2014年9月26日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

政府、「ふるさと投資」で連絡会議 滋賀銀行など25機関参加、クラウドファンディング活用 (1面トップ)

 
 政府は10月31日、地域金融機関や地方公共団体を中心メンバーとする「ふるさと投資連絡会議」を立ち上げる。不特定多数の人からインターネットで小口投資を募るクラウドファンディング(CF)の手法を活用し、地域経済活性化の具体策を探る。滋賀銀行、埼玉県信用金庫、飛騨信用組合など、全国で25程度の金融機関が参加する見通し。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

【地域にスポット】近畿地区金融機関 地域の挑戦者支える、産学官金連携で成果 (17面特集)

 

大阪府熊取町、熊取町商工会と地域振興連携協定を結ぶ池田泉州銀行の藤田博久頭取(右、2013年4月)

   【大阪】近畿地区金融機関は、地元に新しい事業・商品を生み出そうと、産業界、高等教育機関、官公庁や地方自治体と一体となった産学官金連携が活発化している。ものづくりに代表される高い技術力など、関西の地域特性を生かした多様な連携策を展開。技術や人材のマッチング、地域振興など多方面で成果が出始めている。

大阪府熊取町、熊取町商工会と地域振興連携協定を結ぶ池田泉州銀行の藤田博久頭取(右、2013年4月)

   
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

「FIT2014」開催迫る 国内最大の金融技術展、「『つながり』が生み出す成長戦略」 (11面特集)

 国内最大の金融IT(情報技術)フェア「FIT2014(金融国際情報技術展)」(主催=日本金融通信社、共催=金融ジャーナル社、CMC、後援=一般社団法人全国銀行協会など)が10月9、10日の2日間、東京国際フォーラム(東京・千代田区)で開催される。開場時間は両日とも10時から18時まで。14回目の今回は、国内外の有力ベンダーなど過去最多となる130社が出展。「『つながり』が生み出す成長戦略~地域・世界・ネットワークで創る顧客価値~」をテーマに、最新の金融技術を提案する。また、3回目の同時開催となる「金融機関店舗フェア」では営業店業務を支援する多彩なコンテンツが集結。昨年は1万2841人が来場。今年も多数の金融機関関係者の来場が予想される。
 
 

金融庁、地域銀行にアンケート調査 取締役会・金利リスクなど、訪問ヒアリングは重複排除 (2面トップ)

 金融庁は10月以降、地域銀行に対して取締役会の機能発揮状況や与信集中リスク、金利リスクの管理態勢などを把握するためのアンケート調査を実施する。業界横断的に統一的な目線で実態を把握する水平レビューの一環。検査局内にリスクの種類別や業務内容に応じて設置された専門の各モニタリングチームが集計し、分析結果を還元する。
 
 

地銀協、法人インターネットバンキング被害を補償 団体保険の特約活用、1回当たり1000万円まで (3面トップ)

 全国地方銀行協会は、法人インターネットバンキング(IB)の不正操作による送金被害が続いていることを受けて、12月から会員行向け団体保険の特約による被害補償の開始を検討している。個別行では、これまでもIB被害への補償は独自に行ってきたが、業態全体をカバーする団体保険の活用は初めて。
 
 

三菱東京UFJ銀行、成長戦略で事業創出 特別チームや出資など、国内インフラと農業 (4面トップ)

 三菱東京UFJ銀行は、政府の成長戦略の実行を事業拡大の好機と捉え、昨年度に続き今年度も積極的に取り組む。国内社会資本(インフラ)整備では特別チームを設置。再生可能エネルギーでは開発金融を取りまとめ、農林漁業関連では第1号投資案件を決めた。成長戦略の関連事業の市場規模は、今後拡大すると予想され、同行では事業機会の創出を図っていく。
 
 

全国証券大会、投資家の裾野を拡大 活力ある金融資本市場、NISA利用を促進 (5面トップ)

 日本証券業協会、全国証券取引所協議会、投資信託協会は9月18日、経団連会館(東京・千代田区)で全国証券大会を開催した。証券会社トップなど500人以上が参加。来賓として麻生太郎・副総理・財務大臣兼金融担当大臣、黒田東彦・日本銀行総裁、奥正之・日本経済団体連合会副会長(三井住友フィナンシャルグループ会長)らが出席。来賓からは、少額投資非課税制度(NISA)をきっかけにした投資家層の裾野拡大や、金融資本市場の機能強化による経済成長への貢献を期待する声が相次いだ。
 
 

群馬銀行、首都圏の新設8カ店・融資好調 金融“密度”低い地域へ出店 (7面トップ)

 群馬銀行が2001~2013年まで首都圏(1都3県)中心に新規出店した「新設8カ店」の融資残高が3千億円に迫っている。既存店の中間や隣接地に出店する“面展開”が特徴で、中小企業・住宅融資の両面に注力。特に、個人融資が全体の6割を占めており、融資の金利低下を貸出金増強で補う戦略に磨きをかけている。
 
 

大手信金、広域連携が拡大 ASEANへの進出支援、中小企業金融を提供 (8面トップ)

