ニッキン FITフォーラム: fit。毎年、10月に東京で開催する日本最大の金融ITフェア「FIT」(金融国際情報技術展)のセミナー部門を独立、全国主要都市で展開している金融機関向けイベントです

Home > 2016年度のFITフォーラム

FIT東京フォーラム FinTech時代の顧客接点強化セミナー

テーマ: FinTech時代の顧客接点強化セミナー
 ~AI・ロボット・モバイル 最先端の技術をご紹介!~
開催趣旨: 金融(Finance)と技術(Technology)の融合であるFinTechが、金融機関の業務を大きく変革させようとしています。取り分け、スマートデバイスの急激な普及などに伴う顧客接点の強化は急務です。既に多数の金融機関が、アプリを活用したチャネル強化や店頭でのロボット活用、AIによるコールセンター強化や業務効率化などの活用を進めています。本セミナーでは、金融機関に向けてFinTechソリューションを提供する各社が金融界の課題解決に役立つ情報をご紹介いたします。
日時 : 2017年2月21日(火)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 東京會舘LEVEL XXI(レベル21)
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-2 アーバンネット大手町ビル 21FMAP
定員 : 60人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。
協賛 : ブイキューブ、(株)Nextremer、Kofax Japan、Sansan、クローバー・ネットワーク・コム、SalesOne(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容講師名

Session 1
10:00-11:00

オムニチャネル戦略を推進するオンラインセミナー活用とAIによる顧客接点強化の事例

 少子高齢化に代表される社会構造の変化、ライフプランの多様化(仕事や介護の両立、相続対策)にともない、金融業界で取り扱われる商品や制度が変化してきています。その一例として、業法改正やジュニアNISAの啓蒙、ライフプランに対応する商品などがあり、これら商品を幅広い世代へ効率良く、質の高い情報を届ける手法とは何か、高知銀行で実践されているAIによる取り組み事例と共にご紹介します。

(株)ブイキューブ プロダクト戦略室 金融業界向けソリューション開発プロジェクト プロジェクトマネージャー
野原 康文 氏

(株)Nextremer 代表取締役CEO
向井 永浩 氏

Session 2
11:10-12:10

メガバンクと生保が導入したロボットによる事務自動化とモバイルでの顧客接点強化

 ここ数年で国内金融機関によるロボティクスプロセスオートメーション(RPA)化が根付き始め、某金融機関ではRPAで年間数千時間の削減を実現しました。本セミナーではRPAを実際の事例とデモをもって、皆様と共有します。
また、モバイルを利用する顧客接点強化では欧米だけでなく、シンガポールや香港の金融機関からも後塵を拝しています。その理由と解決方法を具体的なソリューションをもって皆様にご紹介します。

Kofax Japan(株) セールスディレクター
河上 勝 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 3
13:00-14:00

金融機関における人脈管理のあり方 ~業務効率化と顧客志向を実現する仕組み~

 日本の商慣習において切っても切れない名刺。個人情報取扱の厳格化が叫ばれる昨今でも、その管理が個人に一任されることが少なくありません。異動・転職時の人脈継承の消失や手間を起こさないために組織的な名刺管理に取り組んでいるものの、その実現が容易でないことは組織の大きな課題となっています。
本セッションでは、人脈を切り口とした顧客管理と業務効率化を最近の金融機関における導入・活用事例と共に紐解きます。

Sansan(株) 営業部 シニアマネジャー
芳賀 諭史 氏

Session 4
14:10-15:10

電子マネーギフトとSMSを使った最新の顧客コミュニケーション販売促進ツール

 金融機関で販促・督促利用として導入が加速するSMS、今回のセミナーでは販促をメインに、現金やクレジットに代わる新たな決済手段として普及が急増している。電子マネーをデジタルギフトとして提供するNTTカードソリューションとコラボレーションし実現した、次世代の新たなデジタルプロモーションの最新事例を分かり易くご紹介いたします。新規顧客獲得や利用促進等、販促・マーケティング関連部署ご担当者様必見の内容です。

(株)クローバー・ネットワーク・コム 執行役員 営業統括部 担当部長
稲田 仁 氏

(株)エヌ・ティ・ティ・カードソリューション ギフトサービス事業部 企画開発部 課長
岡崎 信二 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 5
15:30-16:30

ビジネスチャットによる金融業界における業務効率化策 ~活用方法と留意点~

 昨今、ビジネスチャットがメールを超えるコミュニケーションツールとして使われており、様々な企業において、その簡便性やリアルタイム性に着目し活用が始まっています。本セミナーでは、金融業界様でのチャット利用に際し、セキュリティ対策、プライベート利用なども取り上げながら、チャット導入の効果や課題などを掘り下げてご説明し、重要な情報資産を守りながら、ビジネスチャットを効果的に構築・運用する方法を事例を交えてご紹介します。

SalesOne(株) コンサルティング事業部 部長
齋藤 泰子 氏

▲ このページのトップへ

FIT名古屋フォーラム 相続業務支援セミナー

テーマ: 相続業務支援セミナー
開催趣旨: 高齢化の進展で相続件数が増加しています。それに伴い、都市部への預金流出が問題となっています。一方で、預金や貸金に比べ件数の少ない相続業務はノウハウの蓄積が進みづらいため、担当者の苦手意識につながり、積極的な提案が妨げられるという悪循環を生んでしまいます。
本セミナーでは、基調講演に静岡中央銀行コンプライアンス統括部の両部美勝顧問をお招きし、同行の取り組みをお話いただくとともに、相続相談業務の質向上を通じて、顧客満足度を高める施策や相続を営業機会ととらえ収益性を高める仕組みなどをご紹介します。
日時 : 2017年3月2日(木)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 名古屋銀行協会 4階
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2-4-2MAP
定員 : 40人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
(※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。)
協賛 : JON、日本システム技術、ブイキューブ、ローレルバンクマシン(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

基調講演
10:00-11:00

相続手続に係る人材育成と顧客ニーズ対応策

 年間100万件もの相続開始の大相続時代を迎え適切な相続手続を積極的に営業推進策とすることは、長期的人口減少が予定されている我国での金融機関の、将来のビジネスモデルとも位置付けられる。そこでは現実に推進にあたる職員の能力向上、人材育成が必須であり併せて相続開始に向けての準備等の顧客ニーズに応えることが欠かせない。これらにつき当行で実施中の施策内容をご案内する。

(株)静岡中央銀行 コンプライアンス統括部 顧問
両部 美勝 氏

Session 1
11:10-12:10

相続登記情報を活用して推進する営業・業務支援の提案

 金融業界における相続業務の対応は待ったなしの勢いで年々増加していますが、依然として有効な手立てが打てていないのが実情ではないでしょうか。更に相続をきっかけに相続人に対して営業機会が生まれますが、そのチャンスを逃すことも増えています。そこでJONのデータを活用することにより、業務効率の改善、相続人との関係継続、地図情報から相続物件の特定など、様々な分野にお役立ていただけます。

