2011年10月28日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

金融庁、条件変更で他行と協調促す 監督指針改正へ、円滑化法 幕引きの道探る (1面トップ)

 
 金融庁は、監督指針や金融検査マニュアルを改正して貸し付け条件を変更する際に競合金融機関同士の協調を促す一方で、2012年3月末に期限を迎える中小企業金融円滑化法の幕引きを図る道筋を探り始めた。12月末までに結論を出す。同法の再延長を見送る場合は、企業倒産の急増を危惧する声に配慮し、「信用保証協会や公的金融機関の活用などを組み合わせてソフトランディング(軟着陸)を図る」(金融庁首脳)ことも検討する。
 
 

ニッキンを購読して、さらに詳しく

 

ニッキンとはどんな新聞…?

 
 
 

八十二銀行松代支店 課題発見解決型営業を実践、先数増で底辺拡大へ (20面トップ)

 

毎週月曜日の営業推進会議で情報を共有する

   八十二銀行松代支店(浅井隆彦支店長=行員18人うち女性9人。パート8人)は、「地域に密着し、顧客に頼りにされる金融機関」を経営方針に掲げ、経営者に対する「課題発見解決型営業」でマーケットを耕し底辺を広げている。2011年度上期は法人・個人推進7項目のうち6項目の目標を達成。今年6月には「若手経営者の会」を立ち上げるなど、地場企業への経営支援を強化している。

毎週月曜日の営業推進会議で情報を共有する

   
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

FIT2011 国内唯一の金融ITフェア開催、来場者1万2400人・金融界に定着 (10面特集)

 11回目となる日本最大の金融ITフェア「FIT2011(金融国際情報技術展)」(主催=日本金融通信社、共催=金融ジャーナル社、CMC、後援=全国銀行協会など金融13団体、米国・英国・韓国大使館)が10月19日~20日の2日間、東京国際フォーラム(東京都・有楽町)で開催された。首都圏を中心に全国各地から金融機関・関連会社役職員やITベンダー社員ら延べ1万2398人が来場した。来場者は、厳しい環境にもかかわらず前年を509人上回り、2日間の開催日程では過去5年間で最高だった。今年もタブレット端末に多くの来場者が集まった。営業支援・CRMのツールとして金融界の関心は引き続き高い。東日本大震災を受けて事業継続計画(BCP)関連のブースも賑わった。震災後、クラウド方式による業務・システム支援が効果を挙げたため金融機関関係者の真剣な眼差しが注がれた。今回は、例年の倍以上の役員も来場した。FIT展が国内唯一の金融IT特化型の専門フェアとして金融界の間に完全に定着した形だ。
 

政府・日銀・金融界 金融支援を本格化、タイ洪水被災企業向け (3面トップ)

 タイの大洪水で被災した進出日系企業に対する金融支援が本格化している。日本銀行、政策金融機関のほか、民間金融機関でも支援融資の動きが活発化。10月25日までの判明分で10行、1信金が開始した。損害保険各社も対応を強めている。
 

地域銀行、消費者金融取引を強化 融資保証提携も拡大、貸付実績“好転”で (7面トップ)

 一部地域銀行が、融資増強を目的に消費者金融業者向け取引を強化している。改正貸金業法の完全施行で苦境に立たされた消費者金融業界だが、今年7月以降、月間の個人向け無担保貸付額が増加に転じるなど、好転の兆しが見え始めたことが要因。また、個人向け融資を増やすために大手消費者金融会社とのローン保証提携に再び力を注ぐ動きもある。
 

信金の傷害保険付き定積 契約総額5000億円を突破、フラット型5年取り扱いへ (8面トップ)

 信用金庫界が取り扱う「しんきん傷害保険付き定期積金」の販売が好調だ。2011年9月末の契約総額は前年同月比28%増の5077億円と5千億円の大台を突破。販売件数は累計約35万件、取り扱いは180信金で、同商品をきっかけに定積の推進を再評価する動きが広がっている。同定積を開発した信金中央金庫は、商品ラインアップを拡充。2011年3月の「同定積フラット型」(積立期間10年)に加え、11月からはフラット型・積立期間5年の取り扱いも開始し、多様化する顧客ニーズに対応する。
 

全国信組大会 震災復旧・復興へ総力、地域活性化策を要望 (9面トップ)

