2013年12月6日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

金融界、振込手数料改定の判断急ぐ 印紙税法で対応分かれる、ゆうちょ銀行・5万円基準に (1面トップ)

 
 メガバンクや地域金融機関など金融界が、振り込み関係手数料の改定に揺れている。2014年4月1日から印紙税法が改正され、非課税範囲が拡大されるためだ。現状、3万円で区切っている振込手数料の体系を5万円に引き上げるかどうか各金融機関は判断を急いでいる。ただ、ゆうちょ銀行が12月2日に、「料金体系を5万円区分に変更する」といち早く公表した。今後、金融機関の検討・対応に影響を与えそうだ。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

首都圏信金3支店にみる 笑顔になるロビーづくり、来店客目線のアイデア (17面トップ)

 

男性は青、女性はオレンジ色のエプロンを着て来店客を迎えている(銚子信金波崎支店)

   営業店のロビーは金融機関の顔。明るさと親しみやすさを強調するなど、来店客が笑顔になる店づくりが欠かせない。ロビーを有効活用し、多彩なアイデアで地域とのつながりを図る首都圏信金の3支店をみた。

男性は青、女性はオレンジ色のエプロンを着て来店客を迎えている(銚子信金波崎支店)

   
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

銀行界、“ブランドデビット”強化 若年層・シニア層に訴求、「メイン口座化」推進 (16面)

 銀行界がVisaとJCBのブランドを冠した”ブランドデビット”を強化している。2013年にはあおぞら銀行、埼玉りそな銀行、三菱東京UFJ銀行が導入。りそな銀行とジャパンネット銀行は新商品を発行し、近畿大阪銀行も12月9日に開始する。2014年にはイオン銀行、千葉銀行が新たに参入する。与信審査がないため若年層や高齢者対策として活用し、メイン口座化や複合取引推進を図る。
 
 

【連載】本音に迫る、500人アンケートから 支店長の役割<1>、「業績」最優先53% (15面トップ)

 支店長に求められる役割で、収益に直結する「業績目標の達成」と次代を担う「人材の育成」は双璧をなす使命だ。だが、実際には業績目標の達成を最優先せざるをえない状況が続く。本紙の支店長250人アンケートからは、人材育成が後回しになっている現実に悩む支店長の姿が浮かび上がった。第1部「コミュニケーション」に続き、本号から第2部「支店長の役割」に対する本音に迫る。
 
 

日銀、国庫金受け入れ事務を合理化 OCR処理・7拠点に集約、代理店事務も一部変更 (2面トップ)

 日本銀行が、国の税金や社会保険料などの「国庫金」の受け入れ事務の合理化を進めている。11月25日からは、国庫金を受け入れる際に証票を電子データ化するOCR(光学式文字読み取り)処理の拠点数を33カ店から7カ店に集約した。また、一般代理店(銀行や信用金庫などの約500カ店)の「歳入代理店(同約2万カ店)の証票とりまとめ事務」を廃止、証票を各金融機関が日銀へ直接持ち込む方式に事務を変更した。
 
 

バーゼルIII、銀行間比較・標準モデル使用へ 邦銀・規制の“振れ”苦慮 (3面トップ)

 バーゼルIIIで国際展開の主要銀行が採用する信用リスクの内部モデルの乖離かいりに対応するため、同モデルの範囲制限や銀行間比較がしやすい標準モデルの使用といった対処案が有力視されている。バーゼル銀行監督委員会のステファン・イングヴェス議長が11月の講演会で明らかにした。メガバンクなど邦銀は規制が大きく振れることに苦慮している。
 
 

MUFG、新ブランド立ち上げ 外国資産管理サービスで、ワンストップで提供 (4面トップ)

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、外国資産管理に関わる各種サービスについて新ブランド「MUFGインベスターサービス」を立ち上げた。ファンド管理業務、カストディ業務、セキュリティーズ・レンディング(有価証券の貸付)に関わるサービスをワンストップで提供する。新ブランドを掲げ、業務はルクセンブルク、ニューヨーク、ロンドン、東京、バミューダなど世界中の拠点で対応していく。
 
 

地銀協・第二地銀協、反社対応を支援強化 危機管理の再点検促す、部会設置や研究会開催で (6面トップ)

 全国地方銀行協会と第二地方銀行協会は、会員行の反社会的勢力との関係遮断に向けた取り組みについて支援を強化する。反社対応の厳格化が求められるなか、専門部会の設置や研究会の開催による情報提供に力を入れる。地銀協では危機管理の初動対応についてもセミナーを通じて会員行に再点検を促す。
 
 

信金界、環境保全の取り組み強化 関連融資は9割超に、電力削減目標を早期達成 (8面トップ)

