ニッキン FITフォーラム: fit。毎年、10月に東京で開催する日本最大の金融ITフェア「FIT」(金融国際情報技術展)のセミナー部門を独立、全国主要都市で展開している金融機関向けイベントです

Home > 2015年度のFITフォーラム

FIT福岡フォーラム IT利活用セミナー

テーマ: 収益力強化のためのIT利活用セミナー
 ~顧客との接点構築・強化を担う新たな提案スタイルとは~
開催趣旨: 金融機関の最重要課題のひとつに「収益力強化」があげられます。顧客への提案力の底上げ、行職員のレベルアップを図るには、ITを利活用した情報分析ツールの存在が欠かせません。営業に最適な情報をパソコンやスマートデバイスに実装し、顧客に対して視覚的に情報を提供する動きが活発です。行職員や提案時の理解度をより深めることのできるWeb会議システムの活用も広がっています。
本セミナーでは、相続支援対策に向けた不動産登記の異動情報分析ツールの活用方法などを通じ、顧客接点の強化を担う新しい提案スタイルをご紹介し、収益力強化への課題解決を支援します。
日時 : 2016年3月4日(金)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 福岡銀行協会 4階
〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴1-5-17MAP
定員 : 40名(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。
協賛 : JON、ブイキューブ、ピツニーボウズ・ソフトウェア、シスコシステムズ(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

基調講演
10:00-11:00

金融サービスにおけるビックデータとオムニチャネルの活用の視点

 分かるようで分かりにくいビックデータとオムニチャネル。近年、注目を集めるようになった背景とともに定義や概要をご紹介します。また先進的な海外金融機関事例や他業界事例等を交えながら活用方法について解説。さらに実際に金融機関で導入する際の分析・検討の観点もご紹介します。

(株)NTTデータ経営研究所 金融コンサルティングユニット マネージャー
上條 洋 氏

Session 1
11:10-12:10

登記異動情報から相続・アパートローン対策の見込客を発見するには

 税制改正による新しい相続税の施行が始まりました。これからは、住宅ローンの利用のみならず、相続・アパートローン等の多様なお客様の悩み・ニーズの掘り起こしと対応が金融機関には求められることでしょう。
不動産登記の動きの分析・把握・可視化により、相続・アパートローン対策が必要な顧客発掘から人員・店舗配置の適正判断など、金融機関の皆様の不動産版EBMとしてJONの各種サービスをご紹介します。

(株)JON 東京第三
有吉 治彦 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 2
13:00-14:00

幅広い世代へ資産運用をテーマにお届けする
   情報提供型オンラインセミナーの活用方法

 少子高齢化に代表される社会構造の変化、ライフプランの多様化(仕事や介護の両立、相続対策)にともない、金融業界で取り扱われる商品や制度が変化してきています。その一例として、業法改正やジュニアNISAの啓蒙、ライフプランに対応する商品などがあり、これら商品を幅広い世代へ、効率良く伝える手法とは何かその具体的な方法や事例をご紹介します。

(株)ブイキューブ 営業本部 グループマネージャー
野原 康文 氏

Session 3
14:10-15:10

金融機関向け 収益を最大化する新潮流「対話式パーソナライズド動画」

 顧客への新たな情報提供ツールとして動画が注目を集めています。メールなどの既存の手法に比べ、動画による視覚的な効果等から、顧客の理解度がより深まり、費用対効果が明確になる点が評価され、多くの企業で積極的に導入が進んでいます。顧客の属性に合ったストーリーを使って個別に情報提供し、対話機能を持たせることで、顧客ニーズまでも理解することができる「対話式パーソナライズド動画」について、金融機関の事例を交えてご紹介します。

ピツニーボウズ・ソフトウェア(株) 営業本部 営業部長
滝本 謙一 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 4
15:30-16:30

最新IT技術を活用したセールスチャネル強化策

 高齢化・税制改正により相続関連業務の窓口対応強化は金融機関にとって益々重要度を増しておりますが、最新IT技術が生み出す新しい窓口業務のあり方についてご提案します。
後段では、オムニチャネル化の実現に向けて大きな障壁となるデータ連携において、システム部門様が抱える課題と解決策をご紹介します。

シスコシステムズ(同) エンタープライズシステムエンジニアリング カスタマーソリューションズアーキテクト
阿部 俊 氏

▲ このページのトップへ

FIT大阪フォーラム サイバーセキュリティセミナー

テーマ: サイバーセキュリティセミナー
 ~最新脅威から金融システムを守り抜く術を徹底公開!~
開催趣旨: サイバー攻撃自体の高度化が進む中で、金融庁は金融機関のサイバーセキュリティ管理態勢の整備状況を把握するため、各金融機関を訪問して、防御システムに不備がないか調査を始めています。一方でサイバー攻撃対応への情報共有団体「金融ISAC」が組織されるなど金融界全体の動きも活発化しています。金融機関がサイバー攻撃を受けた場合、人々の生活に大きな影響を与えると同時に社会的信頼を失う恐れがあります。最新脅威から金融システム全体を守り抜くために必要なCSIRT等の組織づくりの在り方から、サイバー攻撃対策製品やアクセス権限・不正検知製品について事例を交えて紹介します。
日時 : 2016年2月26日(金)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 大阪銀行協会 別館4階
〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町3-3-5MAP
定員 : 50名(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
(※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません)
協賛 : シスコシステムズ、ジェーエムエーシステムズ、有限責任監査法人トーマツ、エンカレッジ・テクノロジ(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

基調講演
10:00-11:00

インターネットバンキングにおける不正送金の実態と対策、金融ISACの取り組みについて

 インターネットバンキングにおける不正送金は、金融機関の懸命な対策にもかかわらず、ターゲットとなる金融機関の拡大や手口の巧妙化により、被害額の高留まりが続いています。本講演では、日本の銀行を狙った不正送金について、手口の変遷や特徴を説明するとともに、対策にあたっての考え方やベストプラクティスを紹介します。加えて、金融ISACの取り組み(情報共有、協働での防御策)についても紹介いたします。

一般社団法人 金融ISAC 不正送金対策ワーキンググループ 副座長
北尾 辰也 氏

Session 1
11:10-12:10

金融イノベーションの実現に向けた最先端セキュリティ
~デジタルビジネスに求められる見える化とは~

 急速な勢いで高度化するサイバー攻撃への対応は業界問わず世界共通の課題です。さらに金融機関においては、他企業との連携、FinTechやクラウドの利用など、ネットワークの境界の多様化からセキュリティが担う役割も大きく変化を始めています。シスコシステムズは、ネットワークセキュリティの観点から、さまざまな脅威に対応するためには「見える化」が最重要と考えており、今必要なセキュリティを事例を交えて解説します。