 大手信用金庫で広域連携が拡大している。朝日、多摩、瀬戸、蒲郡の4信用金庫は、9月10日に取引先の海外進出支援を柱とする「しんきんASEAN(東南アジア諸国連合)ビジネス支援協議会」を設立。城南、岡崎、広島の3信用金庫は、ASEANの行政当局などに中小企業向けの与信管理手法を提供。城南信金はミャンマーの行政当局から職員を受け入れ、交流を深める。
 
 

信金ファイターズ4氏に聞く、顧客の笑顔・感謝を励みに (16面トップ)

 中小・小規模事業者は厳しい経営環境下、「資金繰り、販路拡大」など多様な経営課題を抱える。信用金庫の渉外・得意先係は、悩みを抱える企業オーナーと真剣に向き合い、事業支援に取り組んでいる。本紙では毎年2回、全国の信金から推薦で、優秀な得意先係の栄誉をたたえ、「信金ファイターズ」として表彰している。今回は、2014年7月に表彰された優績者の中から、稚内信用金庫琴似支店の池田憲矢氏(30)、多摩信用金庫本店の吉野朋樹氏(26)、焼津信用金庫藤枝支店の渡邉剛氏(35)、大和信用金庫八木支店の菅原勝也氏(30)に日頃の活動での留意点などを聞いた。各氏は、(1)信頼関係の構築(2)事前準備(3)定期的な面談(4)きめ細かな情報収集——が不可欠と言う。そして、お客さまの事業拡大、笑顔、感謝を励みに「全力で多様な相談に応え、信頼される渉外マン」を目指している。
 
 

全信中協、災害支援体制を見直し 役職員家族にも見舞金、統一の新スキーム構築 (19面トップ)

 全国信用組合中央協会(渡邉武会長)は、災害支援体制を見直す。業界統一の新たな義援金取り扱いスキームを構築。さらに、個別信用組合の見舞金の対象範囲を広げる。災害規模に応じて、被災地域を除く地区協会、信用組合に負担を求めることも盛り込む方針。今後、詳細を協議し、2015年1月の理事会で正式決定する見通し。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (14面)

【2014年度金融ホームドクター養成】
【上期確認テスト】 『FP実践力強化』
『コンサル能力養成』
『融資渉外の実践』
『金融コンプラの基本』
ホットコーナー 『「認定支援機関」活用法(4) 経営力の抜本的向上が可能に』

【金融法務講座】(25)

個人情報保護法(2) (改正)
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 

人材育成 (15面)

 
本音に迫る【女性活躍へ 250人の声から】 (13)
 育児との両立(12)
心配りで整える基盤、“将来”創る支え合い
失敗から学ぶ [48]
 横浜銀行 本店営業部渉外課 課長代理 東山 翔一氏<下>
半年かかった関係修復、初心忘れず・失敗を好機に
資格にチャレンジ ゼミな~る 動産評価アドバイザー(7)
 
ページTOPへ
 
 

レギュラー企画

 
『寸言』: 信託の可能性 (1面)=中野 武夫・みずほ信託銀行社長
『社説』: 監督・検査一体化で対話促進を (2面)
『輝いています』: 保証付き融資で貢献 (6面)=琉球銀行寄宮支店・大城 千秋さん
『一人一言』: “非効率”に信金の原点 (8面)=結城信金理事長・森 光郎氏
『東西ペンリレー』: インドの恩人 (12面)=松本 雅弘・三井住友海上火災保険取締役常務執行役員
『ちょっと一言』: 道産酒の普及で活性化 (12面)=酒匠・北海道ソムリエ・鎌田 孝 氏
『日銀支店長』: 新技術を後方支援 (18面)=神戸支店長・野原 強 氏
『初支店長(388)』: 支店全員がレギュラー (20面)=川上 大輔・肥後銀行砥用支店長
『当店のチームリーダー』: 顧客が安心する応対を (20面)=足立成和信金佐野支店・今北 実穂さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
犯罪とたたかう[4] (1面)
 着服・横領を防ぐ
職場内の「孤立」避ける、牽制強化と“性弱説”対応で
新堂・岡三証券社長に聞く (5面) 全国の店舗が「地域密着」、独自の存在感を発揮
【USA金融事情NOW】 (5面) ギネス記録めぐり火花
【マーケット・トレンド】 (5面) [株式]円安より「ドル高=米景気好調」を評価
 広木 隆・マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
[債券]上昇し難い日米長期金利
 野地 慎・SMBC日興証券 金融経済調査部 シニア金利ストラテジスト
海外ビジネスを支援 [13] (6面)
 =宮崎銀行
国際部新設し支援強化、高まる食品の輸出希望
深化するリレバン -13- (8面)
 =埼玉県信金
深谷ねぎファンド組成、新たな資金調達・積極的に提案へ
千里眼 <40> (13面) 日本ライフレイ 最高経営責任者 ブライアン・チュング氏
 法人ポータルサイトを拡販、ネット利用の促進を
われら縁ジョイ〔48〕 (19面)
 北国銀行 スキー山岳部
安全第一に楽しく活動、毎年8月に白山登山
東京東信金両国支店 (20面トップ)
 コンサル営業の体制構築
融資推進を一段と強化、管理・案件見込表で情報共有
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について