2015年8月14日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

大手地銀が海外PFに注力、JBICセミナーに19行 横浜銀行と静岡銀行が担当部署を強化 (1面トップ)

 
 大手地方銀行が海外プロジェクトファイナンス(PF)に注力している。PF担当部署や実務対応力を強化し、案件参加へ態勢整備を急ぐ。その一環で、国際協力銀行(JBIC)が今年始めた「PF実務者養成セミナー」には千葉銀行や横浜銀行、静岡銀行など地銀19行から30人が参加した。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

【写真を読む】日本郵便、職場見学でご挨拶 (1面)

 

高橋社長が小さな「1日社員」と名刺交換(日本郵便本社応接室)

高橋社長が小さな「1日社員」と名刺交換(日本郵便本社応接室)

   ビジネスの基本は挨拶から——。8月7日、日本郵便が初めて開いた社員の子供向け職場見学会。17人が「1日社員」として“勤務”するなか、名刺交換体験のコーナーに高橋亨社長が急きょ登場。目線を子供の高さに合わせて「日本郵便の高橋です」と自己紹介し、「お父さん、お母さんは会社でも活躍していますよ」と語りかけた。
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

【現地取材】米国・ニューヨーク 景気回復追い風に商機、取引先の進出ニーズに対応 (11面特集)

 ギリシャの債務問題に苦慮する欧州、景気減速が顕在化してきた中国とは対照的に、堅調に景気回復を続けるアメリカ経済に再び世界の注目が集まっている。年内の利上げ観測など不安定要素はあるものの、サブプライムローン問題で収縮していた個人への与信が回復し日本車などの売れ行きが好調。設備投資拡大や新たな進出を考える日系企業も増えるなか、ニューヨークに支店、駐在員事務所を構える地方銀行に金融情勢や課題を聞いた。
 
 

2015年上半期・事件特集(上) 強盗減少・被害金額は増加、1億円規模の内部事件が2件 (16面特集)

 金融機関の店舗強盗件数が減少している。2015年上半期(2015年1~6月)の発生件数は17件と前年同期(22件)から5件減少した。だが、被害金額は約1948万円と前年同期の1591万円から357万円増えた。被害金融機関の業態別では銀行が6件と前年の2件から増加し全体の35%を占めた。郵便局は前年比6件減少したものの、全体の6割となる10件だった。また、金融機関の着服などの内部事件は22件(ニッキン調査ベース)と、前年上半期の15件から7件増え、被害金額も1億円を超える大口事件が2件発生した。投資案件に絡む被害も目立った。
 
 

財務省、中小企業の課税ベース見直し 法人減税で財源確保、信金・信組に影響も (2面トップ)

 財務省は、2016年度以降の法人減税の財源確保に向け、今秋から12月末にかけての税制改正論議で中小企業に対する課税ベースの拡大を議論の俎上(そじょう)に載せる。検討結果次第では、信用金庫や信用組合、農協など協同組織金融機関の経営にも影響を与えそうだ。
 
 

都銀・信託銀行の日銀当座預金 初めて100兆円突破、預貸差額に近づく (3面トップ)

 都市銀行と信託銀行の日銀当座預金残高が増加している。日本銀行による「量的・質的金融緩和」(QQE)の2013年4月開始以降に急増しており、預金と貸出金の差額(預貸ギャップ額)に近づいている。各行は主な運用先だった国債の残高を減らすなど「ポートフォリオ・リバランス」を進めるなか、新たな運用先が見つからず資金が日銀当座預金に滞留している。
 
 

三井住友信託銀行、ラップ関連商品2兆円へ 販売手法がゆうちょ銀行などに拡大 (4面トップ)

 三井住友信託銀行は、2015年度中にラップ口座などの関連商品「ラップセレクション」の合計残高で2兆円突破を目指す。既に同商品は、2014年12月に残高1兆円を達成、今年7月末に1兆5千億円を超えた。新商品投入など、顧客に提案している「コア&サテライト運用戦略」をさらに強化。この戦略は東邦銀行や常陽銀行、横浜銀行など地域銀行も実践、今後ゆうちょ銀行にも拡大しそうだ。
 
 

地域銀行、マイナンバー対応を本格化 システム構築が急務、群馬銀行と滋賀銀行は共同開発 (6面トップ)

 地域銀行が、2016年1月から始まる「社会保障・税の番号(マイナンバー)制度」への対応を本格化している。群馬銀行と滋賀銀行が専用システムを共同開発するほか、共同利用グループを中心に勘定系システムへの機能追加も進展。制度開始まで約4カ月となり、システム構築が急務となっている。
 
 

信金界、定積の推進姿勢が二極化 3月末残高増加は146信金、積極的か自然体・戦略に差 (8面トップ)

 信用金庫界で定期積金の推進姿勢が二極化している。2015年3月末では、全267信金の54%となる146信金で定積残高が増加、121信金で減少した。取引先従業員への職域開拓のきっかけとして定積を積極推進する信金が増加する一方で「融資開拓注力のため定積を控える」(大手信金)など、営業戦略が分かれている。
 
