2012年3月23日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

メガバンク、“利ざや低下”底打ちへ 「在庫投資」で資金需要、中堅・中小へ貸出強化 (1面トップ)

 
 メガバンクで低下傾向が続いている国内の預貸金利回り差(貸出金利回りと預金利回りの差)に下げ止まりの兆しが出てきた。東日本大震災の影響で「在庫投資」などへの資金需要が高まり、国内貸出が増加に転じ始めているためだ。企業の信用リスク改善でスプレッドの厚い中堅・中小企業への貸出姿勢を強めていることもあり、2012年度中に預貸金利回り差が底打ちし、反転する公算も出てきた。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

大阪信金豊中支店、預貸金併進で赤字脱却 貸出情報1日3件収集、同行訪問で部下指導 (20面トップ)

 

明和金属の村上道明社長(左)を訪ねる米田支店長(中央)と主査(右、3月8日)

   【大阪】大阪信用金庫豊中支店(米田政昭支店長=職員12人うち女性4人。パート1人)は、徹底した新規開拓活動で貸出先数と預金先数を増加させ、貸出金で年率16.9%、預金で19.5%の伸び率を誇る。

明和金属の村上道明社長(左)を訪ねる米田支店長(中央)と主査(右、3月8日)

   
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

【窓口テスト】ゆうちょ銀行・郵便局 50カ店 テーマ「取引メリット・利便性、遠方客の口座開設」 (10-11面特集)

 ゆうちょ銀行、郵便局会社は、定額貯金の集中満期(2010~2011年度)が峠を越え、新規顧客の獲得を積極化している。また、口座悪用防止対策や顧客満足度(CS)対策にも一段と力を入れている。そこで、ゆうちょ銀、郵便局会社の50カ店を訪れ、(1)取引メリット・利便性の説明(2)口座開設手続き(3)顧客満足度を高める取り組みを調査した。「取引のメリット・利便性」について、どのように説明・アピールするか。「口座開設手続き」で、同行は1月から従来よりも厳格化したルールを開始しており、その適用状況を調査。新ルールは口座を悪用した犯罪の防止を狙い、住居・勤務先が当該店舗・郵便局から遠隔地の場合には「合理的な理由がなければ口座開設を断ることがある」などというもの。「CS対策」では、窓口担当者の接遇や店舗の快適さ、入店時の挨拶など、同行が掲げる「お客様のことを第一に考え、お客様の視点で発想する」点や、全郵便局で実施中の「お客さま応対向上」の視点で応対状況をみた。
 
 

改正預保法施行まで2カ月 金融機関・制度対応急ぐ、金融庁は監督指針改正へ (2面トップ)

 改正預金保険法が施行される5月19日まで残り2カ月を切り、民間金融機関が対応に追われている。施行日までに破綻時の預金払い戻しに備えた手順書の整備が求められているほか、システム開発計画の策定も必要となる。預金保険機構が設置した専用の相談窓口には金融機関からの問い合わせが殺到。金融庁も早ければ4月に監督指針や金融検査マニュアルを改定し、各金融機関の進捗状況を監視していく構え。
 
 

金融界、内部監査部門の役割強化が課題に、戦略全般を評価・改善 (3面トップ)

 金融界では、2012年度に内部監査部門の役割強化や体制整備が課題になりそうだ。国際金融危機や東日本大震災を受けて経営管理のあり方が変化するなか、金融機関の収益やリスク管理を客観的に評価し、改善を働きかける内部監査の役割が重要になっているため。海外金融機関では、業務継続計画(BCP)やシステム移行など重要なプロジェクトへの積極関与も一般的で、金融当局のなかでは「邦銀の内部監査の実効性はまだ不十分」との見方もある。
 
 

3メガバンク、海外拠点網を拡充 2011年度に19カ所開設、日系企業の進出支援 (4面トップ)

 三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほコーポレート銀行(CB)の3メガバンクは、2011年度の1年間で海外拠点網を急ピッチで拡大し始めた。2011年度の開設は3行合計で予定を含めて19拠点。特に2011年10月以降は13拠点出店した。日系企業の進出先が新興国へ広がっていることに対応し、各行の拠点開設も中国、中近東、南米、欧州など世界各地へ拡大してきている。
 
 

地銀協、「音声認識」活用促す コールセンター効率化、地銀の先進事例も紹介 (6面トップ)

 全国地方銀行協会はコールセンター業務の効率化や渉外担当者の営業支援を目的に「音声認識技術」機能の活用を求めていく。顧客対応の正確性や迅速性の向上が見込まれ、記録作成といった事後処理の効率化も可能になることから、先行的に導入した銀行の活用事例や課題なども紹介した。
 
 

信金ギャランティ、カードローン周知に注力 「アクトビラ」に広告出稿、景品付きキャンペーンも (8面トップ)

