2006年度「ニッキン賞」表彰

 
 第30回目になる2006年度のニッキン賞を受賞した肥後銀行の表彰式が、2月9日13時30分から同行本店役員室で行われた。木下純男本社社長が、小栗宏夫肥後銀頭取に賞牌と副賞(50万円)を贈呈し、顕彰した。
 地域金融機関が社会的責任を果たすうえで模範となる活動として評価した。
 
 

過去のニッキン賞受賞一覧

 

ニッキン賞規定

 
 
 

肥後銀行、地下水を枯渇と汚染から守る

 
 

木下・本社社長から「ニッキン賞」を受ける小栗・肥後銀行頭取(左から2番目)。左から森正臣副頭取、甲斐隆博専務、永田浩夫専務(2月9日、肥後銀行本店)

 
  木下・本社社長から「ニッキン賞」を受ける小栗・肥後銀行頭取(左から2番目)。左から森正臣副頭取、甲斐隆博専務、永田浩夫専務(2月9日、肥後銀行本店)  
 
 
 
 

熊本の水資源愛護活動に取り組む

 
    肥後銀行頭取 小栗 宏夫氏
     
肥後銀行頭取 小栗 宏夫氏   授賞理由
 肥後銀行は、「故郷のかけがえのない地下水を枯渇と汚染から守ろう」と、長野吉彰常任顧問(当時頭取)の提唱により1987年4月に「肥後の水資源愛護賞顕彰事業」を開始。1992年には水資源愛護事業のさらなる充実と永続を願って「肥後の水資源愛護基金」を設立し、推進母体としてシンポジウムの開催や新聞、テレビなどによる啓蒙活動、ボランティア団体への助成、涵養(かんよう)林植樹などに取り組み、これまで239団体11個人の活動を顕彰してきた。2006年2月には阿蘇外輪山の森林52ヘクタールを購入。この地を「阿蘇大観の森」と名付け、行員、OB、OGらによる植樹活動を行い、水資源愛護に努めている。
     
肥後銀行頭取
 小栗 宏夫氏
   
 
ページTOPへ
 

主要商品・サービス

ニッキンプラザ

ラインナップ

ニッキン

ニッキン最新号ダイジェストへ

発行部数10万部、わが国最大の金融総合専門紙。

 

月刊金融ジャーナル

月刊金融ジャーナル最新号へ

中期的展望追求するわが国屈指の金融専門誌。

ニッキン最新号詳細 ニッキンのサンプル電子ブックへ
 
月刊金融ジャーナル最新号詳細 月刊金融ジャーナルサンプル目次

ニッキンレポート

ニッキンレポートの最新号へ

金融機関の中枢管理者向けの資料速報。

 

ニッキン投信情報

ニッキン投信情報最新号ダイジェストへ

全窓販金融機関の販売実績調査を随時掲載。

ニッキンレポート最新号の詳細 ニッキンレポートのサンプル
 
ニッキン投信情報最新号の詳細 ニッキン投信情報のサンプル電子ブックへ

日本金融名鑑

日本金融名鑑のご案内

わが国金融機関のあらゆる最新データを調査し、掲載。

 

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報の詳細説明へ

わが国唯一、金融機関、証券、保険のディスクロージャーを集大成。

日本金融名鑑の詳細 日本金融名鑑のサンプルへ
 
ニッキン資料年報の詳細説明へ ニッキン資料年報のサンプルへ

ニッキン電子縮刷版

ニッキン電子縮刷版詳細説明へ

アイデアの宝庫!『冊子版』とセット販売。

 

BKD (Bkダイアリー)

Bkダイアリーの詳細

計画的な行動に役立ち、あなたをグレードアップ!!

ニッキン電子縮刷版の詳細 電子縮刷版サンプル閲覧サイトへ
 
Bkダイアリーの詳細 Bkダイアリーのサンプルへ

金融時事用語集

金融時事用語集の詳細

新人からベテランまで 必携!200用語収録。

 

いざという時ナンバー2は

「いざという時ナンバー2は」の詳細

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊。

金融時事用語集の詳細へ 金融時事用語集の掲載項目
 
「いざという時ナンバー2は」の詳細 いざという時ナンバー2はのサンプル
スペシャルコンテンツ

ニッキンサービス

人事・教育企業リンク集

広告掲載について