2013年5月31日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

地域銀行、NISA対応へ動き活発 系列証券と役割分担、専用商品や特典付与も (1面トップ)

 
 メガバンクや大手証券会社に対抗する形で地域銀行でも2014年1月から始まる少額投資非課税制度(NISA)への対応が活発化してきた。NISA口座の獲得を狙って系列の証券会社と役割分担したり、専用商品や特別運動を打ち出すなど推進に動き出している。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

【写真を読む】富山信金、動画で応対チェック (1面)

 

ビデオを活用したロープレ研修に63人が参加。保険窓販のスキルを磨いた(5月24日、本店ホールで)

   【金沢】富山信用金庫(山地清理事長)は5月24日、「オンカメラ・ロールプレーイング研修」を約4年ぶりに開催した。生保商品の販売スキルに加えて“接客の癖”を改善するため、2人1組となり応対ぶりをその場で録画。再生動画を見ながら表情や話法を確認、お互い気づいた点を話し合った。CS向上にも役立てる。

ビデオを活用したロープレ研修に63人が参加。保険窓販のスキルを磨いた(5月24日、本店ホールで)

   
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

【時の話題】東海地区33行庫 65歳雇用延長義務化への対応、信金・年40~50人の定年予備軍も (10面特集)

 【名古屋】今年4月、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)が改正され、希望者全員を段階的に65歳まで雇用することを企業に義務づける「65歳雇用延長制度」がスタートした。老齢厚生年金「報酬比例部分」の支給開始年齢の引き上げに伴い、60歳定年後の一時的な無収入状態を回避するのが狙い。12年後の2025年には、65歳まで引き上げられる。雇用者増加による「人件費増」や、雇用延長者のモチベーション対策など労使双方に課題があると言われる。東海地区金融機関に対応を聞いた。調査に回答した東海3県(岐阜、愛知、三重)の8行25信用金庫は、65歳雇用延長の義務化対応で、2006年の同法改正時に導入した「雇用延長」制度の継続を選択。定年を延長したり、定年を廃止した金融機関はなかった。
 
 

政府、今秋にもPFI機構設立 金融界からも人材起用、規制緩和で案件増加促す (2面トップ)

 政府は、今秋にも官民共同のインフラファンド「民間資金等活用事業推進機構(PFI機構)」を創設する。同機構幹部にはプロジェクトファイナンスやPFI(民間資金を活用した社会資本整備)組成の専門家を起用する方針で、金融界にも人材の派遣を求める考え。同機構による金融支援に加え、独立採算型のPFI事業の増加を促すための規制緩和も検討する。
 
 

金融界、訪日外国人対応が課題に ATM機能の充実など、観光庁が働きかけへ (3面トップ)

 金融界では、政府が進める「観光立国の実現」、「訪日外国人旅行者の増加」に向けたATMなどの資金決済面の対応充実が課題となる見通し。5月20日にまとまった「観光立国推進閣僚会議」の推進ワーキングチームの中間報告では「外国人旅行者が利用可能なATMやクレジットカードの拡大」の必要性を指摘。観光庁では銀行上部団体などへの働きかけも強めていく。
 
 

地域銀行、教育資金贈与で専用商品 若年層開拓や流動性獲得へ、千葉銀行・西京銀行が開始 (6面トップ)

 地域銀行は、「教育資金の一括贈与に係る非課税措置」に対応して、専用口座や預金商品を相次いで取り扱う。千葉銀行と西京銀行が5月27日から、それぞれ、「専用口座」と「贈与預金・心のかけ橋」を開始した。伊予銀行も5月7日から事前予約型定期を実施し、大垣共立銀行も6月3日から専用口座商品を開始するなど商品化の動きが加速している。
 
 

信金の2012年度貸出残高、東海・近畿が躍進 8%超増加は5信金、東京地区・競合と倒産に苦戦 (8面トップ)

 信用金庫の貸出金残高の増減で“西高東低”の傾向が鮮明になっている。特に地場産業を抱え、海外進出を支援する東海、近畿、中国地区の大手信金は貸出金を順調に増やした。一方、東京地区では、メガバンクや関東地区地域銀行の攻勢が激化。「残高が減少し、利ざやも低下」(信金役員)する大手信金が増えている。
 
 

ゆうちょ銀行の都道府県別預金残高 38道府県で減少、石川・沖縄は増加に反転 (12面)

 ゆうちょ銀行は、2012年度末の都道府県別預金残高(振替貯金、その他の貯金を除く流動性預金と定期性預金の合計)を明らかにした。残高は2011年度末比2615億円減の165兆6401億円。北海道、福岡県などに加え、東北地方6県のうち4県で減り、全国38道府県が減少した。
 
 

MUFG、運用商品販売額が23%増 銀・証連携が奏功、専門部隊を拡大へ (4面トップ)