(株)JON 東京第三
佛谷 嘉文 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 2
13:00-14:00

コンサルティング営業をサポート
~相続業務においてBankNeoができること~

 専門性の高い「相続業務」。高齢化が進む日本において、相続手続きは増加傾向にあります。一般的に相続支援システムは、相続業務を「見える化(可視化)」し、事務手続きを「効率化/適正化」します。BankNeoではさらに、顧客管理システム(CRM)の特徴を活かし、お客様に寄り添ったご提案で付加価値のある相続相談へと導き、金融機関様のブランド力向上をサポートいたします。

日本システム技術(株) BankNeo事業部 営業部 東日本営業課 主任
堤 昭典 氏

Session 3
14:10-15:10

高齢化社会に向けた専門家とお客様をつなぐ遠隔店舗戦略について

 少子高齢化に代表される社会構造の変化にともない、金融業界で取り扱われる商品が変化してきました。老老介護、孤独死といった新しい社会現象や多様化するライフプランに対応する商品が生まれてきています。住宅ローン、相続、遺言など様々な相談業務が増加し人々のライフプランにあった情報提供も求められています。必要な情報をいかにしてお届けするか事例を交えてお伝えします。

(株)ブイキューブ 金融ソリューション開発プロジェクト プロジェクトマネージャ
野原 康文 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 4
15:30-16:30

相続業務の課題と相続サポートシステムによる解決策

 相続手続に関する業務では、営業店での様々な課題を各金融機関様からお聞きしています。また最近では、営業店で相続業務を完結するのではなく、センター集中が主流になってきています。しかし、いくらセンター集中を行っても、相続手続において、預金者様との接点が無くなる訳ではありません。本セッションでは、フィンテックの導入が進む中で、営業店のウェイトが高まりつつある相続業務のシステム的解決策と、その導入事例をご紹介いたします。

ローレルバンクマシン(株) 営業企画部 特任課長
新井 邦美 氏

▲ このページのトップへ

FIT大阪フォーラム FinTech時代の顧客接点強化セミナー

テーマ: FinTech時代の顧客接点強化セミナー
 ~AI・ロボット・ビッグデータ・モバイル 最先端の技術をご紹介!~
開催趣旨: 金融(Finance)と技術(Technology)の融合であるFinTechが、金融機関の業務を大きく変革させようとしています。取り分け、スマートデバイスの急激な普及などに伴う顧客接点の強化は急務です。既に多数の金融機関が、アプリを活用したチャネル強化や店頭でのロボット活用、AIによるコールセンター強化や業務効率化などの活用を進めています。基調講演では人工知能やビッグデータの観点から顧客接点業務における活用方法をご紹介した後、金融機関に向けてFinTechソリューションを提供する各社が金融界の課題解決に役立つ情報をご紹介いたします。
日時 : 2017年2月24日(金)10:00~15:20(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 大阪銀行協会 別館4階
〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町3-3-5MAP
定員 : 50人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。
協賛 : Sansan、ブイキューブ、クローバー・ネットワーク・コム(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

基調講演
10:00-11:00

AI×Bigdata=Decision ~人工知能とビッグデータが変える顧客対応の意思決定~

 人工知能やビッグデータが流行り言葉として使われる時代からビジネスの場において活用されるようになり、身近になってきました。顧客接点業務において、どのような活用ができるのか、単純作業の置き換えのみならず、意思決定が必要となる業務にまで発展できるのか、世間で考えられている方向性と事例を交えた活用例について触れ、今後の業務効率化、高度化のアイデアとして役に立つ情報をお届けします。

PwCコンサルティング(同) テクノロジーコンサルティング シニアマネージャーデータサイエンティスト
勝山 公雄 氏

Session 1
11:10-12:10

金融機関における人脈管理のあり方 ~業務効率化と顧客志向を実現する仕組み~

 日本の商慣習において切っても切れない名刺。個人情報取扱の厳格化が叫ばれる昨今でも、その管理が個人に一任されることが少なくありません。異動・転職時の人脈継承の消失や手間を起こさないために組織的な名刺管理に取り組んでいるものの、その実現が容易でないことは組織の大きな課題となっています。
本セッションでは、人脈を切り口とした顧客管理と業務効率化を最近の金融機関における導入・活用事例と共に紐解きます。

Sansan(株) 営業部 関西支店長
和田 圭介 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 2
13:00-14:00

オムニチャネル戦略を推進する情報提供型オンラインセミナーの活用事例のご紹介

 少子高齢化に代表される社会構造の変化、ライフプランの多様化(仕事や介護の両立、相続対策)にともない、金融業界で取り扱われる商品や制度が変化してきています。その一例として、業法改正やジュニアNISAの啓蒙、ライフプランに対応する商品などがあり、これら商品を幅広い世代へ効率良く、質の高い情報を届ける手法とは何かその具体的な方法や事例をご紹介します。

(株)ブイキューブ プロダクト戦略室 金融業界向けソリューション開発プロジェクト プロジェクトマネージャー
野原 康文 氏
14:00-14:20 コーヒーブレイク

Session 3
14:20-15:20

電子マネーギフトとSMSを使った最新の顧客コミュニケーション販売促進ツール

 金融機関で販促・督促利用として導入が加速するSMS、今回のセミナーでは販促をメインに、現金やクレジットに代わる新たな決済手段として普及が急増している。電子マネーをデジタルギフトとして提供するNTTカードソリューションとコラボレーションし実現した、次世代の新たなデジタルプロモーションの最新事例を分かり易くご紹介いたします。新規顧客獲得や利用促進等、販促・マーケティング関連部署ご担当者様必見の内容です。

(株)クローバー・ネットワーク・コム 執行役員 営業統括部 担当部長
稲田  仁 氏

(株)エヌ・ティ・ティ・カードソリューション ギフトサービス事業部 企画開発部
面谷 斗夢 氏

▲ このページのトップへ

FIT東京フォーラム サイバーセキュリティセミナー

テーマ: サイバーセキュリティセミナー
 ~迫りくる脅威に備えて、役立つ情報を徹底公開!~
開催趣旨:  情報漏えいなどのセキュリティインシデントが金融機関にもたらす影響は、より一層深刻になっています。そうしたなか昨年10月24日に、金融界初の官民合同サイバーセキュリティ演習を実施するなど、サイバー攻撃対策強化に向けた取り組みが活発化しています。
そこで、金融機関がITを駆使して金融サービスの充実を図るために必要な、サイバーセキュリティの新製品・ソリューションについて事例を交えて紹介することで、課題解決に役立つ情報をお届けいたします。
日時 : 2017年2月14日(火)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 東京會舘LEVEL XXI(レベル21)
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-2 アーバンネット大手町ビル 21FMAP
定員 : 60人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。
協賛 : エントラストジャパン、マクニカネットワークス、アルテリア・ネットワークス、エムオーテックス、有限責任監査法人トーマツ(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容講師名

