2015年9月25日号(毎週金曜日発行)

主な記事

 

金融庁、金融仲介能力を指標化 識者の声反映し来春策定、客観的評価で比較可能に (1面トップ)

 
 金融庁は、地域金融機関に金融仲介機能の質的改善を促すため、個別金融機関の水準を客観的に評価するベンチマーク(指標)をつくる。多様な種類の指標を検討し、計数面に加えて定性的な要素にも焦点を当てる。9月に開始した約1千社への企業ヒアリングの結果や、新たに設置する外部有識者会議の意見も踏まえ、来春までの策定を目指す。
 
 

ニッキンを申し込む…

 
 
 
 

【60周年特別企画】観光客誘致に協力 首都圏地域金融機関、「体験」で魅力伝える (10-11面特集)

 

カヌー競技の人気を受け、青梅信用金庫が協力する「大人の体験教室」は盛況。2016年3月には観光振興を狙い、カヌー駅伝大会が開催される。

カヌー競技の人気を受け、青梅信用金庫が協力する「大人の体験教室」は盛況。2016年3月には観光振興を狙い、カヌー駅伝大会が開催される。

   東京を始めとした首都圏は、楽しい企画で観光客に人気の場所がいっぱいだ。金融機関も地域と連携し、イベント企画や観光資源の周知活動で、誘致に積極的に取り組む。ツアーを組んで名所・旧跡を見て回る「モノ」は減り、イベントに参加し地域の人々と触れ合ったり、食べ物づくりに参加したり、自ら体験する「コト」が増えている。また、商店街と連携、観光客や買い物客の呼び込みに工夫を凝らす金融機関も多い。
 
ページTOPへ
 
 

※記事のタイトルをクリックすると内容がご覧いただけます。

 

【60周年特別企画】大手行のICT活用 広がるリテール戦略、革新的サービス創造 (4面特集)

 大手銀行がリテール戦略の切り札に、先進的な情報通信技術(ICT)を活用し、革新的な金融サービスを創造する取り組みを始めた。金融とICTを融合した「フィンテック(Fintech)」では、スマートフォンやタブレット端末などを利用した新サービスや相談業務など。さらに従来とは異なる決済の仕組み、ロボットや人工知能による顧客応対の進化——など近未来を予感させる。大手4行の現状を見た。
 
 

【60周年特別企画】再生都市・夕張市の挑戦、地元金融機関が支えた8年 (5面特集)

 【札幌】北海道夕張市。炭鉱を基幹産業に人口12万人の“炭都”として栄えたが、エネルギー政策転換で相次ぎ閉山。観光で活路を探るも、リゾート開発の失敗で353億円の累積赤字を抱えて2007年に財政破綻した。当時、1万3千人だった人口は、“聖域なき行財政改革”などで現在は9200人。65歳以上の高齢化率は48%で全国一。毎年400人ずつ減り続けている。町はどう変わり、地元金融機関は地域をどのように支えてきたのか。軌跡を追った。
 

鈴木・夕張市長に聞く
人口減少は悪ではない、成果検証など助言期待

 
 

【60周年特別企画】成果をあげる東北地区の金融機関 6次産業化を応援、地域振興の芽育てる (6面特集)

 【仙台】1次産業者が手掛けた農林水産品を加工から流通までつなぎ、付加価値の高いビジネスを生み出す「6次産業化」。1次産品の出荷が国内有数の東北地区では、実りある6次化支援に向けて、地元金融機関の動きが活発になっている。
 
 

【60周年特別企画】激戦地・三条を行く 体制整えコンサル営業、ものづくり企業支える (7面特集)

 【新潟】新潟県の中央に位置する三条市。金属加工業が集積し、高度な技術で進化を続ける世界的なトップシェア企業が多く、金融機関の競合も県下随一。時代の変化に合わせて「ものづくりの街」を支える金融機関の今を現地取材した。
 

西潟 精一・三条信用金庫理事長に聞く
地域と運命共同体、職員が行事に参加

 
 

【60周年特別企画】北陸地区地銀 預かり資産営業で新局面、バランス運用重視へ転換 (8面特集)

 【金沢】北陸地区の地方銀行が預かり資産営業で新たな局面に移行している。各行とも収益強化を狙いに投資信託の販売手数料を獲得する過程で、売れ筋のファンドを重視し、リスクが大きく手数料が割高な商品にも手を伸ばすなど、過去には顧客ニーズから乖離(かいり)する動きも見られた。しかし、顧客本位への回帰や金融庁の乗り換え販売規制などを契機に方針を転換。北国銀行は初心者向けに販売手数料不要の“ノーロード”商品を充実し、北陸銀行と福井銀行は資産運用のバランスを高める“コア・サテライト”運用に注力する。
 
 

【60周年特別企画】静岡県下金融機関 情報アプリを活用、情報端末で営業力強化 (8面特集)

 【静岡】静岡県下金融機関で、スマートフォンなど情報端末を使って営業力を強化する動きが広がっている。静岡銀行は「プッシュ通知」機能を使った情報配信を本格化。三島信用金庫は、営業時間外の入手情報を取引につなげる独自の仕組みを開発。遠州信用金庫と富士宮信用金庫は、顧客管理ができる安価な「地図情報」を情報端末に取り込み、着実な成果をあげている。各取り組みとも他金融機関から照会が相次ぐなど注目されている。
 