シスコシステムズ(同) セキュリティ事業  セキュリティエバンジェリスト
西原 敏夫 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 2
13:00-14:00

事例紹介 池田泉州銀行 セキュアブラウザを活用した行内アクセスのご紹介

 スマートデバイスとセキュアブラウザを利用して、外訪先から行内アクセスを実現した事例をご紹介致します。

(株)池田泉州銀行 事務統括部 調査役
堂前 勇二 氏
(株)ジェーエムエーシステムズ モバイルソリューション事業部 営業グループ ソリューションセールスマネジャー
上村 武弘 氏

Session 3
14:10-15:10

サイバーセキュリティ管理態勢整備の進め方

 平成27年4月の監督指針改定により、組織内CSIRT体制の整備が求められることになったことから、本年度にCSIRTを組成された金融機関も多数あることと思います。一方、体制は整えたものの、緊急時の対応フローや平時の具体的活動内容まで含めた態勢全体の整備については、今後の取組課題とされている金融機関も多いのではないでしょうか?本セッションでは、実効性あるサイバーセキュリティ管理態勢整備の進め方についてご説明いたします。

有限責任監査法人トーマツ 関西アドバイザリー部 シニアマネジャー
石井 秀明 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 4
15:30-16:30

事例をベースに解説 金融機関におけるクラウド利用とその安全対策のポイント

 昨年6月に改定されたFISC安全対策基準では、クラウドサービス利用の基準が示されるなど、金融機関においてもクラウドサービスの利用を本格的に検討可能な背景が整備されてきました。本セッションでは、FISCの安全対策基準に照らし合わせながら、金融機関におけるクラウド利用を検討する上で必要な安全対策のポイントおよびその実例について、事例をもとにご紹介します。

エンカレッジ・テクノロジ(株) マーケティング部長
日置 喜晴 氏

▲ このページのトップへ

FIT東京フォーラム 収益力強化のためのIT利活用セミナー

テーマ: 収益力強化のためのIT利活用セミナー
 ~顧客との接点構築・強化を担う新たな提案スタイルとは~
開催趣旨: 金融機関の最重要課題のひとつに「収益力強化」があげられます。収益力強化を図っていくためには、内・外部に散在する様々な情報を集約して活用するための、CRMやデジタルマーケティングなどの情報分析ツールの存在が欠かせません。そして、営業に最適な情報をパソコンやスマートデバイスに実装し、顧客に対して視覚的な情報提供を積極的に行っています。理解度をより深めることのできるWeb会議システムやWeb動画の活用が広がっています。本セミナーでは、顧客接点の強化を担う新しい提案スタイルをご紹介し、収益力強化への課題解決を支援します。
日時 : 2016年2月23日(火)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 全国銀行協会 銀行倶楽部 4階中ホール
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1MAP
定員 : 60人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
(※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。)
協賛 : ピツニーボウズ・ソフトウェア、ブイキューブ、アドビシステムズ、Jストリーム、日本ライフレイ (講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

Session 1
10:00-11:00

金融機関向け 収益を最大化する新潮流「対話式パーソナライズド動画」

 顧客への新たな情報提供ツールとして動画が注目を集めています。メールなどの既存の手法に比べ、動画による視覚的な効果等から、顧客の理解度がより深まり、費用対効果が明確になる点が評価され、多くの企業で積極的に導入が進んでいます。顧客の属性に合ったストーリーを使って個別に情報提供し、対話機能を持たせることで、顧客ニーズまでも理解することができる「対話式パーソナライズド動画」について、金融機関の事例を交えてご紹介します。

ピツニーボウズ・ソフトウェア(株) 営業本部 営業部長
滝本 謙一 氏

Session 2
11:10-12:10

幅広い世代へ資産運用をテーマにお届けする
  情報提供型オンラインセミナーの活用方法

 少子高齢化に代表される社会構造の変化、ライフプランの多様化(仕事や介護の両立、相続対策)にともない、金融業界で取り扱われる商品や制度が変化してきています。その一例として、業法改正やジュニアNISAの啓蒙、ライフプランに対応する商品などがあり、これら商品を幅広い世代へ、効率良く伝える手法とは何かその具体的な方法や事例を紹介します。

(株)ブイキューブ 営業本部 グループマネージャー
野原 康文 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 3
13:00-14:00

データを武器に顧客接点の改善から
  収益につなげるデジタルマーケティング最新潮流

 顧客ライフスタイルの多様化、そして“デジタル”による顧客接点の増加、さらに金融業務の細分化による未知なる競合の参入等、現在の金融業界においてマーケターを取り巻く環境は大きく変化しています。その変化に向き合うためのカギは“顧客体験”と“データ"です。ここではデータを武器に各接点における顧客体験を改善し、収益につなげた海外事例をひも解きながら、成果に直結するIT投資の考え方についてご紹介します。

アドビシステムズ(株) アドビグローバルサービス統括本部 ソリューションコンサルティング本部 マーケットディベロップメントエンジニア
熊村 剛輔 氏

Session 4
14:10-15:10

実践金融機関のポイント解説、動画を活用した顧客接点強化策

 金融界においても、市場環境の変化に伴いお客様が金融情報に接する機会・チャネルが多様化しています。特に金融市場や商品情報は内容が複雑で伝えるべき情報も多く、お客様はもちろん行職員・社員に対しても、より理解を深める対策が求められています。動画は理解促進に効果的な手法ですが、成果をあげるにはコツがあります。本セッションでは金融機関の取り組み事例を通して、動画の制作・配信時のポイントを解説します。

(株)Jストリーム プラットフォームサービス推進部 部長
小室 賢一 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 5
15:30-16:30

カスタマーエクスペリエンスの向上で収益力を強化するWeb戦略

 昨今、カスタマーエクスペリエンスの向上がオンラインサービスのキーワードになっています。しかし調査会社によると「企業の80%が優れたカスタマーエクスペリエンスを提供できている」と考える一方で、顧客側は「8%しか体験できていない」と回答しており、大きな食い違いが生じています。金融機関にとって最適な運用を実現し、顧客ニーズに合わせた情報のパーソナライゼーション機能を搭載する「LIFERAY PORTAL」で、どのようにその課題を解決できるかを紹介します。

日本ライフレイ(株) ゼネラルマネージャー
成田 臣二 氏

▲ このページのトップへ

FIT東京フォーラム 「サイバーセキュリティセミナー」

テーマ: サイバーセキュリティセミナー
 ~最新脅威から金融システムを守り抜く術を徹底公開!~
開催趣旨: サイバー攻撃自体の高度化が進む中で、金融庁は金融機関のサイバーセキュリティ管理態勢の整備状況を把握するため、各金融機関を訪問して、防御システムに不備がないか調査を始めています。一方でサイバー攻撃対応への情報共有団体「金融ISAC」が組織されるなど金融界全体の動きも活発化しています。金融機関がサイバー攻撃を受けた場合、重要インフラとして、人々の生活に大きな影響を与えると同時に社会的信頼を失う恐れがあります。最新脅威から金融システム全体を守り抜くために必要なCSIRT等の組織づくりの在り方から、金融機関に最適なサイバー攻撃対策製品について事例を交えて紹介します。
日時 : 2016年2月9日(火)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 全国銀行協会 銀行倶楽部 4階中ホール
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1MAP
定員 : 60人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
(※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。)
協賛 : シスコシステムズ、マクニカネットワークス、アシスト、有限責任監査法人トーマツ、イージー・ソリューションズ・ジャパン( 講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