Session 1
10:00-11:00

安全性と利便性を両立させた認証ソリューション ~フィンテック時代にも有効~

 利用者のパソコンにマルウェアが感染しインターネットブラウザの通信が乗っ取られると、正規の認証でログインした後に犯罪が実行されるため、ワンタイムパスワードなど既存の認証では、不正取引を防ぐことができません。一方で、安全性を高めようとしたばかりに顧客の利便性が下がってしまうなど、安全性と利便性のバランスのとり方に苦心する金融機関も多いでしょう。本セッションでは安全性と利便性の両立への回答としての認証ソリューションをご紹介します。

エントラストジャパン(株) カントリーマネジャー
堀川 隆治 氏

エントラストジャパン(株) 営業部 セールスエンジニア
石尾 尚二郎 氏

Session 2
11:10-12:10

「Web分離」と「メール無害化」による最新のインターネット分離環境の実現

 「インターネット分離」は未知・既知を問わずにサイバー攻撃を防ぐ有効な手段ですが、物理的な端末分離やVDI による分離は大幅なネットワーク構成の変更や膨大なコストを伴い、ユーザーの利便性も損なってしまいます。本セッションでは、「Web分離」と「メール無害化」によるインターネット分離手法のご提案と、それを実現するMenlo Securityの最新のテクノロジーをご紹介します。

マクニカネットワークス(株) 営業統括部 サイバーセキュリティ第1営業部 第1課
平原 郁馬 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 3
13:00-14:00

ITを活用した金融の高度化を実現するための高セキュリティネットワーク

 サイバーセキュリティ対策は未だいたちごっこの様相を呈しています。こうした終わりない状況の打開策として、弊社は高セキュリティネットワークを提供することでお客様に貢献いたします。アルテリアはネットワークキャリアとしての特長を生かし、SDN/NFV等ネットワークそのものを高セキュリティ化するサービスや専用線を提供しています。

アルテリア・ネットワークス(株) 上席執行役員・チーフストラテジーオフィサー(CSO)
菊地 泰敏 氏

Session 4
14:10-15:10

人工知能と流入経路追跡で実現する標的型攻撃・ランサムウェア対策

 日々巧妙化するサイバー攻撃とその対策はいたちごっこで、企業を悩ませる課題の1つとなっています。
シグネチャ型での対策が限界を迎えつつある中、次世代のセキュリティは人工知能の活用に期待が高まっています。新機能「プロテクトキャット」で防げない事を前提とした対策ではなく、如何にしてマルウェア感染を防ぐかを追求したアプローチとその実証結果をご紹介します。

エムオーテックス(株) 営業本部 執行役員
池田 淳 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 5
15:30-16:30

サイバーセキュリティリスク低減のノウハウ ~事例から見る実務対応の勘所~

 Webへのアクセスおよびメールの送受信に仮想化技術を用いてサイバーセキュリティリスクを低減しようとする対策が多くの金融機関で行われています。 しかしながら、仮想環境と業務環境とのファイル授受が存在する限り、セキュリティリスクは残存します。本講演では、分離環境におけるセキュリティリスクを明確にし、その対策について事例を交えて実践的に解説します。

デロイト トーマツ リスクサービス(株) シニアマネジャー
佐藤 功陛 氏

▲ このページのトップへ

FIT大阪フォーラム サイバーセキュリティセミナー

テーマ: サイバーセキュリティセミナー
 ~迫りくる脅威に備えて、役立つ情報を徹底公開!~
開催趣旨: 情報漏えいなどのセキュリティインシデントが金融機関にもたらす影響は、より一層深刻になっています。昨年10月24日には、金融界初の官民合同サイバーセキュリティ演習を実施するなど、サイバー攻撃対策強化に向けた取り組みが活発化しています。
基調講演で、同演習結果に基づいて金融庁が認識する課題などを掘り下げて紹介します。合わせて金融機関がITを駆使して金融サービスの充実を図るために必要な、最新の製品・ソリューションについて事例を交えて紹介することで、課題解決に役立つ情報をお届けいたします。
日時 : 2017年2月3日(金)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 大阪銀行協会 別館4階
〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町3-3-5MAP
定員 : 50人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。
協賛 : エムオーテックス、エントラストジャパン、ユニアデックス、エンカレッジ・テクノロジ、アシスト(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

基調講演
10:00-11:00

サイバーセキュリティ対策の要諦
~デルタウォール2016からの示唆を踏まえて~

 本セミナーでは、昨今喫緊の課題となっているサイバーセキュリティを取り上げ、金融庁の認識する課題などを掘り下げてご説明します。また、28年10月に実施された金融庁主催のサイバーセキュリティ演習「デルタウォール2016」を通じて得られた示唆を中心に、金融機関におけるサイバーセキュリティ対策の実装モデルや、BCP、IT-BCPといった各種規程類の整備手法について解説します。

(株)NTTデータ経営研究所 金融政策コンサルティングユニット 本部長
大野 博堂 氏

Session 1
11:10-12:10

人工知能と流入経路追跡で実現する標的型攻撃・ランサムウェア対策

 日々巧妙化するサイバー攻撃とその対策はいたちごっこで、企業を悩ませる課題の1つとなっています。
 シグネチャ型での対策が限界を迎えつつある中、次世代のセキュリティは人工知能の活用に期待が高まっています。新機能「プロテクトキャット」で防げない事を前提とした対策ではなく、如何にしてマルウェア感染を防ぐかを追求したアプローチとその実証結果を紹介します。

エムオーテックス(株) 営業推進部 部長
金子 大輔 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 2
13:00-14:00

安全性と利便性を両立させた認証ソリューション
~フィンテック時代にも有効~

 利用者のパソコンにマルウェアが感染しインターネットブラウザの通信が乗っ取られると、正規の認証でログインした後に犯罪が実行されるため、ワンタイムパスワードなど既存の認証では、不正取引を防ぐことができません。一方で、安全性を高めようとしたばかりに顧客の利便性が下がってしまうなど、安全性と利便性のバランスのとり方に苦心する金融機関も多いでしょう。本セッションでは安全性と利便性の両立への回答としての認証ソリューションを紹介します。

エントラストジャパン(株) カントリーマネジャー
堀川 隆治 氏

エントラストジャパン(株) 営業部 セールスエンジニア
石尾 尚二郎 氏

Session 3
14:10-15:10

金融関連セキュリティスタンダードから考えるシステム対策

 金融庁のガイドラインやPCI DSSなどのセキュリティスタンダードを元に、あるべきITシステムでの対応を、最新のトレンドを交えて紹介します。 また内部対策として注目されている特権I D管理ソリューションについては特に詳しく紹介します。

