2015年7月17日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

金融庁、窓販態勢を点検 保険商品・仕組み債も、手数料水準など着目 (1面トップ)

 金融庁は今秋以降、銀行による保険商品や仕組み債の窓口販売態勢の点検に着手する。資産運用業務の高度化を中長期的な重点課題に掲げており、過去2年間は検査局主体で投資信託の販売態勢を集中的に検証してきた。その結果、投信販売では一定の改善が進んだことから、モニタリングの対象を他のリスク性商品にも広げる。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

伊万里信金、若手農家の夢を応援 佐賀県内初のパプリカ栽培、販路開拓や6次産業化 (16面トップ)

 

広さ0.5ヘクタール(収穫量60トン)のパプリカ工場を訪れ、アースマインド伊万里の中倉啓介専務(右)から説明を受ける土本支店長(6月25日)

   【福岡】佐賀県伊万里市でパプリカを作り、国産品の認知度を高めたい——。同県初のハウス栽培によるパプリカ生産に取り組むアースマインド伊万里。中倉大介社長(36)は、「ようやく夢への第一歩を踏み出せた。恩は一生忘れない」。農業生産法人の設立前から支援に携わる伊万里信用金庫(中山武重理事長)に感謝する。

広さ0.5ヘクタール(収穫量60トン)のパプリカ工場を訪れ、アースマインド伊万里の中倉啓介専務(右)から説明を受ける土本支店長(6月25日)

   
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

7月1日は「銀行の日」、清掃・献血で地域に感謝 (17面特集)

 7月1日の「銀行の日」を迎えた。「地球にやさしく 顧客に親切」をスローガンに全国の銀行が、地域貢献活動に協力。店周の清掃や献血のほか、百十四銀行では4人の女性新入行員が来店客を感謝の気持ちで出迎えた。
 
 

金融庁、電子債権機関を相互開放へ 金融審作業部会で検討、3メガの対応が焦点 (2面トップ)

 金融庁は、電子債権記録機関の相互開放を検討する。同庁は7月下旬にも金融審議会(首相の諮問機関)の下に、決済業務の高度化に向けた具体策を議論する作業部会を設置する予定。その場で電子記録債権の普及策の一環として議論する。
 
 

三井住友銀行と日本総研、農業の海外進出を支援 フードバリューチェーン構築、ベトナム・UAEで (3面トップ)

 三井住友銀行と日本総合研究所は、日本農業の海外進出支援を強化する。一貫した品質管理を強みとする日本式の「フードバリューチェーン」を、海外で構築していくもの。ベトナムでは、農業生産・食品加工・物流・小売などの企業に呼びかけて日本式先進農業団地を作り、現地生産・流通体制の構築を目指す。アラブ首長国連邦(UAE)でも、取り組みを本格化する。
 
 

大手行・新設銀行、海外渡航者へ新カード プリペイドやデビット提供、外貨口座との連動も (4面トップ)

 大手銀行や新設銀行のなかで、海外旅行先で便利な新たなカードの発行に力を入れ始めるところが出てきた。みずほ銀行は、韓国渡航者向けプリペイドカードの取り扱いを開始。新生銀行は、外貨預金口座と連動する機能を付加できる海外プリカの取り扱いを始めた。住信SBIネット銀行は、2016年1月から非接触決済「Visaペイウェーブ」を搭載したデビットカードを国内銀行で初めて取り扱う。
 
 

地域銀行、行員の現場シフト加速 BPRで人員を捻出、顧客接点増やし営業強化 (7面トップ)

 地域銀行は、行員や派遣スタッフの営業店への配置転換などBPR(業務プロセス再構築)を進めて全体の営業力強化に取り組んでいる。横浜銀行や佐賀銀行は、営業店への行員シフトに目標値を掲げてBPRを加速させ、顧客との接点拡大に注力している。
 
 

信金界、余資が80兆円の大台に 融資金利低下で収益補完、投信運用が2倍増 (8面トップ)

 信用金庫界の余資運用資産が2015年度中に80兆円の大台に乗りそうだ。2015年3月末の同資産は、前年同月比約4兆円増の75兆7995億円で過去最高を更新した。各信用金庫は、預金が増加する一方で融資競争の過熱で融資量に加えて金利が低迷。貸出金利息収入を補うため投資信託などでの有価証券運用を強めている。
 
 

日本郵政グループ、上場へガバナンス強化 役員の兼務を解消、営業では各社連携 (10面)

 日本郵政グループ(G)は、上場に向けて企業統治(ガバナンス)の体制を強化している。各社における経営の独立性を高めるため、グループ内で役員の兼務を解消。一方、ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険と郵便局が共同で営業を展開するなど、営業面ではグループの一体性を強めている。
 
 

地域に愛され信頼される信金ファイターズ お客さまの良き相談相手に (11面特集)

