2013年10月4日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

地域金融機関、福祉医療機構との競合急増 病院向け融資で苦慮 (1面トップ)

 
 地域銀行や信用金庫が病院や介護施設向けの融資で、独立行政法人の「福祉医療機構」と競合する事例が急増し、対応に苦慮している。同機構の病院向け建て替え資金の金利は20年固定で1.2%、30年固定は1.5%の超低金利で、「民間金融機関ではとても歯が立たないレベル」(地方銀行の担当者)。民業圧迫の批判も浮上している。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

【本紙調査】主要金融機関165機関の2014年春の新卒内定、10%増の1万6063人 (11面特集)

 

毎週金曜日に「今週のCS」を発表する交野支店の行員(9月6日)

   主要金融機関の2014年春の新卒採用者数は、3年連続で増えるのが確実になった。本紙が大手9行・グループ(G)、地域銀行105行、預金量上位51信用金庫(2013年3月末残高、合併により対象を1信金増加)について、2014年度の内定者数(2014年4月入行庫予定)を10月1日時点で調査したところ、165機関で1万6063人になった。2013年度実績に比べ、10%増加。2けたの伸びを示すのは7年ぶりで、団塊世代の退職を見越して採用活動が過熱していた2006年度以来。4業態すべてで2013年度実績を上回った。

京都中央信金は布垣豊理事長が入庫予定者137人に内定書を手渡した(10月1日、京都中央信金中信十条ビルで)

   
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

「FIT2013」開催迫る 「金融創生力の発揮~本業収益の回復と新サービス開拓~」 (12面特集)

 国内最大の金融ITフェア「FIT2013(金融国際情報技術展)」(主催=日本金融通信社、共催=金融ジャーナル社、CMC、後援=全国銀行協会など)が10月17.18日の2日間、東京国際フォーラム(東京・千代田区)で開催される。開場時間は両日とも10時から18時まで。13回目となる今回のテーマは「金融創生力の発揮~本業収益の回復と新サービス開拓~」。過去最高となる127社が、金融機関のビジネスモデル変革と新サービス創出を支援する金融ITソリューションを提案する。また、前回に続いて「金融機関店舗フェア」も併催。昨年は過去最高の1万3405人が来場したが、今年も多くの金融機関関係者の来場が予想される。
 
 

政府の消費増税対策、“定額給付金”の混乱再び 指定金の事務負担不可避 (2面トップ)

 政府は10月1日、来春の消費税率引き上げの影響を緩和するため、低所得者向けに現金を配る「簡易な給付措置」の実施を決めた。市町村(区を含む)が支給の実務を担い、対象世帯の金融機関口座に給付金を振り込む。そのため、指定金融機関では各市町村と振込手数料の水準を決める交渉が必要となるほか、振込データの作成など事務負担も不可避。4年前に総額2兆円弱を5400万世帯に配った「定額給付金」支給時の混乱が再燃しそうだ。
 
 

大手行・地域銀行、欧州デリバ規制に対応 15行が電子照合導入検討、現地銀行との取引継続へ (3面トップ)

 大手行や地域銀行では、欧州の店頭デリバティブ取引の規制強化で思わぬ影響が生じている。日本国内で欧州規制と同等の法律が未整備な面もあり、欧州金融機関からデリバティブ取引の時価評価額や取引情報などの“ポートフォリオ照合”の厳格化を求められ、対応に苦慮。15行程度が取引継続や実務負担軽減で電子照合システムの導入検討に着手している。
 
 

大手行、住宅ローン顧客拡大へ 金利以外のサービス拡充、団信保障充実や返済額増減 (4面トップ)

 大手銀行は、住宅ローンの団体信用生命保険(団信)の保障充実や、ライフスタイルに合わせた返済などサービス内容を見直して、顧客層の拡大を進めている。みずほ銀行は、8月に返済額を増減できる「ライフステージ応援プラン」を開始。りそな銀行と埼玉りそな銀行は、10月1日から16の特定状態を保障する「団信革命」をスタート。他の大手行も商品内容を見直す動きがあり、金利以外の商品性でも競争が激化している。
 
 

四国の地銀4行、為替未処理電文を圧縮へ 「法人略語記入」でキャンペーン、コスト削減効果に期待 (6面トップ)

 【高松】四国の阿波銀行、百十四銀行、伊予銀行、四国銀行の4行は、為替未処理電文の圧縮を図り振込入金の自動化を促進するため、10月1日から「振込依頼書への法人略語記入キャンペーン」を開始した。同運動は、振り込み顧客に全国銀行内国為替制度に沿った法人略語を記入してもらうもの。四国内の地銀が統一キャンペーンを行うのは初で、全国に波及する可能性もある。
 
 

全信協、「共同事業検討委」を新設 新業務対応と効率化策、常設で定期的に協議 (8面トップ)

