2014年11月14日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

メガバンク、住宅ローン審査を精緻化 女性・外国人ら客層拡大 (1面トップ)

 
 メガバンクは住宅ローン審査のスコアリングモデルを精緻(せいち)化し、運用の柔軟化も合わせて信用リスクをきめ細かく判断し、女性や外国人ら新たな客層の取り込みにつなげていく。将来的にはビッグデータの活用も踏まえ取引情報をモデルに取り入れたい考え。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

【写真を読む】福岡ひびき信金、21年ぶり運動会で連帯感 (1面)

 

子供向けの玉入れで、かごを背負って走り回る野村理事長(11月8日、九州国際大グラウンド)

   【福岡】全職員で創立90周年に感謝しよう。福岡ひびき信用金庫(野村廣美理事長)は11月8日、職員と家族やOB、内定者ら約750人が参加して21年ぶりに運動会を開催した。○×クイズや綱引き、そろばんや札勘を取り入れた金融機関ならではの競技に汗を流し、親睦を深めた。

子供向けの玉入れで、かごを背負って走り回る野村理事長(11月8日、九州国際大グラウンド)

   
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

均等・両立推進企業表彰、大臣賞に広島銀行など4機関 (17面特集)

 出産後も働きやすい環境づくりに向け、育児支援策を積極的に設けている金融界。厚生労働省と都道府県労働局による2014年度「均等・両立推進企業表彰」では銀行や信用金庫、保険会社から22機関が受賞した。厚生労働大臣優良賞には広島銀行、住友生命保険、三井住友海上火災保険、東京海上日動火災保険がファミリー・フレンドリー(FF)企業部門で選ばれた。都道府県労働局長賞には均等・両立推進企業とFF企業の両部門合計で地域銀行11行、5信用金庫などが受賞した。管理職への登用や育児との両立支援で継続的に取り組む動きが目立つ。
 
 

【時の話題】「債権法」改正のポイント 金融実務への影響「軽微」、銀行の危惧・土壇場で回避 (11面特集)

 民法の一部分である「債権法」の抜本的な改正作業が最終段階を迎えている。約5年前に検討を開始した法制審議会(法務相の諮問機関)の民法(債権関係)部会は、2015年2月をめどに最終報告書に当たる「要綱」を取りまとめる。最終案に残った約200の改正項目のうち、「定型約款」の1項目を除いて方向性はほぼ決定済み。現時点で予想される金融実務への影響を探った。
 
 

政府、「結婚・育児」も非課税へ 金融機関に実務を委託、“口座獲得競争”の再燃も (2面トップ)

 政府は、2015年度からの導入を目指す「結婚・育児資金の一括贈与の非課税措置」の制度設計に着手した。2014年度から開始した教育資金贈与の非課税化に続き、祖父母世代から子・孫への資産移転を促す政策の第二弾となる。教育資金の制度と同様、特別口座での資金管理や資金使途の窓口確認、税務当局への書類提出など実務面は金融機関に委託する方針。金融界では、シルバー層を囲い込む商機と捉え、口座の獲得を競う動きが再燃する可能性がある。
 
 

金融界、経営改善策定に地域差 2万件想定も累計4400件 (3面トップ)

企業再生で金融機関や税理士など認定支援機関が行う「経営改善計画策定支援事業」の取り組みに地域で差が出ている。中小企業庁が、中小企業金融円滑化法(2012年3月末終了)の出口戦略として支援先2万件を想定し、国が405億円の予算を付けた同事業。中小企業庁によると、京都や静岡で利用申請は多いものの、10月までの全国の累計件数は、約4400件にとどまっている。
 
 

肥後銀行・鹿児島銀行、経営統合で基本合意 2015年10月に持ち株会社 (3面)

【福岡・鹿児島】肥後銀行と鹿児島銀行は11月10日、2015年10月1日付で共同の持ち株会社を設立し、経営統合することで基本合意した。2015年3月までの最終合意を目指し、6月の株主総会で承認を得る。両行合計の2014年9月末預金は約7兆5千億円。九州では、ふくおかフィナンシャルグループ(FG)に次ぐ規模になる。地元県でトップシェアを握る地方銀行同士の統合は例がなく、今後の再編にも大きな影響を与えそうだ。
 
 

SMFG、航空機リース急拡大 大手2社と2兆円規模契約、新興国の需要取り込む (4面トップ)

 三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)は、航空機リース事業を急拡大している。傘下のSMBCアビエーションキャピタル(AC)が11月10日、米ボーイング社に航空機80機を発注した。総額85億米ドル(約9700億円)規模。7月に仏エアバス社に115機を総額100億米ドル(約1兆1400億円)規模で発注したのに続くもので、今年度だけで合計195機・約2兆円規模になる。新興国で高まる格安航空会社(LCC)の航空需要の取り込みを図る。
 
 

地域銀行、法人カードの提案を強化 優良客向け「プラチナ」拡充 (6面トップ)

