セミナースケジュール

内容講師名

Keynote
10:00~11:00

金融機関に求められる効果的なサイバーセキュリティ対策

 昨今課題となっている金融機関におけるサイバーセキュリティ対策のあり方について、金融庁主催のサイバーセキュリティ演習などを通じて得られた示唆を中心に解説します。

(株)NTTデータ経営研究所 パートナー、
金融政策コンサルティングユニット本部長
大野 博堂 氏

Session 1
11:10~12:10

不正送金対策最前線! 最新のバンキングマルウェアの動向と対策のご紹介

 インターネットバンキングを標的としたサイバー攻撃はグローバル規模の犯罪ビジネスとして確立しており、その攻撃手法は複雑化、巧妙化しています。 本セミナーでは不正送金を目的としたバンキングマルウェアの最新の手口の紹介と、その対策方法を解説します。また、当社が大手銀行で不正送金被害を大幅に削減した実績を元に開発した、新たな不正送金対策ソリューションをご紹介します。

(株)セキュアブレイン
執行役員
田島 久行 氏
12:10~13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 2
13:00~14:00

沖縄銀行が採用したエンドポイントセキュリティとは

 沖縄銀行では、秘匿性の高い個人情報を数多く取り扱っている金融機関だからこそ堅持すべき、安全かつ信頼性の高いインフラ作りに長年取り組んできました。 同行がさらなるセキュリティ強化策の1つとして取り組んだのが、未知のマルウェアへの対策でした。検証を重ねた結果、人工知能の技術を活用したエンドポイントセキュリティ製品でした。

沖縄銀行 システム部
執行役員部長
髙良  茂 氏、
同部上席調査役
上原 慶典 氏、
エムオーテックス(株)
営業推進部長
金子 大輔 氏
14:00-14:20 コーヒーブレイク

Session 3
14:20~15:20

日々巧妙化する金融ネット犯罪の現状分析とその対策に効果的な最新の不正検知技術解説

 スマートフォンの普及と共に、ネット上での非対面金融取引は増加し、それに伴い巧妙な不正アクセスによる詐欺犯罪が増加の一途をたどっています。このような犯罪を未然に防ぐためには、本人特定をよりリアルタイムに、そして正確に判定する高度な技術が求められます。このセッションでは、不正アクセスの脅威の現状を分析し、進化する詐欺犯罪を未然に防ぐための効果的な対策と分析手法、そして運用のノウハウについて解説します。

ThreatMetrix
セールス・ダイレクター
平井 健二 氏

▲ このページのトップへ