2014年8月29日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

大手行、「オムニチャネル」に備え 専門チームなどで協議、次世代リテール戦略構築へ (1面トップ)

 
大手銀行が次世代リテール戦略「オムニチャネル」の構築へ動きを本格化させている。各行とも本部の専門チームや横断的組織を中心に協議を開始。リテール市場で新たな競争に突入する。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

高知銀行久万川橋支店、住宅業者チャネルを太く 融資残高・3億円増の81億円 (20面トップ)

 

惣菜・加工食品を手がける高南食品の宮本正司社長(右端)に新商品の話を聞く担当者ら(8月20日)

  【高松】高知銀行久万川橋支店(深見英治支店長=行員12人うち女性5人)は、住宅建築業者との情報チャネル強化が奏功。2014年3月末の融資残高は約81億8500万円と前年同月比3億円増。住宅ローン推進を機に得た顧客情報やニーズを、法人融資開拓にもつなげる構えだ。

惣菜・加工食品を手がける高南食品の宮本正司社長(右端)に新商品の話を聞く担当者ら(8月20日)

   
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

全国267信用金庫・決算短信(2014年3月期) (17面特集)

信金界の業務純益は4984億円。トップは京都中央の150億円、次いで高知の129億円、大阪の122億円、東京東の117億円。当期純損失は前年の14信金から改善し3信金に減少した。
 
 

地域金融機関、信託・相続業務代理店が拡大 地銀350カ店増・信金は反転 (3面トップ)

地域金融機関で、信託銀行や信託会社と連携して信託契約と相続関連業務などを扱う代理店が拡大している。信託協会によると、2014年3月末の地域銀行と信用金庫の同業務取り扱い店舗は4467カ店。前年同期比約550カ店増加した。なかでも地方銀行では2013年度の1年間で約350カ店増加。信金はここ数年減少傾向が続いていたが、67カ店の増加に反転した。今年4月には資産の使い方を生前に決める「遺言代用信託」などが代理店で取り扱いやすくなるよう規制が緩和されており、今後も連携は広がる見通し。
 
 

金融庁、ITシステムの警戒強化 セキュリティー対策を重視、不正送金の増加など背景 (2面トップ)

金融庁は、金融機関によるITシステムのセキュリティー対策を検査・監督の重点項目に格上げする。インターネットバンキング(IB)の預金不正送金の増加やマネーローンダリング(犯罪収益の資金洗浄)対策の強化を求める国際的な要請などを踏まえ、各金融機関が恒常的な監視態勢を整える必要があるとの見方を強めている。
 
 

地銀、MLPファンドに関心 有価証券利回りを向上 (3面)

地方銀行が有価証券の運用先として、エネルギー系インフラに投資するMLPファンドに関心を強めている。不動産投資信託(REIT)の運用比重の高い地銀を中心に代替商品として位置づける動きが出始めている。
 
 

みずほ銀行、東北の自動車産業を育成 企業間の連携支援、東北経産局などと (4面トップ)

みずほ銀行は、東北の自動車産業の育成に向けた官民連携の取り組みに参画。経済産業省東北経済産業局、一般財団法人日本立地センターと共同で、「とうほく企業間連携プラットフォーム」を設立し、8月19日から参加企業の募集を始めた。東北地区では自動車産業の育成が地域活性化の大きな課題の一つとなっており、官民をあげて活動を盛り上げる。
 
 

広島銀行、ABL検定試験を奨励 エリア渉外や融資係中心、第1回で269人が合格 (7面トップ)

【広島】広島銀行は、企業の実態把握や良好なリレーション構築を図るための手だてとして動産・債権担保融資(ABL)の知識を持つ行員の養成に注力している。外部機関が新設した「ABL・動産評価アシスタント・アドバイザー」資格の第1回認定試験で一挙に269人の合格者を輩出した。
 
 

14信金、来店不要の融資取り扱いを10月から試行 “個人”推進を後押し (8面トップ)

信用金庫は、10月14日から来店不要型の個人融資(住宅除く)を試行的に取り扱う。顧客が一度も信金を訪問せずに個人融資を受けることが可能になる。個人融資保証を行う、しんきん保証基金が信金界で初めて商品を提供。第一弾として14信金が試行的に取り扱う。関心を持つ信金は多く、2015年には取り扱う信金が大幅に増える見通しだ。
 
 

地域・業域・職域で信頼される 信組ベストサポーターズ 顧客第一主義を徹底 (10-11面特集)

中小企業・小規模事業者の持続・成長が地域経済の安定、日本経済の発展に不可欠であります。こうしたなか、信用組合にはコンサルティング機能の発揮が強く求められるとともに、個人取引先の生活応援も重要課題です。地域・業域・職域の各信用組合、職員に地域活性、より良い街づくりへの期待が高まっています。
ニッキンでは、全国各地の信用組合で活躍する優秀な職員、地域・業域・職域の活性化に貢献する信組(営業店)を2014年度の「信組ベストサポーターズ」として特集。一般社団法人全国信用組合中央協会の後援を得て、ベストサポーターズの皆さんに表彰楯を贈呈し、表彰しました。
 

