経営分野営業分野へ事務分野へ

経営分野スペース経営分野

スペース製品紹介スペース
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

Foxデータダイオード

IoT社会の重要インフラに絶対的な安心・安全を提供!

Foxデータダイオードは、サイバー攻撃を物理的に遮断することでネットワーク・システムを護る製品です。ファイアウォールやIPS などのソフトウェアに依存する従来の製品とは異なり、ネットワーク間を物理的に片方向の通信環境で接続することで、システム異常停止などの重大なセキュリティ事故から制御システムを完全に保護することが可能になります。
Foxデータダイオードは、modbus を含む多くの産業用プロトコルをサポート、それらを複数、同時に稼動させることができる製品です。また、コンピュータセキュリティのための国際規格であるコモンクライテリア(Common Criteria)で、最高のセキュリティレベルである「CC EAL 7+」の認証を受けている製品です。
Fox-IT は2006 年からデータダイオードの販売を開始し、海外では政府機関や防衛関係などの重要インフラを中心に多くの導入実績があります。
昭電は設計・導入・保守の各種エンジニアリングサービス、ファシリティ工事を含めワンストップでシステムを提供します。

問い合わせ先
昭電
金融営業部
[TEL]03-5819-8343
[URL]http://www.sdn.co.jp
資料請求番号:1001
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

Scudoシリーズ 準簡易型防水板Sepalate

急な豪雨に対しても素早い設置で浸水を防ぎます。

集中豪雨などにより各地で浸水による被害が多発しております。既存店舗などではゲリラ豪雨等による急な水害に対し、大掛かりな工事で営業を止める事無く、土のうより効率的な止水対策製品の需要が拡大しています。そこで、浸水の危険レベルに応じて設置タイミングを判断でき、簡単に設置できる準簡易型防水板Sepalate(セパレーテ)を発売しました。
【製品特長】
・浸水の可能性がある段階で1段目を設置、浸水が確認できた段階で2段目を設置と、危険レベルに応じ設置タイミングを判断できるセパレートタイプ。
・約1分で1人でも簡単に設置。

問い合わせ先
岡村製作所
セキュリティ製品部
[TEL]03-5549-7641
資料請求番号:1002
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

情報システムの災害対策

サーバ・PC・太陽光発電システムなどを雷・地震の被害から護ります。

近年、地球温暖化などの影響により落雷が多発し、その被害も増加傾向です。2011年3月に発生した東日本大震災や2016年4月に発生した熊本地震以外にも震度5~6クラスの大地震が頻発しております。従業員や設備・情報システムを被害から護り、事業を維持・継続する自然災害に強い企業環境を構築するために必要なサービス・製品をご紹介します。
【雷リスク診断サービス】
雷害対策の導入には施設や立地、設備の設置状況などを専門的視点から把握、分析が重要です。WEBサイトからご利用いただける簡単なアンケート形式の「WEB診断(無料)」と、専門スタッフが訪問し雷リスクの抽出・評価と対策のご提案を実施する「現地診断(有料)」をご用意しております。
(WEBサイトアドレス http://www.sdn.co.jp/special/sindan/)
【免震装置(長周期地震動対応)】
地震の揺れに弱いサーバなどは免震対策をすることで地震対策が可能です。昭電のラック用免震装置は直下型・長周期地震動にも対応するラインナップを用意。東日本大震災でも地震動によりラック破損・システム障害が発生せず、大きな効果を発揮しました。その他、コピー・複合機の移動や転倒を防止する「低床キャストップ」などもご用意しております。

問い合わせ先
昭電
金融営業部
[TEL]03-5819-8343
[URL]http://www.sdn.co.jp
資料請求番号:1003
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

世界で愛されるエントラスト証明書サービス

大量の証明書を一括管理、証明書の種別・期限を一元可視化!