Session 1
10:00-11:00

金融イノベーションの実現に向けた最先端セキュリティ
~デジタルビジネスに求められる見える化とは~

 急速な勢いで高度化するサイバー攻撃への対応は業界問わず世界共通の課題です。さらに金融機関においては、他企業との連携、FinTechやクラウドの利用など、ネットワークの境界の多様化からセキュリティが担う役割も大きく変化を始めています。シスコシステムズは、ネットワークセキュリティの観点から、さまざまな脅威に対応するためには「見える化」が最重要と考えており、今必要なセキュリティを事例を交えて解説します。

シスコシステムズ(同) セキュリティ事業  セキュリティエバンジェリスト
西原 敏夫 氏

Session 2
11:10-12:10

サイバー攻撃対策の重要ポイント! エンドポイントでの把握と対処の実現手法

 金融庁の監督指針により、CSIRT等の緊急時対応及び早期警戒のための体制整備が求められていますが、対策範囲が広く、整備を進め難い面もあるのではないでしょうか。しかし、一部の例外を除き、サイバーリスクはエンドポイントで発生しています。本セッションでは、セキュリティ水準を高めるエンドポイントの網羅的なセキュリティ対策と、それを実現するタニウムプラットフォームについて、国内金融機関の事例も交えて紹介します。

マクニカネットワークス(株) セキュリティ第1事業部 プロダクト第1営業部 第3課
羽田野 栄志 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 3
13:00-14:00

業務端末をネット環境から分離
~標的型攻撃から情報資産を守りコスト削減も可能に!!~

 当社製品「ダブルブラウザソリューション」は、業務端末を直接ネット環境と接続せずに、仮想環境上に用意したブラウザを経由してネット接続を行う画面転送方式を採用。ユーザの利便性を損なわずに、安全な通信環境下での業務を可能にします。またLinux版を利用すれば、高額なMS RDS CALが不要で大幅にコスト削減できます。金融機関の重要な情報資産を、標的型攻撃からしっかり守る最新ソリューションを金融事例とデモを交えて詳細に紹介します。

(株)アシスト システムソフトウェア事業部 仮想化推進室 技術部 部長
重松 俊夫 氏

Session 4
14:10-15:10

CSIRT 2016 ~CSIRTのあるべき姿を再整理~

 貴組織のCSIRT、名ばかりCSIRTになっていませんか。監督省庁からCSIRTに関するアンケート調査が行われるなどの動きに呼応して、CSIRTを設立する金融機関が増えているが、本当にCSIRTとして機能しているのだろうか? 本セッションでは、CSIRTにおけるインシデント・ハンドリングプロセスを整理した上で、「検知」「トリアージ」「インシデントレスポンス」のあるべき姿を解説します。

デロイト トーマツ リスクサービス(株) サイバーリスクサービス シニアマネジャー
佐藤 功陛 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 5
15:30-16:30

大手銀行事例に見る不正送金対策
~リテラシーを問わず全ての顧客を守るには~

 不正送金対策では、利用者によって安全意識に差があるため、対策ソフトのインストール率の低さが課題になっています。それでは、安全意識の低い利用者をどう守ればいいのでしょうか。インストール作業など利用者負担をかけずに守るだけでなく、対策ソフトをインストールしてくれる安全意識の高い利用者から還元される情報も有効活用し、全ての顧客を守らなくてはなりません。本セミナーでは、国内事例などを紐解き、リテラシーを問わない対策手法の姿を探ります。

イージー・ソリューションズ・ジャパン(同) 日本代表
畠山 昌録 氏

▲ このページのトップへ

FIT東京フォーラム・FIT2015フォローアップセミナー 「顧客データ活用セミナー」

テーマ: 顧客データ活用セミナー
 ~クラウドやビッグデータ、スマートデバイスを最大活用した営業手法を紹介!~
開催趣旨: IT技術の進化でクラウドやビッグデータを駆使した新しいマーケティング手法が台頭し金融機関で注目されています。従来の紙ベースの顧客管理や渉外担当者の知見に頼った手法に加え、最新ITテクノロジーを組み合わせた効率的なマーケティング手法を構築することが、厳しい競争時代で生き抜く鍵となります。
本セミナーでは、クラウドやビッグデータを活用した顧客管理システム、スマートデバイスの利便性を最大限活かす顧客情報の共有システム、コールセンター業務の自動化ソリューションなどについて事例を交えて紹介します。
日時 : 2015年11月19日(木)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 全国銀行協会 銀行倶楽部 4階中ホール
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1MAP
定員 : 60人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
(※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。)
協賛 : セールスフォース・ドットコム、ブレインパッド、ドリーム・アーツ、フューチャーアーキテクト、グリーン・シップ (講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

Session 1
10:00-11:00

金融機関におけるクラウド活用顧客管理

 今日、金融機関におけるクラウドの活用はかつてない勢いで波及しています。柔軟性と拡張性に優れ、短期間でシステム開発や変更が可能といったクラウドの特徴を活用し、充実した顧客サービスを迅速に提供することが今後の金融機関の仕組みに求められています。
本セッションでは、Salesforceを採用し変革を実現された国内外のお客様事例の他、Salesforceのクラウドサービスを活用して新たなビジネス機会を創出していくための仕組みをどのように構築できるかをご紹介いたします。

(株)セールスフォース・ドットコム 執行役員 スペシャルプロジェクト担当
榎 隆司 氏

Session 2
11:10-12:10

金融機関への導入が進むDMPとは? データ分析のプロ集団がデータ利活用の秘訣をご紹介

 ビッグデータは金融業界におけるマーケティング領域でどう活用できるのか?データ分析力が競争力になる時代において、データの利活用に対する取り組みは急務とも言えるでしょう。
私たちは会社創業以来11年間、データ分析事業を中心に、金融業界を含め数多くの企業様を支援して参りました。データの利活用によって経営やマーケティング業務はどのように変化するのか?事例を交え、分かりやすくご紹介いたします。

(株)ブレインパッド マーケティングプラットフォーム本部 プロダクトマネージャー
今野 淳一 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 3
13:00-14:00

