2017年度CMCセミナー年間開催予定

 

2017年度 コース・業務研修・ワークショップ開講予定
【日付入りは開催確定。○は予定。】

※このページは、「定期開催セミナー」のご案内です。

 随時開催の予定は、「CMCセミナーのご案内とお申し込み」のページでご確認ください。

コース名称 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内部管理コース
リスクマネジメント入門   15-16             18-19      
リスク計量化を理解するための
確率・統計の基礎
  18-19           6-7        
オペレーショナルリスク管理とは           7-8          
市場リスクの計量化と管理手法       20-21              
金融内部監査入門       18-19                
事務分析・事務量測定コース
事務分析・事務量測定コース       4-5              
融資事務量測定、融資業務分析実践コース                      
情報セキュリティマネジャー養成コース
基礎編     1-2                  
コンプライアンスセミナー
コンプライアンスセミナー                      
コース名称 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
銀行業務研修
基礎コース 18-19       28-29            
本部業務コース                      
勘定系システムコース   25-26       13-15          
収益管理・リスク管理入門
(信用リスク編)
  25-26         19-20          
収益管理・リスク管理入門
(市場、オペレーショナル、
ALM、統合リスク管理編)
    22-23         30-12/1        
銀行業務研修中級
情報系・営業店システムコース     15-16           14-15      
融資業務コース     29-30                  
収益管理・リスク管理
(ALMの高度化編)
20-21           12-13          
収益管理・リスク管理
(収益管理編)
          19-20            
証券業務研修
証券業務研修     22-23           11-12      
保険業務研修
基礎コース       28                
クレジットカード業務研修
基礎コース             16-17          
年間予定は、ご講師、会場等の都合により、変更することがございます。
直近のご案内については当サイトかCMC事務局までお問い合わせ、ご確認下さい
ページTOPへ
 
 

 
収益管理・リスク管理・内部監査コース(毎年開催)
 
1.収益管理・リスク管理入門コース
(1)信用リスクの基礎 金融機関における収益管理・リスク管理コースのうち、信用リスク(リスクマネジメントのフレームワーク、信用リスクマネジメント、融資性信用リスクマネジメント、市場性信用リスクマネジメント、統合リスクマネジメント)について、可能な限り数学を使わず平易な言葉で解説します。 2日間
(2)市場リスク・オペレーショナルリスク・ALM・統合リスク管理 金融機関における収益管理・リスク管理コースのうち、市場リスク・オペレーショナルリスク・ALM・統合リスク管理について、可能な限り数学を使わず平易な言葉で解説します。 2日間
 
2.収益管理・リスク管理コース
(1)ALMの高度化へ向けた課題と方向性 金融機関における収益管理・リスク管理コースのうち、ALMの高度化について基礎から現状の課題、今後の方向性までを学習します。 1.5日間
(2)収益管理の実務 金融機関における収益管理・リスク管理コースのうち、収益管理の基本的な考え方、実践方法を様々な事例を持ちいて分かりやすく解説します。 2日間
 
3.内部管理コース
(1)リスク計量化を理解するための確率・統計の基礎 金融機関における市場リスク、信用リスク、ALM、オペレーショナルリスク、さらに統合リスク管理において応用されている確率・統計について、計量化モデルの事例を踏まえつつ、難しい数式は極力使わず、基本的な概念・手法・考え方を理解します。 2日間
(2)リスクマネジメント入門 確率・統計の基礎から始め、VaRに関する理解を深めるとともに、その限界を補完するために、どのようなストレステスト、シナリオ分析を実施すべきかなど、リスクマネジメントに求められる重要事項を解説、完全理解を目指します。 2日間
(3)市場リスクの計量化と管理手法 市場リスクの基本的な考え方やVaRの算出方法の解説を行うとともに、担保付デリバティブ等の評価に用いられるOISカーブ、CVA(信用評価調整)や最近のトピックについて解説します。 2日間
(4)オペレーショナルリスク管理とは オペレーショナルリスクについて基本的なところから、J-SOX、BIS規制、ERMとの関わり、金融検査マニュアルおよび検査方針におけるチェックポイントや現状の課題・今後の方向性について解説します。 2日間
(5)金融内部監査入門 内部監査部門に配属されて経験の浅い管理者・実務担当者の方、リスクベース監査の実務に関して習得し直し、実務に役立てたいと考えている方、内部監査人として専門的能力の更なる向上を図りたいと考えている方向けに、金融内部監査の実務を理解し、その高度化を図っていくことをねらいとしています。 2日間
 