多くのWebサイトで、弊社のSSLサーバ証明書は広く使われています。SSLサーバ証明書がなぜ必要かというと、インターネット通信においては、情報の伝達経路で第三者からの盗聴や改ざんが容易にできてしまうからです。これを防ぐため、SSLサーバ証明書を導入し、通信の暗号化を実現します。またSSLサーバ証明書では、組織の実在性の証明にもなります。さらに、エントラストの証明書サービスでは、それ以外にEメール用や電子署名用の証明書も提供しています。
■EVマルチドメイン証明書
アドレスバーが緑になる証明書で、厳格な組織認証を経て発行されます。多くの金融機関によって採用されています。
■ワイルドカード証明書
ワイルドカード証明書では、1枚の証明書で複数のサブドメインに適用することができ、複数サイトを運営する際に効率的です。
■セキュアEメール証明書
Eメールに電子署名を付与することにより、メール送信元の実在性およびEメールの内容が通信途中に改ざんされていないことの確認ができます。
■Adobe CDS証明書
電子文書はビジネスの場で一般的に利用されるようになりましたが、改変も容易です。対策として、作成者の身元および内容が改ざんされていないことを保証する電子署名を提供します。

問い合わせ先
エントラストジャパン
営業部
[TEL]03-6738-6710
[URL]https://japan.entrust.com/
資料請求番号:1004
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

D'Amo

金融監査やPCI-DSSに準拠。高度のセキュリティを実現するDB暗号化ソリューション

昨今、高度化・巧妙化しているサイバー攻撃が個人情報や企業機密情報を脅かしている中、これに対する根本的な対策が必要となっています。情報漏洩事件は、企業様のビジネスで大きな妨げになるため、企業では様々なセキュリティ対策をとっておかなければなりません。
システム全体のセキュリティレベルは、そのシステムの最も脆弱なレベルとなるため、常にセキュアな状態を維持することは非常に難しいです。情報漏洩の最も根本的、かつ信頼性のあるセキュリティ対策のために、D'Amoは暗号化・アクセス制御・監査のデータに対して高度のセキュリティを実現してくれます。

「D'Amoの特長」
①アプリケーション独立性
―稼働中システムに導入し、アプリケーション側の改修を伴わずにAdd-onで実現します。
②カラム単位の選択的暗号化
―守るべき情報を見極めてカラム単位で的確なポリシーで安全に管理できます。
③暗号化前後高パフォーマンスを維持
―暗号化前後のレスポンス劣化は7%以下で抑えられます。
④DBAとセキュリティ管理者の権限を分離
―DBAでも正当な権限がなければ復号できない高セキュリティを実現できます。
⑤暗号化カラムに対し監査ログの記録とレポート作成
―重要なデータの利用に関する痕跡を残すことで不正利用等を把握できます。

問い合わせ先
ペンタセキュリティシステムズ
日本セキュリティビジネス戦略部
[TEL]03-5361-8201
[URL]https://www.pentasecurity.co.jp/product/2_damo/plug-in%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b8/
資料請求番号:1005
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

エンタープライズ向けサーバ暗号化ソリューション

リスクやニーズに応じた暗号化製品をご提供!

Vormetricデータセキュリティは、不正アクセスによってカード情報などのセンシティブな個人情報が漏えいした場合でもリスクを低減できるソリューションです。

【機能・特徴】
■Data Security Manager(DSM)は、暗号化やトークナイゼーションに使用する鍵を生成・保管する専用サーバーです。DSMは、Hardware Security Module(HSM)に対応しています。
■透過的暗号(VTE)
ファイルシステム内で稼働するエージェントが特徴で、高度な暗号化とファイル、ディレクトリ、およびボリュームに対する最小権限のアクセスコントロールを提供します。構造化データ、および非構造化データの暗号化が可能です。
■トークナイゼーション(VTS)
アプリケーションに対して、「トークンボルト」なしでトークナイズ/デトークナイズ、更にはマスキング機能を提供します。また、PCI DSS などのセキュリティ基準への準拠を可能にします。トークナイゼーションは、高速処理(100万/秒 トランザクション)が可能です。
■鍵の統合管理(VKM)
Vormetric製品、Oracle TDEの暗号鍵を統合管理できます。また、KMIPプロトコル対応デバイスの鍵管理を可能にします。

問い合わせ先
キヤノンITソリューションズ
基盤・セキュリティソリューション企画センター
[TEL]03-6701-3336
[URL]https://www.canon-its.co.jp/products/vormetric/
資料請求番号:1006
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

