2015年7月31日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

大手行、「スマホで口座」広がる 来店不要・若年層狙う、みずほ銀行・職域営業に活用も (1面トップ)

 
 大手行で、スマートフォンのアプリ(応用ソフト)を活用した預金口座開設が広がっている。来店せずに手続きが完結し、開設まで最短1週間程度と従来のウェブに比べて早いのが特徴。みずほ銀行や三井住友銀行などが導入し、他行も検討中だ。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

金融界、ロボット“採用”相次ぐ 接客やセミナー司会も、新たな店舗サービス創造 (3面)

 

「人間味・ユーモアを持ったぺッパーが金融ニーズを喚起する」と語る齊藤執行役専務(7月17日、みずほ銀行東京中央支店)

   金融界で、ロボットの“採用”が相次いでいる。会話能力を備えるほか、搭載する多彩なアプリケーション(応用ソフト)に応じて独自機能も発揮。接客サービスやセミナー司会など新たな試みに注目が集まっている。

「人間味・ユーモアを持ったぺッパーが金融ニーズを喚起する」と語る齊藤執行役専務(7月17日、みずほ銀行東京中央支店)>

   
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

【タイ現地取材】日系企業・AECの追い風に期待 (17面トップ)

 7千社以上とも言われるほど日系企業が数多く進出するタイ・バンコク。2015年末には東南アジア諸国連合(ASEAN)経済共同体(AEC)が発足し、国境を越えてASEANの連携が進展する。特に、タイは陸送の利便性などで中心地になることからAECによる“追い風”に期待も高まる。進出した日系企業もタイ国内だけではなくASEAN域内も視野に事業展開していく考えだ。このため、日系企業同士の商談会や異業種交流によるコミュニケーションの深化と事業支援のパートナー選びがますます重要となる。そのバンコクで「ものづくり商談会」、カシコン銀行、三井住友海上火災保険タイ支店の取材を通じて、事業支援の現状をみた。
 
 

国会、衆院空転で審議に遅れ 金融関連は8本未成立、“休眠預金”自民がカギ (2面トップ)

 安全保障関連法案の強行採決を巡る与野党の対立で、他の法案の審議がストップしていた衆院が7月28日から正常化した。だが、国会の空転に伴う審議の遅れは、金融機関の経営全般に影響を及ぼす関連法案にも波及。今国会成立に黄信号が灯る法案も出てきた。一方、超党派の議員連盟が議員立法を目指す休眠預金活用法案は、自民党の党内審査が最後の関門となっている。
 
 

日銀、決済・清算機関 「FMI原則」に対応、順守状況を情報開示 (3面トップ)

 国内の主要な資金・証券決済システムや清算機関などの「金融市場インフラ」(FMI)が、新たな国際原則の順守状況を相次ぎ明らかにしている。7月には日本銀行が資金決済システムの概要やリスク管理、ガバナンスの取り組み方針などを公表した。
 
 

三菱東京UFJ銀行、アジア事業拡大 3年後の純益30%増に、ヤンゴンで商談会開催 (4面トップ)

 三菱東京UFJ銀行は、新たな中期経営計画でアジア地域を「第2のマザーマーケット」と位置づけ、外資系金融機関トップクラスの地位を狙う。日系・非日系企業の金融ニーズ多様化に応え、各地域の強いビジネスを生かしつつ、地域や業態を越えグループ一体の“One Team”で行動することを目指す。「アジア・オセアニア」地域の3年後の営業純益は、直近の30%増以上の水準を掲げている。
 
 

地銀、アマゾンと企業支援 ネット通販の活用促進、行員向けセミナーも開催 (6面トップ)

 地方銀行は、取引先の販路拡大やビジネスマッチング機会の創出支援としてインターネット通販大手のアマゾンジャパンと提携した取り組みを拡大している。大分銀行では、同社の講師を招いたセミナーを実施して売り上げ増加や意識改革に取り組んでいる。
 
 

宮崎太陽銀行、情報系にマッチング機能 取引先の売り上げ支援へ、2015年度下期から本格活用 (7面トップ)

 【鹿児島】宮崎太陽銀行は、2015年度から取引先情報を管理する情報系システムに「ビジネスマッチング機能」を追加。取引先の課題解決や売り上げ増加支援などに活用するほか、それら支援をコンサルティング業務として定着させ、手数料徴求に結びつけたい考え。2015年度上期中に情報登録を行い、下期から本格活用する。
 
 

信金、カードローン推進強化 他商品とのセット率40%、肩代わり防止に寄与 (8面トップ)

 信用金庫が個人ローン顧客へのカードローン推進を強化している。住宅や自動車融資などの利用顧客に提案。多くの信金が保証利用する、しんきん保証基金のカードローンセット率は、2014年度に前年度比15ポイント上昇の40%で過去最高を記録。個別信金は住宅ローンの肩代わり防止や収益性向上にもつながるため提案を積極化していく。
 
