2014年2月28日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

地域金融機関、規制緩和で信託代理店拡大 事務負担軽減で推進に弾み (1面トップ)

 
 地域金融機関による「信託代理店」の拡大が加速する。4月から金融庁が高齢者の資産を信託するサービスについて内閣府令を改正し、信託商品の取り扱いがしやすくなるため。地方では高齢化の進展で相続や遺言相談のニーズが一段と高まっており、地域銀行や信用金庫などで取り扱い店舗の拡大や商品推進に弾みがつきそうだ。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

【写真を読む】北都銀行、地銀初の“女子大”に29人入学 (1面)

 

イスを円形に並べて1期生、役員、来賓らが囲んで座る和やかな雰囲気の入学式。挨拶する学長の斉藤頭取や堀井啓一・秋田県副知事が激励(2月19日、北都銀行本店会議室)

   【仙台】「10年後も輝く自分を目指します!」。北都銀行は2月19日、地銀初の女性向け企業内大学「Women’s College(ウーマンカレッジ)」の入学式を本店で開催。斉藤永吉頭取は「女性のマーケティングセンス、経営センスを取り入れることが当行の成長につながる」と挨拶し、第1期生29人に熱いエールを送った。

イスを円形に並べて1期生、役員、来賓らが囲んで座る和やかな雰囲気の入学式。挨拶する学長の斉藤頭取や堀井啓一・秋田県副知事が激励(2月19日、北都銀行本店会議室)

   
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

近畿地区5金融機関、寮生活の現状をみる 共同生活で連帯感深める (17面トップ)

 【大阪】コスト削減や入寮する若手行職員の生活スタイルの変化を受け、金融機関の独身寮・女子寮は減少してきた。しかし、最近では、寮での共同生活を通じた社会人としてのモラルやマナー養成、行職員同士が絆を深める場として独身寮や女子寮が再評価されている。近畿地区の5金融機関(3地域銀行、2信用金庫)に寮生活の“いま”をみた。
 
 

【窓口テスト】ゆうちょ銀行・郵便局50カ店 NISA相談、もう一歩踏み込む提案を (10-11面特集)

 ゆうちょ銀行は、1月にスタートした少額投資非課税制度(NISA)を「投資信託のすそ野拡大の契機」と捉えている。同行専用商品の発売、口座開設や投資信託購入者へのプレゼントキャンペーンのほか、店舗ごとにセミナー開催など推進を強化している。そこで、ゆうちょ銀、郵便局の50カ店に対して、「NISA相談」をテーマに窓口テストを実施。調査員は接遇レベルや制度概要の説明、ゆうちょ銀との取引メリットなどを確認した。
 
 

金融庁、大口規制強化で調整難航 余資運用への影響不可避、金融界の懸念にも配慮 (2面トップ)

 大口信用供与規制の厳格化を巡って、金融庁と金融界の調整が難航している。12月までの実施が決まっており、大半の金融機関が余資運用の見直しを迫られる見通し。金融庁は遅くても初夏までには内閣府令・政令の改正案を公表し、新たに規制対象となる金融商品を細かく示す方針。
 
 

金融界、商流ファイナンスを活用 企業の資金調達多様化、電子債権担保で新スキーム (3面トップ)

 金融機関が企業の各取引段階の特性に応じ資金を供給する「商流ファイナンス」が新たな融資手法として注目されつつある。企業の資金繰り円滑化と金融機関の融資拡大につながる。日本銀行金融高度化センターがワークショップで金融機関に活用を促し始めた。電子記録債権を担保にした新たな融資スキームも登場。今後の広がりが期待されている。
 
 

MUFG、中小企業支援を拡大 大阪で過去最大商談会、グローバル・成長戦略 (4面トップ)

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、中堅・中小企業の事業拡大を支援する。設備資金や成長事業分野への融資により、企業の成長を促す。その一つとして2月19日、大阪市内のインテックス大阪で大規模商談会を開催。大阪では4年ぶりで、中小企業を中心に約3200社が参加し、商談件数は7100件におよんだ。いずれも過去10回開いた商談会のなかでは最大規模となった。
 
 

地域銀行105行・2013年4~12月期決算 84行が四半期純利益増、株式関係損益が大幅改善 (6面トップ)

 地域銀行105行の2013年4~12月期の決算(単体ベース)が出そろった。株価の上昇により株式等関係損益が大きく改善されたため、84行が四半期純利益で前年同期比増となった。2012年4~12月期は国債等債券売却益の拡大が増益の主因だったが、今期は株式売却益が地方銀行で前年同期比1577億円増、第二地方銀行で同621億円増となったことが増益につながった。
 
 

信金界の余資運用、過去最高の71兆円超 預け金も24兆円に迫る、製造業の融資低迷響く (8面トップ)

 信用金庫界で2014年3月末の余資運用額が71兆円を突破、過去最高となりそうだ。このうち、信金中央金庫(田邉光雄理事長)への預け金も初の24兆円に迫る勢い。全体の余資運用額はほぼ5年間で約15兆円増加することになる。最大の要因は預金増加と融資低迷。製造業、建設業向け融資は東海地区で増加したが、全国的には減少傾向にある。
 