ユニアデックス(株) エクセレントサービス創生本部 プロダクト&サービス部 セキュリティー室 ソリューションマネージャー
森 駿 氏

エンカレッジ・テクノロジ(株) 事業推進部長
日置 喜晴 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 4
15:30-16:30

業務端末をネット環境から分離 ~標的型攻撃から情報資産を守りコスト削減も可能に!!~

 当社製品「ダブルブラウザソリューション」は、業務端末を直接ネット環境と接続せずに、仮想環境上に用意したブラウザを経由してネット接続を行う画面転送方式を採用。ユーザの利便性を損なわずに、安全な通信環境下での業務を可能にします。またLinux版を利用すれば、高額なMS RDS CALが不要で大幅にコスト削減できます。金融機関の重要な情報資産を、標的型攻撃からしっかり守る最新ソリューションを金融事例とデモを交えて詳細に紹介します。

(株)アシスト 西日本支社 技術統括 システム基盤技術部 4課 課長
丸山 俊弘 氏

▲ このページのトップへ

FIT東京フォーラム デジタル・バンキングセミナー

テーマ: デジタル・バンキングセミナー
 ~金融機関とFinTechで紡ぐ新サービスの世界~
開催趣旨:  「デジタル・バンキング」は、デジタルネットワークを前提にサービスを構築して、人材や設備投資、支店の在り方などを根本的に見直していく考え方です。そして「FinTech(金融とITの融合)」は、金融機関をデジタルバンク化するための手段として位置づけられています。
 本セミナーでは、金融機関の窓口やコールセンターでのロボット・AI(人工知能)の利活用方法から、インターネット上で顧客接点強化を実現する最新動画技術や顧客アクセス時の新認証技術、これらサービスの基盤となる仮想化システムについて事例を交えて紹介します。
日時 : 2016年11月29日(火)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 東京會舘LEVEL XXI(レベル21)
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-2 アーバンネット大手町ビル 21FMAP
定員 : 60人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。
協賛 : スレットメトリックス、ニュータニックス・ジャパン、タケロボ、グリーン・シップ、ピツニーボウズジャパン(講演順)

◆申込受付は終了いたしました



セミナースケジュール

内容講師名

Session 1
10:00-11:00

北米FinTech企業におけるビッグデータを利用した新しい銀行取引と不正対策について

 リーマンショック以降、北米大手銀行が小口融資について厳正化を進める一方、インターネットを利用したサービスが急速に普及しています。スレットメトリックスは各企業の参加によって蓄積された知見を相互に活用することにより、FinTech企業をサポートしています。この技術は海外のネット銀行、地方銀行など多く実績から不正を防止し、善良な顧客を保護する経験に基づいております。従来型のセキュリティ対策(2FA/OTP)とは別の新しい認証技術をご紹介します。

スレットメトリックス(同) 営業部 シニアセールスマネージャー
南秀行 氏

Session 2
11:10-12:10

金融における革新的なITインフラ改革を実現した事例のご紹介

 Nutanix のハイパーコンバージドシステムでは、必要な時に必要な分だけスピーディーに追加できるという利点を活かし、システムの拡張や老朽化による更改へのコストを抑制・平準化することが期待できます。経営の効率化および営業力の強化、経営基盤の強靭化を目的とした中長期でのIT戦略を着実に推進していける体制へと変革できます。当セッションでは、技術的なメリットに加え、経営的なメリットについてもご紹介します。

ニュータニックス・ジャパン(同) シニアシステムズエンジニア
清水幸弥 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 3
13:00-14:00

金融機関におけるロボットとAIの活用プラン

 多くの金融機関におきまして、AI やロボットの導入を検討されている一方、まだ利用実績が少なく、明確な利用イメージを掴めない状況であることも事実だと思います。当社では3年以上前より、金融機関のほか、多くの店舗や施設にロボットを導入してきました。また、IBM Watsonのパートナーとして、Watsonと連携したロボットの提供も行っております。そうした提供や活動を通して蓄えたノウハウの解説と金融機関での利用案をご紹介します。

タケロボ(株) 代表取締役社長
竹内清明 氏

Session 4
14:10-15:10

1アカウントで25人分の受電、架電、SMS配信をこなす『ロボットコールセンター』

 コールセンターのオペレータ人員確保、品質保持が困難になる中で増大する業務を現状の人員で対応可能にするコールセンターソリューションです。導入済銀行ではオペレータを増員することなく5倍の督促および回収を実現。8か国語に対応可能な音声合成や複数回本人認証など最新のIoT技術を短期間に低コストで導入できるクラウドサービスです。パーミッションの取得から履歴判定機能付ショートメールの自動配信機能も新たに搭載しました。

(株)グリーン・シップ 代表取締役社長
田中明子 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 5
15:30-16:30

非対面チャネルでの顧客接点強化を対話式パーソナライズド動画で実現!~金融業界の事例をふまえて

 これからの金融機関においては、顧客接点を強化し、One to One のコンタクトを構築・強化することは最重要の課題です。また成長のために、最新テクノロジーの活用はかかせません。より収益をあげ、コストを下げるための非対面でのコンタクトチャネルの柱となるパーソナライズド動画活用、コンタクトセンター活用について、事例を中心に徹底的にご紹介します。

伊藤忠テクノソリューションズ(株) 金融・社会インフラ事業グループ サービス企画推進部 クラウドサービス推進課 課長
照井直貴 氏
ピツニーボウズジャパン(株) ソフトウェア事業部営業本部 営業部長 
滝本謙一 氏

▲ このページのトップへ

FIT東京フォーラム サイバーセキュリティセミナー

テーマ: サイバーセキュリティセミナー
 ~金融システムと顧客を守るために有効な施策とは~
開催趣旨: 情報漏えいなどのセキュリティインシデントが金融機関にもたらす影響はますます深刻になっています。そこで金融庁は、10月下旬に官民合同で金融分野に特化した初めてのサイバーセキュリティ演習を実施するほか、管理態勢強化に向け、経営陣の積極的な関与や、事後対応の整備、情報収集・共有などを徹底するよう促しています。今後、金融機関がITを駆使して金融サービスの充実を図っていくためには、サイバー攻撃の仕組みを理解して対応する必要があります。金融システムと顧客を守るために有効な製品・ソリューションについて金融事例を交えて紹介します。
日時 : 2016年10月18日(火)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 全国銀行協会 銀行倶楽部 4階中ホール
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1MAP
定員 : 60人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。
協賛 : エンカレッジ・テクノロジ、ヴイエムウェア、アシスト、ゾーホージャパン、ジェーエムエーシステムズ (講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

Session 1
10:00-11:00

内外のセキュリティ脅威から重要システムを守る特権アクセス管理とファイル入出力制御

 高度化・巧妙化が進むサイバー攻撃や相次ぐ内部者、委託先の不正による情報漏洩など、金融機関を取り巻くセキュリティリスクへの対策は益々、重要度が高まっています。
本セッションでは、これら内外のセキュリティ脅威から重要データを守るために必要な特権者のアクセス管理やファイル入出力の制御といったセキュリティ基盤の最新テクノロジーをご紹介します。