 

信金、多様化する出張所戦略 地域ニーズに弾力対応、支店や相談拠点に衣替え (9面トップ)

 信用金庫の出張所戦略が多様化している。城北信用金庫は、地域の要望に応えるため無人出張所の有人化や支店昇格を積極的に展開。このほか、新たな営業地区でのパイロット拠点として新設したり、個人向けの相談拠点としてリニューアルを検討する信金もあり、出張所の弾力的な活用が広がる見通し。
 
 

大手行・地銀、親子で「投資」学ぶ夏休み ジュニアNISA見据えセミナー (19面トップ)

 大手行や地方銀行が夏休みを利用して開催する子供向けの金融教育で、投資の考え方を学べるプログラムを取り入れるケースが増えている。三井住友信託銀行や群馬銀行、静岡銀行が実施を決めており、他の地銀も関心を示している。2016年1月から口座開設受け付けが始まる「未成年者少額投資非課税制度(ジュニアNISA)」を見据え、参加した親子に運用への関心を高めてもらうのが狙いだ。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (14面)

【2015年度金融ホームドクター養成】
【事例で学び スキルアップ】 『FP実践力強化(17)=贈与税の非課税措置の拡大』
『コンサル能力養成(17)=事業継続が困難な企業』
『融資渉外の実践(17)=良い稟議書の書き方(2)』
『金融コンプラの基本(17)=金融取引と説明義務(2)』
ホットコーナー 『認知症高齢者の窓口対応(5) 支援制度利用者との取引の注意点』

【金融法務講座】(17)

民法改正(2)
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 
 

人材育成 (15面)

 
本音に迫る【250人の声から】
 ナンバー2の役割(12)
エピローグ
期待される「総合力」、コミュニケーションの要に
失敗から学ぶ [88]
千葉銀行ちばぎんコンサルティングプラザ船橋
 所長・高橋 郁代氏<下>
気づいた顧客目線の重要性、満足してもらえる提案を
 
ページTOPへ
 
 

レギュラー企画

 
『寸言』: 新しい取り組みに挑戦 (1面)=浦田 晴之・オリックス銀行社長
『社説』: 東芝問題を企業統治の教訓に (2面)
『脚光』: 「進化経営」を目指す (7面)=紀陽銀行頭取になった・松岡 靖之氏
『東西ペンリレー』: 退職者が古都を盛り上げ (12面)
 =南都銀行取締役大阪中央営業部長・柴田 順夫氏
『ちょっと一言』: 「クッキングパパ」連載30年 (12面)=漫画家・うえやま とち氏
『横顔』: 営業利益出る経営を (15面)=東北財務局長・河野 一郎氏
目利き力の共有重要 (15面)=近畿財務局長・武内 良樹氏
『日銀支店長』: インフラ機能を高めて (17面)=福地 慶太・岡山支店長
地域のために知識還元 (17面)=竹内 淳一郎・熊本支店長
『初支店長(428)』: 事業取引先数増加へ (20面)=渡邉 敦宏・荘内銀行桜田支店長
『当店のチームリーダー』: 常に学ぶ姿勢を忘れない (20面)=みなと銀行加古川支店・藤井 奈津子さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
提言 (1面)
 成長の条件〔4〕
金川 千尋・信越化学工業代表取締役会長
既存事業が成長の源泉、経営者見極めた融資を
土屋・信託協会一般委員長に聞く (4面) 受託者精神を一層意識、地方創生への役割発揮
金井・第一フロンティア生命社長に聞く (5面) 単年度黒字化が射程に、「成長痛」への備え怠らず
【USA金融事情NOW】 (5面) 財務改善は人事から?
【マーケット・トレンド】 (5面) [株式]内閣支持率低下が及ぼす日本株への影響
 広木 隆・マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
[債券]米国のフォワード金利
 野地 慎・SMBC日興証券
     金融経済調査部 シニア金利ストラテジスト
県境を越える (5) (6面)
 =東海地区(中)
愛知県で攻勢かける地銀、大垣共立銀行・十六銀行は成長戦略に
職域に活路 <5> (8面)
 =南郷信用金庫
契約先へ特典パス、地域で資金循環めざす
躍動する現場 (10面)
 ゆうちょ銀行編 -05-
南関東エリア 大和店:家族紹介で裾野拡大
千里眼 <74> (13面) テクノブレイブ代表取締役・川田 定生氏
面白さ武器に提案強化、店舗を情報発信基地に
2015年3月期の平均年間給与 (16面特集) トップは三井住友銀行
われら縁ジョイ〔88〕 (19面)
 岩手銀行 バレーボール同好会
初年度ベスト8入り、東北大会出場が目標
川口信金浦和道場支店
 複数提案でニーズ喚起 (20面トップ)
過去最高実績に挑戦、貸出金12.8%増で優秀賞
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について