ひびきスマートDBによるスピーディな顧客情報活用
~タブレット活用の具体例を公開~

 タブレット端末などスマートデバイスが普及し、益々インターネットの利用率が高まっています。そうしたなか、金融機関のマーケティング戦略は新たなステージに直面しています。三菱東京UFJ銀行様などで採用される『ひびきスマートDB』では、営業担当者が必要情報をカスタマイズしながら直接入力でき、顧客情報を組織全体で共有できます。現場のアイデアを集積させ、効率的なマーケティングを実践するための営業改革事例をご紹介いたします。

(株)ドリーム・アーツ 上席コンサルタント
永島 志津夫 氏

Session 4
14:10-15:10

トマト銀行の営業力強化の取組
~法人個人一体での営業強化をSKYBANKで実践~

 トマト銀行の営業力強化の取組と、それを支えるシステムである「SKYBANK」をご紹介します。トマト銀行では、渉外・融資業務改革を先行して実践し訪問件数1.4倍を達成しました。本年は、個人営業の強化に向けた預り資産販売業務の改革を行い、事務処理時間を営業店で30%、本部で50%削減しています。法人個人を一体で捉え、顧客へのサービス力、営業力強化の継続的な業務改革のポイントと効果についてご説明いたします。

(株)トマト銀行 営業本部 調査役
佐々木 千秋 氏
フューチャーアーキテクト(株) 金融ビジネス本部 マネジャー
田中 伸幸 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 5
15:30-16:30

金融機関のコールセンター業務の大幅な効率化
~全自動ロボットコールとは~

 今回ご提案する内容は、金融機関におけるコールセンター業務の効率化につながるソリューションです。非対面型商品の増加に伴うコールセンターの事務業務増大を解決するロボットコールの金融機関での稼働実績をご紹介します。オペレータ人員を増員することなく現在の業務量の2~3倍の対応が可能です。ロボットの正確さ、スピードとオペレータによるヒューマン対応の次世代ハイブリッドコールセンターをご提案いたします。

(株)グリーン・シップ 代表取締役社長
田中 明子 氏

▲ このページのトップへ

FIT東京フォーラム・FIT2015フォローアップセミナー 「システムリスク対策セミナー」

テーマ: システムリスク対策セミナー
 ~全ての金融機関に求められる機密情報の管理・防衛~
開催趣旨: 情報漏えいが深刻化し社会問題となっています。金融庁がセキュリティー対策一斉調査に着手するなど、業界を挙げた取り組みが進んでいます。これは、全金融機関に同一水準のセキュリティー施策が求められていることに他なりません。セキュリティー対策は守るだけでなく管理も含まれます。不正送金から顧客を守るだけでなく、Webサイトの障害を早期に発見する。情報漏えいを防ぐため、サイバー攻撃対策と同時に、特権ID管理や紙文書管理も進める。本セミナーでは、全金融機関が、顧客と重要情報を管理し守る方法を、事例に基づき講演します。
日時 : 2015年11月11日(水)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 全国銀行協会 銀行倶楽部 4階中ホール
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1MAP
定員 : 60人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
(※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。)
協賛 : イージー・ソリューションズ・ジャパン、エンカレッジ・テクノロジ、イクシアコミュニケーションズ、シンメトリック、トッパン・フォームズ(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

Session 1
10:00-11:00

不正送金対策の新たなアプローチ、国内行事例にみるトランザクション監視による不正取引検知とは

 インターネットバンキングの不正送金犯罪が依然増加、高度化傾向にあります。
当セッションでは、犯罪のパターンマッチングや、通常とは異なる行動を検知するトランザクションモニタリングにより、全ての顧客を保護するアプローチをご紹介します。また、フィッシングサイトや偽アプリ配布サイトなどを早期に検知・閉鎖することで犯罪を未然に防ぐサービスについても国内大手銀行様の事例をもとにご紹介いたします。

イージー・ソリューションズ・ジャパン(同) 日本代表
畠山 昌録 氏

Session 2
11:10-12:10

事例をベースに解説 金融機関におけるクラウド利用とその安全対策のポイント

 今年6月に改定されたFISC安全対策基準では、クラウドサービス利用の基準が示されるなど、金融機関においてもクラウドサービスの利用を本格的に検討可能な背景が整備されてきました。
本セッションでは、FISCの安全対策基準に照らし合わせながら、金融機関におけるクラウド利用を検討する上で必要な安全対策のポイントおよびその実例について、事例をもとにご紹介いたします。

エンカレッジ・テクノロジ(株) マーケティング部長
日置 喜晴 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 3
13:00-14:00

サイバーセキュリティー対策のベストプラクティス

 セキュリティー機器の防御は期待通りなのか?サイバー攻撃はより複雑化・高度化し、その脅威は日々変化を続けビジネスリスクは増大しています。アプリケーションパフォーマンスとセキュリティーを両立しながらどのようにインフラ規模の適正化を図るか、金融取引の安全性、法的リスクの軽減をどう実現するか。本セッションでは進化する防御/被害軽減ソリューション、攻撃の防止/対応の新しいベストプラクティスを紹介いたします。

イクシアコミュニケーションズ(株) 営業部 シニアリージョナルセールスマネージャ
芳賀 荘鑑 氏

Session 4
14:10-15:10

Webのトラブルを早期発見! 人手に頼らないWeb自動シナリオ監視ツールの紹介

 Webシステムの監視といえば、サーバーの死活確認やパフォーマンス計測ですが、Webサイトがログインできないとか、登録フォームが突然エラーになることを監視するには、人手を介す必要がありました。
ご紹介する「サイトクローン」は、フォームを含むWebページを自動的に連続アクセスし、その結果を前回と比較したビジュアルなレポートを提供します。これにより人手に依存していたWebアプリ監視を自動化しサイト全体を対象とすることも可能にしました。

(株)シンメトリック 代表取締役
坂田 和敏 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 5
15:30-16:30

文書管理業務における紛失リスク削減
~“RFID現物管理システム”と“電子化”~

 金融機関における保存文書の誤廃棄や紛失などのリスク削減は、重要な位置づけとなっています。また、金融商品の増加や保管対象文書の範囲拡大により、営業店や保管センターの保存スペース確保だけでなく、管理体制の厳正化が必要性を増しています。重要文書や債権書類を「RFIDによる現物管理」や「電子化」により、システム的に管理することで、紛失リスクやBCP対策、スペース確保につながる手法をご紹介いたします。

トッパン・フォームズ(株) ICT事業部 RFIDビジネス本部 販促部 第二グループ マネージャー
井手 義章 氏
トッパン・フォームズ(株) ICT事業部 Webビジネス本部 販促部 企画グループ マネージャー
竹内 範幸 氏

