2014年11月21日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

全銀協、振込時間を延長 別システムで対応へ、「平日18時まで」を軸に (1面トップ)

 
 全国銀行協会は、「振込時間の拡大」について、8時30分~15時30分(コアタイム)に稼働する既存の全銀システムを維持し、延長時間帯は“別システム”の構築で対応する見通しだ。現在、各金融業態ごとに意見集約を図っており、12月上旬までに取りまとめる。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

近未来の金融機関~持続的な成長めざして~<8> 地域銀行再編、次の焦点も関東・九州か (19面特集)

 

11月初旬に相次ぎ表面化した2件の経営統合のニュースは地銀界に衝撃を与えた(写真は横浜銀と東日本銀の会見、11月14日)

   地域銀行の再編機運が一気に高まってきた。11月に入って「横浜銀行—東日本銀行」、「肥後銀行—鹿児島銀行」の2組が、経営統合に向けた協議入りを表明した。業界再編の口火を切った有力地銀の決断は、地銀界の再編速度を加速させる可能性がある。他の地域銀は今回の再編をどう受け止めたのか。その声を拾いながら、近未来の再編図を探った。

11月初旬に相次ぎ表面化した2件の経営統合のニュースは地銀界に衝撃を与えた(写真は横浜銀と東日本銀の会見、11月14日)

   
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

金融界、租税回避防止で負担増 FATCA開始も課題が山積、OECD規定・2017年にも開始 (17面トップ)

 国際的な租税回避行為を防止する規制が、国内金融機関の新たな負担となっている。金融機関が米国人口座を検出して口座情報を米国税務当局に報告する外国口座税務コンプライアンス法(FATCA(ファトカ))が今年7月から適用開始。さらにグローバルで対象者の広い経済協力開発機構(OECD)の「多国間自動的情報交換規定」も2017年にも始まろうとしており、残された準備期間は短い。金融界のここまでの対応や実務への影響、今後の課題などを追った。
 
 

政府、新たに被災地復興ファンド REVICの下に創設、国が300億円追加出資 (2面トップ)

 政府は、地域経済活性化支援機構(REVIC)の下に東日本大震災の被災地で産業復興を支援するためのファンドを創設する方向で検討に入った。既存の東日本大震災事業者再生支援機構や、6県に設定された産業復興機構との連携やすみ分けが課題となる。新規ファンドの役割は「創造的な復興のため、地域の産業競争力強化を支援する」こと。2015年度中の設立に向け準備を進める。
 
 

金融界、クラウド利用が加速 委託先管理で新指針 (3面トップ)

 金融界でクラウドサービス利用が加速しそうだ。金融情報システムセンター(FISC)が、クラウド特有のリスクなどを踏まえた外部委託先管理の新たな指針を提示。第三者による監査や金融庁検査の受け入れ体制の整備なども明確化した。金融庁との目線が統一されるため、金融機関にとってクラウドサービス利用が一気に広がる可能性がある。
 
 

大手行5グループの2014年9月中間決算 高水準続く純利益、三菱UFJ・485億円増 (4面トップ)

 大手銀行5グループの2014年9月中間決算は、与信関係費用の戻り益や国債等債券関係損益の回復などが寄与し、純利益の合計はアベノミクス効果で業績が急上昇した前年同期とほぼ同水準の1兆6298億円に達した。特に三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)の純利益はタイのアユタヤ銀行の連結化などを要因に前年同期比で500億円近く伸ばした。ただ、国内の利ざや低下が止まらず海外貸出が好調なメガバンクグループでも全体の資金利益は圧迫され、みずほフィナンシャルグループと三井住友フィナンシャルグループは前年同期比でマイナスとなり、純利益を押し下げた。
 
 

地域銀行、経営者保険で企業開拓 将来の融資取引も視野、進出先でツールに活用 (6面トップ)

 地域銀行で、経営者保険(事業保険)を企業開拓ツールに活用する動きが拡大している。2014年度下期から新たに3行が取り扱いを開始。弊害防止措置で融資先への販売はできないが、純預金先に対して、取引先のソリューション手段とするほか、将来の融資取引の獲得も視野に入れて取り組む。大都市圏周辺の地方銀行では、他県など進出先店舗において、取引深耕の入り口商品として活用している。
 
 

地域銀行、2014年9月中間決算 増益は55行・社、有価証券運用が好調 (7面トップ)

 地域銀行と持ち株会社96行・社(11月25日発表の但馬銀行除く)の2014年9月中間決算が出そろい、55行・社が増益となった。2014年度上期は市況が順調に推移したため、有価証券関連の利益が増加、与信費用の減少も好決算に寄与した。横浜銀行や広島銀行、京都銀行、京葉銀行などは中間決算で最高益を計上した。
 
 

大手信金、ネットバンク機能拡充 画面・顧客好みに調整、若年層の利用拡大狙う (8面トップ)