エンカレッジ・テクノロジ(株) 事業推進部長
日置 喜晴 氏

Session 2
11:10-12:10

"侵入後"の脅威最小化を実現するには? 最先端セキュリティアーキテクチャのご紹介

 内閣サイバーセキュリティセンターを始め、金融庁等からも既存の防御を突破した侵入後のセキュリティ対策&対処に向けた指針が矢継ぎ早に発表されています。侵入後の脅威に対するダメージコントロールの実現に向け、国内外の組織内 CSIRTが取り組む VMware の最先端技術の活用方法について、事例を交えながらご説明します。

ヴイエムウェア(株) シニアセキュリティソリューションアーキテクト CISSP-ISSJP, 公認情報システム監査人
楢原 盛史 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 3
13:00-14:00

業務端末をネット環境から分離 ~標的型攻撃から情報資産を守りコスト削減も可能に!!~

 当社製品「ダブルブラウザソリューション」は、業務端末を直接ネット環境と接続せずに、仮想環境上に用意したブラウザを経由してネット接続を行う画面転送方式を採用。ユーザの利便性を損なわずに、安全な通信環境下での業務を可能にします。またLinux版を利用すれば、高額なMS RDS CALが不要で大幅にコスト削減できます。金融機関の重要な情報資産を、標的型攻撃からしっかり守る最新ソリューションを金融事例とデモを交えて詳細にご紹介します。

(株)アシスト システムソフトウェア事業部 仮想化推進室 参事
斎藤 正雄 氏

Session 4
14:10-15:10

川崎信用金庫様における特権ID管理運用強化の事例紹介

 近年J-SOXを代表とする、重要システムへのアクセス管理が強く求められています。なかでも特権IDについては、システム毎にサイロ化しているケースが多く、管理が複雑化しているのではないでしょうか。
本セミナーでは、職員による特権ID管理運用をManageEngine Password Manager Proにて実現した川崎信用金庫様の事例をご紹介します。

(株)NTTデータSMS ソリューションビジネス事業本部 新規ビジネス推進室 課長
綾野 穣児 氏
協賛:ゾーホージャパン(株) ManageEngine事業
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 5
15:30-16:30

住友生命保険相互会社 セキュアカメラを活用した業務改善

 昨今、スマートデバイスのカメラ機能の活用に大きな注目が集まっています。金融機関においては、融資審査における担保物件の撮影や、紙やコピーでやり取りをしていた本人確認書類の代替として画像(カメラ機能)を利用するケースが挙げられます。
本セッションでは住友生命保険相互会社の事例をもとに、スマートデバイスのカメラ活用について解説します。

住友生命保険相互会社 情報システム部システム業務室 部長代理
中川 邦昭 氏
(株)ジェーエムエーシステムズ 営業2部 第2グループ マネージャ
上村 武弘 氏

▲ このページのトップへ

FIT東京フォーラム 新時代の店舗戦略セミナー

テーマ: 新時代の店舗戦略セミナー
 ~顧客起点の金融サービス実現に向けて~
開催趣旨: 少子高齢化による人口減少やIT技術の進化により金融機関の店舗を取り巻く環境は大きく変化しています。経営ビジョンの実現に基づいた店舗戦略の実現には、市場分析、店舗デザイン、システム選定などを的確に行い顧客起点の金融サービスを提供する必要があります。顧客への理解促進に有効な動画での情報提供や、顧客応対時の会話を可視化してサービス改善を図る応対録音、業務プロセスをデジタル化するためのビッグデータ分析、不動産の登記異動データを活用したエリアマーケティングについて、金融事例を交えてご紹介します。
日時 : 2016年7月26日(火)10:00~15:20(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 全国銀行協会 銀行倶楽部 4階中ホール
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1MAP
定員 : 60人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。
協賛 : Jストリーム、ベリントシステムズジャパン、JON、シスコシステムズ(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

Session 1
10:00-11:00

チャネル多様化時代に動画で実現する店舗強化策
 ~映像制作のポイントと活用事例~

 金融業界においても、お客様が情報に接するチャネルが多様化し、店舗が果たす役割も変わりつつあります。店頭で多くの人に、より深く情報を提供するため、サイネージやタブレットを活用し、動画での情報提供を実施されている金融機関も増加しています。動画は理解促進に効果的な手法ですが、成果をあげるにはコツがあります。本セミナーでは、金融業界の映像制作に精通したスタッフが、制作時のポイントと活用事例をご紹介します。

(株)Jストリーム デジタル制作2部 マネージャー/プロデューサー
小林 誠 氏

Session 2
11:10-12:10

モバイル時代における金融渉外現場の可視化
~分析によるコンプラ対応、営業力の強化~

 金融渉外現場では、お客様との応対におけるコンプライアンスの順守や応対品質管理が求められると同時に、提案力強化が課題となっています。モバイル・スマートデバイス時代における営業店や客先でのお客様応対時の会話を可視化させ、施策、検証までのサイクルをより精確、迅速なものにするためには? コンプライアンス対応立証を可能にする一方で、顧客応対やサービス改善にも貢献するVerintソリューションとその運用方法をご紹介します。

ベリントシステムズジャパン(株) 営業部 金融担当マネージャ
武田 典久 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 3
13:00-14:00

不動産の登記異動データを活用して考える新時代の店舗戦略

 店舗戦略を展開するときの指標として、周りの昼夜間人口比率、年齢別人口比率、事業所数等が利用されています。不動産の登記異動データはそれらのものよりも実体経済を反映した戦略分析ツールとして最適なものです。今回のセミナーでは弊社が長年培った店舗戦略に役立つ様々なエリアマーケティングの分析事例をご紹介します。

(株)JON 東京第三 マネージャー
片岡 明彦 氏
14:00-14:20 コーヒーブレイク

Session 4
14:20-15:20

デジタルブランチの実現に向けた最新のセールスチャネルとシステム整備のあり方

 デジタルブランチの実現には「攻め」と「守り」のテクノロジーをバランスよく取り入れることが重要です。業務プロセスをデジタル化することで実現する次世代型の顧客対応や、顧客をはじめとする外部環境から収集したビッグデータの有効活用といった「攻め」。増え続ける新しいデバイス、新しいビジネスに迅速に対応可能なシンプル且つセキュアなインフラの「守り」。この2つの要素について海外の事例を交えてご紹介します。