ページTOPへ
 

 
業務研修コース(毎年開催)
 
1.銀行業務研修コース
(1)銀行業務研修・基礎コース 金融機関の種類と取扱業務、組織と営業店や各種センターの役割と業務内容、システムの構成と機能などについて、最小限必要と考えられる基礎知識を学びます。 2日間
(2)本部業務コース 金融機関の本部にはどういう組織があるのか、その各部が担当する業務は何か、所管しているシステムは何か、金融機関を取り巻く環境、経営課題に対し本部各部はどう立ち向かっているかななど、本部の担当者と接していくうえで必要と思われる「本部」の役割について学びます。 1.5日間
(3)融資業務コース 金融機関の3大業務の1つである「融資業務」に特化し、営業店・本部の現場における融資業務はどのように位置づけられているのか、実際にどのような実務内容か、今後の展開はどのようになるのか、融資商品はどのようなものが開発されているか、新しい融資の形態とはどんなものかを解説します。 2日間
(4)勘定系システムコース 金融機関において最大かつ最重要システムである勘定系システムの理解に必要な用語、実務知識を身に付けるために、システムの概要、全体構成を事務処理の流れから学習します。 2日間
(5)情報系・営業店システムコース 金融機関における情報系システムの概要、全体構成を分かりやすく解説します。全銀システム、日銀ネット、SWIFT、電子記録債権等、また決済制度改革に関する知識を深めるとともに、どんなシステムが必要とされ、今後どんなシステムが求められるかを解説します。 2日間
 
2.クレジットカード業務研修コース
(1)カードビジネス基礎研修 クレジットカード、デビット、プリペイドをはじめ、カードローンや提携ローンなどの消費者信用分野とICカード、非接触決済、ローンカード、ポイントプログラムと顧客管理ビジネスに必須となる実務知識を広く詳しく解説します。 2日間
 
3.保険業務研修コース
(1)生保基礎コース 保険業務について必要不可欠な基礎知識(独自の用語、商品概要、業界の特徴、業務内容)ならびに今後の動向等について、実務経験者が実体験を交えて、わかりやすく解説します。 1日間
 
4.証券業務研修コース
(1)証券業務研修コース 証券業務の事務の流れ、証券システムの基礎など証券システムの開発をするうえで最小限必要と考えられる基礎用語・実務知識を解説します。
※アーティス株式会社と共催。
2日間
 
ページTOPへ
 

 
その他コース・セミナー(毎年開催)
 
1.事務分析・事務量測定コース
(1)事務分析・事務量測定コース 営業店事務の効率化に欠かせない事務分析・事務量測定について、これまでの事務プロセス戦略の評価と事例紹介、次世代の事務プロセス改革の進め方の解説と事務量分析後の対応策を紹介し、営業店を事務から営業に専念できる場に変える手法を学びます。 2日間
(2)融資事務分析・融資事務量測定 融資業務の特性に即した効果的な事務量測定、業務分析について具体的に取り上げます。実態が掴みづらい営業店融資業務を対象として、この実態を客観的に測定し、分析にメスを入れ、業務効率化、業務革新、要員管理を推し進めるアプローチを紹介します。 2日間
 
2.情報セキュリティマネジャー養成コース
(1)情報セキュリティセミナー 金融機関のセキュリティマネジャーとして必要な基礎的な業務知識を習得します。日々、変化・進展するセキュリティ情報を幅広く身に付け、顧客や経営に信頼される活動に結び付けることを狙いとし、日々、進展する環境変化を分析し、情報セキュリティ態勢・機能の高度化を図ります。 2日間
 
3.コンプライアンスセミナー
(1)コンプライアンス態勢強化上の諸課題 金融機関におけるコンプライアンス態勢を今まで以上に強固にするため、今、何をチェックし、何に力点を置かなければならないのか、金融モニタリング基本方針や検査結果事例集、モニタリングレポート等も踏まえたうえで、金融実務においてどのように態勢整備をしなければならないか−具体的な対応策、解決策などを分析、提言します。 2日間
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

人材の強化に役立つ 人事・教育企業リンク集

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について