 信金ギャランティ(白井淳一社長)は、各信用金庫の個人ローンの推進を後押しするため、同社が保証するカードローンの周知や申し込み機会の向上に力を入れる。具体的には、インターネットに接続されたデジタルテレビを対象に映像コンテンツの配信サービスなどを行うポータルサイト「アクトビラ」に広告を出稿。また、各地域の信金が統一して行うカードローン獲得キャンペーンに景品を提供する。申し込み機会の向上では、携帯電話・スマートフォン向けに「ショートメールサービス」を開始する。
 
 

七十七銀行、海外ビジネス積極支援 支店と連携・月20件に、外部機関とも相次ぎ提携 (7面トップ)

 【仙台】七十七銀行は取引先の海外進出を積極支援する。2011年3月にアジアビジネス支援室を新設、外国銀行など外部機関との連携による情報提供やセミナー、商談会も頻繁に開催。人材育成のためメガバンクなどに行員を研修派遣している。
 
 

【時の話題】ネット犯罪の脅威広がる 手口巧妙化や技術進化、可変パスワードが普及 (16面特集)

 金融界がインターネット犯罪の脅威にさらされている。昨夏に地方銀行を中心にインターネットバンキング利用者のID・パスワードが盗まれ、口座から現金が不正に引き出される事件が多発。その後も三井住友銀行やセブン銀行で乱数表などを盗み取ろうとするフィッシング詐欺が判明した。これを受け全国銀行協会が今年1月、加盟行に対してセキュリティー対策向上に向けた申し入れを行い、金融機関の顧客への可変パスワード(PW)の導入が徹底されるなど強化策が広がった。しかし、犯行手口は巧妙化し、対策の裏をかくような技術も日進月歩で進化している。新たなリスクへの備えは万全か。ネット犯罪を巡る金融界の現状と今後の課題を探った。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (15面)

【2011年度金融ホームドクター養成】
営業力・現場力UP 『FP実践力向上(48)=注目していきたい新興国』
『コンサル能力養成(48)=遺言信託の設定について』
『企業の成長と金融推進(48)=粉飾決算の事例を検討する(その2)』
『営業店のコンプラ最前線(48)=システム障害のリスク』
ホットコーナー 『成年後見制度 制度の役割や実際の仕事』

【金融法務講座】(49)

『個人情報保護法 センシティブ情報の取得』
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 

レギュラー企画

 
『寸言』: されど壁 (1面)=牧田 和夫・焼津信金理事長
『社説』: 日銀成長融資をフル活用せよ (3面) 今年こそデフレ脱却の年に
『当店の元気印』: 消費者ローン件数トップ (8面)=小浜信金小浜エリア渉外センター・舩上 裕輔さん
『輝いています』: 笑顔を絶やさない人柄 (9面)=広島県信組熊野支店・福井 知子さん
『輝いています』: 加盟店へ積極的に提案 (12面)=セディナ東京営業部・小川 貴子さん
『e-フロンティア(128)』: 地域に寄り添うシステム構築 (13面)
 =京信システムサービス代表取締役社長・原田 修氏
『東西ペンリレー』: 700年の時を超えて (14面)=吉澤 俊介・親和銀行取締役専務執行役員
『ちょっと一言』: “歌の癒やし”届けたい (14面)=シンガーソングライター・上甲 めぐ さん
『リフレッ趣味(214)』: アメフト審判はチーム一体 (19面)=大野 和明・共栄火災中部損害サービス部長
『初支店長(266)』: 目線そろえ知恵出し合う (20面)=宍戸 孝樹・東邦銀行勿来支店長
『当店のチームリーダー』: 顧客からの励ましが喜び (20面)=札幌中央信組平岡支店・向井 香菜子さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
大震災から一年-教訓と課題- <4> (1面)
 原発・津波・液状化
本部機能の移転も検討、沿岸部・揺れる土地担保
永田・楽天銀行社長に聞く (4面) 補給線としての銀行へ、グループ連携で効果を
【USA金融事情NOW】 (5面) 米財務省の成功モデル
【マーケット・トレンド】 (5面) [株式]日本株、業績改善期待が相場を支える
 広木 隆・マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
[為替]トレンドはドル独歩高へ
 野地 慎・SMBC日興証券
       金融市場調査部 シニア債券為替ストラテジスト
保険窓販☆最前線【10】 (6面)
 =百十四銀行
相続ニーズに積極対応、高齢化地域で推進強化
伊東・福井銀行頭取に聞く (7面) 新中計で預貸金5%増へ、CI導入・看板・マークを一新
躍動する JAバンク<10> (8面)
 =京都農協
安心ブランド確立へ、“顔の見える”地域密着を
輝け!フレッシャーズ〔8〕-先輩たちの20代 [4]- (18面)
 後藤 輝雄・大東京信組常盤台支店長
初心忘れず・ハートを重視、仕事楽しむ“工夫”も大事
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について