2013年3月1日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

都銀懇まとめ、アジア11カ国の金融規制レポート 「緩和」働きかけに活用、企業支援で環境整備 (1面トップ)

 
 都銀懇話会(都銀4行で構成、幹事=荒木三郎・三菱東京UFJ銀行常務取締役)は、邦銀がアジアで業務展開する上で制約となっている金融規制に関する調査レポートをまとめた。アジア11カ国・地域の監督体制や業務、就労規制などを体系的に整理。金融庁など政府が、各国に規制緩和を働きかける際の基礎材料に活用してもらう考え。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

【写真を読む】北国銀行、「見える化」で安全運転 (1面)

 

装置はルームミラー横(写真左上)に設置。急ブレーキや急ハンドル時にはアラートが鳴る(2月26日、北国銀行犀川中央支店で)

   【金沢】北国銀行は3月から犀川中央支店などの業務用車両20台にドライブレコーダーを試験導入。全店拡大を検討する。運転中の映像や音声データを自動的に記録する「見える化」で安全運転につなげる。また、運行情報を蓄積して、より効率的な外交体制も整える。行員は「今まで以上に安全運転に注意します」と緊張気味。

装置はルームミラー横(写真左上)に設置。急ブレーキや急ハンドル時にはアラートが鳴る(2月26日、北国銀行犀川中央支店で)

   
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

営業店は考動する、店周開拓 重点地区の訪問増強、人脈作りと情報共有 (16面特集)

 『店周開拓』は金融機関が地域でプレゼンスを高め業績を向上させるための基本中の基本。地域活動に積極的に参画しキーマンとの接点作りで人脈を広げ新規の事業先開拓につなげている福岡銀行宗像支店、「自転車で訪問できる先」を重点地域とし住宅ローンや保険のワンストップ対応などで業績伸長の第三銀行平田駅前支店、パートの年金コミュニケーター(CC)が足で稼いだ店周の情報を全員が共有化し開拓・深耕を図っている西京銀行桜木支店、新興住宅地への新築移転を機に“面”の店周開拓に注力しノー集金日のローラー活動などで成果を上げている焼津信用金庫藤枝駅支店にスポットを当てた。情報共有化と新規訪問増が取引開拓に直結している。
 
 

再生支援協議会、金融機関の持ち込み急増 前年同期の3.7倍に、専門家を100人増員へ (2面トップ)

 地域金融機関が中小企業再生支援協議会に相談案件を持ち込むペースが加速している。2012年度の4~12月実績は1767件(速報値)となり、前年同期の3.7倍に急増した。中小企業金融円滑化法の期限切れを控え、事業再生支援の取り組みが本格化してきたのが原因。政府は2013年度中に同協議会の専門家を100人程度増員する計画で、地域金融機関にも出向者の派遣を要請する見通しだ。
 
 

金融界・住宅ローン金利 「申し込み時」適用の動き強まる、“上昇リスク”低減で (3面トップ)

 金融界では、住宅ローンの「申し込み時」の金利を適用する動きが強まっている。現在、大半の金融機関は「融資実行時」の金利を適用。申し込み時と融資実行時にタイムラグが発生し、顧客にとって“金利上昇リスク”のある状況。同リスクを低減し商品性を改善することで、激しさの増す住宅ローンの新規獲得に取り組んでいく。
 
 

みずほFG、「銀・信・証」の戦略加速 3カ年の新中計策定、2015年度連結純利益5500億円 (4面トップ)

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は、2013年度から3カ年の新中期経営計画を策定した。1月のみずほ証券とみずほインベスターズ証券の合併、および7月のみずほ銀行とみずほコーポレート銀行の合併を踏まえ、「銀行・信託・証券の一体戦略を強力に推進する」(佐藤康博社長)。2015年度の連結当期純利益目標は、2012年度見込みを500億円上回る5500億円に設定した。
 
 

存在感増す信用保証協会 「中小企業支援ネットワーク」構築、経営改善・質重視へ転換 (10面特集)

 中小企業・小規模事業者は、長引く不況の影響を受け、売り上げの低迷など苦境に立たされている。中小企業・小規模事業者を支援する枠組みとして、全国52の信用保証協会が中心となり、2013年1月までに「中小企業支援ネットワーク」を構築した。さらに、「経営力強化保証制度」を活用した具体的な支援も本格的に動き出す。メガバンクや地域金融機関と中小企業・小規模事業者の調整役として信保協の役割は重要度を増している。
 

服部・全国信保協連合会専務に聞く
“テークオフ”へ支援、強いチームワーク不可欠

 
 

クマヒラ、移設可能な「モバイル金庫」 機動性と堅牢性を両立、短期間の導入実現 (13面トップ)

 クマヒラは、個人特化型など金融機関営業店の形態が多様化するなか、金庫室に代わる省スペースに対応した移設可能な「モバイル金庫」を開発した。機動性だけでなく、震度6強の地震にも耐える堅牢性を備えたほか、保管する重要物の量に応じた拡張機能も持つ。3月以降、提案活動を本格化していく。
 
 

