2013年2月8日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

金融界、「犯収法」対応急ぐ 金融庁・アンケートで点検、登記事項確認で苦慮も (1面トップ)

 
 金融界は、4月1日の「改正犯罪収益移転防止法(犯収法)」施行への対応が急務になってきた。所管部署の役割の明確化や取引時の確認事項を営業店に徹底するなど準備に着手。金融庁も地域金融機関に対して1月22日締切で犯収法対応状況のアンケートを実施し、調査を「包括的なチェックリストとして自己点検に活用するよう」金融機関に求めている。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

北洋銀行五稜郭公園支店 融資案件の組成力強化、アイデア出し合う「商材会議」 (20面トップ)

 

毎週金曜日に融資課、渉外課担当者全員参加の夕礼。融資案件に対するアイデアを出し合う

   【札幌】北洋銀行五稜郭公園支店(平川雅晴支店長=行員34人うち女性14人。パート9人)は、融資担当と渉外担当の連携で融資案件組成力を強化。新規融資開拓とペア訪問営業による預かり資産増強で成果をあげ、2012年度上期業績優秀店を受賞。下期も連続表彰を目指している。

毎週金曜日に融資課、渉外課担当者全員参加の夕礼。融資案件に対するアイデアを出し合う

   
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

【時の話題】国内銀行 個人預金・過去最高の409兆円、普通預金が定期預金上回る (11面特集)

 国内銀行の個人預金が着実に増加、流動性志向が一段と強くなっている。2012年は海外・国内景気の回復が鈍く市況が低迷、日本銀行の金融緩和強化の影響で定期預金利回りも低下した。運用先が乏しいなか、2012年12月には個人の普通預金残高が定期預金残高を初めて上回るなど個人マネーの普通預金への滞留が顕著になった。ただ直近は、安倍晋三首相の大規模経済政策『アベノミクス』効果で円安・株高が進行し市況は急改善。滞留預金が先行き動き出すか注目される。
 
 

金融庁、地域金融機関の監視強化 円滑化法後の倒産抑制で、新機構の活用も要請 (2面トップ)

 金融庁は中小企業金融円滑化法の期限が切れる3月末以降の企業倒産を抑制するため、金融機関に対する監視の目を光らせ始めた。与党が、今夏の参院選前の倒産増加を回避するよう圧力を強めているため。従来の政策パッケージに加え、4月に発足予定の「地域経済活性化支援機構」の活用も促していく構えだ。
 
 

金融界・住宅ローン、消費増税前に顧客獲得へ 相談体制を一層拡大、業者向けセミナーも (3面トップ)

 2014年4月に予定される消費税増税を前に、金融界で住宅ローン顧客の囲い込みが激しさを増している。キャンペーンの展開やローンセンターの休日営業拡充など相談体制の整備を実施。また、住宅業者向けセミナーを開催し、持ち込み案件の増加につなげる動きもある。住宅金融支援機構が2月2~3日に実施した「フラット35」全国一斉休日相談会では、一部で予定以上の顧客が来場した。
 
 

ネット専業銀行、外貨預金の預払い高急増 “円安株高”が要因、新規口座も開設続々 (4面トップ)

 円安株高が急ピッチで進むなか、インターネット専業銀行の外貨預金の預払い高が急増している。ソニー銀行は1月の売買高が2001年9月の取り扱い開始から6番目に多い月となった。楽天銀行は「直近2年間で最も多い」状況で、じぶん銀行でも「活発化している」。新規口座開設も相次ぎ、円安が進む前と比較し大幅に増加しているようだ。ただ、外貨預金の残高は各行とも「預け入れと払い戻しが拮抗し微増」。一方、住信SBIネット銀行は株高の効果で証券口座から円預金が流れ込み、総預金残高が直近1カ月で1千億円超増加した。相場の先行きは不透明だが、各行ともキャンペーンなどを通じ預金獲得を進める意向。
 
 

団体保険制度を強化へ 地銀協:加入者向け補償拡充、第二地銀協:行員に周知徹底 (7面トップ)

 団体保険制度の増強をめざし、全国地方銀行協会は住宅ローン団信制度の加入者向けに8大疾病補償付き債務返済支援保険を導入する。一方、第二地方銀行協会は会員行の行員向けにライフサイクル保障プランの加入勧奨を強化する。補償内容の拡充や周知活動の徹底で団体保険制度を強化する。
 
 

信金界、会員数・初の減少へ 1951年の信金法施行以来、要因は廃業や高齢化 (8面トップ)

 信用金庫界の2013年3月末の会員数が、減少に転じる可能性が出てきた。減少は、1951年の信金法施行以来初めて。増加を続けた会員数だが、近年は増加率が低下。2012年度は、11月末までに約6500人減少となった。「出資金の小口化で会員を増やす」動きもあるが、「預金が減少する前兆」(大手信金理事長)と危機感を持つ信金もある。
 
