1. HOME
  2. FITナビ
  3. フリーワード検索

FITくん外伝 フリーワード検索を使ってみようの巻

フリーワード検索へ

注目の新機能!?フリーワード検索

FIT君とは
ニッキンが発行する金融IT情報誌「FIT」内でまんが・海月くじらにて、好評連載中です。○×銀行のIT部門を舞台に、最新の金融ITトレンドをユーモラスに紹介しております。

フリーワード検索へ

ここは○×銀行。マネダ部長がFIT2011に関する情報収集をしています。FIT2011ウェブサイトには情報が盛りだくさん。使いなれないパソコンに悪戦苦闘しつつ、今日もユウちゃんに助けを求めてますよ。

むむむ、こんなに出展社が多いと、どこのブースに行けばいいのか分からなくなっちゃうな。どうしよう!?金田くん!

それなら、フリーワード検索を使うと良いですよ。

フリーワード検索?それはなんだい?

フリーワード検索は、自分の好きな言葉で出展内容やセミナー内容を検索できる機能ですよ。FIT2011のオフィシャルサイトで利用できます。

え~っと、オフィシャルサイトっと。これか。それで?これをどう使うんだ?

えっと、入力欄に興味のある言葉を入力してみてください。そして、出展内容かセミナー内容のどちらで検索したいかをチェックして検索ボタンをクリックです。

どれどれ、「アンチ・マネーローンダリング」と。おー出た出た。これは便利だな。

ですよね。ただ、ちょっと待って下さいね。さっき部長が入力した「アンチ・マネーローンダリング」っていろいろな書き方がありますよね?

ん?マネロン対策とかAMLなんて言い方もするよな。もっといえば、犯罪収益移転防止法とか資金洗浄なんて言葉を使うこともあるな。

そうなんです。検索だと、それぞれの言葉でヒットするページが変わってきちゃうんですよね。だから、各キーワードはなるべく共通する短いキーワードだけを取り出したり、いろいろな言葉で検索することが大切なんですよ。「アンチ・マネーローンダリング」と「アンチマネロン」があったとすれば、「アンチ」で検索してみたり、犯罪収益移転防止法って書いてる出展社もいれば、犯収法って書いてるかもしれませんよね。

なるほどな~。いろいろなキーワードで検索することが大切なんだな。

そうなんです!気軽に使える機能だから、じゃんじゃん利用していろいろ検索してみてくださいね。

「おしえて!ユウちゃん」とは
FITくんのスピンオフとしてIT音痴の「マネダ部長」の悲哀を描く企画。マネダ部長が今さら聞けない金融ITの基礎用語について、気の強い部下「金田ユウちゃん」に教えてもらいます。金融IT情報誌「FIT」にて、毎号テーマを設定し、マネダ部長とユウちゃんの対話形式で詳細に解説しております。

フリーワード検索

ページの先頭へ戻る