2014年2月14日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

52信保協、「経営者保証対応」で新制度 6割以上をプロパー融資 (1面トップ)

 
 中小企業庁と全国信用保証協会連合会は、「経営者保証に関するガイドライン」の適用に伴い、新たな保証制度を創設。全国52信保協で2月1日から取り扱いを開始した。金融機関と連携して経営者保証によらない資金供給で中小企業を支援するのが狙い。新制度は、金融機関に信保協の保証付き融資額の6割以上のプロパー融資を求めるのが骨子。責任共有制度と合わせると信保協と金融機関のリスク分担は同等となる。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

でんさい1年、発生記録で月10万件めざす 金融機関・利用促進に注力 (11面特集)

 

でんさいネットは大企業の利用促進を狙いに開業1周年の記念セミナーを開催(写真中央は岩本秀治・でんさいネット会長、2月12日、経団連会館)

   全国銀行協会傘下の電子債権記録機関「でんさいネット」は、2月18日に開業1周年の節目を迎える。利用登録企業数は金融機関の働きかけもあって2013年12月末までの累計で32万社を超えた。「大企業から中堅・中小企業まで幅広く網羅し、企業間の流通に応えられる環境ができつつある」(でんさいネットの諸江博明社長)と実績に手応えを感じている。ただ、実際の利用件数(発生記録請求件数)は月間3万件台と当面の目標とする10万件に及ばない現状を踏まえ、金融機関は利用促進に一段と力を入れている。

でんさいネットは大企業の利用促進を狙いに開業1周年の記念セミナーを開催(写真中央は岩本秀治・でんさいネット会長、2月12日、経団連会館)

 

田中丸・電子債権アクセプタンス社長に聞く
 企業側に十分な説明を、資金調達手段の拡大へ

 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

トップインタビュー 成長戦略 (7、9面)

 本号より、7面に地域銀行7行、9面に信用金庫3金庫のトップインタビューを順次掲載します。共通テーマは「成長戦略」です。
 

高橋 真裕・岩手銀行頭取
 復興後の産業育成へ、前面に出て起業家を支援

安宅 建樹・北国銀行頭取
 北国ブランドを確立、富山戦略と全先訪問で成果

前田 繁利・札幌信金理事長
 得意の高齢者分野を強化、農業向けローンにも注力

御室 健一郎・浜松信金理事長
 顧客との接触機会増やす、地域の課題が金庫の課題

 

金融当局、預金保険料の返還へ準備 2013年度は1250億円に、引き下げ交渉の前哨戦も (2面トップ)

 金融当局は2012年度に続き、2013年度も預金保険料の一部を金融機関に返還する方向で準備に入った。返金額は前年度の約1200億円より微増の約1250億円となる見通し。2014年度の預金保険料率は3月24日に開催する預金保険機構運営委員会で決定する予定だが、現時点では「現状維持」が濃厚。ただ、2015年度以降の料率引き下げは官民の共通認識となっており、一部業態が前倒しでの見直しを求めるなど次年度をにらんだ“前哨戦”の様相も呈してきた。
 
 

金融経済教育推進会議、日本初「金融教育基準」を作成 社会人・高齢者も対象 (3面トップ)

 金融経済教育推進会議(事務局=金融広報中央委員会)による、日本初の「金融リテラシーの項目別・年齢別スタンダード」作成が本格化してきた。学生や社会人、高齢者の“金融リテラシー”向上へ金融経済教育を推進するうえで“国家戦略”的な位置付けの基準となるもの。金広委が中間案を提示しており、3月末までに最終版をとりまとめる。
 
 

MUFG、M&A助言で首位へ 米モルガンと提携奏功、国内外の大型案件獲得 (4面トップ)

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、米モルガン・スタンレーの知見やグローバル・ネットワークに加え、“銀・証連携”という他社にはない強みが奏功。2013年度の日本企業の合併・買収(M&A)助言業務で三菱UFJモルガン・スタンレー証券が首位を獲得する勢いだ。なかでも日本企業による海外企業の大型M&A(クロスボーダーM&A)取引で市場シェア首位を堅持。同分野がM&A助言業務をけん引している。
 
 

地銀協、「2014年度事業計画」固める 法令順守態勢を強化、人口動態変化など調査 (6面トップ)

 全国地方銀行協会は、2014年度の事業計画を固めた。地方銀行を取り巻く金融経済情勢や経営環境の変化に弾力的に対応しながら、地域経済の発展に貢献する会員行の役割を支援する。また、2013年度に引き続き、東日本大震災からの復興についても支援していく。
 
 

信金界、貸出約定金利の低下顕著 8地区で1%台見通し、地域格差が鮮明に (8面トップ)