シスコシステムズ(同) エンタープライズシステムエンジニアリング カスタマーソリューションズアーキテクト
阿部 俊 氏

▲ このページのトップへ

FIT大阪フォーラム 新時代の店舗戦略セミナー

テーマ: 新時代の店舗戦略セミナー
 ~顧客起点の金融サービス実現に向けて~
開催趣旨: 少子高齢化による人口減少やIT技術の進化により金融機関の店舗を取り巻く環境は大きく変化しています。経営ビジョンの実現に基づいた店舗戦略の実現には、市場分析、店舗デザイン、システム選定などを的確に行い顧客起点の金融サービスを提供する必要があります。りそな銀行の最新店舗では、ペーパーレス化を図るなどして、事務スペースを削減。コンサルティングを含めたセールスの場へと移行することで、顧客にとって相談しやすい環境を構築しています。Web会議システムによる本部コンサルタントの顧客応対、顧客への理解促進に有効な動画による情報提供など、店舗戦略に欠かせない新たな取り組みについて金融事例を交えてご紹介します。
日時 : 2016年7月29日(金)10:00~15:20(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 大阪銀行協会 別館4階
〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町3-3-5MAP
定員 : 50人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。
協賛 : コクヨ、ブイキューブ、Jストリーム(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

基調講演
10:00-11:00

人口減少とデジタル社会における金融店舗の方向性

 人口減少が進む状況の中、地域金融機関等の店舗はどのように変わるべきなのか。またリアルとデジタルが融合する時代に、店舗はどのような顧客経験価値を生むのか。国内・海外事例をご紹介しながら、店舗の進むべき方向性を探ります。

(株)NTTデータ経営研究所 金融コンサルティングユニット マネージャー
上條 洋 氏

Session 1
11:10-12:10

営業店文書ペーパーレス化の取り組み

 営業店の"ペーパーレス"実現に向けて、紙文書のイメージ化や、グループウェア・電子決裁を活用した電子文書による業務への移行が進んでいます。一方で、『当初の想定ほど削減効果がない』、『どの文書をイメージ化、電子化すべきか決まらない』等の課題をお持ちではないでしょうか。本セッションでは、営業店における文書管理業務効率化の観点から文書の種類・特性に応じた管理手段の選定ポイントをご紹介します。

コクヨ(株) 事業開発センター ドキュメントソリューション事業部 文書管理コンサルタント
高橋 真登 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 2
13:00-14:00

これからの資産運用をテーマに幅広い世代へアプローチする遠隔店舗戦略について

 少子高齢化に代表される社会構造の変化にともない、金融業界で取り扱われる商品が変化してきました。老老介護、孤独死といった新しい社会現象や多様化するライフプランに対応する商品が生まれてきています。住宅ローン、相続、遺言など様々な相談業務が増加し、人々のライフプランにあった情報提供も求められています。必要な情報をいかにしてお届けするか事例を交えお伝えします。

(株)ブイキューブ 営業本部第二営業グループ グループマネージャー
野原 康文 氏

弁護士法人日本橋さくら法律事務所 代表弁護士
上野 晃 氏
14:00-14:20 コーヒーブレイク

Session 3
14:20-15:20

チャネル多様化時代に動画で実現する店舗強化策 ~映像制作のポイントと活用事例~

 金融業界においても、お客様が情報に接するチャネルが多様化し、店舗が果たす役割も変わりつつあります。店頭で多くの人に、より深く情報を提供するため、サイネージやタブレットを活用し、動画での情報提供を実施されている金融機関も増加しています。動画は理解促進に効果的な手法ですが、成果をあげるにはコツがあります。本セミナーでは、金融業界の映像制作に精通したスタッフが、制作時のポイントと活用事例をご紹介します。

(株)Jストリーム デジタル制作2部 マネージャー/プロデューサー
小林 誠 氏

▲ このページのトップへ

FIT大阪フォーラム サイバーセキュリティセミナー

テーマ: サイバーセキュリティセミナー
 ~金融システムを守る! 高度化する攻撃に対抗するための手段とは~
開催趣旨: 金融庁と日本銀行では、金融機関のサイバーセキュリティ管理態勢の強化に向け、経営陣の積極的な関与や、事後対応の体制整備、情報の収集・共有などを徹底するよう促しています。一方で銀行法改正により金融機関とIT企業が連携し、金融サービスの利便性を向上する動きが広がっています。今後、ITを駆使して金融機関が収益拡大を図っていくためにも、サイバー攻撃の仕組みを理解・分析して、管理態勢を確立する必要があります。これらに有効な手段とソリューションについて金融事例を交えて紹介します。
日時 : 2016年7月22日(金)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 大阪銀行協会 別館4階
〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町3-3-5MAP
定員 : 50人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。
協賛 : セキュアブレイン、インターネットイニシアティブ、有限責任監査法人トーマツ、NTTソフトウェア(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

基調講演
10:00-11:00

インシデント発生を想定したレジリエントなサイバー攻撃対策

 サイバー攻撃は巧妙かつ執拗なものとなり、攻撃の完全阻止は困難なだけでなく、被害の全貌把握にも長時間を要するようになりました。このため、サイバー攻撃による被害が把握でき、かつ、制御可能な状態であれば、攻撃の拡大を抑え込みつつ、被害が及んでいない情報システムで部分的に業務を継続するレジリエントな体制が求められるようになりました。本講演では、その考え方について解説いたします。

国立情報学研究所 サイバーセキュリティ研究開発センター センター長
高倉 弘喜 氏

Session 1
11:10-12:10

インターネットバンキングを狙うサイバー攻撃から顧客を守る最新の対策とは

 インターネットバンキングを標的としたサイバー攻撃は、グローバル規模の犯罪ビジネスとして確立しており、その攻撃手法は複雑化、巧妙化しています。2015年の不正送金被害額は30億7,300万円に上り、年々増加傾向にあります。
 本セミナーでは不正送金マルウェアを中心に最新の攻撃手法を解説します。当社が大手銀行で不正送金被害を削減した実績を元に、不正送金対策ソリューションをご紹介します。

(株)セキュアブレイン 事業推進室 執行役員
田島 久行 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 2
13:00-14:00

標的型からばらまき型へ。金融機関を脅かす脅威の現状とIIJが考えるその対策方法

 2015年に注目を集めた標的型攻撃。多くの企業・組織の被害が急増し、セキュリティ対策への意識や要求が高まっています。
 本セミナーでは、昨今の標的型攻撃の特徴や攻撃手法の変化について、実際の攻撃例を参考にしながら、具体的にどのような対策をすべきかに焦点を当て、なるべく費用をかけずに始められる対策や、セキュリティ強化のポイント、IIJの取り組みなどについてご紹介します。

(株)インターネットイニシアティブ サービスプロダクト事業部 第二営業部 セキュリティ営業課
平野 栄士 氏

Session 3
14:10-15:10

サイバーインテリジェンスの活用によるリスク見極めと対策補強の勘所

 サイバー攻撃の高度化に伴い、セキュリティ対策強化が声高に叫ばれていますが、リスク0(ゼロ)の対策実施は不可能です。そこで、事業に合わせての対策の方向性や注力箇所を企業毎に判断することが重要です。その検討材料としてサイバーインテリジェンスが注目されています。本講演では、最近の日本を狙ったサイバー攻撃動向と、その分析結果を踏まえた対策への活用事例をご紹介し、サイバー脅威分析の有効性について解説いたします。