 

本音に迫る【500人アンケートから】部下育成<4> 若手・胸に秘めた“出世欲” (15面トップ)

 「若手の出世欲を感じにくい」——。支店長が部下から受ける印象だ。価値観や就業意識の多様化に加え、「一国一城の主である支店長の権威が低下」(関東地区地銀支店長、47歳)した影響と捉える上司が目立つ。若手からも「職位が上がるほど自分を犠牲にしているように見える」(甲信越地区信金、男性、32歳)との声も聞かれる。モチベーションの源であった“上昇志向”が変化しつつある。
 
 

南九州地区2農協の移動店舗 金融空白地域で歓迎、運行継続には課題 (16面トップ)

 【鹿児島】金融機関の店舗閉鎖で金融サービスが空白となる地域が増えている。こうしたなか、代替サービスとして注目されているのが移動金融店舗車。九州地区でも西都農業協同組合(壹岐定憲組合長)が2004年7月、そお鹿児島農業協同組合(山野徹組合長)が、2013年11月から運行を始めた。高齢者からは年金の払い出しなどで好評。継続した運行には安定した集客が欠かせない。両農協の現状と課題を探った。
 
 

全銀協、ネット犯罪防止へ啓発活動 媒体活用・安全対策促す、2013年被害額・14億円超に (19面トップ)

 全国銀行協会は、3月にインターネットバンキングの不正利用を防ぐ狙いで広告媒体を利用した啓発活動を展開する。2013年に被害が急増したため、預金者に注意喚起してセキュリティー対策を促す必要があると判断した。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (14面)

【2013年度金融ホームドクター養成】
【営業力・現場力アップ】 『FP実践力強化(44)=老後資金の不安緩和策』
『コンサル能力養成(44)=自主廃業について』
『融資渉外の実践(20)=新成長産業への取り組み』
『顧客目線の金融コンプラ(20)=融資取引の権利の濫用』
ホットコーナー 『法人契約の生命保険(4) 会社に役立つ法人契約の生命保険』

【金融法務講座】(45)

改正PFI法
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 

人材育成 (15面)

 
失敗から学ぶ [19]
 福岡ひびき信金 高須支店長:高松 秀俊氏 <上>
支店長からの“げんこつ”、2時間かけて探した手形
資格にチャレンジ ゼミな~る 介護福祉経営士2級(1)
 
ページTOPへ
 
 

レギュラー企画

 
『寸言』: 冬季オリンピック (1面)=湯本 昭一・八十二銀行頭取
『社説』: ビットコインへの対応急げ (2面)
『当店の元気印』: お客様の気持ち考え行動 (8面)=にいかわ信金桜井支店・能島 潤 さん
『東西ペンリレー』: 津軽弁の奥深さ (12面)=松木 昭彦・みちのく銀行取締役兼常務執行役員
『ちょっと一言』: 100年後も残る存在に (12面)=民謡歌手・會澤 あゆみ さん
『初支店長(359)』: 地元の発展に貢献し恩返し (20面)=岸田 精久・大和信金橿原支店長
『当店のチームリーダー』: 話しやすい雰囲気を作る (20面)=広島市信組西条中央支店・大室 晴香さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
金融支援力の発揮 <7> (1面)
 -“相続預金”対策-
顕在化する預金減少時代、地域の壁・見えぬ打開策
深沢・東京海上キャピタル社長に聞く (5面) 銀行とPEファンドで連携、過去12件全て収益回収
【USA金融事情NOW】 (5面) 外銀規制強化のリスク
【マーケット・トレンド】 (5面) [為替]明確な方向感が出づらいドル/円相場
 棚瀬 順哉・JPモルガン・チェース銀行
        チーフFX/EMストラテジスト
[金利]リスクオンとリスクオフの狭間
 熊野 英生・第一生命経済研究所 首席エコノミスト
次世代経営者を支援〔7〕 (6面)
 =四国銀行
M&A専門スタッフを育成、合併時に私募債起債も提案
トップインタビュー (7面)
 成長戦略
谷 正明・福岡銀行頭取
 少子化に応じた営業改革、“お客さま起点”の徹底を
上村 基宏・鹿児島銀行頭取
 出資併用し新事業を支援、人材育て不可欠な組織へ
活躍する女性 [7] (8面)
 =京都信金
個人金融をレベルアップ、他と一線画した接客志向
大本・近畿産業信組理事長に聞く (9面) 実質業純100億円体制へ、“速く・明快な回答”で融資増
千里眼 <16> (13面) ナイスジャパン代表取締役社長 瀧澤 則逸氏
通話録音の分析に注力、海外ソフトの有効活用を
輝け!フレッシャーズ (4) (18面)
 教える技術 3
「不安」からパワハラに、新人の表情にも気配りを
われら縁ジョイ〔19〕 (19面)
 みちのく銀行 カーリング部
創部5年・選手権大会に出場、“チームみちのく”一丸で
福井銀行木田支店 (20面トップ)
 エリア全体で人材育成
貸出金は前年比3.6%増、情報をPC管理
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について