 

【60周年特別企画】東海地区地域銀行・大手信金 ロボット産業、産学連携で育成支援 (9面特集)

 【名古屋】近年のロボット開発は飛躍的に進歩し、自動運転車から介護支援、病院受け付けまで活用の場は広がりをみせる。製造業が集積する東海地区では自動車、航空宇宙産業に続く成長分野として産業育成に向けた協議会の発足など支援体制の整備が進む。一方、企業には高い技術力や多額の先行投資が求められるなど課題は多く、金融機関の支援も手探りの段階だ。東海3県(岐阜、愛知、三重)の地域銀行8行と大手5信用金庫の支援の現状をみた。
 
 

【60周年特別企画】近畿地区金融機関 環境保全に取り組む、進むオフィス・店舗のエコ化 (12面特集)

 【大阪】近畿地区の金融機関で環境に配慮したオフィスや店舗の導入が広がっている。最先端の省エネ設備で二酸化炭素(CO2)やゴミの排出量を減らしたり、太陽光や風力発電などで電力を賄う取り組みが相次ぐ。環境への負荷を抑えた“未来型”のオフィス・店舗で代表的な建物を見た。
 
 

【60周年特別企画】中国地区4金融機関 高齢者見守り活動、暮らしの安心をサポート (13面特集)

 【広島】認知症や身体の不自由な高齢者らを支援するため、地域のネットワークを活用した取り組みが全国で活発化している。少子高齢化が進み、認知症の高齢者による徘徊(はいかい)の増加が社会問題化。地域ぐるみの支援が求められているなか、中国地区の金融機関でも自治体による高齢者などの見守り活動に協力。高齢者が安心して暮らせる社会づくりをサポートする動きが広がっている。中国地区4金融機関の地域見守り活動を見た。
 
 

【60周年特別企画】災害時相互支援、四国の地銀4行が被災時協定 (14面特集)

 【高松】「南海トラフ巨大地震」(四国地区)が発生した時、被災時の金融機能維持と早期復旧で銀行はどうすべきか。四国地区の地方銀行4行(阿波・百十四・伊予・四国銀行)が団結した。2014年7月、「大規模災害発生時の相互支援協定書」を締結。食料や水、避難場所の確保をはじめ、営業継続の支援にも踏み込んだ内容だ。被災シミュレーションや合同訓練などを通じ、さらなる充実を目指す協定のあり方と各行の取り組みをみた。
 
 

【60周年特別企画】九州フィナンシャルグループのインパクト、勢力図変える第3極に (15面特集)

 【福岡・鹿児島】10月1日、肥後銀行と鹿児島銀行の共同持ち株会社「九州フィナンシャルグループ(FG)」が発足する。地元県で45%前後の貸出金トップシェアを握る地方銀行同士の前例がない経営統合。今後の勢力図はどう変わるのか——。九州FG発足直前の九州金融界の動きを探った。
 

【両行の統合作業を聞く】
下山史一郎・肥後銀行取締役専務執行役員
:運営は効率・機動的に
郡山明久・鹿児島銀行専務取締役:黒衣から“名脇役”へ

 
 
 
ページTOPへ
 
 

研修企画 (17面)

【2015年度金融ホームドクター養成】
【2015年度 上期確認テスト】 『FP実践力強化』
『コンサル能力養成』
『融資渉外の実践』
『金融コンプラの基本』
ホットコーナー 『100兆円時代の投信(4) 寿命の長い投資信託は?』

【金融法務講座】(25)

会社法改正
自己診断テスト  
 
※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。
 
ページTOPへ
 
 

レギュラー企画

 
『寸言』: テクノロジーと経営 (1面)=永井 啓之・楽天銀行社長
『社説』: 日本円、国際通貨の地位向上を (2面)
『東西ペンリレー』: 「水の国」に生きる (16面)=肥後銀行取締役専務執行役員・最上 剛 氏
『ちょっと一言』: 多くの人に歌を届けたい (16面)=歌手・しがせいこ さん
『初支店長(436)』: ラガーマンの精神で (20面)=山口 伸之・西日本シティ銀行 春日西支店長
『当店のチームリーダー』: 心を開き、いつも笑顔 (20面)=大東京信用組合 戸越支店・米倉 美季さん
 
ページTOPへ
 
 

企画・特集・連載など

 
解を求めて -4-
 フィンテック
技術が変えるリテール、異業種の知恵借り成長
渡辺・FISC理事長に聞く (2面) サイバー攻撃対応を支援、外部委託の在り方検討
平野・三菱UFG FG社長に聞く (3面) 10年後見据え変革に挑戦、アセットマネジメントを強化
【マーケット・トレンド】 (4面) [株式]市場の安定が利上げの条件
 広木 隆・マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
[債券]米国の利上げ見送りの影響
 野地 慎・SMBC日興証券 金融経済調査部 シニア金利ストラテジスト
われら縁ジョイ〔96〕 (19面)
 群馬銀行 ラグビー部
県内リーグを盛り上げ、スクールで普及・育成も
東京信用金庫 高田馬場支店 (20面)
 リスク低減図り融資実行
情報生かし事業性評価、3年連続で最優秀賞
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について