有限責任監査法人トーマツ シニアマネジャー
石井 秀明 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 4
15:30-16:30

事例からみる多層防御の有効性!
 ~特権ID管理、DDoS攻撃、脆弱性対処の視点から

 金融システムの安定を脅かすサイバーセキュリティ事案が後を絶ちません。高度化する攻撃に対し、金融機関は実効性のある態勢を早急に整備し、単一の対策(線)ではなく、多層防御(面)での対策が必要不可欠です。
 当社がご支援した金融機関での事例を元に、「特権ID管理(内部対策)」、「DDoS攻撃対策」、「脆弱性対処」の3つの視点から、多層防御による対策とその実効性、また被害拡大の防止策をご紹介します。

NTTソフトウェア(株) エンタープライズ事業部 金融システムカンパニー チーフアナリスト
北島 一義 氏

▲ このページのトップへ

FIT仙台フォーラム サイバーセキュリティセミナー

テーマ: サイバーセキュリティセミナー
 ~金融システムを守る! 高度化する攻撃に対抗するための手段とは~
開催趣旨: 金融庁と日本銀行では、金融機関のサイバーセキュリティ管理態勢の強化に向け、経営陣の積極的な関与や、事後対応の体制整備、情報の収集・共有などを徹底するよう促しています。一方で銀行法改正により金融機関とIT企業が連携し、金融サービスの利便性を向上する動きが広がっています。今後、ITを駆使して金融機関が収益拡大を図っていくためにも、サイバー攻撃の仕組みを理解・分析して、管理態勢を確立する必要があります。これらに有効な手段とソリューションについて金融事例を交えて紹介します。
日時 : 2016年7月15日(金)10:00~15:20(9:30受付開始)
会場 : TKPガーデンシティ仙台 (AER30階カンファレンスルームD)
〒980-6130 宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 AER 30F MAP
定員 : 30人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。
協賛 : NTTソフトウェア、セキュアブレイン、エンカレッジ・テクノロジ(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

基調講演
10:00-11:00

金融機関のサイバーセキュリティ対応態勢の要諦

 昨今相次ぐサイバー攻撃への対応態勢として、多くの金融機関ではハードやソフト対応による物理的対処を推進しつつあり、一定の効果を発現しています。他方、サイバー攻撃の予兆を検知したり、実際に攻撃を受けた後の事後的対応については引き続き課題が残置されています。本セッションでは、金融庁の求める対応態勢の在り方を整理しつつ、内外連携を含めた実効性の高い対応態勢についてご説明いたします。

(株)NTTデータ経営研究所 金融政策コンサルティングユニット パートナー 金融政策コンサルティングユニット本部長
大野 博堂 氏

Session 1
11:10-12:10

事例からみる多層防御の有効性!
 ~特権ID管理、DDoS攻撃、脆弱性対処の視点から

 金融システムの安定を脅かすサイバーセキュリティ事案が後を絶ちません。高度化する攻撃に対し、金融機関は実効性のある態勢を早急に整備し、単一の対策(線)ではなく、多層防御(面)での対策が必要不可欠です。
 当社がご支援した金融機関での事例を元に、「特権ID管理(内部対策)」、「DDoS攻撃対策」、「脆弱性対処」の3つの視点から、多層防御による対策とその実効性、また被害拡大の防止策をご紹介します。

NTTソフトウェア(株) エンタープライズ事業部 金融システムカンパニー チーフアナリスト
北島 一義 氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 2
13:00-14:00

インターネットバンキングを狙うサイバー攻撃から顧客を守る最新の対策とは

 インターネットバンキングを標的としたサイバー攻撃は、グローバル規模の犯罪ビジネスとして確立しており、その攻撃手法は複雑化、巧妙化しています。2015年の不正送金被害額は30億7,300万円に上り、年々増加傾向にあります。
 本セミナーでは不正送金マルウェアを中心に最新の攻撃手法を解説します。当社が大手銀行で不正送金被害を削減した実績を元に、不正送金対策ソリューションをご紹介します。

(株)セキュアブレイン 事業推進室 執行役員
田島 久行 氏
14:00-14:20 コーヒーブレイク

Session 3
14:20-15:20

サイバー攻撃と内部不正から重要情報を守る内部対策の具体例

 高度化・巧妙化が進むサイバー攻撃や相次ぐ内部者、委託先の不正による情報漏えいなど、金融機関を取り巻くセキュリティリスクへの対策は益々、重要度が高まっています。
 本セッションでは、重要情報を内部不正や外的脅威から守りつつ、利便性を犠牲にしないためのネットワーク分離とアクセス管理、証跡管理などの内部対策の考え方とその具体例をご説明いたします。

エンカレッジ・テクノロジ(株) 事業推進部長
日置 喜晴 氏

▲ このページのトップへ

FIT東京フォーラム サイバーセキュリティセミナー

テーマ: サイバーセキュリティセミナー
 ~金融システムを守る! 高度化する攻撃に対抗するための手段とは~
開催趣旨: 金融庁と日本銀行では、金融機関のサイバーセキュリティ管理態勢の強化に向け、経営陣の積極的な関与や、事後対応の体制整備、情報の収集・共有などを徹底するよう促しています。一方で銀行法改正により金融機関とIT企業が連携し、金融サービスの利便性を向上する動きが広がっています。今後、ITを駆使して金融機関が収益拡大を図っていくためにも、サイバー攻撃の仕組みを理解・分析して、管理態勢を確立する必要があります。これらに有効な手段とソリューションについて金融事例を交えて紹介します。
日時 : 2016年7月5日(火)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 全国銀行協会 銀行倶楽部 4階中ホール
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1MAP
定員 : 60人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
(※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。)
協賛 : トレンドマイクロ、マクニカネットワークス、エンカレッジ・テクノロジ、モバイルアイアン・ジャパン、有限責任監査法人トーマツ(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

Session 1
10:00-11:00

サンドボックスすり抜けに対抗
 ~標的型攻撃対策の課題を解決するログ・端末管理の方法

 金融庁監督指針改定により、サイバーセキュリティ対策強化が求められていますが、対策範囲が広く課題に感じられている面も多いのではないでしょうか。本講演では、ログ管理の高度化、サンドボックスをすり抜けて侵入された後の攻撃の検知・運用、既存資産を効率的に活用する端末管理の方法を、国内金融機関の事例を交えてお伝えします。デモコーナーでは実機を使った解説も行います。

トレンドマイクロ(株) セキュリティエキスパート本部 プリセールスSE部 東日本SE課 課長
吉田 達哉 氏

Session 2
11:10-12:10

インターネット上に潜む外部脅威から企業ブランドを守る" RiskIQ"