▲ このページのトップへ

FIT大阪フォーラム・4大監査法人系アドバイザリーセミナー

テーマ: 4大監査法人系アドバイザリーセミナー
 ~収益基盤の強化、人財育成など課題を解決に導く1日~
開催趣旨: 超低金利の継続、地域人口の減少など金融機関を取り巻く環境は依然として厳しい状況が続いています。また、グローバルレギュレーションや金融庁の監督指針など対応すべき課題も山積しており、将来ビジョンを描くなか、優先順位をつけた迅速な課題解決が求められています。4大監査法人のアドバイザリー部門が集結し、「金融アドバイザリー・フェア」のフォローアップセミナーとして、収益力強化、IT、人材育成などさまざまな観点で金融機関が抱える課題解決を支援します。
日時 : 2015年11月13日(金)10:00~15:40(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 大阪銀行協会 別館4階
〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町3-3-5MAP
定員 : 80人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
(※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。)
協賛 : EYフィナンシャル・サービス・アドバイザリー株式会社、有限責任監査法人トーマツ、KPMGコンサルティング株式会社、PwC Japan(講演順)


◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

Session 1
10:00~11:00

サイバーセキュリティーの規制動向と対応

 顧客の個人情報と資産を預かる金融機関にとって、サイバーセキュリティーにおける規制とリスクへの対応の遅れは致命傷になりかねません。このセミナーでは、EYの持つ国内外にわたる豊富な事例と知見を基に、 最近のサイバー攻撃の手口とその傾向、サイバーセキュリティーに対する日本および海外の取組みや規制動向、サイバーセキュリティー対策のポイントなどについて、コンプライアンスやシステム企画の視点からご紹介します。

新日本有限責任監査法人
金融アドバイザリー部
シニアマネージャー
遠田 和一 氏

Session 2
11:10~12:10

金融機関 × フィンテック

 フィンテックとは、ファイナンスとテクノロジーを組み合わせた造語であり、金融とIT技術の融合におけるイノベーション、またその実現を目指すITベンチャー企業を指します。特に金融業界では、大企業が一種のイノベーションのジレンマを抱え、これを突破するために外部のベンチャー企業と組む例が増加しています。本質的には、ユーザー志向で生まれたWebサービスと金融機関との間に生じていた乖離を埋める動きであると考えることができます。多くの場合フィンテックは既存金融機関において脅威と捉えられがちですが、今このタイミングで取り組むことによって、逆にチャンスとして取り込むことができるとも考えられます。90年代のEコマース事業者を見て、これだけの成長を遂げると想像できたでしょうか。フィンテック分野も現在大きな変化が起こり始めているのです。当セミナーでは、本邦金融機関を取り巻くフィンテックの最前線を解説します。

トーマツ ベンチャーサポート株式会社
大平 貴久 氏
12:10~13:10 昼食会(ご用意しております)

Session 3
13:20~14:20

競争力を高める人財と組織の処方箋
 ~中高年・女性活用、M&A時代の機構改革~

 金融業界の競争は新たな展開を迎えています。多くの金融機関が喫緊の経営課題に「収益力拡大」を掲げ、その手段として「人材育成をあげているものの、過去の発想から脱却できず有効な打ち手を講じられていません。そこで、KPMGでは重要な競争力の源泉である組織・人材を強化し、活性化施策の一部をご紹介いたします。例えば、人材面では多様なプロフェッショナル人材の獲得・育成、さらに元女性職員の再入社やシニア人材の積極登用、貢献度に応じる人事施策、業種業界の専担者の充実化について解説します。一方、組織面では昨今加速するM&Aを視野に入れた機構改革およびスムーズな組織融合のポイントなどをご紹介します。

KPMGコンサルティング株式会社
ディレクター
油布 顕史 氏
マネジャー
日笠 祐 氏
14:20-14:40 コーヒーブレイク

Session 4
14:40~15:40

人材育成戦略のあり方 ~地方創生を事例として~

 少子高齢化、人口の都市集中/過疎化が進む中、地域金融機関が生き残るためには、地域と一体となり活性化を実現する新事業機会を自ら創りだすことが求められています。 しかしながら、組織体系や企業文化等の異なる利害関係者を巻き込み、新たな事業を推進出来る人材を開発・育成することは、決して容易ではありません。 どのようにして求められる人材像の修得を加速し、個々人の具体的な行動へ落とし込むか?成果・結果創出へ結び付けるか? これまでにPwCが支援させていただいた事例を参考に、これからの地域金融機関に求められる新事業創出を推進する次世代リーダー人材開発プログラムについて、解説いたします。

プライスウォーターハウスクーパース(株)
金融サービス事業部
シニアマネージャー
長岡 貴文氏
マネージャー
笠野 智代実氏

▲ このページのトップへ

FIT大阪フォーラム・顧客データ活用セミナー

テーマ: 顧客データ活用セミナー
 ~情報資産の最大活用で切り拓く! 新たな提案スタイルとは~
開催趣旨: 金融業務におけるITの利活用が昨今大きく進展したことに伴い、金融機関の経営や業務へのITの役割はこれまで以上に重要になっています。クラウド、スマートデバイス、ビッグデータの活用をはじめとする先端技術を常に意識し、顧客情報と外部情報を融合・分析することで効果的な提案スタイルを実現。さらには経営資源の効率化を図る先進手法に注目が集まっています。
本セミナーでは、地域密着経営の更なる基盤構築に貢献する企業情報分析や相続支援に有効な不動産登記の異動情報分析ツール、これらの情報を共有・提供できるWeb会議や営業支援タブレットツールについて事例を交えて講演します。
日時 : 2015年7月24日(金)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 大阪銀行協会 別館4階
〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町3-3-5MAP
定員 : 50名(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
(※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません)
協賛 : ユーザベース、JON、ジャパンメディアシステム、グリーン・シップ(講演順)


◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

基調講演
10:00-11:00

地域金融機関の現状と課題
 ~各種指標で追う~

 バブル崩壊後の四半世紀で金融界の様相は激変しました。数次の再編を経て誕生したメガバンクがグローバル規模の金融グループを目指す一方、地域銀行は、人口減少を背景とする地方経済縮小への懸念が強まる中で、効率性、収益性だけで割り切れない地元金融機関としての立場と、経済合理性を追求する必要がある営利法人としての立場の兼ね合いを含め、経営のあり方を模索しています。こうした金融界の状況を各種指標から解説します。

(株)日本総合研究所 調査部 主席研究員
吉本 澄司 氏

Session 1
11:10-12:10

【メガバンク全行導入済み】企業・業界分析サービスSPEEDAの地域金融機関における活用事例とその効果

 地域金融機関の導入部署毎に、実際の活用場面に沿ってSPEEDAの活用方法をご紹介し、その効果をご説明いたします。
【法人営業部】企業融資、シンジケーション業務の効率化
【法人ソリューション部】企業再生・M&A時のDD業務の効率化
【審査】企業審査業務の効率化
【国際部】海外企業や海外の業界情報の取得について