ネカ録

多くのカメラを長時間安定録画できるネットワークカメラ用録画・配信サーバー

近年、セキュリティー意識の高まりを背景に、金融機関やデータセンター、工場や店舗などでは、よりセキュリティーを強化したいという要望が強くなっています。そのために録画をより高画質化し、カメラ台数を増やす傾向が顕著になっており、監視カメラの録画装置には、多くのカメラを高画質で長時間安定して録画できることが求められてます。
「ネカ録」は、最大48TB の大容量ハードディスクを内蔵しており、高品質なハードとソフトでこ
れらの要求にお応えします。テープへのバックアップシステムを構築して数年間の録画にも対応。入退室管理システムと連携することで、入退室履歴から入退室時の映像を簡単に再生できます。保守サポートも充実しています。金融機関様においては「データセンター」・「店舗監視」用途にて導入実績があります。
●主な特長
①ネットワークカメラを最高64台同時録画
②最大48TB の大容量ハードディスクを搭載
③動画圧縮技術H.264/AVC に対応
④様々なメーカーのネットワークカメラをサポート
⑤故障したHDD は録画しながら交換可能
⑥最高25 万6 千台のカメラを一元管理

問い合わせ先
三菱電機インフォメーションネットワーク
事業推進部
[TEL]03-6771-4806
[URL]http://www.mind.co.jp/service/security/products/necaroku/
資料請求番号:1007
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

SaaS型Webセキュリティー診断サービス

Webシステムに対するセキュリティー診断をお手頃価格で実現

Webシステムのセキュリティー対策は重要だが、予算確保は難しい…。そういうお客様の悩みを解決するお手頃価格のSaaS型診断サービスです。
Webサイトの脆弱性にはどこまで対策すればいいのか?その1つの基準となるのが「OWASP TOP10」。Webアプリケーションのセキュリティー向上のために活動する団体OWASPが公開している、リスクの高い脆弱性ランキングの上位10項目です。
当社が培ってきたセキュリティーに関するノウハウをベースに、三菱電機の研究所と協力して開発したSaaS型サービスは、手軽さだけでなくOWASP TOP 10をカバーする高い信頼性を提供します。
【コース】
・すべての項目を診断するスタンダードコース(OWASP TOP 10対応)
・より重要な項目に絞ったエントリーコース
どちらも1か月、1年間の定額料金で、契約期間中であれば何度でも診断できます。
ご指定の日時に診断がスタート、自動的に画面を巡回して診断を行い、脆弱性を検出します。診断完了後は、すぐにその結果をご確認いただけますので、本格的なWebセキュリティー診断サービスの前の簡易的な診断サービスとしてもご利用になれます。

問い合わせ先
三菱電機インフォメーションネットワーク
事業推進部
[TEL]03-6771-4806
[URL]http://www.mind.co.jp/service/security/managed/saas.html
資料請求番号:1008
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

Soliton インターネット分離ソリューション

隔離領域技術とファイル無害化で、マルウェア脅威からPC・ネットワークを守る

■Wrapping Box
インターネット接続はPCやVDI内の完全隔離領域に限定し、マルウェアの脅威からPCとネットワークを守ります。隔離領域内でマルウェアが動作した場合でも拡散されず、キャッシュと共にクリアされます。インターネット通信は専用セキュアゲートウェイに限定し、入口だけでなく出口の通信も制御。情報漏洩も防止します。
■FileZen
隔離領域内で一時的に取得したファイルは、ファイル送受信システムを経由しLAN内に安全に受け渡すことができます。無害化機能や承認機能、履歴管理で不正な情報持出しを防止します。

問い合わせ先
ソリトンシステムズ
アカウントセールス部
[TEL]03-5360-3809
[URL]http://www.soliton.co.jp/
資料請求番号:1009
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

