2014年1月10日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

金融界、「小規模企業」支援強める 金融庁・中企庁が注視、実態把握で負担増懸念 (1面トップ)

 
 メガバンクや地域金融機関が中小企業向けの取り組みを強化するなか、「小規模企業」に対する経営面や資金面での支援も一層強めていく。金融庁と中小企業庁が金融機関の小規模事業者への対応を注視し、中小企業と同様の取り組みを促しているためだ。一部金融機関に対して小規模企業の支援状況について実態を調査する動きも出てきた。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

【写真を読む】京都中央信金、“晴れ着でお迎え”40年 (1面)

 

ロビー入口で声をそろえて挨拶する女性職員(1月6日、京都中央信金本店営業部)

   【大阪】「明けましておめでとうございます」。仕事始めの1月6日、京都中央信用金庫(布垣豊理事長)の本店営業部では、女性職員6人が華やかな晴れ着姿で来店客を出迎えた。同部の松岡輝常務理事部長も羽織袴で接客。地場産業の和装振興と”きもの文化”の伝承にと開始し今年で40年目。お正月の風物詩になっている。

ロビー入口で声をそろえて挨拶する女性職員(1月6日、京都中央信金本店営業部)

   
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

金融庁、反社取引根絶へ対策強化 預保の債権買取制度を拡充 (2面トップ)

 金融庁は、暴力団など反社会的勢力との融資取引を根絶するための取り組みを強化する。当面は、金融機関の既存債権を預金保険機構が買い取る制度の充実が柱となる。その一方で、金融機関が警察庁の暴力団情報をオンラインで活用できるシステムの構築は当初の想定よりも時間を要する見通し。稼働開始は最短でも2015年度後半以降となりそうだ。
 
 

メガバンク3行、新ファンドを追加投入 NISA推進で新施策、手数料の無料化も (3面トップ)

 メガバンク3行は、少額投資非課税制度(NISA)開始に合わせて、新施策を相次いで打ち出した。1顧客につき1口座しか開設できず、顧客囲い込みの必要性が高いため。NISA向け商品の追加投入や、手数料無料化など、各行とも工夫を凝らす。
 
 

地銀協、復興センターへ派遣継続 被災地支援に注力、中企庁の要請対応で (4面トップ)

 全国地方銀行協会は東日本大震災の被災地各県の産業復興相談センター(復興センター)に8人の人材を継続派遣することを決定した。2014年3月に任期満了の予定だったが、中小企業庁からの要請に対応。「被災地復興に寄与する意義のある業務」と判断し、岩手県3人、宮城県3人、福島県2人の合計8人の各センター派遣を2014年度以降も継続する。
 
 

2014年の制度改正・規制改革、金融関連の注目ポイント 民法改正で個人保証制限へ (5面特集)

 2014年は、金融関連の制度改正や規制改革が目白押しだ。そこで「法律の改正」、「税制の変更」、「国際規制の強化」、「国債の発行市場」の四つの分野に分けて、金融機関が注目すべきポイントをまとめた。
 
 

大相続時代、金融機関・資産をつなぐ “次の次の世代”も囲い込み、税改正でビジネス拡大 (6面特集)

 高齢化の進展を背景に、金融界で相続ビジネスが活況を呈している。シニア層との取引拡大や次世代との取引継続のため、金融機関では行内の体制を整備するほか、専用商品の取り扱いが拡大。2015年には相続税の改正で非課税枠が縮小され、最高税率が引き上げられる。課税対象者、相続に関心の薄かった顧客の相談も増える”大相続時代”を迎える。ビジネスチャンスはさらに広がるなか、信託銀行2行と地域銀行2行の取り組みを見た。
 
 

成長求め企業とアジアへ −金融界、ASEANに熱視線− (10-11面特集)

 金融界がアジア戦略を一段と強化している。大企業、中堅企業だけでなく中小企業も生産拠点として、また消費市場として魅力を増すアジア展開を加速しているためだ。特に経済成長が著しい東南アジア諸国連合(ASEAN)に熱視線を注ぐ。メガバンクや地域銀行で拠点開設が相次ぎ一部信用金庫も乗り出した。日本経済と金融界の成長戦略のカギをアジアが握っている。
 
 

【ママのちから】メガ3行の女性行員 (12面特集)

 幼い子供を育てながら、仕事との両立を目指すママの1日は忙しい。保育園に預けられる時間は限られるため、残業はほとんどできず、効率的な仕事が求められる。時には子供の病気で急なスケジュール変更にも対応を迫られる。だが、そんな状況であっても活躍する女性が金融界で増加中だ。「ママのちから」はどこから生まれてくるのか。メガバンク3行で活躍するママたちを追った。
 
 

地域金融機関の再編を占う、広がる「都民・八千代」の波紋 (14面特集)

 地域金融機関の再編機運が高まってきた。従来は救済型の再編が主流だったが、最近は経営体力に余裕があるうちに合併や経営統合を決断する事例が目立ち始めた。本業の収益が年々目減りするなか、2014年も将来展望型の業界再編が続くかに注目が集まる。
 

池尾和人・慶大教授に聞く
「1県1行」存続に疑問も

 
 

【都銀の営業店最前線】預かり資産営業推進、総合力の結集で顧客ニーズ実現 (20面特集)

 みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行は、各グループの総合力を結集して顧客ニーズに応える提案に注力している。顧客とのリレーションを大切にし、預かり資産の増加にも取り組んでいる。銀行業務に加えて証券、信託、不動産などの様々な業務に携わるプロフェッショナルな人材とも幅広く協力。多様化・高度化する顧客ニーズの実現に向けて営業活動を展開する都市銀行4行の現場を取材した。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (18面)

【2013年度金融ホームドクター養成】
【営業力・現場力アップ】 『FP実践力強化(37)=効率的なマーケット情報収集』
『コンサル能力養成(37)=旅館業の経営改善支援』
『融資渉外の実践(13)=資金ニーズの発見(3)』
『顧客目線の金融コンプラ(13)=不祥事件の発生事情(2)』
ホットコーナー 『NISA本番(1) 若年層の資産形成に向くNISA』

【金融法務講座】(38)

成年後見制度
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 

レギュラー企画

 
『寸言』: カイゼンを思想化する (1面)=宍戸 信哉・住宅金融支援機構理事長
『社説』: 経営者保証の指針定着を (2面)
『東西ペンリレー』: 「じぇじぇじぇ!」 (17面)=荒道 修士・東北銀行執行役員
『ちょっと一言』: 農都共生で地域再生 (17面)=慶大大学院SDM研究科特任教授・林 美香子さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
地域銀行10行の
 ガバナンス最前線 (7面特集)
“外部の目”活用が進展、「三様監査」の重要性増す
有限責任監査法人トーマツパートナー
 伊佐地 立典氏に聞く (7面特集)
“経営目線”で監査を
大手証券、次世代企業を発掘・育成 (8面特集) IPO社数が回復、2013年は前年比10社増の58社
生保界、第三分野の競争激化 (9面特集) 高齢化で「医療」ニーズ高まる、損保系・保障性で存在感増す
変わる“郵政” (13面特集) 企業価値向上へ急ピッチ、3カ年中計で具体策明示
野村・中大法科大学院教授に聞く (13面特集) 独自の収益モデルが重要
【午年】成長加速へ使命果たす (15面特集) [賀詞交歓会]リスク取り潤滑油に
[新年トップメッセージ]改革に向けた行動を
【読者の意見】金融教育 (16面特集) 「子供から取り組み重要」が85%、見学会や寄付講座を実施
東証大発会 (19面トップ) 期待を確信に変える年、株価・引き続き上げ相場
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について