 地域銀行が、グループのクレジットカード会社や大手カード会社と連携し、取引先に対して法人カードの提案を強化している。一般のカードよりも保険などの付帯サービスが充実した「プラチナカード」を相次ぎ投入し商品を拡充。個人事業主や開業医など優良顧客向けに付加価値のあるサービスを提供し、カード事業の収益強化につなげる。
 
 

信金界、出納業務効率化に関心 支店事務の負担軽減、締め上げ・本部集中も (8面トップ)

信用金庫界は、出納業務の効率化に関心を強めている。営業店の日々の業務である勘定の締め上げ作業を効率化し、営業店事務の負担軽減につなげる。一部信金では、2015年度から出納業務の本部集中化を検討し始めた。現金を取り扱う業務を減らすことで、パートへの切り替えや営業店での相談機能を強化するのが狙い。
 
 

本音に迫る【女性活躍へ】「先駆者たちの助言」編 “型”気にせず自分らしさを、「あと半歩でも前へ」 (15面トップ)

 仕事と育児の両立に不安を感じ、将来を展望できず悩む若手女性が増えている。様々な困難の中でいかにキャリアを描くべきか。両立支援策が整備されていなかったにもかかわらず、自ら道を切り(ひら)いてきた先輩たちの経験とアドバイスに学ぶ。第1回はメガバンク初の執行役員に就いたみずほ銀行の有馬充美コーポレートアドバイザリー部長。
 
 

私募リート、2015年には1兆円市場へ 地域銀行などの投資20%超 (16面トップ)

 地域銀行や信用金庫などの運用部門が注目する追加型の私募不動産投資信託(REIT=リート)。今年新たに4社が参入、市場規模は拡大を続けている。11月には9千億円を超え、2015年は1兆円を突破しそうだ。うち地域銀などの投資は20%超を占める。「安定成長、安定利回り」の私募リートの投資法人は10社。投資家の選択肢は増えてきた。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (14面)

【2014年度金融ホームドクター養成】
【「現場力」を向上】 『FP実践力強化(31)=官民ファンドの設立相次ぐ』
『コンサル能力養成(31)=経営改善とマーケティング』
『融資渉外の実践(31)=小規模・零細企業の開拓』
『営業店の金融コンプラ(31)=狭義の適合性原則』
ホットコーナー 『年金の最新事情(2) 年金財政検証とGPIF』

【金融法務講座】(32)

外国人労働者の人事労務問題(2)
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 

人材育成 (15面)

 
失敗から学ぶ [55]
大光銀行 新津支店 係長・石渡 美穂さん<上>
憧れの銀行員になれた、初の投信対応で“一喝”
【ゼミな~る】英語にチャレンジ(2) 「外国人の来店」~取引内容を聞く~
 
ページTOPへ
 
 

レギュラー企画

 
『寸言』: 人口減少時代を前に (1面)=池部 文仁・高鍋信金理事長
『社説』: 日銀頼みは限界、成長戦略急げ (2面)
『東西ペンリレー』: 3・11 岩手県宮古市 (12面)=三浦 茂樹・岩手銀行取締役総合企画部長
『ちょっと一言』: 地元募金で新スタジアム (12面)=ガンバ大阪代表取締役社長・野呂 輝久氏
『初支店長(395)』: 変化に応じ多彩に提案 (20面)=山口 剛志・さわやか信金六本木支店長
『当店のチームリーダー』: 相手に寄り添った応対を (20面)=東濃信金名古屋支店・竹野 あゆみ さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
近未来の金融機関<7> (1面)
 持続的成長めざして
地方創生を支える、特色ある“まちづくり”主導
小祝・丸三証券社長に聞く (5面) 投信残高1兆円達成へ、顧客の“購買代理店”めざす
【USA金融事情NOW】 (5面) 郵便局の金融業復活か
【マーケット・トレンド】 (5面) [為替]円下落はいつまで続くのか?
 棚瀬 順哉・JPモルガン・チェース銀行
         チーフFX/EMストラテジスト
[金利]日銀の追加緩和の賞味期限
 熊野 英生・第一生命経済研究所 首席エコノミスト
雇用・人材 進む多様化 (7) (6面)
 =横浜銀行
女性管理職16%超える、コース転換し活躍の場広げる
相続・事業承継 コンサルに注力 (7) (8面)
 =三条信金
職員22人が実践型研修、計画案作成し企業に提案
千里眼 <47> (13面) ジェネクサス・ジャパン 代表取締役・大脇 文雄氏
パートナー戦略を拡充、業務への理解の深耕を
われら縁ジョイ〔55〕 (19面)
 日本生命 将棋部
職域選手権でA級上位の常連、仕事に役立つ“三手の読み”
広島銀行宇品支店
 預金46%・貸出金40%のシェア (20面トップ)
案件はスピーディーに対応、2期連続で「支店優秀賞」
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について