ダブルブラウザ・ソリューション

仮想ブラウザで標的型攻撃対策! インターネットと端末を分離

ダブルブラウザ・ソリューションは、標的型攻撃などのサイバー攻撃やランサムウェアから情報やIT資産を守るため、仮想ブラウザ方式でインターネット分離を実現します。仮想ブラウザの実行環境としてWindowsとLinuxをサポートしており、両方を組み合わせて使用することもできますが、ユーザ数分のRDS CALの購入が必要なWindows仮想ブラウザに比べ、Linux仮想ブラウザの場合はトータルの導入コストを最大で半減することができます。

問い合わせ先
アシスト
システムソフトウェア事業部 仮想化推進室
[TEL]03-5276-3475
[URL]https://www.ashisuto.co.jp/product/theme/virtualization/doublebrowser.html
資料請求番号:1010
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

標的型攻撃対策サービス

従来型の対策では検知・防御が困難な標的型サイバー攻撃に対応

企業への標的型攻撃は、近年ますます高度化・巧妙化しており、従来のウィルス対策ソフトだけでは対処が難しい状況となっています。その様な状況において、「何から着手したらいいのかわからない。」「内部侵入も含めて検知したい。」「24時間対応支援をしてくれるパートナーが欲しい。」と言ったご要望に「標的型攻撃対策サービス」はお応えします。
本サービスはSIEM*を活用して複数のログデータを相関付け、多面的に分析することで、高精度のインシデント検知を実現します。また、お客様システムを当社の統合運用管制センター(MIND ICC)に常駐するSOC*専門要員が24時間365日で監視、分析を行い、インシデント対応の支援を行います。
15年以上にわたる金融機関・官公庁をはじめとする法人顧客向けマネージドセキュリティーサービスの運用実績で培われた経験とノウハウに基づき、お客様に安心のサービス提供を行います。
* SIEM : Security Information and Event Management セキュリティー情報や各種機器のログを包括的に管理・分析するシステム。
* SOC:Security Operation Center リモートでお客様のセキュリティー機器を24時間365日監視し、サイバー攻撃の検知・対応策をアドバイスする専門組織。

問い合わせ先
三菱電機インフォメーションネットワーク
事業推進部
[TEL]03-6771-4806
[URL]http://www.mind.co.jp/service/security/managed/targeted_attack.html
資料請求番号:1011
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

FSS(File Security System)

サーバー不要の生体認証と暗号化技術を組み合わせた情報セキュリティーソリューション

今日、情報漏えいを防ぐための対策として、組織内では情報システム機器の操作者の権限特定など、様々な安全管理措置を講じるように求められております。また、外部からの標的型攻撃による情報漏えい対策も急務となっております。

ローレルのFSSシリーズでは、従来の高セキュリティーICカード認証に、「サーバー不要の生体認証(オプション)」をレパートリーに加えました。
正当権限者による操作を基本とした「ICカード本人認証+生体認証(オプション)」、「シングルサインオン」、「国産暗号化アルゴリズム」、USBメモリなどの「デバイス制御」、「証跡収集」など情報セキュリティーに求められる対策を1つのセキュリティーパッケージに収めご提供しています。

情報セキュリティーシステムFSSは、サーバーレスシステムであるため、スモールスタートから大規模セキュリティー対策への運用も可能です。
(※画像はオプションの生体認証ユニットのイメージです)

問い合わせ先
ローレルバンクマシン
営業企画部
[TEL]03-3502-3311
[URL]http://www.lbm.co.jp/
資料請求番号:1012
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

金融機関で広く利用されているPKI製品

法人向けICカード認証、署名メール、行内端末認証等に広く利用できるセキュリティ基盤

金融機関では、日々巧妙化・高度化する様々なサイバー攻撃の脅威にさらされており、トータル的なセキュリティ対策を施す必要があります。インターネットバンキングでの不正送金のみならず、行内ネットワークにおける端末の認証、通信の暗号化、改ざん防止などの対策が、求められており、これらを一元的に解決する技術がPKIです。
エントラストのPKI製品は、法人向けICカード認証から行内端末の認証まで、幅広い用途に利用可能なセキュリティ基盤であり、世界中の大手金融機関において数多く採用されてきた実績があります。グローバルに支店を持つ大手金融機関において、しばしば要望として挙げられる分散管理についても、柔軟な管理機能を持つエントラストのPKI製品はその厳格な選定基準を満たします。
■エントラストPKI製品導入例
某グローバル金融機関における認証局システム管理要件
「証明書を配布した端末のみ、特定のシステムに接続」「各地域の拠点に管理者を設置し、地域内の端末には各拠点の管理者が証明書を発行」「各地域の端末に発行した証明書の管理は、地域の拠点管理者が実施」「他拠点の端末や証明書の情報は、管理のみならず参照も不可」
階層的な管理権限設定が可能なエントラスト製品は、複雑な管理にも柔軟な対応が可能です。

