2015年9月18日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

金融界、ネット取引にマイナンバー活用検討 費用対効果が焦点 (1面トップ)

 
 金融界で、「マイナンバー(社会保障・税番号)制度」の個人番号カードを使用し、インターネット取引の不正送金被害を抑止する構想が浮上してきた。同カードに搭載される電子証明書で本人確認を行う。政府は「ワンタイムパスワードを超える強固な認証手段」として金融団体に検討を促しており、「具体的に検討中の金融機関もある」(総務省)。業界内連携や費用対効果がカギとなりそうだ。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

【写真を読む】愛媛銀行、創業の地に100周年の碑 (1面)

 

中山会長(右)、本田頭取とも「思いやりと助け合いの無尽精神」を強調した除幕式(9月11日、愛媛県・西条市役所)

中山会長(右)、本田頭取とも「思いやりと助け合いの無尽精神」を強調した除幕式(9月11日、愛媛県・西条市役所)

   【高松】9月16日で創業100周年の愛媛銀行。9月11日に、創業の地である愛媛県西条市明屋敷に建立した記念碑を披露。現在、西条市役所公用車駐車場のその地は、同行前身の5無尽会社の一つ、東豫無尽蓄積の設立の中心・故石田今次氏の屋敷跡。同行の中山紘治郎会長と本田元広頭取、青野勝市長、創業家の子孫らで除幕した。
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

窓販担当者130人に意識調査、情報量・表現力が提案のカギ (11面特集)

 「大相続時代」の到来による資産の世代間移転やインフレへの備え、高齢化社会の加速などに加え、資金利益が厳しいなか、手数料収入の確保を目的に、金融機関が投資信託・保険の窓販を拡大している。一方、販売の担い手となる行職員からは、「もっとほかの提案ができたのではないか」(関西地域銀行・30代女性)と、戸惑いの声も聞かれる。今回、地域金融機関で預かり資産営業に携わる行職員が、どんなことに悩みを抱えているか、意識調査を実施した。
 
 

関東・東北豪雨、浸水で営業休止13カ店 再開へ本部・僚店が支援 (19面トップ)

 9月9日から11日にかけて関東・東北地方を襲った記録的豪雨は、甚大な被害をもたらした。茨城県では常総市の鬼怒川の堤防が決壊したことで、床上浸水4786件、床下浸水7305件と被害が拡大。茨城や栃木、宮城県では13カ店が営業を終日あるいは一時休止した。
 
 

金融庁、フィンテック見据え 縦割り規制を見直し、横断的な法体系検討 (2面トップ)

 金融庁は、最新のIT(情報技術)を駆使して新たな金融サービスを生み出す「フィンテック」の流れを後押しするため、縦割りの国内規制を見直して横断的な法体系を検討する。銀行法、資金決済法、貸金業法などを一括して見直すのは初めての試み。
 
 

メガバンクグループ、中国の景気減速を注視 新規貸出・慎重に判断、資金需要「想定以上に減少」 (3面トップ)

 メガバンクグループは景気減速が懸念されている中国向けの新規貸出に対し、慎重に判断していく。「想定以上のスピード」で資金需要が減少しており、今後の動向を注視する考え。ただ、各行ともこれまで優良先やグローバルに展開する企業を中心に貸出しており、「貸出ポートフォリオへの影響は今のところ軽微」との見方が大勢を占めている。
 
 

三井住友銀行、ビジネスマッチング強化 2014年は1万1128件仲介、訪日観光で商談会 (4面トップ)

 三井住友銀行は、企業同士をつなぐビジネスマッチングの取り組みを強化している。仲介件数は年間1万件ペースを突破し、2014年は1万1128件だった。個別仲介、一括マッチング、大型商談会の3通りの手法で展開。特に商談会はテーマ別で展開していて、9月11日にはインバウンド(訪日観光)をテーマとして開催。327社が参加し、約620件の商談が行われた。
 
 

地域銀行、地域ブランドを育成 制度活用し競争力強化、海外展開対応も視野 (6面トップ)

 地域銀行は、地方創生の取り組みの一環として地域ブランドの育成支援に取り組んでいる。品質や生産量など一定の基準を満たす産品について、行政機関が運営する制度を生かす事例が出てきた。横浜銀行は「かながわブランド」の普及拡大を支援、南都銀行は地元「三輪素麺」のブランド力の強化に取り組んでいる。
 
 

信金界、急増する公金預金 6月末に初の5兆円、大口化と収益性を懸念 (8面トップ)

 信用金庫界の公金預金が2015年6月末に5兆2276億円となり初めて5兆円を突破した。2015年3月末には3兆7711億円だったが、2015年度に入り6月末までの3カ月間で1兆4565億円増とペースは加速している。預金減少の補完や自治体との関係強化が狙い。一部では、大口預金比率の上昇や収益性を懸念する声が出ている。
 
 

信金ファイターズ4氏に聞く 課題解決 迅速・丁寧に、安心・信頼・笑顔の営業 (16面特集)