 ファイターズに登場したのは44人(平均年齢は30歳)。金融機関同士の競合は厳しさを増しています。顧客ニーズが多様化、高度化するなか、工夫を凝らした提案活動でお客さまの良き相談相手として信頼関係を構築しています。預金や融資に加え、個人の資産形成もアドバイス。中小企業が抱える課題に全力で向き合い、最も身近で、役に立つ信用金庫として活躍しています。
ニッキンでは、信用金庫で優秀な成績を収めた職員を「信金ファイターズ」として特集しています。一般社団法人・全国信用金庫協会の後援を得て、皆様に表彰楯を贈呈し、表彰しました。
 
 

金融労組の2015年度臨給・一時金 増額の動きが継続、メガバンク3行・グループは3%増 (20面トップ)

 金融労組の2015年度臨給・一時金で増額の動きが続いている。2015年度はベースアップ(ベア)要求の実現を優先し、臨給・一時金では要求額を押さえたケースもみられたが、総じて増額傾向にある。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (14面)

【2015年度金融ホームドクター養成】
【事例で学び スキルアップ】 『FP実践力強化(15)=高齢者の住まい』
『コンサル能力養成(15)=小規模事業者への経営支援』
『融資渉外の実践(15)=成長・衰退企業の見分け方(2)』
『金融コンプラの基本(15)=反社会的勢力との取引(2)』
ホットコーナー 『認知症高齢者の窓口対応(3) 成年後見制度の任意後見』

【金融法務講座】(15)

認知症顧客との取引
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 
 

人材育成 (15面)

 
本音に迫る【250人の声から】
 ナンバー2の役割(10)
理想の姿(上)
意識統一した組織づくり、67%「実現できていない」
失敗から学ぶ [86]
群馬銀行前橋東支店 支店長代理・大木 享 氏<下>
撤退助言も銀行の仕事、“せこい気持ち”捨てる
 
ページTOPへ
 
 

レギュラー企画

 
『寸言』: 白亜の灯台と避難ビル (1面)=伊東 輝侑・銚子商工信組理事長
『社説』: 巧妙化するサイバー攻撃対策を (2面)
『脚光』: 200店舗体制に意欲 (7面)=京都銀行頭取になった・土井 伸宏氏
『当店の元気印』: 有益情報を素早く伝える (8面)=浜松信金天竜川支店 渉外係・恩田 隆太郎氏
『東西ペンリレー』: 地方創生と覚悟 (12面)=山口銀行常務・梅本 裕英氏
『ちょっと一言』: 表情豊かに舞台で魅了 (12面)=女優・横田 美紀さん
『日銀支店長』: 足を運び地元の声を (18面)=甲府支店長・谷口 文一氏
『初支店長(426)』: 長所伸ばせる環境づくり (22面)=坂井 和正・北央信組清田支店長
『当店のチームリーダー』: ノートで投信に目覚める (22面)=沼津信金間門支店・刈屋 広美さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
提言 (1面)
 成長の条件〔2〕
斎藤 保・IHI社長兼最高経営責任者
強みは「ものづくり力」、地方創生へ銀行と情報共有
全銀協5委員長に聞く〔下〕 (4面) 土屋・公共委員長(三井住友信託銀行常務執行役員)
 健全な業務運営で信頼を、コンプラ確立粘り強く
村林・事務委員長(三菱東京UFJ銀行専務)
 即時着金・「口座確認」重要に
 セキュリティー対策・三位一体で
井本・マスミューチュアル生命社長に聞く (5面) 外貨商品で業績好調、商品開発は金利注視
【USA金融事情NOW】 (5面) 金融界の“電話離れ”
【マーケット・トレンド】 (5面) [株式]ギリシャ・中国リスクの影響は限定的
 広木 隆・マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
[債券]コモディティーに最大の注目
 野地 慎・SMBC日興証券 金融経済調査部
     シニア金利ストラテジスト
県境を越える (3) (6面)
 =関東甲信越地区(下)
営業拡大と情報を発信、新潟の地域銀行・増員や地区本部も
職域に活路 <3> (8面)
 =幡多信用金庫
契約の1割超が新規先、個人ローンの54%占める
大前・城北信金 新理事長に聞く (9面) 新たな着眼点で挑戦、金融・非金融支援を両立へ
躍動する現場 (10面)
 ゆうちょ銀行編 -03-
東北エリア 仙台支店:PDCAでやる気向上
千里眼 <72> (13面) グリーン・シップ社長・田中 明子氏
金融業務に自動コール活用、データ分析でノウハウ蓄積
われら縁ジョイ〔86〕 (21面)
 青木信金 卓球部
実業団の強豪破る快挙、卓球教室で地域に貢献
百十四銀行飯山支店
 貸出金残高・106億円に伸張 (22面トップ)
若手の成長に合わせ6期増加、提案の幅広げ3年で投信倍増
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について