 大手信用金庫は、インターネットやスマートフォンバンキングの機能拡充の検討を始める。顧客が残高照会や毎月の引き出し利用額などを設定できるように変更。顧客の好みに合わせた画面を表示する手法を導入する。新たに機能を拡充することで若年層利用者の拡大や差別化を図る考え。
 
 

「信金発!地域発見フェア」開催 全国「イチオシ企業」600社集結、延べ3万3200人が来場 (12面特集)

 全国の信用金庫が11月12・13日、東京ドームで開催した合同商談会「信金発!地域発見フェア」。全国の信用金庫が一堂に会して、広域、異業種企業の連携によって地域の魅力発見を演出する初の試みだ。これに取引先の中小企業は、持ち前の卓越した技術やノウハウを披露して応えた。全国約600社・団体が、東京での販路拡大に挑む中小企業の祭典となった。
 
 

金融業・保険業、有休取得率が上昇 2013年「52%」に、日数も年10日超える (20面トップ)

 金融業・保険業で年次有給休暇の取得率が上昇している。厚生労働省の就労条件総合調査によると、2013年は52.8%で前年から2.8ポイント伸びた(回答企業によっては2012年度の場合も含む)。2010年と同数値だった2011年を除き、2008年以降は一貫して改善傾向が続いている。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (14面)

【2014年度金融ホームドクター養成】
【「現場力」を向上】 『FP実践力強化(32)=IPO投資』
『コンサル能力養成(32)=マーケティングの4P』
『融資渉外の実践(32)=取引効率のアップ策』
『営業店の金融コンプラ(32)=金融商品の不招請勧誘』
ホットコーナー 『年金の最新事情(3) 厚生年金基金解散の動き』

【金融法務講座】(33)

外国人労働者の人事労務問題(3)
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 

人材育成 (15面)

 
本音に迫る【女性活躍へ】 (21)
 先駆者たちの助言(2)
子育ての準備 周到に、周囲への感謝を大切にして
【キャリアの軌跡から】
 千葉銀行 ダイバーシティ推進部長・斎藤 千草氏
失敗から学ぶ [56]
大光銀行 新津支店 係長・石渡 美穂さん<下>
テラー1級合格で自信、訪問で信頼の道を開く
【ゼミな~る】英語にチャレンジ(3) 「外国人の来店」~券種を確認する~
 
ページTOPへ
 
 

レギュラー企画

 
『寸言』: 変化を捉え、成長をつかめ (1面)=高田 坦史・中小企業基盤整備機構理事長
『社説』: 統合も選択肢、維持的成長を (2面)
『輝いています』: できるだけ頻繁に面談 (5面)
 =共栄火災海上保険 東京支店金融営業課・若松 穂垂さん
『東西ペンリレー』: 地域ブランドを高めよう (18面)=大分銀行取締役総合企画部長・兒玉 雅紀氏
『ちょっと一言』: リオ五輪、期待の星 (18面)=鈴木 武蔵・アルビレックス新潟フォワード
『初支店長(396)』: 名刺の重みを実感 (22面)=河野 照美・宮崎銀行花ヶ島支店長
『当店のチームリーダー』: 法人融資経験し支店長めざす (22面)
 =島根銀行松江営業センター・高橋 加奈子さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
カリー・OCC長官に聞く (1面) サイバー犯罪防御が課題、低格付け企業の審査懸念
山本・ピムコジャパン社長に聞く (5面) 運用資産・20兆円めざす、変化先取る組織を構築
【USA金融事情NOW】 (5面) 融資条件で報酬は違法
【マーケット・トレンド】 (5面) [株式]デフレ脱却最優先のメッセージ
 広木 隆・マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
[債券]2013年と同様のボラティリティ
 野地 慎・SMBC日興証券
       金融経済調査部 シニア金利ストラテジスト
雇用・人材 進む多様化 (8) (6面)
 =東邦銀行
定年後も重要ポストに、女性活躍の機会を創出
相続・事業承継 コンサルに注力 (8) (8面)
 =北見信金
財産より経営面を優先、1年7カ月で10社仲介
水野・瀬戸信金理事長に聞く (9面) 積極店舗戦略で預貸金増、預かり資産を収益の柱に
ニッキン
 第25回特別国際金融セミナー (10面特集)
金融支援力の発揮
第25回 特別国際金融セミナー
 講師3氏に聞く (11面特集)
地域への貢献果たす
千里眼 <48> (13面) ネスコ 代表取締役社長・曽我 祐二郎氏
ファイル自動暗号化、流出データ守る仕組みを
われら縁ジョイ〔56〕 (21面)
 山形銀行 自転車部
長い距離も仲間と一緒なら、自転車イベントに参加も
北国銀行福井支店
 案件会議で情報を共有 (22面トップ)
検定試験の合格率が全店トップ、貸出金利回り0.1ポイント上昇
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について