信金界、地公体と連携加速 2013年度・20信金が検討、円滑化法終了で支援拡充 (8面トップ)

 信用金庫界が地方公共団体との連携を加速する。三重県の5信金と信金中央金庫は、1月に産業振興で三重県と協定を締結。朝日信金は、2月に東京・台東区と中小企業支援で協定を締結した。中小企業金融円滑化法の終了を受け2013年度には、約20信金が地公体との連携を検討。取引先だけでなく地域全体の産業、企業支援に乗り出す。
 
 

信金ファイターズ4氏に聞く 粘り強く・“地域を元気に“ 、「信頼される営業・事業支援の実践」(17面特集)

 2013年3月末に中小企業金融円滑化法の最終期限を迎えるなか、信用金庫の得意先係はコンサルティング機能の発揮、課題解決型金融の実践に真剣に取り組んでいる。本紙では毎年2回、全国の信金から推薦で、優秀な得意先係の栄誉をたたえ「信金ファイターズ」として表彰している。今回は、2012年11月に表彰された優績者の中から、秋田信用金庫自衛隊前支店主任の小倉克芳氏、芝信用金庫川崎大師支店営業課の小池悠太郎氏、大垣信用金庫荒尾支店渉外係の田中純一氏、大阪厚生信用金庫花田支店主任の岸上弘明氏の4氏に、「顧客本位・信頼される営業活動」を聞いた。各氏は、(1)情報の積み重ねと感性(2)身近なコンサルの実践(3)諦めない営業姿勢(4)親身になって相談を受ける——などが不可欠と語り、課題解決と付加価値の高い営業活動を粘り強く実践。“地域を元気”にしている。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (15面)

【2012年度金融ホームドクター養成】
営業力・現場力アップ 『FP実践力強化(44)=ストックオプション』
『コンサル能力養成(44)=生産管理の基礎知識』
『企業金融推進(44)[融資渉外編]=不動産担保の視点』
『金融コンプラ最前線(44)= -これが違反(20)- 守秘義務の違反』
ホットコーナー 『事業再生と金融機関(8) 支援現場でのコミュニケーション力』

【金融法務講座】(45)

金融ADR
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 

レギュラー企画

 
『寸言』: 九十九と百との差 (1面)=柿崎 昭裕・東京都民銀行頭取
『社説』: 官民連携で農業を成長産業に (3面) 6次産業化ファンドを生かせ
『当店の元気印』: 目的を明確に訪問 (9面)=日新信金大久保支店 渉外課・竹内 卓司氏
『e-フロンティア(167)』: マルウェア解析に特化 (13面)
 =セキュアブレイン 代表取締役社長兼CEO・成田 明彦氏
『東西ペンリレー』: 百年企業、次の百年へ (14面)=野村 直史・四国銀行頭取
『ちょっと一言』: “笑い”で詐欺を防ぐ (14面)=新潟県防犯アドバイザー・三流亭 楽々さん
『リフレッ趣味(259)』: 選手から指導者の道へ (19面)=清水 真一・館山信金白浜支店長
『初支店長(311)』: 全員が働きやすい店舗に (20面)=三木 恵美子・三井住友銀行平野支店長
『当店のチームリーダー』: ロープレ優勝で自信 (20面)=徳島銀行 橘・桑野グループ(桑野支店)・石本 彩華さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
2013 ニュースの焦点 (1面) NEW!!
 教育資金の非課税措置
金融界・新商品開発へ準備、相続預金の流出防止策
田中・太陽生命社長に聞く (5面) 業務革新続け創業120周年、営業端末で手続きを電子化
【USA金融事情NOW】 (5面) 元本一括返済住宅ローン
【マーケット・トレンド】 (5面) [債券]市場は新たなステージに
 上野 剛志・ニッセイ基礎研究所 シニアエコノミスト
[金利]新日銀総裁は何をするか
 熊野 英生・第一生命経済研究所 首席エコノミスト
個人ローン新戦略 (7) (6面)
 =百十四銀行
合理性と専門性が“両輪”、持ち込み専用商品も武器
収益源を探せ <7> (8面)
 =白河信金
店舗網広げ基盤拡大、地元と県外の両輪で活路
トップインタビュー〔3〕
 収益力の強化策 (11面特集)
矢野・宮城第一信金理事長
 =訪問頻度増やし信頼築く、初のロープレで窓販強化
片桐・さがみ信金理事長
 =面管理で裾野を広げる、エコステージでムダ排除
在田・高岡信金理事長
 =業績評価の融資配点拡大、足しげく通い需要開拓
土手・摂津水都信金理事長
 =当たり前を愚直に進む、支店総員がお客さま係
ドラトラー・米国Kofax上級副社長に聞く (13面) 画像データ保存に注力、審査期間の短縮が課題
輝け!フレッシャーズ〔5〕 (18面)
 第2部「先輩たちの駆け出し時代」
森 雄嗣・足利銀行雀宮支店長
恥や失敗・若いからこそ、基礎を固め「夢」の実現へ
福井銀行さくら通り支店
 店周開拓で裾野拡大 (20面トップ)
顧客を待たせない店づくり、預貸和500億円が目標
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について