(株)ユーザベース SPEEDA営業マネージャー
花田 皓平 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 2
13:00-14:00

登記異動情報から相続・贈与対策の見込客を発見するには

 税制改正による新しい相続税・贈与税の施行が始まりました。これからは、住宅ローンの利用のみならず、相続や贈与など多様なお客様の悩み・ニーズの掘り起こしと対応が金融機関には求められることでしょう。
 不動産登記の動きの分析・把握・可視化により、相続・贈与対策が必要な顧客発掘から人員・店舗配置の適正判断など、金融機関の皆様の不動産版EBMとしてJONの各種サービスをご紹介します。

(株)JON 取締役営業部長
眞木 仁 氏

Session 3
14:10-15:10

顧客の要望に対する、迅速で質の高いサービスの提供を可能に
 ~ビジュアルコミュニケーションの活用事例~

 高い専門知識や経験を持ったスタッフの対応が必要となる、相続、投資信託、保険など、今後、相談件数はますます増える事が予想されます。
 ビジュアルコミュニケーションシステムを活用して、様々な顧客の要望に対し、迅速且つ質の高いサービスを提供する方法を、金融機関を含む4,500社の事例を基にご紹介致します。

ジャパンメディアシステム(株) 大阪営業所 所長
坂原 加奈 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 4
15:30-16:30

金融機関のマイナンバー収集事務を大幅に軽減
 ~全自動ロボットコールとは~

 顧客からのマイナンバー収集において膨大な手間を要する回収業務を大幅に軽減するソリューションをご紹介します。番号回収のスピードを速め、コストを大幅に削減できるロボット電話コールサービスです。F I SC 準拠のクラウドサーバーで運営するセキュリティ対策済の新世代コールセンターサービスは、氏名、顧客毎情報など異なるテキストを音声再生してオペレータへの即時転送も可能です。また、督促業務にも有効です。

(株)グリーン・シップ 代表取締役社長
田中 明子 氏

▲ このページのトップへ

FIT東京フォーラム・顧客データ活用セミナー

テーマ: 顧客データ活用セミナー
 ~情報資産の最大活用で切り拓く! 新たな提案スタイルとは~
開催趣旨: 金融業務におけるITの利活用が昨今大きく進展したことに伴い、金融機関の経営や業務へのITの役割はこれまで以上に重要になっています。クラウド、スマートデバイス、ビッグデータの活用をはじめとする先端技術を常に意識し、顧客情報と外部情報を融合・分析することで効果的な提案スタイルを実現。さらには経営資源の効率化を図る先進手法に注目が集まっています。本セミナーでは、戦略的マーケティングを実践するために必要な地図情報製品、相続支援対策に向けた不動産登記の異動情報分析ツール、これらの情報を円滑に共有・提供できるビデオ会議製品やWebサイトの構築方法について事例を交えて講演します。
日時 : 2015年7月22日(水)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 全国銀行協会 銀行倶楽部 4階中ホール
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1MAP
定員 : 60名(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
(※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません)
協賛 : ピツニーボウズ・ソフトウェア、 ベリントシステムズジャパン、ポリコムジャパン、JON、日本ライフレイ(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

Session 1
10:00-11:00

金融機関に最適なマーケティングソリューションの新潮流 顧客満足度を最大化する「パーソナライズド・ビデオ」のご紹介

 ここ数年、企業のマーケティング手法としてビデオが注目を浴びています。メールなどの既存の手法に比べて効果が大きく、また費用対効果が明確な点が、多くの企業が積極的に導入している理由です。中でも、個々の顧客に対して個別のビデオを提供する全く新しいビデオ技術「パーソナライズド・ビデオ」が大きなブームとなりつつあります。このセッションでは、マーケティングソリューションとしてのビデオの現状と、新しいマーケティング手法として注目されるパーソナライズド・ビデオについて、金融機関での事例を交えてご紹介します。

ピツニーボウズ・ソフトウェア(株) 営業技術部 部長
福田 慎 氏

Session 2
11:10-12:10

ビッグデータ顧客の声分析 マルチ応対チャネルのVOCを総合活用する先進手法とは

 コンタクトセンターをはじめ、企業の顧客対応窓口には、日々膨大な顧客の声が蓄積されます。とりわけ、ビッグデータと化した会話音声を全量分析することは、容易ではありません。ノウハウの欠如とチャネルと部門の壁がVOC(顧客の声)活用の道を阻んでいます。本セッションでは、ベリントのVOCの収集から分析、アクションまでのプロセスを飛躍的に向上させるベリントのソリューションを国内外の金融機関での活用事例を交え、ご紹介いたします。

ベリントシステムズジャパン(株) 営業部 セールスマネージャ
武田 典久 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 3
13:00-14:00

ビデオ会議ソリューションが拓く新時代の顧客接点強化と営業効率化

 ビデオ会議システムは会議やBCP対策といった社内利用だけにとどまりません。渉外担当のタブレットなどと連携することで、来店不要で相談業務が可能になる、お客様を窓口で待たせない、といった業務の効率化と顧客満足度向上を同時に実現します。ポリコム CloudAxisはセキュリティを担保しつつ、ブラウザ経由で各種会議システムと接続が可能な柔軟性が特徴です。金融界の課題解決のためのご提案をご紹介します。

ポリコムジャパン(株) 営業技術部 セールスエンジニア
小林 主典 氏

Session 4
14:10~15:10

登記異動情報から相続・贈与対策の見込客を発見するには

 税制改正による新しい相続税・贈与税の施行が始まりました。これからは、住宅ローンの利用のみならず、相続や贈与など多様なお客様の悩み・ニーズの掘り起こしと対応が金融機関には求められることでしょう。
 不動産登記の動きの分析・把握・可視化により、相続・贈与対策が必要な顧客発掘から人員・店舗配置の適正判断など、金融機関の皆様の不動産版EBMとしてJONの各種サービスをご紹介します。

(株)JON 取締役営業部長
眞木 仁 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 5
15:30~16:30

世界の金融機関が実践するWeb戦略の鉄則
 ~6つの基本戦略とは~

 今後もWebの技術環境は変化し続け、顧客の期待はそれにつれて変化します。注目すべきは他の金融機関の動向ではなく、ネットショッピングやSNSなど、別業種が提供する最先端のWebサービスです。今や金融サービスに対する顧客の期待値はそれらが決定しており、海外の金融機関ではこうした変化に対応し、新たなサービスを生み出す取り組みを一足先に進めています。EUの金融大手上位10社中7社が採用するLiferay Portalを通して、各国に共通する『6つのWeb戦略』を事例とともに解説します。

