2014年3月28日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

大手行、投信乗り換え規制を注視 “回転率”意識し戦略見直しも、金融庁長官発言に反応 (1面トップ)

 
 大手銀行が投資信託の“乗り換え規制”を注視している。金融庁が3月7日に監督指針を見直し厳しい姿勢を示すなか、投信購入者の求めに応じて別の投信を販売した結果、「乗り換え」と判定されることを懸念しているため。各行は規制の主旨を現場に徹底させ慎重に対応していく考え。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

【写真を読む】福井銀行、育児休業中の悩みを解決 (1面)

 

助産師(右)が乳幼児の人形や足型を使ってベビーマッサージを指導した(3月20日)

   【金沢】福井銀行は3月20日、福井市内で「育児休業者向けセミナー」を初めて開いた。当日は行員9人と月齢が近い乳幼児が参加。座談会は打ち解けた雰囲気のなか、本音トークで盛り上がった。参加者は「先輩の復帰体験談も聞けた。育児の悩みや職場復帰後の不安など、同じ立場の方と意見交換できて良かった」と話した。

助産師(右)が乳幼児の人形や足型を使ってベビーマッサージを指導した(3月20日)

   
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

新入行職員のための最新金融時事用語 (11面特集)

 2014年度の金融機関の新入行職員の皆さん、ご入社おめでとうございます。皆さんは厳しい就職戦線を勝ち抜き、いよいよ社会人・金融人としての第一歩を踏み出されます。日本経済は円安・株高効果を主因に、デフレからの脱却に向け、ようやく明るさが見え始めています。今年は安倍晋三内閣の「日本再興戦略」が正念場を迎え、経済成長を支える産業の育成で金融機関の果たすべき役割が一段と重要となっています。こうしたなか、初めての職場に配属された皆さんは、まず社会人としてのマナーと業務知識の習得に精励しておられると思います。同時に世界と日本の経済・金融情勢、金融行政・政策、金融界の動きや経営課題などに精通することも顧客から信頼される“金融のプロ”となるため必要不可欠なスキルです。そこで本紙は、皆さんに「これだけは知っておいていただきたい」最新の金融時事用語を4ジャンルに分け、厳選してお届けします。いずれも最近、本紙で取り上げたキーワードです。ぜひご活用下さい。新たな船出への期待とともに不安もあるでしょうが、先輩や上司の指導や助言を仰ぎつつ困難や試練を乗り越え、立派な金融人となってご活躍されることを心からお祈りします。
 
 

政府、2種類の現金給付措置 金融機関と実務調整急ぐ、振込件数は3000万件超に (2面トップ)

 政府は消費増税の導入に伴う景気への悪影響を和らげるため、1回限りの現金給付措置の早期実施に向けて金融機関との実務的な調整を急ぐ。各市区町村を通じて指定金融機関に対し、口座振込事務の協力を求めていく考えだ。
 
 

日銀、2014年度考査方針 企業の活力向上支援 検証、リスク対応力を確認 (3面トップ)

 日本銀行は、2014年度の日銀考査で金融機関の取引先企業の成長支援を含めた“活力向上支援”を注視。金融仲介機能の発揮を通じて「企業、個人や地域の経済活動に貢献しているか」やリスク管理体制などを点検する。
 
 

信託各行、教育資金贈与信託が好調 1年間で6万5000件へ、資産移転を促進 (4面トップ)

 大手信託銀行(三菱UFJ信託銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行)や、りそな銀行などが取り扱っている教育資金贈与信託が、スタートから1年を迎える今も好調を維持している。
 
 

地域銀行、政策金融範囲見直し要請 成長分野支援めぐり激化、太陽光発電向けで圧迫批判 (6面トップ)

 地域銀行は、全国地方銀行協会や第二地方銀行協会を通じて、金融庁など関係省庁に政策金融の範囲見直しを要請していく。政府系金融機関との金利競争事例が多くの会員銀行から指摘されているためだ。最近では、成長分野をめぐって地域銀行の融資と政府系金融機関の金融支援が競合するケースも目立ち、「民業圧迫」批判が根強い。
 
 

第二地銀協、共同バックアップセンター見直し 協会から運営機構に移管、利用行減少で継続難 (7面トップ)

 第二地方銀行協会は4月から、第二地銀協共同バックアップセンター(SBC)の共同事業を利用行による共同システムの形態に移行する。これにより利用行の10行は、4月に「一般社団法人共同バックアップセンター運営機構(SBC運営機構)」を設立。SBCの事業を協会から移管する。
 
 

信金界、中小企業センター設立へ 2014年度から議論本格化、専門部会で課題共有 (8面トップ)