問い合わせ先
エントラストジャパン
営業部
[TEL]03-6738-6710
[URL]https://japan.entrust.com/
資料請求番号:1013
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

金融業の情報漏洩対策とIT資産管理を支援

Windows/Macの両PCを一元管理
オンプレミス/クラウドの両利用形態をご用意

 「MaLion(マリオン)」は、組織の情報漏洩対策やIT資産管理を1パッケージで支援する、Windows/Mac対応のクライアントPC運用管理ソフトです。LinuxやPostgreSQLといったオープンソースソフトによるサーバー構築に対応しており、導入時のライセンスコストを最小限に抑えることができます。またMac PCの操作制御機能に高いアドバンテージを誇ります。シリーズラインアップとしては、オンプレミスの「MaLion 5」、クラウドサービスの「MaLion Cloud」があります。
 情報漏洩対策機能では、USBメモリ、スマートフォンなどの外部デバイス接続や印刷操作、送受信メール、Webアクセス、あるいは社内ネットワークへの不正なPC接続など、従業員の様々なPC操作を監視(ログ収集)、制御する機能を搭載しています。マイナンバーの漏洩対策においても、業務上マイナンバーを取り扱う担当者の行動(各種PC操作状況)を様々な視点から監視して、マイナンバーの漏洩を未然に防ぐことができます。
 IT資産管理機能では、ライセンス管理をはじめ組織におけるSAM体制の構築/運用を支援する各種台帳機能を搭載しています。オフライン端末のIT資産管理にも対応しており、社内ハードウェア/ソフトウェアの総合的な管理が可能です。

問い合わせ先
インターコム
営業部
[TEL]03-3839-6769
[URL]http://www.intercom.co.jp/malion/
資料請求番号:1014
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

クラウドで手軽にメールセキュリティ対策 「GUARDIANセキュリティサービス」

メールの誤送信対策・情報漏えい対策・監査対応をクラウドで実現

相次ぐ情報漏えい事件や、標的型攻撃の増加など、企業にはさらなる情報漏えい対策の強化が求められています。「GUARDIANセキュリティサービス」は、メールからの情報漏えいや誤送信対策を、クラウドで手軽に実現いただけるメールセキュリティサービスです。柔軟なメールフィルタリング機能と配送制御で誤送信を抑制します。また優れた検索・監査機能をもつアーカイブやメール添付ファイルの自動暗号化で情報漏えいを抑止します。
【機能・特徴】
<クラウドで手軽に>
クラウドだから保守要員不要で運用コストを削減します。また、簡単なお申込みで素早くサービスを開始することができます。
<Office 365との連携>
Office365に対応し、クラウドメールシステムの柔軟性とセキュリティ確保の両立を実現します。
<7つのサービスを自由に選択>
下記のサービスから必要なサービスを自由に選択・組み合わせてご利用が可能です。
【サービスラインアップ】
「メール誤送信対策 サービス」「GUARDIANWALL サービス」「アンチスパム サービス」「添付ファイルZIP暗号化 サービス」「マイナンバー漏えい対策メール検知 サービス」「標的型メール検知 サービス」「メール無害化サービス」

問い合わせ先
キヤノンITソリューションズ
基盤・セキュリティソリューション事業部
[TEL]03-6701-3434
[URL]https://www.canon-its.co.jp/products/guardian_services/
資料請求番号:1015
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

個人情報検出ツール「P-Pointer」

個人情報ファイルの管理、出来ていますか? 個人情報ファイルを1クリックで検出・出力!