渡邉・全信中協会長に聞く
困難な時代・連携力で解決、しんくみの存在感・広くPR

 
 

NTTデータ、セルフ操作端末の導入進む 事務効率化と接点拡大、地域銀行でも関心高まる (13面トップ)

NTTデータが三島信用金庫と共同開発したセルフ操作式の窓口端末の導入が信用金庫界で広がっている。店頭で、顧客が自らタッチパネルを操作して入出金や振り込み、税公金の納付を行うもので、事務効率化とともに来店客との接点拡大にも効果を発揮。2011年10月に三島信金で初めて稼働して以降4信金が導入しており、さらに2信金が2014年度中にも採用する予定。
 
 

広島土砂災害、金融機関は全力で被災者を支援 当日・手作業で出金対応 (18面)

【広島】8月19日夜から20日未明にかけて広島市の安佐南区と安佐北区を襲った集中豪雨で土砂崩れや土石流が発生、山沿いの住宅が押し流され、同26日時点で死者66人・行方不明者21人の大惨事となった。地元金融機関や、広島市に支店を持つ隣県金融機関は相次いで災害復旧特別融資を取り扱うとともに、23日・24日の休日も相談会や臨時営業に踏み切るなど全力で支援にあたっている。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (14面)

【2014年度金融ホームドクター養成】
【「現場力」を向上】 『FP実践力強化(21)=バーゼルIIIの概要と導入の背景』
『コンサル能力養成(21)=経営者の士気の上げ方』
『融資渉外の実践(21)=信用保証協会の活用(1)』
『金融コンプラの基本(21)=コンプラ法務(3) 会社法』
ホットコーナー 『消費税率引き上げ対策(5) 中小企業が活用したい税制』

【金融法務講座】(21)

金融商品取引法(2) 改正
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 

人材育成 (15面)

 
本音に迫る【女性活躍へ 250人の声から】 (9)
育児との両立(8)
立ちはだかる「小学校の壁」、時短勤務拡充にもジレンマ
失敗から学ぶ [44]
静岡銀行 北安東支店
ビジネスリーダー 宮崎 和恵さん<下>
商品パンフなしで営業、念願の「マイスター」に
資格にチャレンジ ゼミな~る M&Aスペシャリスト(6)
 
ページTOPへ
 
 

レギュラー企画

 
『寸言』: 虚像を打ち砕く (1面)=池田 唯一・金融庁総務企画局長
『社説』: 想定外に備え、BCP総点検を (2面)
『当店の元気印』: 若年層との取引拡大 (8面)=にいかわ信金田中支店 融資係・梅澤 裕司氏
『一人一言』: 新鮮野菜を新幹線で (9面)=鹿児島相互信金理事長・稲葉 直寿氏
『東西ペンリレー』: 祖父母の思い出 (12面)=山田 大介・みずほ銀行常務執行役員
『ちょっと一言』: “回り道”も貴重な体験 (12面)=宇宙飛行士・山崎 直子さん
『横顔』: 東海が日本経済を牽引 (18面)=東海財務局長・長谷川 浩一氏
『初支店長(384)』: 法人融資増強で率先垂範 (20面)=渡邉 隆太郎・南都銀行若江岩田支店長
『当店のチームリーダー』: 選ばれるテラーが目標 (20面)=日生信金山陽支店・花房 明伽音さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
フォーカス2014 (1面)
地公体取引に変化
“運命共同体”も悩む距離感、超低金利下で採算悪化
本家・金広委会長に聞く (3面) “金融リテラシー”向上に貢献、マップを共通の活動指針に
金上・三菱UFJ投信社長に聞く (5面) 迅速に決断・実行、アジア代表する会社に
【USA金融事情NOW】 (5面) 金利0%の企業融資
【マーケット・トレンド】 (5面) [株式]円安に反応薄な輸出株
広木 隆・マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
[債券]潜在成長率低下が意識される
野地 慎・SMBC日興証券 金融経済調査部 シニア金利ストラテジスト
海外ビジネスを支援 [9] (6面)
=静岡銀行
支店長級が課題を解決、50社進出で1人を派遣
藤川・筑波銀行頭取に聞く (7面) “筑波ブランド”浸透へ、地域連携と人材育成に注力
深化するリレバン -9- (8面)
=おかやま信金
AD中心に課題解決営業、若手と同行訪問・指導者の役割も
半澤・あぶくま信金理事長に聞く (9面) 公庫と連携・復興支援強化、エリア広げ総代も増員
千里眼 <36> (13面) NCS&A 社長 松木 謙吾氏
金融界へ可視化技術、相乗効果発揮へ合併
川北・フィナンシャル・インスティチュート
代表取締役に聞く (13面)
三位一体で経営を支援、中小企業の全国コンサル
われら縁ジョイ〔44〕 (19面)
三井住友信託銀行 弓道部
団結し団体戦の優勝めざす、幅広い年齢層がメンバー
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について