 サイバー攻撃は日々巧妙化しており、金融業界を中心に事件が相次いでいるフィッシング攻撃の拡大に伴って、偽サイトや不正アプリ、不正広告がインターネット上に出回るリスクが高まっています。RiskIQは上記のようなインターネット上の企業の信頼やブランド価値を損なう外部脅威を独自のデータ集積とソリューションで検出します。本セッションでは、米国を中心とした大手金融への数多くの導入実績をもとに、ユースケースのご紹介、および製品デモを実施させていただきす。

マクニカネットワークス(株) 技術統括部プロダクト第4技術部 第3課 担当
松村 康平 氏

RiskIQ Inc.  VP, Product Strategy
Arian Evans(エイリアン エバンス)氏
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 3
13:00-14:00

サイバー攻撃と内部不正から重要情報を守る内部対策の具体例

 高度化・巧妙化が進むサイバー攻撃や相次ぐ内部者、委託先の不正による情報漏えいなど、金融機関を取り巻くセキュリティリスクへの対策は益々、重要度が高まっています。
本セッションでは、重要情報を内部不正や外的脅威から守りつつ、利便性を犠牲にしないためのネットワーク分離とアクセス管理、証跡管理などの内部対策の考え方とその具体例をご説明いたします。

エンカレッジ・テクノロジ(株) 事業推進部長
日置 喜晴 氏

Session 4
14:10-15:10

金融機関に求められるセキュアなモバイルデバイス活用/管理方法と導入事例

 モバイルデバイスの導入が進んでいく中で重要な課題はどのようにアプリケーションやコンテンツの利便性を損なわずに重要な情報の漏えいリスクを削減するかということではないでしょうか。本セッションでは金融機関に求められるセキュアなモバイルデバイス管理方法についてご説明いたします。また国内外の金融機関でのモバイル活用事例のご紹介とどのように情報漏えいを防ぐかについてのデモンストレーションをお見せいたします。

モバイルアイアン・ジャパン シニア・テクニカルセールス・ディレクター
リチャード・リー 氏
15:10-15:30 コーヒーブレイク

Session 5
15:30-16:30

サイバーインテリジェンスの活用によるリスク見極めと対策補強の勘所

 サイバー攻撃の高度化に伴い、セキュリティ対策強化が声高に叫ばれていますが、リスク0(ゼロ)の対策実施は不可能です。そこで、事業に合わせての対策の方向性や注力箇所を企業毎に判断することが重要です。その検討材料としてサイバーインテリジェンスが注目されています。本講演では、最近の日本を狙ったサイバー攻撃動向と、その分析結果を踏まえた対策への活用事例をご紹介し、サイバー脅威分析の有効性について解説いたします。

デロイト トーマツ リスクサービス(株) シニアマネジャー
岩井 博樹 氏

▲ このページのトップへ

FIT東京フォーラム 金融機関のためのロボット・AI・ビッグデータ活用セミナー

テーマ: 金融機関のためのロボット・AI・ビッグデータ活用セミナー
 ~ヒトを支えるテクノロジー、応対品質向上と業務効率化の実現に向けて~
開催趣旨: 金融機関で、人型ロボットや人工知能(AI)の導入が相次いでいます。親しみを持てるほどに進化したロボットは、来店客へのおもてなしのほか、店頭の各種キャンペーンや詐欺防止告知の一助として活躍する一方、顧客に合った商品を紹介するなど、窓口業務の支援を行う動きも出始めています。近い将来、ビッグデータとAIの機械学習により、ヒトに代わって顧客に商品提案を行うなど、様々な可能性を秘めており試行的な実験が進んでいます。また、ロボ・AIを活用するために必要なビッグデータの使い方、さらには金融機関のWebサイト戦略に効果を発揮するAI活用について具体例を交えて紹介します。
日時 : 2016年6月17日(金)10:00~15:20(9:30受付開始)
会場 : 一般社団法人 全国銀行協会 銀行倶楽部 4階中ホール
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1MAP
定員 : 60人(受付順・事前登録制、受講無料)
受講資格 : 金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
(※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません。)
協賛 : ビービット、タケロボ、WACUL、Kofax Japan(講演順)

◆申込受付は終了いたしました


セミナースケジュール

内容 講師名

Session 1
10:00-11:00

ビッグデータと行動観察
 ~デジタル時代の新・仮説検証プロセスで成果をあげる~

 金融機関のデジタル施策の企画・開発の現場においてAIやビッグデータというキーワードに注目が集まる一方で、ビッグデータをどのように成果に結びつけるか、その使い方に悩んでいるという声も多く聞かれるようになりました。
本セミナーではビッグデータの可能性と限界、定性的な行動観察と組み合わせることで大きな成果へとつなげていく仮説検証プロセスについて国内外の成功事例を交えて解説します。

(株)ビービット エグゼクティブマネージャ/エバンジェリスト
宮坂 祐 氏

Session 2
11:10-12:10

サービスロボットの有効活用法
 ―導入実績の考察と金融機関での利用案―

 まだ利用実績が少なく、効果的な活用方法について悩まれることが多いサービスロボットですが、当社では3年以上前より、金融機関のほか、多くの商業施設や公共施設へサービスロボットを導入してまいりました。各種導入事例ならびにそこで蓄えたノウハウを解説するとともに、今後の金融機関における利用案をご紹介致します。また、IBM Watsonとサービスロボットの連携プランもご紹介させて頂きます。

タケロボ(株) 代表取締役社長
竹内 清明 氏

協賛:(株)日立ハイテクソリューションズ
12:10-13:00 昼食会(ご用意しております)

Session 3
13:00-14:00

人工知能によるWebサイト分析手法 ~初心者でもすぐ使えます!

 Webサイトを自動で分析し、改善案まで出してくれる人工知能「AIアナリスト」をご紹介します。データ活用の基礎から、具体的な改善事例まで、初心者でも分かりやすくご説明します。
Webやデータに詳しくない方こそ、本セミナーをお聞きいただき、専門的な分析を人工知能に任せてみてはいかがでしょうか?

(株)WACUL 代表取締役社長
大津 裕史 氏
14:00-14:20 コーヒーブレイク

Session 4
14:20-15:20

VISAも認めたKOFAXのフィンテック
 金融におけるロボティクスオートメーション

 従来のITアプローチに失望した大手銀行や保険会社が、こぞって導入しているロボティクスオートメーション『KAPOW』。専門的なノウハウを必要とせず、パワフルなインテグレーションと自動化を足し合わせた新しいトレンドです。米国では、金融機関の業務を少しずつAIとロボットが代替し始め、その波が日本にも押し寄せています。あなたの業務を次のステージへ一挙に加速させるソリューションをご紹介します。

Kofax Japan(株) セールスディレクター
河上 勝 氏

▲ このページのトップへ