 

信金、設備融資の増加額1兆円台 企業向け堅調で4.3%増、建設業・不動産業が目立つ (9面トップ)

 信用金庫で設備資金向け融資の伸びが加速している。企業、個人向けの2015年3月末の設備融資は前年同月比3%増の35兆3610億円となり、増加額が1兆円台に乗った。企業、個人ともに増加率は上昇。特に企業向けは4.3%増と堅調に推移しており、建設業や不動産業向けで高い伸びを示している。
 
 

銀行界、保険窓販・ウェブ処理で効率化 「共同GW」サービス活用、改正保険業法で加速 (17面トップ)

 2016年5月の改正保険業法の施行により、銀行界で保険窓販での業務効率化が進展する可能性が強まっている。既に一部の銀行はNTTデータが提供する窓販のインフラ「保険会社共同ゲートウェイ(GW)」サービスを活用。営業店窓口のパソコンで保険会社のメインメニューにアクセスし、保険設計書などをウェブで処理可能としている。今後、同様の動きが拡大する見込み。また、タブレット端末でも手続きできる環境整備が進んでおり、ペーパーレス化に向けた動きが加速するとみられる。
 
 

広島・長崎の金融機関、被爆70年“思い”継承 (19面トップ)

 【広島・福岡】被爆70年。広島では8月6日、長崎では9日の「原爆の日」を迎え、金融機関でも黙とうや献花で犠牲者の冥福を祈った。
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (14面)

【2015年度金融ホームドクター養成】
【事例で学び スキルアップ】 『FP実践力強化(19)=教育費の現状』
『コンサル能力養成(19)=倒産処理について』
『融資渉外の実践(19)=提案型融資推進(1)』
『金融コンプラの基本(19)=デリバティブ取引の規制』
ホットコーナー 『高齢者取引トラブルに備える(2) 代理人による預金払い戻しの注意点』

【金融法務講座】(19)

資金決済法
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 
 

人材育成 (15面)

 
渉外研修最前線 <2>
 若手担当者の育成
コミュニケーション力磨く、訪問先で必ず一つ情報を
失敗から学ぶ [90]
八十二銀行 82プラザ佐久中央
 課長・山崎 千夏氏<下>
“信頼される存在”誓う、見つけた三つのキーワード
金融EXPOだより 「人事・研修・福利厚生フェア」、最新の人事システム
 
ページTOPへ
 
 

レギュラー企画

 
『寸言』: や・り・な・お・し (1面)=佐藤 清一郎・筑邦銀行頭取
『社説』: 労組は職場改善へ不断の努力を (2面)
『東西ペンリレー』: ロマン溢れる吉備の国 (12面)=中国銀行常務取締役・加藤 貞則氏
『ちょっと一言』: 本物酒造りで後を継ぐ (12面)=井出醸造店代表取締役・井出 與五右衞門氏
『横顔』: 何事も「利用者の視点」で (17面)=関東財務局長・乙部 辰良氏
『日銀支店長』: 支店長室を出て対話 (17面)=神山 一成・前橋支店長
積極的に情報を発信 (17面)=岡本 宜樹・松本支店長
『初支店長(430)』: 働けることに日々感謝 (20面)=木子 一・第三銀行緑支店長
『当店のチームリーダー』: ふれあいを大切に (20面)=上田信金御代田支店・久保 比保視さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
地方創生の現場 <2> “つなぐ力”がヒット商品に、大学でICT人材を確保
馬場・あおぞら銀行社長に聞く (4面) 得意分野を深めていく、海外M&Aに強み発揮
深山・日本証券クリアリング機構社長に聞く (5面) 決済リスク低減を図る、利便性高め競争力強化
金融EXPOだより (5面) 「投信・保険販売ビジネスフェア」、投信ビジネスで提案
【USA金融事情NOW】 (5面) アップルペイに熱視線
【マーケット・トレンド】 (5面) [株式]正反対の投資環境を映す日米の株価
 広木 隆・マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
[債券]確信を持てないなかでの利上げ
 野地 慎・SMBC日興証券
     金融経済調査部 シニア金利ストラテジスト
県境を越える (7) (6面)
 =東北地区(上)
仙台で拠点新設相次ぐ、地元行との競争が激化
宮長・中国銀行頭取に聞く (7面) 主体的な行員を育成、10年先へ推進室 設置
職域に活路 <7> (8面)
 =筑後信用金庫
専担者置き営業店支援、若年層対策にもひと役
躍動する現場 (10面)
 ゆうちょ銀行編 -07-
東海エリア 千種店:「担務変更」で人材育成
千里眼 <76> (13面) ユーザベース 日本事業統括 執行役員・佐久間 衡氏
企業分析で営業支援、戦略的な情報提供
われら縁ジョイ〔90〕 (19面)
 福井信用金庫 バンドクラブ
町おこしへ熱いライブ、ヒット曲で観客魅了
福井銀行種池支店
 法人取引で提案力磨く (20面トップ)
事業性貸出・年8%増、職域で給振りや投信も
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について