PC内に存在する、Excel、Word、PDF、名刺管理ソフト等、様々なアプリケーションのファイルに対してスキャンを行い、住所や名前、メールアドレスなどの個人情報を含むデータを検出し、そのPC上に結果レポートを表示するツールです。PCにどんな個人情報がどれくらい存在しているのか一目で確認可能になり、情報漏洩リスクの見える化をサポートします。
当社では運用最適化を支援するサービスメニューも御座います。製品と標準連携したP-Pointer集計オプション(※)も販売しております。※P-Pointerで出力されたデータを集計・グラフ化するツール

問い合わせ先
アグレックス
営業統括部
[TEL]03-5990-5210
[URL]https://www.agrex.co.jp/service/detail/security002
資料請求番号:1016
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

個人情報秘匿システム

改正個人情報保護法に求められる要件サポート
個人情報漏洩防止と高品質なテストを実現

世間を騒がす大規模な情報漏洩事件が相次ぐ中、今年の5月には改正個人情報保護法が全面施行されます。この法対応に求められる個人情報対策の「匿名加工情報(※)」に特化した個人情報漏洩対策ソリューションを提供いたします。
(※)システムに蓄積された大量データにおいて個人が特定できる部分を完全に排除したデータ

<個人情報秘匿システムの概要>
組織内で保有する個人情報データを、本番さながらの精度を保った状態で全く架空のデータに変換する秘匿ツールを提供いたします。住所は住所、姓名は姓名といったように属性を維持したまま一定のルールに沿って変換することが可能であり、名寄せテストなども含め本番さながらのシステムテストを可能にし、個人情報漏洩防止と高品質なシステムテストの両方を実現いたします。
個人情報保護法の改正で、企業システムに蓄積された大量のデータを個人が特定できる部分を完全に排除し「匿名加工情報」とすることで、性別や年代、位置情報などマーケティングやリサーチ情報として有効活用できるようになります。本製品は、個人情報の漏えい防止や高品質なシステムテストの実現だけでなく、この個人情報保護法改正後の匿名加工情報のマーケティング活用という観点でも効果を発揮します。

問い合わせ先
アグレックス
営業統括部
[TEL]03-5990-5210
[URL]https://www.agrex.co.jp/service/detail/security001
資料請求番号:1017
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

メールからの情報漏えいを防ぐ「GUARDIANWALL」

15年連続シェアNo.1のメールフィルタリングソリューション※

昨今の相次ぐ情報漏えい事件や標的型攻撃の増加など、企業にはさらなる情報漏えい対策の強化が求められています。「GUARDIANWALL」はメールの誤送信対策・情報漏えい対策・アーカイブをワンシステムで実現する総合メールセキュリティソリューションです。機能別の3つのモデルから選択・導入いただけます。
【フィルタリングモデル】
メールに含まれるキーワードや添付ファイル、送受信先などを検査し、条件に応じて配送制御することで、社外への情報漏えいや誤送信を防止します。またマイナンバーを含む個人情報の検出や、標的型メール検知機能も標準搭載しています。
【添付ファイルZIP暗号化モデル】
メールに添付されたファイルを自動で暗号化します。またフィルタリングモデルと組み合わせ、柔軟な例外設定や、任意の固定パスワードによる暗号化も可能です。
【アーカイブモデル】
メールをアーカイブし、メール監査業務を手軽に実現します。Office365のジャーナルメールにも対応しています。
【その他共通機能】
人事情報連携機能やメール利用統計レポート機能などの管理機能があります。
※富士キメラ総研 2016ネットワークセキュリティビジネス調査総覧より

問い合わせ先
キヤノンITソリューションズ
基盤・セキュリティソリューション事業部
[TEL]03-6701-3434
[URL]https://www.canon-its.co.jp/products/guardian/
資料請求番号:1018
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

CHASERサービス

マネロン、反社対策向け国内及び海外の公的要注意顧客データベースCHASERサービス

私どものCHASERサービスは、モノを輸出する取引先がテロや大量破壊兵器の開発に関与していないことを確認する顧客審査のためのデータベースサービスとして約20年前にスタートしました。その後、国際的な安全保障環境が厳しくなる中で、収録するデータの範囲を拡大してまいりました。現在は、財務省の資産凍結等対象者リストをはじめ警察庁の公告国際テロリスト、米国OFACのSDNリスト、国連制裁リストなど国内外の公的機関が公表した要注意リストを多数収録しています。