 「お客さまの悩み、困りごとに寄り添い、迅速・丁寧に課題解決」に取り組む信用金庫の渉外・得意先係。日々、知識・経験を積み、顧客の笑顔、信頼を得る営業を重視する。本紙では毎年2回、全国の信用金庫から推薦で、優秀な得意先係の栄誉をたたえ「信金ファイターズ」として表彰している。今回は、2015年7月に表彰された優績者の中から、盛岡信用金庫西根支店の千葉哲矢氏(33)、多摩信用金庫南口支店の石黒顕氏(27)、しまなみ信用金庫皆実支店の高亀龍太氏(28)、福岡ひびき信用金庫二島支店の大渡耕平氏(27)に「提案営業の実践」を聞いた。
 
 

【地域銀行の経営課題をみる】地銀・第二地銀35行にアンケート 短期は収益拡大策 (17面トップ)

 全国の地方銀行や第二地方銀行では、超低金利の継続などを要因に収益環境の改善がみられない。一方で、「地方創生」において地方自治体と連携するなど地域銀行の果たすべき役割は増している。様々な課題が山積するなか、各地域銀行は優先順位をつけて経営課題の解決に取り組んでいる。本紙は全国の主要な地銀・第二地銀35行にアンケートを行い、経営管理面や取引先支援、営業戦略のそれぞれの優先課題を聞いた。
 
 

三井住友信託銀行日本橋営業部・東京中央支店、情報共有・連携を強化 2期連続・総合表彰1位 (20面トップ)

 三井住友信託銀行日本橋営業部・東京中央支店(片山博文部長兼支店長=行員113人うち女性69人。パート・嘱託66人)は、2014年度上期・下期と2期連続で総合表彰のグループ8拠点中で連続1位、2015年度上期も3期連続表彰に向け推進を強化している。大規模店ならではの情報共有と連携を縦横無尽に活用。同行が合併・発足して3年間で、個人部門の社長賞受賞者を20人輩出した。
 
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (14面)

【2015年度金融ホームドクター養成】
【事例で学び スキルアップ】 『FP実践力強化(24)=日本人の平均寿命と生命表』
『コンサル能力養成(24)=第二創業について』
『融資渉外の実践(24)=中小企業の業種の見方(2)』
『金融コンプラの基本(24)=ネット取引の事故対応』
ホットコーナー 『100兆円時代の投信(3) 資産の大きな投資信託は?』

【金融法務講座】(24)

コーポレートガバナンス・コード
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 
 

人材育成 (15面)

 
渉外研修最前線 <7>
 エピローグ
“費用対効果”測定難しく、「学びを生かす環境」を
失敗から学ぶ [95]
広島市信用組合 西条中央支店長・尾形 浩次氏<上>
焦り・紹介案件に飛びつく、事業先開拓は出向くもの
金融EXPOだより 「人事・研修・福利厚生フェア」:勝つための人材育成
 
ページTOPへ
 
 

レギュラー企画

 
『寸言』: ようこそ貨幣博物館へ (1面)=渡邉 賢一郎・日本銀行金融研究所長
『社説』: マイナンバー制度、万全の準備を (2面)
『東西ペンリレー』: 草津よいとこ一度はおいで (12面)=群馬銀行執行役員宇都宮支店長・大沢 俊夫氏
『ちょっと一言』: 海外経験を学生に伝える (12面)=目白大学 外国語学部教授・柴田 真一氏
『輝いています』: 上位1%で試験に合格 (17面)=オリエントコーポレーション・神林 里衣さん
『初支店長(435)』: 店周の訪問を徹底 (20面)=藤崎 美佐枝・東日本銀行 小松川支店長
『当店のチームリーダー』: 手作り資料で商品説明 (20面)=東海労金大垣支店・翠 真理子さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
解を求めて -3-
 信頼
投信販売に潜む“不信”の芽、顧客の人生設計と向き合う
伊藤・ソニー銀行社長に聞く (4面) 新たなサプライズを提供、顧客基盤拡大に取り組む
金融EXPOだより (5面) 「投信・保険販売ビジネスフェア」:資産運用でも新提案
【USA金融事情NOW】 (5面) 新iPhone用融資
【マーケット・トレンド】 (5面) [為替]FOMC、変化のきっかけとなるか?
 棚瀬 順哉・JPモルガン・チェース銀行 為替調査部長
[金利]日銀の追加緩和の可能性
 熊野 英生・第一生命経済研究所 首席エコノミスト
県境を越える (12) (6面)
 =四国地区(下)
経営統合で大阪戦略を加速、「地元展開」重視の選択も
職域に活路 <12> (8面)
 =会津信用金庫
ローン実行・10億円突破、営業エリア9自治体と提携
田谷・きのくに信用金庫理事長に聞く (9面) 先数主義でシェアアップ、女性の活躍を積極支援
躍動する現場 (10面)
 ゆうちょ銀行編 -12-
近畿エリア 生駒店:商品別リーダー制導入
千里眼 <81> (13面) ドリーム・アーツ 代表取締役社長・山本 孝昭氏
ウェブDBに注力、ベンダー依存見直しを
われら縁ジョイ〔95〕 (19面)
 東京東信用金庫 陸上部
広告塔としてイベント参加、職場外での悩み相談も
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について