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、個人向けビジネスの“銀・証連携”を一層強化する。2013年3月期にグループ全体で扱った株式投資信託、年金保険、金融商品仲介などの運用商品販売額は4兆5600億円(前年同期比23.6%増)、粗利益は1606億円(同16.8%増)に拡大した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券から三菱東京UFJ銀行に出向している「リテールマネーデスク」の増強が奏功。株式市況の回復も追い風となった。
 
 

金融機関の生保窓販実績(2012年10月~2013年3月) 定額年金が過去最低に (11面特集)

 2012年度下期(2012年10月~2013年3月)の地域銀行の個人年金(一時払い型)の販売実績は3029億円で、2012年度上期の3546億円に比べて14.5%減少した。変額個人年金の販売額は前期比524億円増加し、1510億円だったが、定額個人年金保険は1519億円で、前期(2559億円)に比べて1千億円以上減少。2012年度上期の過去最低水準をさらに下回った。ただ、景気回復への期待から、リスク性資産である変額個人年金へのニーズが高まっており、リーマン・ショック以来、落ち込んだ販売を再強化する動きも出ている。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (15面)

【2013年度金融ホームドクター養成】
営業力・現場力アップ 『FP実践力強化(8)=相続対策としての保険』
『コンサル能力養成(8)=企業のライフステージと債務者区分』
『企業融資推進(8)=製造原価報告書・附属明細書など』
『金融コンプラの基本(8)=金融円滑化法終了のコンプラ対応』
ホットコーナー 『事業承継と金融機関(4) 後継者が悩んでいることは』

【金融法務講座】(8)

担保の基礎知識:実行時
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 

レギュラー企画

 
『寸言』: 弱みから強みへの転換 (1面)=吉川 正一・四国財務局長
『社説』: 新たな運用・収益源の発掘を (3面) 脱“国債売却益依存”へ
『当店の元気印』: 法人新規先開拓で1位 (8面)
 =鹿児島相互信金本店営業部 融資課係長・川端 友喜氏
『東西ペンリレー』: Vivaバドミントン! (14面)=西京銀行専務・金丸 眞明氏
『ちょっと一言』: “おもてなしの心”発信 (14面)
 =加賀市観光交流機構 レディー・カガ委員長・萬谷 浩幸氏
『日銀支店長』: 新分野の取り組み支援を (17面)=秋田支店長・小田 信之氏
求められる金融仲介機能 (17面)=福島支店長・中島 健至氏
健全な提案競争が重要 (17面)=北九州支店長・宮田 慶一氏
個性を生かし企業支援を (17面)=福岡支店長・市川 能英氏
『リフレッ趣味(271)』: ドラムに魅了され35年 (19面)=下斗米しもとまい 範泰・青森銀行新町支店長
『初支店長(323)』: 全取引先へ訪問活動 (20面)=林 順子・鹿児島信金岡之原支店長
『当店のチームリーダー』: 目標とされる存在に (20面)=清水銀行藤枝駅西支店・村松 愛さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
2013ニュースの焦点 (1面)
 復活、消費者金融
グループ内で存在感増す、「共同店舗」など連携進む
東・りそなホールディングス社長に聞く (4面) 現場は完済後の展望を、資金循環ビジネス強化
永井・野村HD グループCEOに聞く (5面) 100点に近い定量評価、気を引き締め改革続行へ
【USA金融事情NOW】 (5面) ITコストの節約方法
【マーケット・トレンド】 (5面) [債券]再び問われる手腕
 上野 剛志・ニッセイ基礎研究所 シニアエコノミスト
[金利]黒田総裁との対話の難しさ
 熊野 英生・第一生命経済研究所 首席エコノミスト
拡充するABL (8) (6面)
 =中国銀行
太陽光発電の案件相次ぐ、営業店FA向けに研修
大道・滋賀銀行頭取に聞く (7面) 顧客と成長する銀行へ、「三つのブランド」深化を
つながる組織化 (8) (8面)
 =磐田信金
地域を越えた交流拡大、会員と職員の関係強化も
小林・朝日信金理事長に聞く (9面) 預貸商品で“感謝と支援”、商談フェアで工夫凝らす
モンゴメリー・英国北アイルランド開発庁
         国際投資部門長に聞く (13面)
邦銀の積極進出に期待、安価・豊富な労働力が強み
輝け!フレッシャーズ〔17〕 (18面)
 第4部「私を支えるモットー」
京都信金業務部接客ていねい推進課 代理・間所 智美さん
相手の気持ちに立つ、先輩の姿を見て成長
【新入行職員日記】(8) ミスは慣れた頃に…
千葉銀行木更津東支店
 一般貸出金・達成率144.5% (20面トップ)
法人・個人ローン・預かり資産の3班体制、業者対策は迅速対応
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について