日本ライフレイ(株) ビジネスデベロップメントマネージャー
成田 臣二 氏

▲ このページのトップへ

FIT大阪フォーラム・システムリスク対策セミナー

テーマ: システムリスク対策セミナー
 ~安全対策は万全ですか? 金融システムセキュリティの最適解~
開催趣旨: 6月末に予定するFISC安全対策基準の改定やマイナンバー制度への対応、被害が広がるサイバー攻撃対策など、IT活用が拡大する金融界ではシステム全体を見渡し適切なリスク管理を行う必要がります。さらにはスマートデバイスやクラウドの利用など多様なツールの最大活用を図る一方で、金融システムは内・外部からの様々なリスクに直面しています。
本セミナーでは、多様化するサイバー犯罪に対向するセキュリティ製品や、Eメール監査ツールから外部委託管理にも有効な特権ID管理について事例を交えて講演します。
日時 : 2015年7月17日(金)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 大阪銀行協会 別館4階
〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町3-3-5MAP
定員 : 50名(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
(※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません)
協賛 : イクシアコミュニケーションズ、SCSK、EMCジャパン、エンカレッジ・テクノロジ(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

基調講演
10:00-11:00

インターネットバンキングに係る不正送金事犯被害の実態と対策について

 平成26年中のインターネットバンキングに係る不正送金事犯による被害額は29億円を超えて過去最悪となりました。本年も、依然としてこの種事犯の発生は続いており、セキュリティ対策が遅れた金融機関が犯行組織に狙われている状況が窺われます。そこで、本講演では、インターネットバンキングに係る不正送金事犯の被害実態を説明するとともに、多発する要因に目を向けながら、どのような被害防止対策をとるべきか考察を加えます。

警察庁生活安全局情報技術犯罪対策課 指導第1係 警視
小竹 一則 氏

Session 1
11:10-12:10

サイバーセキュリティ対策のベストプラクティス

 セキュリティ機器の守備力は期待通りなのか?サイバー攻撃はより複雑化・高度化し、その脅威は日々変化を続けビジネスリスクは増大しています。アプリケーションパフォーマンスとセキュリティを両立しながらどのようにインフラ規模の適正化を図るか、金融取引の安全性、法的リスクの軽減をどう実現するか。本セッションでは進化する防御/被害軽減ソリューション、攻撃の防止/対応の新しいベストプラクティスを紹介します。

イクシアコミュニケーションズ(株) 営業部 シニアリージョナルセールスマネージャ
芳賀 荘鑑 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 2
13:00-14:00

人工知能が実現するEmail自動監査「Lit i View EMAIL AUDITOR」のご紹介

 人工知能技術を駆使し情報漏えいリスクを未然に防ぐEメール自動監査ツール「Lit i View EMAIL AUDITOR」。日々業務でやり取りされるEメールを人工知能「バーチャル・データ・サイエンティスト」が効率良く自動仕分けし、情報漏えいの兆候となる関連メールを正確に抽出することで、その後の監査ステージで情報漏えいが発生するリスクを低減するソリューションをご紹介いたします。

SCSK(株) ITエンジニアリング事業本部 ストレージネットワーク部 副部長
原島 敦 氏
(株)UBIC 執行役員 クライアントテクノロジー部 部長
白井 喜勝 氏

Session 3
14:10-15:10

ビッグデータ解析を活用したWeb不正行為のリアルタイム検出

 サイバー犯罪者はネットバンキングサイトを攻撃する為に周到な準備をしています。その不正の手段は巧妙化が進み、ログやルールに頼った発見は以前にも増して困難になっています。こういった攻撃に対して、米国の主要な銀行ではWebサイトへのアクセスデータを収集し解析することによって対抗しています。本セッションでは、ビッグデータを活用する新しいセキュリティソリューションについて説明いたします。

EMCジャパン(株) RSA事業本部 事業推進部 シニアビジネスディベロップメントマネージャ
花村 実 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 4
15:30-16:30

本格的導入フェーズに入った金融機関向け特権I D&証跡管理システムの最新動向

 今年度、金融界においては、検査マニュアルやF I S C 安全管理基準の改定、さらにマイナンバー制度の施行によって外部委託先管理やクラウドの安全な利用、重要情報の漏えい対策等システムリスク管理がますます求められます。
 本セッションでは、金融機関における最新の対策事例をご紹介する他、累計で110以上の金融機関が採用済の特権ID&証跡管理システムの最新情報とともに、ツール選定の際の重要なポイントについて解説いたします。

エンカレッジ・テクノロジ(株) マーケティング部 マーケティング部長
日置 喜晴 氏

▲ このページのトップへ

FIT東京フォーラム・システムリスク対策セミナー

テーマ: システムリスク対策セミナー
 ~マイナンバーやガイドラインに準拠! 不正防止から不正送金対策まで~
開催趣旨: 6月末に予定するFISC安全対策基準の改定やマイナンバー制度への対応、被害が広がるサイバー攻撃対策のほか、各種ガイドライン対応など、IT活用が拡大する金融界では、システム全体を見渡し適切なリスク管理を行う必要があります。さらにはスマートデバイスやクラウドの利用など、多様なツールの最大活用を図る一方で、金融システムは内・外部からの様々なリスクに直面しています。本セミナーでは、マイナンバーセキュリティ対策やサイバー犯罪、情報漏えいを防ぐため、死角のないネットセキュリティ製品、システム管理で注目が集まる特権ID管理について金融機関の導入事例を交えて講演します。
日時 : 2015年7月14日(火)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 全国銀行協会 銀行倶楽部 4階中ホール
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1MAP
定員 : 60名(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
(※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません)
協賛 : ダウジャパン、 エンカレッジ・テクノロジ、NRIセキュアテクノロジーズ、NTTソフトウェア、Varonis Systems/ニッセイ情報テクノロジー(講演順)

満席となりました



セミナースケジュール

内容 講師名

Session 1
10:00-11:00

NFCトランザクション署名OTPでネットバンキング不正送金対策とコスト削減

 昨今、ネットバンキングでの不正送金被害額が年々増加しています。金融機関では、MITB攻撃を始めとする様々な脅威へ対策を講じる必要があります。しかし、対策へのコストは増加する一方で、利用ユーザへの利便性も損なわれているのが現状です。ICチップ搭載キャッシュカードとスマートフォンを利用したNFCトランザクション署名OTPで、利便性を損なわないセキュリティ強化と製品ライフサイクルコスト削減が実現可能です。

ダウジャパン(株) 代表取締役
金 暎埈 氏

Session 2
11:10-12:10

本格的導入フェーズに入った金融機関向け特権ID&証跡管理システムの最新動向

 今年度、金融界においては、検査マニュアルやFISC安全管理基準の改定、さらにマイナンバー制度の施行によって外部委託先管理やクラウドの安全な利用、重要情報の漏えい対策等システムリスク管理がますます求められます。
 本セッションでは、ソニー銀行様にご登壇いただきセキュリティ対策事例をご紹介いたします。また特権ID&証跡管理システムの最新情報とともに、ツール選定の際の重要なポイントについて解説いたします。