 信用金庫で貸出約定平均金利の低下が顕著だ。2012年度は、前年度比0.11ポイント低下の1.99%になった。2013年度に入っても法人先の大幅な業況改善は難しく競合は激化。同金利は低下する見通し。2012年度の同金利1%台は北海道、東海の2地区。2013年度は8地区に増える見通しで、地域格差が鮮明になりそうだ。
 
 

信組界、システム更改へ態勢整備 10月から運転試験実施、バックアップ機能も強化 (9面トップ)

 信用組合界は、2015年5月に行う次期システム更改(第6次)に向けて態勢を整備している。全国信用協同組合連合会(内藤純一理事長)が中心となり、全国信組共同センター(SKC)の陣容や試験時期などを決定。また、システム更改と同時期に広島県に移設するバックアップセンターのシステムの詳細も固まった。
 
 

JAバンク、再エネ活用で地域活性化 農協の協議会参画後押し、「エコ基金」通じて助成 (10面トップ)

 JAバンクは2014年度から、再生可能エネルギーを活用した地域活性化を支援する。2013年12月に「農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進に関する法律」(農林漁業再エネ法)が成立した。JAバンクは「再生可能エネルギー地域内連携促進事業」を創設。JAバンクアグリ・エコサポート基金を通じて助成を行い、地元の行政が主導する協議会に農協が参画し、地域活性化や農林水産業の振興のために再エネの導入検討への取り組みを後押しする。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (14面)

【2013年度金融ホームドクター養成】
【営業力・現場力アップ】 『FP実践力強化(42)=富裕層訪問時のチェックポイント』
『コンサル能力養成(42)=事業再生が見込めない企業』
『融資渉外の実践(18)=事業承継を活かす』
『顧客目線の金融コンプラ(18)=窓口トラブルの事務ミス(2)』
ホットコーナー 『法人契約の生命保険(2) 法人契約の生命保険の仕訳』

【金融法務講座】(43)

強制執行(2)
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 

人材育成 (15面)

 
本音に迫る【500人アンケートから】
 部下育成<2>
“叱り方”が難しい、気質踏まえた指導に工夫
失敗から学ぶ [17]
 北国銀行 氷見支店 支店長:中惣 大輔氏 <上>
「30歳にもなって…」と叱責、何度も書き直した稟議書
資格にチャレンジ ゼミな~る 農業経営アドバイザー(1)
 
ページTOPへ
 
 

レギュラー企画

 
『寸言』: 「克雪」「利雪」 (1面)=荒城 哲・北越銀行頭取
『社説』: システム外部委託の総点検を (2面)
『当店の元気印』: 若手部門の1位走る (9面)=山梨県民信組湯村支店・中込 直己さん
『東西ペンリレー』: 愛媛にきなはいや(来てね) (12面)=高岡 弘之・伊予銀行常務取締役
『ちょっと一言』: 若者と落語の架け橋に (12面)=落語のできるアイドル・田代 沙織さん
『初支店長(357)』: 顧客との接点を大切に (20面)
 =呉座谷 恭子・富山第一銀行氷見エリア氷見南支店長
『当店のチームリーダー』: 事務のレベルを底上げ (20面)=りそな銀行村山支店・二村 彩さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
金融支援力の発揮 <5> (1面)
 -シニアの活用-
“真の戦力化”へ踏み出す、経験伝え次世代を育成
岩崎・野村アセットCEOに聞く (5面) 銀行の投信拡大の元年に、NISA意識調査を発表
【USA金融事情NOW】 (5面) 不良資産減で収益増加
【マーケット・トレンド】 (5面) [為替]対米ドルの円の下値は限定的
棚瀬 順哉・JPモルガン・チェース銀行 チーフFX/EMストラテジスト
[金利]通貨暴落と安全資産シフト
熊野 英生・第一生命経済研究所 首席エコノミスト
次世代経営者を支援〔5〕 (6面)
 =西日本シティ銀行
2組織を軸に活動、会員同士の人脈構築 支援
活躍する女性 [5] (8面)
 =旭川信金
活力生む「マイスター」、自己成長の風土が定着
千里眼 <14> (13面) 伊予エンジニアリング 代表取締役・山本 昭廣氏
付加価値から情報基盤へ、進化する地図情報活用
2013年度 ニッキン賞表彰 (17面トップ) 東京東信金
深海探査機で産学官金連携、ネットワーク実現に尽力
輝け!フレッシャーズ (2) (18面)
 教える技術 1
チームづくりで育成、注目のリチーミング
われら縁ジョイ〔17〕 (19面)
 京都信金 茶道部
文化・礼儀作法を学ぶ、伝統知り“お客さま”知る
トマト銀行八王寺支店 (20面トップ)
 事業性融資が25%の伸び
医療関連で提案営業、2期連続「優秀店」へ
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について