 

大手行5グループ 2012年4~12月期決算 メガ・資金利益上向く、株減損・大幅に縮小 (10面)

 大手行の業績が株価の回復などを背景に好調に推移している。5グループの2012年4~12月期決算は、連結純利益合計が前年同期並みの1兆8千億円を確保した。保有株式の減損処理額が2012年9月期から45%減少したほか、円安に伴う海外収益増などで利益を底上げした。また、みずほフィナンシャルグループ(FG)傘下3行と三井住友銀行で資金利益が増加に転じるなどトップライン収益も底打ちの兆しが出てきた。
 
 

大手証券5社の2012年4~12月期決算 株高追い風に業績回復、法人部門の改善目立つ (10面)

 大手証券5社の2012年4~12月期決算が出そろった。大和証券グループ(G)本社とみずほ証券は前年同期の経常利益が赤字だったが、黒字化を実現。野村ホールディングス(HD)と三菱UFJ証券ホールディングスは経常利益が前年同期比2倍以上となるなど大幅に収益を改善した。”アベノミクス”への期待の高まりで2012年12月から株式市況が勢いづき業績回復を後押しした。
 
 

【ニュースを追う】東北地区信金 “業界の絆”実感、域外から旅行誘致 (17面)

 【仙台】東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の影響を受け、観光客が減少した東北の観光地。直接被災していない地域でも、風評による観光客数減少を余儀なくされている。こうした状況を打破しようと、東北地区の信用金庫では、関東など他地域の信金から旅行を誘致する動きが広がっている。誘致から交流が始まり顧客紹介などに発展するケースも増えている。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (15面)

【2012年度金融ホームドクター養成】
営業力・現場力アップ 『FP実践力強化(41)=譲渡損失の繰り越し控除』
『コンサル能力養成(41)=顧客ニーズのとらえ方』
『企業金融推進(41)[融資渉外編]=業種による開拓の基本(3)』
『金融コンプラ最前線(41)= -これが違反(17)- 預り通帳の取り扱い』
ホットコーナー 『事業再生と金融機関(5) 企業の強み生かす市場・顧客は』

【金融法務講座】(42)

民事再生法(2)
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 

レギュラー企画

 
『寸言』: 活力ある社会を (1面)=白石 正・三菱UFJリース社長
『社説』: 日本版ISAを大きく育てよう (3面) 証券・銀行界は周知、普及を
『当店の元気印』: 上期融資部門1位に (8面)=敦賀信金金山支店 副長・佐藤 光晴氏
『輝いています』: 「顧客の話し相手に」 (8面)=利根郡信金中町支店 主任・有坂 和美さん
『一人一言』: 女性力で組合員増加 (9面)=巻信組理事長・栃倉 亨 氏
『e-フロンティア(164)』: クラウド活用に注力 (13面)=ウェブルート 代表取締役社長・駒林 一彦氏
『東西ペンリレー』: 初詣雑感 (14面)=守田 道明・上田八木短資取締役社長
『ちょっと一言』: 栃木発・温泉養殖トラフグ (14面)=株式会社 夢創造社長・野口 勝明氏
『リフレッ趣味(256)』: ジャズレコードにこだわり (19面)=福添 正純・鹿児島相互信金加世田支店長
『初支店長(308)』: あと一歩、もう一歩 (20面)=北原 和善・常陽銀行明野支店長
『当店のチームリーダー』: 「一期一会」の顧客応対 (20面)
 =栃木銀行とちぎんプラザローンセンター・村上 智加さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
金融創生力の発揮 <4> (1面)
 -“電子債権”本番
囲い込み競争が活発化、普及のカギ握る売掛債権
強みを磨け <16> (4面)
 =オリックス銀行
不動産投資ローンに注力、ノウハウ蓄積で残高伸長
佐藤・インベスコ投信社長に聞く (5面) ブランド認知を向上、フロント人員増員
【USA金融事情NOW】 (5面) 金融寡占下の戦い方
【マーケット・トレンド】 (5面) [株式]緩やかな景気回復と金融緩和継続の期待
 広木 隆・マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
[為替]ユーロ上昇と先行き不安
 野地 慎・SMBC日興証券 金融経済調査部 為替ストラテジスト
個人ローン新戦略 (4) (6面)
 =滋賀銀行
2年弱で残高43%増、企画と運用一体化で成果
収益源を探せ <4> (8面)
 =宮崎県下5信金
グループ化事業を推進、協調融資で大型案件も
輝け!フレッシャーズ〔2〕 (18面)
 第1部「試される“先輩力”」
キャリアの道筋示せ、基礎づくり欠かせず
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について