 信用金庫が環境保全の取り組みを強化している。環境に配慮した融資商品は2013年度も含めて全信金の9割超の256信金が取り扱っている。また、2013年度の電力使用量は、基準年度の2006年度比で16%削減する見通しで業界の目標を早期に達成。顧客向けに加えて、信金全体の意識にも省エネルギーの取り組みが定着している。
 
 

2013年度上期損保・第3分野窓販実績 「医療・がん」4万件超え過去最高 (11面特集)

 2013年度上期中の地域銀行での医療・がん保険の合計は約4万3900件となり、初めて4万件を超え、2007年12月の窓販解禁以降、最高を更新した。販売ノウハウの蓄積などで、住宅ローン利用者へのコンサルティング営業が奏功している。
 
 

全国金融機関の資金量上位200、3メガバンク・約11兆円増加、1兆円台・新たに4機関 (16面トップ)

 本紙調査で全国金融機関の2013年9月末の資金量上位200がまとまった。トップの三菱東京UFJ銀行は100兆円の大台に迫る。7月にみずほコーポレート銀行と合併したみずほ銀行は70兆円台に乗り、2位の三井住友銀行に接近。3メガバンク合計では約11兆円(約4.7%)増加した。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (14面)

【2013年度金融ホームドクター養成】
【営業力・現場力アップ】 『FP実践力強化(34)=お一人様富裕層の老後生活』
『コンサル能力養成(34)=製造業の経営改善支援』
『融資渉外の実践(10)=超低金利下での貸出金利交渉』
『顧客目線の金融コンプラ(10)=犯収法改正のチェックポイント』
ホットコーナー 『事業承継対策(2) 事業承継と株価評価』

【金融法務講座】(35)

会社法 (1)
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 

人材育成 (15面)

 
失敗から学ぶ [10]
 東京信金 新座支店
  得意先課長:武田 直人氏 <下>
“話し上手”から“聞き役”に、評価された「熱心な耳」
仕事に役立つゼミな~る 補助金 (10)
 
ページTOPへ
 
 

レギュラー企画

 
『寸言』: 貸し逃げ (1面)=中村 英隆・遠賀信金会長
『社説』: マル保融資の反社排除策を急げ (2面)
『輝いています』: 投信8524万円販売 (7面)
 =八千代銀行幡ケ谷支店資産運用アドバイザー・川邊 綾子さん
『一人一言』: 「逆さ地図」の可能性 (8面)=にいかわ信金理事長・千田 則行氏
『当店の元気印』: 年間表彰で総合1位 (8面)=仙南信金川崎支店 主任・後藤 佳祐氏
『東西ペンリレー』: 慶喜の暮らした街 (12面)=静岡銀行常務執行役員・柴田 久氏
『ちょっと一言』: 新しい女将像をつくる (12面)=日本の宿 古窯 女将・佐藤 洋詩恵さん
『初支店長(350)』: お客さま起点の活動徹底 (20面)=松尾 潤一・福岡銀行吉井支店長
『当店のチームリーダー』: 常に良きパートナーで (20面)=北陸銀行奥田支店・村中 里美さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
フォーカス 2013 (1面)
 アパート融資リスク
金融庁が与信集中に警鐘、審査能力の格差広がる
上條・埼玉りそな銀行社長に聞く (4面) 課題解決型営業が定着、社員の士気高揚で工夫
井本・マスミューチュアル生命社長に聞く (5面) “継続性”をテーマに、安定した商品提供が重要
【USA金融事情NOW】 (5面) 銀行M&Aの復活は?
【マーケット・トレンド】 (5面) [株式]高値更新が続く米国株はバブルか?
 広木 隆・マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
[債券]円安で膠着感を強める円債市場
 野地 慎・SMBC日興証券 金融経済調査部
       シニア金利ストラテジスト
ブランドを磨く 〔10〕 (6面)
 =京都銀行
観光客誘致に汗をかく、写真展で京都の魅力発信
岩間・第三銀行頭取に聞く (7面) ヤマ場のシステム更改、土日営業など施策展開へ
企業支援の現場 【10】 (8面)
 =西武信金
農商工連携認定が6件に、本支店協働で迅速対応
千里眼 <9> (13面) SASインスティチュートジャパン
 ソリューションコンサルティング第二本部長・森 秀之氏

コンサルで顧客ニーズ発掘、データ分析人材の育成も
ラスコウィッツ・JPモルガン・アセット・マネジメント
 アジア太平洋地域最高経営責任者に聞く (17面)
販売会社支援を充実、投信市場の拡大に期待
われら縁ジョイ〔10〕 (19面)
 東邦銀行 吹奏楽部
生演奏でイベント盛り上げ、目標は仙台のジャズフェス
スルガ銀行草薙支店
 同規模店で総合1位 (20面トップ)
営業スケジュール策定、仮説立てニーズを発掘
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について