ソニー銀行(株) システム企画部 マネージャー 基盤統括担当
大久保 光伸 氏
エンカレッジ・テクノロジ(株) マーケティング部 マーケティング部長
日置 喜晴 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 3
13:00-14:00

脅威は外部だけでなく内部にも! 内部不正対策の要となる特権IDアクセス管理の最適解

 金融機関においては、フィッシング、マルウェア、標的型攻撃など外部からの脅威に加え、委託先やシステム管理者による内部不正事件や重過失問題が重要課題となっており対策が急がれます。
 本セッションでは、内部不正対策の要となる特権IDのアクセス管理について抑止・防御・発見・事後対策の視点から解説するとともに、負荷軽減や監査精度向上の手法についてお話しします。

NRIセキュアテクノロジーズ(株) ソリューション事業本部 セキュリティコンサルタント
土屋 亨 氏

Session 4
14:10~15:10

金融機関として、どこまでやれば充分?
 ~特権ID管理の最前線の対策例~

 外部委託先管理や情報漏えいへの対策など、システムリスク対策が求められる中、「同じ業態の企業はどこまで対策しているの?」「金融機関が故に求められる対策は何?」という相談をよく頂きます。さらに、マイナンバー制度へのセキュリティ対応も併せ、課題が山積している状況ではないでしょうか?本セッションでは、当社がご支援してきた100社以上の金融機関から導き出された、モデルケースと攻めの対策を、ご紹介いたします。

NTTソフトウェア(株) エンタープライズ事業部 金融システムカンパニー アナリスト
古市 裕子 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 5
15:30~16:30

『機密情報ってどこにありますか?』 社員の身近にある重要な情報資産を、最小限の労力で守りませんか?

 昨今の重要な情報資産の漏えい事件を踏まえ、金融分野における個人情報保護に関するガイドラインの改正が予定されている中、企業のセキュリティリスクへの対策は待ったなしの状況です。重要な情報資産は企業内の至るところに存在しています。企業をセキュリティリスクから守る皆様は、どこにどのような情報が存在し、しかるべき対策を講じていると説明できますか?まずは身近にあるファイルサーバの管理・運用から見直す方法をレクチャーします。

ニッセイ情報テクノロジー(株) インフライノベーション事業部 上席プロジェクトマネジャー
津田 和典 氏
協賛:Varonis Systems

▲ このページのトップへ

FIT名古屋フォーラム・顧客データ活用セミナー

テーマ: 顧客データ活用セミナー
 ~情報分析と営業効率化で目指す戦略的マーケティング~
開催趣旨: 金融業務におけるITの利活用が昨今大きく進展したことに伴い、金融機関の経営や業務へのITの役割はこれまで以上に重要になっています。クラウド、スマートデバイス、ビッグデータの活用をはじめとする先端技術を常に意識し、顧客情報と外部情報を融合・分析することで、効果的な提案スタイルを実現。さらには経営資源の効率化を図る先進手法に注目が集まっています。
本セミナーでは、地域密着経営の更なる基盤構築に貢献する企業情報分析や、相続支援対策に有効な不動産登記の異動情報分析ツール、そして情報を円滑に共有・提供できるWeb・ビデオ会議製品について具体例を交えて講演します。
日時 : 2015年7月10日(金)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 名古屋銀行協会 4階
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2-4-2MAP
定員 : 40名(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
(※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません)
協賛 : ブイキューブ、ユーザベース、ポリコムジャパン、JON(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

基調講演
10:00-11:00

直感とビッグデータによる意思決定
 ~顧客ライフサイクルの理解と協調~

 地域密着型のビジネスをより深めるには、顧客情報を最大限活用することで顧客を理解し、顧客が喜ぶより良い提案を行い、成約することで一緒に成長できることが重要です。PwCの調査によると、世界全体に比べ日本では、ビッグデータ活用による意思決定する機会がまだまだたくさんあるという調査結果が出ています。他行、他社の事例とともに、顧客データを有効活用する考え方について紹介します。

プライスウォーターハウスクーパース(株) アナリティクスセンター データサイエンティスト シニアマネージャー
勝山 公雄 氏

Session 1
11:10-12:10

これからの相続と介護対策を多くのお客様に
 ~お客様向け情報提供セミナーの活用方法~

 少子高齢化に代表される社会構造の変化にともない、金融業界で取り扱われる商品が変化してきました。老老介護、孤独死といった新しい社会現象や多様化するライフプランに対応する商品が生まれてきています。高まる相続や介護問題への解決法を、高齢者やその家族を含む幅広い世代へ、効率良く伝える手法とは何かWeb会議の活用などその具体的な方法や事例をご紹介します。

(株)ブイキューブ 営業本部 グループマネージャー
野原 康文 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 2
13:00-14:00

【メガバンク全行導入済み】企業・業界分析サービスSPEEDAの地域金融機関における活用事例とその効果

 地域金融機関の導入部署毎に、実際の活用場面に沿ってSPEEDAの活用方法をご紹介し、その効果をご説明いたします。
【法人営業部】企業融資、シンジケーション業務の効率化
【法人ソリューション部】企業再生・M&A時のDD業務の効率化
【審査】企業審査業務の効率化
【国際部】海外企業や海外の業界情報の取得について

(株)ユーザベース SPEEDA営業マネージャー
花田 皓平 氏

Session 3
14:10-15:10

ビデオ会議ソリューションが拓く新時代の顧客接点強化と営業効率化

 ビデオ会議システムは会議やBCP対策といった社内利用だけにとどまりません。渉外担当のタブレットなどと連携することで、来店不要で相談業務が可能になる、お客様を窓口で待たせない、といった業務の効率化と顧客満足度向上を同時に実現します。
 ポリコム CloudAxisはセキュリティを担保しつつ、ブラウザ経由で各種会議システムと接続が可能な柔軟性が特徴です。金融界の課題解決のためのご提案をご紹介します。

ポリコムジャパン(株) 営業技術部 セールスエンジニア
小林 主典 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 4
15:30-16:30

登記異動情報から相続・贈与対策の見込客を発見するには

 税制改正による新しい相続税・贈与税の施行が始まりました。これからは、住宅ローンの利用のみならず、相続や贈与など多様なお客様の悩み・ニーズの掘り起こしと対応が金融機関には求められることでしょう。
 不動産登記の動きの分析・把握・可視化により、相続・贈与対策が必要な顧客発掘から人員・店舗配置の適正判断など、金融機関の皆様の不動産版EBMとしてJONの各種サービスをご紹介します。

(株)JON 取締役営業部長
眞木 仁 氏

▲ このページのトップへ