 全国信用金庫協会(大前孝治会長)は、2013年10月から「共同事業検討委員会(仮称)」を新設する。信用金庫が単独で取り組むには負担が大きい新たな業務や経費削減策などを協議。個別信金の要望を直接聞くことで効果的な委員会にする。経費削減に限界を感じる信金が多いなか、信金界の規模のメリットを最大限に生かすのが狙い。
 
 

【NISA特集】10月4日は“投資の日” サポート6社に聞く、商品・システム・研修面で応援 (10面特集)

 少額投資非課税制度(NISA)が、いよいよ10月から本格的に動きだした。金融機関のNISA対応をサポートする運用会社や、システム会社の役割も重要性を増している。パインブリッジ・インベストメンツ、ラッセル・インベストメント、BNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパン、野村総合研究所、アーティス総研、イマジニア・インベストメントエデュケーションは、NISA対応を積極展開。6社に取り組みを聞いた。
 
 

日本郵政グループ、月給制契約社員を正社員へ 郵便局窓口や配達業務で、3000~4000人めざす (17面)

 日本郵政グループは、非正規社員の正社員登用を進めている。2007年10月の民営化以降、正社員への登用は累計約1万5千人にも上る。西室泰三・日本郵政社長は、2014年4月に「3千~4千人規模」の登用を目指している。
 
 

千葉信金大和田支店、建築業者との信頼関係構築 住宅ローン・貸出金の50%超 (22面トップ)

 千葉信用金庫大和田支店(石橋英樹支店長=職員11人うち女性4人。うちパート1人)は、建築業者との関係構築で新興住宅地の資金ニーズに対応し、住宅ローンを中心に実績をあげている。2013年度は8月末までに22件・3億9900万円の住宅ローンを実行するなど、貸出金残高の50%を上回る約53億円となっている。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (14面)

【2013年度金融ホームドクター養成】
【営業力・現場力アップ】 『FP実践力強化(25)=金利上昇期における債券ファンド投資』
『コンサル能力養成(25)=経営改善計画の策定支援』
『融資渉外の実践(1)=融資渉外の基本(1)』
『顧客目線の金融コンプラ(1)=金融機能の不正利用防止』
ホットコーナー 『オリンピックで好景気!(1) 景気への影響は』

【金融法務講座】(26)

独占禁止法「優越的地位の濫用等」
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 

レギュラー企画

 
『寸言』: 地域金融機関との対話 (1面)=坂本 正喜・関東財務局長
『社説』: 投資の日、金融リテラシー向上へ (2面)
『当店の元気印』: 創業資金融資で成果 (9面)=西中国信金山口支店・徳永 洋樹氏
『東西ペンリレー』: 撫川なつかわの風-岡山から (13面)=中国銀行専務・坪井 宏通氏
『ちょっと一言』: 金融は日本から進化する (13面)=シンクタンク・ソフィアバンク代表・藤沢 久美さん
『輝いています』: 名前で呼び距離縮める (17面)=郡山南郵便局 窓口営業部 主任・佐藤 晴美さん
『リーダー』: 未来の働き方を論議 (20面)=損保労連委員長・田原 將一氏
『初支店長(341)』: 人間味あふれるプロに (22面)=中嶋 潤・あおぞら銀行新宿支店長
『当店のチームリーダー』: 指名される行員めざす (22面)=岩手銀行巣子すご支店 渉外グループ・畑山 由美香さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
フォーカス 2013 (1面) NEW!!
 消費増税のインパクト
金融取引非課税で収益圧迫、メガで数百億円の負担増
ロビンソン・マニュライフ生命社長兼CEOに聞く (5面) 市場シェア5%目指す、商品・チャネルより多様化
【USA金融事情NOW】 (5面) 米銀のM&A件数減少
【マーケット・トレンド】 (5面) [為替]ドルの上値は当面重い
 上野 剛志・ニッセイ基礎研究所 シニアエコノミスト
[金利]長期金利低下の行方
 熊野 英生・第一生命経済研究所 首席エコノミスト
ブランドを磨く 〔1〕 (6面) NEW!!
 =ふくおかフィナンシャルグループ
イメージとコンタクト戦略展開、新キャラ「ユーモ」浸透へ
企業支援の現場 【1】 (8面) NEW!!
 =多摩信金
多様な“仕掛け”で後押し、2012年度・254社が起業
本音に迫る【500人アンケートから】 (15面) NEW!!
 コミュニケーション<1>
支店長・意思疎通に腐心、若手・好評価が67%
失敗から学ぶ [1] (15面) NEW!!
 亀有信金 亀有駅北口支店
  営業係長:金澤 信之氏 <上>
叱責で目覚めた顧客第一の心
“お願いセールス脱却”の転機
千里眼 <1> (18面) NEW!! FFRI代表取締役社長・鵜飼 裕司氏
マルウェアから顧客を守る、長期視点で全体の安全性を
われら縁ジョイ〔1〕 (21面)NEW!!
 足利銀行・流鏑馬部やぶさめぶ
いつの日か「人馬一体」、日光東照宮大祭を目標に
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について