 全国信用組合中央協会(中津川正裕会長=大東京信組会長)は10月21日、東京・大手町の経団連会館で「第48回全国信用組合大会」を開催した。永年勤続などの表彰式の後、中津川会長が震災からの復旧・復興へ総力の結集を呼びかけるとともに、地域経済の活性化策を当局に要望。その後、自見庄三郎金融担当大臣や白川方明日本銀行総裁らが来賓として挨拶。中小企業へのより円滑な資金供給などを求めた。

大会参加トップに聞く
コンサル機能の発揮を、中小企業支援で役割果たす

 

佐賀・長崎の5信金 消費者ローン 共同キャンペーン、職域・若年層獲得で成果 (16面トップ)

 【福岡】佐賀県下の佐賀・九州ひぜん・唐津・伊万里各信用金庫と、長崎県のたちばな信用金庫が7月から9月まで共同で実施した消費者ローンキャンペーンが大きな成果を上げた。5信金合計で証書貸付が14億8287万円、カードローン極度額合計が14億5280万円と、各信金とも年間目標の3割から4割の実績。5信金共同で営業店が競い合ったことがモチベーションの向上につながり、成果を上げた。
 

【読書週間】“家族の絆”考える契機に 本紙「推薦図書」執筆者おすすめの1冊 (11面特集)

 今年も10月27日から11月9日まで、2週間にわたる読書週間が始まった。3月11日の東日本大震災の発生以降、様々な「絆」が改めて見直されている。65回目となる標語は「信じよう、本の力」。本紙の「推薦図書」の執筆陣に「前向きな気持ちになる」「明るくなる」など元気が出るような1冊、「家族との絆」「地域とのつながり」など心温まるような1冊と、読書がもたらす効能について聞いた。
ページTOPへ
 
 

研修企画 (15面)

【2011年度金融ホームドクター養成】
営業力・現場力UP 『FP実践力向上(29)=積立投信の活用』
『コンサル能力養成(29)=ライフステージ等の見極め』
『企業の成長と金融推進(29)=損益分岐点分析(2)』
『営業店のコンプラ最前線(29)=危機管理(4) 震災時の預金残高の照会』
ホットコーナー 『ソーシャルビジネスと資金調達(4) 今後の動向』

【金融法務講座】(30)

『民法(4) 消滅時効』
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 

レギュラー企画

 
『寸言』: 災害列島日本と北海道(1面)=中山 厚・北海道財務局長
『社説』: 復興支援にはスピードが必要 (3面) 思い切った規制緩和を期待
『e−フロンティア(114)』: 業務改革とコスト削減 (13面)
 =兼松エレクトロニクス 取締役 東京ソリューション営業部門担当・森 則之氏
『東西ペンリレー』: 「数独」ゲーム考 (14面)=当麻 茂樹・新生銀行代表取締役社長
『ちょっと一言』: 理想は人と自然の共栄 (14面)
 =にいがた緑の百年物語 緑化推進委員会理事長・伊藤 文吉氏
『リフレッ趣味(196)』: 野球の楽しさ教えたい (19面)=猪俣 良二・北群馬信金子持支店長
『初支店長(248)』: 良い雰囲気を大切に (20面)=川原井 司・常陽銀行谷和原支店長
『当店のチームリーダー』: チームワークで店頭に活気 (20面)=銚子信金波崎支店・稲村 真由美さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
【2011年 ニュースの焦点】 (1面連載)
広がる「新しい公共」
金融界も“支え合い”を支援、信託銀行「寄付信託」を開始
新設銀トップに聞く(4) (4面)
 村松・ジャパンネット銀行社長
“ワンタイム”で安全性重視、収益の次はシェア狙う
【USA金融事情NOW】 (5面) 「どこでも決済」が加速
【マーケット・トレンド】 (5面) [株式]半値戻しは全値戻し
 広木 隆・マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
[為替]ドルキャリー取引再燃か
 伊藤 雅博・セントラル短資FX 執行役員市場営業部長
成長分野を拓く [4]=三重銀行 (6面) 農業、大市場中国へ進出提案
活躍する女性 (4)=福井信金 (8面) 総合職の採用を拡大、預かり資産営業強化
武藤・民都機構理事長に聞く (13面) 地域金融機関と協業へ、出資業務で開発支援
女性対象の犯罪防止へ (19面トップ) 「レディースガードリーダー」制度、全国初・福井県警が創設
【連載小説】 (20面連載) 池井戸 潤著、「狂咲舞の事件ファイル(126)」
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について