 信用金庫界は、共同で設立する「中小企業支援センター(仮称)」について2014年度から協議を本格化する。全国信用金庫協会(大前孝治会長)の信用金庫長期ビジョン検討委員会が2013年7月に提言。これを受けて3月には専門部会を発足。信金が持つ中小企業の創業や事業承継などのノウハウを同センターに蓄積し、中小企業支援力の底上げにつなげる方針。
 
 

市銀連、17年ぶりにベアで共闘 「定例給与の0.5%」要求、臨給「前年度101%以上」に (18面トップ)

 市中銀行従業員組合連合会(4単組、組合員7万8350人、吉村拓委員長・三菱東京UFJ銀従組)は3月24日、東京都内で第137回中央委員会を開き、2014年度の定例給与改善(ベースアップ=ベア)と臨給の要求内容を決めた。ベア要求では要求資金量を「定例給与の0.5%」とし、17年ぶりに共闘する。臨給要求の共闘基準線は「前(2013)年度総資金量の101%以上」に設定した。要求提出日は3月27日。
 
 

全銀協、金融教育で有識者会議 幅広く普及へ施策議論、高齢者の知識向上も (19面トップ)

 全国銀行協会は3月19日、金融経済教育活動を推進する一環として有識者会議を開催。中学生や高校生のほか大学生、社会人、高齢者に至る幅広い層を対象に金融経済教育を普及させるための施策を議論した。
 
 

横浜銀行溝口支店、資産家取引を柱に推進 アパ・マンローン好調、貸出金残高が5.7%増加 (20面トップ)

 横浜銀行溝口支店(小柴裕太郎支店長=行員42人うち女性14人。パート36人)は、2011年度上期から5期連続の優績店。「コンサルティング営業の強化」を掲げ、資産家取引を柱に推進。2014年2月末の貸出金残高は対前年比5.7%増加した。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (14面)

【2013年度金融ホームドクター養成】
【下期確認テスト】 『FP実践力強化』
『コンサル能力養成』
『融資渉外の実践』
『顧客目線の金融コンプラ』
ホットコーナー 『不動産問題の実情(4) 不動産トラブル相談窓口としての宅建指導班の活用』

【金融法務講座】(49)

損失補填
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 

人材育成 (15面)

 
本音に迫る【500人アンケートから】
 部下育成<8>
異動に翻弄される若手、中長期的な助言が成長導く
失敗から学ぶ [23]
 りそな銀行 渋谷支店 マネージャー:大賀 智之氏 <上>
見抜けなかった粉飾決算、唯一の不良債権に後悔
資格にチャレンジ ゼミな~る 農業経営アドバイザー(2)
 
ページTOPへ
 
 

レギュラー企画

 
『寸言』: 中小企業をお守りする (1面)=喜田 哲弘・大同生命保険社長
『社説』: 総合競争力時代を勝ち抜け (2面)
『東西ペンリレー』: 「動く美術館」 (12面)=岩崎 博・滋賀銀行取締役システム部長
『ちょっと一言』: “瀬戸内”を世界にPR (12面)
 =瀬戸内しまのわ2014実行委員会事務局長・平山 直行氏
『初支店長(363)』: 公平に接し風通し良く (20面)=林 篤史・瀬戸信金岩塚支店長
『当店のチームリーダー』: 感じよく帰っていただく (20面)=福井銀行さくら通り支店・石井 亜希子さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
フォーカス 2014 (1面)
 異次元緩和から1年
高まる貸出増加への期待、メガ・日銀支援に即応
伊井・コモンズ投信社長に聞く (5面) 長期でファンド育てる、商品の「見える化」実行
【USA金融事情NOW】 (5面) 住宅ローン低迷の理由
【マーケット・トレンド】 (5面) [為替]リスクは上昇方向
 棚瀬 順哉・JPモルガン・チェース銀行 チーフFX/EMストラテジスト
[金利]米利上げは意外に早いのか
 熊野 英生・第一生命経済研究所 首席エコノミスト
次世代経営者を支援〔11〕 (6面)
 =みなと銀行
事業承継業務を本格化、相談件数は累計630件
活躍する女性 [11] (8面)
 =山梨県民信組
年金レディーを戦力化、1店舗1人体制が目標
内藤・全信組連理事長に聞く (9面) 身の丈に合ったリスクを、信組へ人的支援を積極化
千里眼 <19> (13面) コベリティジャパン
 日本統括責任者 兼US本社日本担当副社長 公家 尊裕氏

ソースコード製品に注力、階層あるチェック体制を
アーニング・KPMG副会長に聞く (13面) クロスセルで新収益基盤を、金融規制は適正対応で
輝け!フレッシャーズ (8) (18面)
 先輩職員の日常から 4
大東京信組荻窪支店・山田 和寛さん
図書館通い・金融のプロに、失敗から教訓学び取る
われら縁ジョイ〔23〕 (19面)
 釧路信金 アイスホッケー部
五輪選手や初心者も交流、信金大会で優勝奪還狙う
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について