CHASERサービスをご利用いただきますと、私どもが提供する最新状態の電子データで反社チェックが可能となります。さらにFinTechサービスやお客様の内部システムに私どもの電子データをご導入いただくこともできます。
また、あいまい検索機能のあるオンライン検索との併用も可能です。
長年にわたり多くの輸出企業ならびに中央官庁、複数のリース会社様にもご利用いただいており、安心してお使いいただくことができます。

サービスの詳しいご説明、サンプルデータの提供などお気軽にお問合せください。

問い合わせ先
安全保障貿易情報センター(CISTEC)
情報サービス研修部
[TEL]03-3593-1149
[URL]http://www.cistec.or.jp/about/sdintro/chaserindex.html
資料請求番号:1019
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

注意情報管理システム「FAMシステム」

さまざまな注意先リストを一括管理・横断検索
正確かつ効率的な反社チェック体制を実現

複数の反社情報リストを一括で管理・検索するシステムです。高度なあいまい検索機能で該当の可能性がある反社情報をもれなく抽出して一致度順に表示、円滑な照会をサポート。厳正な対応が求められる新規取引時や既存取引先の定期チェックにご活用ください。

【FAMシステムの特長】
●データ項目や形式が異なる反社リスト(Excel等)を取込み、一括管理・横断検索
●自動データクレンジング機能で表記ゆれや新旧住所等の相違を補完、高度なあいまい検索を実現
●反社情報との一致率が一目でわかる点数&ハイライト表示
●利用者に応じた個人情報表示制限、検索内容や操作ログの取得で、厳正な運用をサポート
●低コストなライト版やサーバ不要のクラウド版も用意、手軽に反社対策を強化
【便利なオプション】
■営業店窓口端末連携:入力内容をもとにそのまま反社検索を実行
■動態モニタリング:口座情報や取引履歴等の動態データを紐付け、あわせて参照
■生年月日算出:事件発生時の日付と年齢データから、生年月日範囲を自動算出して検索可能に
■外部機関からの照会対応:対象者リストと顧客情報を自動照合、口座有無等の結果を効率的に確認
*導入事例やデモのご要望など、お気軽にお申し付けください。

問い合わせ先
アシストマイクロ
システムソリューショングループ
[TEL]03-5302-2983
[URL]http://www.assistmicro.co.jp/products-category/famsys/
資料請求番号:1020
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

OCRA型ワンタイムパスワードトークン C300

OCRA仕様OTPトークンの導入でMITB攻撃による不正送金リスクを防止!

MITB(Man In The Browser)攻撃によりネットバンキングを対象とした深刻な被害が急増しています。
MITB攻撃はターゲット(金融機関の口座所有者)のPCに感染させたマルウェアを使い、ネットバンキングの利用を監視し、ログイン等の処理が始まるとセッションを乗っ取り、不正送金などの金融詐欺を行います。
OCRA仕様OTPトークンを使ったトランザクション署名処理方式を実装することにより、MITB攻撃による不正送金などの被害を防止します。
本製品は、以下の機能が一つのトークンに搭載されています。
①ワンタイムパスワード
一定時間毎にOTPを生成し、ログイン時の二要素認証を実現します。
②チャレンジ&レスポンス
サーバ側で指定されたチャレンジ値を入力し、レスポンス値を生成します。本人認証も実現可能です。
③トランザクション署名
ネットバンキングでの振込金額等セキュアな情報を入力し、トランザクション署名を生成します。
MITB攻撃により振込情報が不正に書き換えられていないかの検証処理を実現可能です。
飛天製品は日本国内の都市銀行をはじめとした複数金融機関、その他各国の金融機関にご採用いただいております。

問い合わせ先
飛天ジャパン
営業部
[TEL]03-3668-6668
[URL]https://ftsafe.co.jp/
資料請求番号:1021
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

PhishWall(フィッシュウォール)

金融機関向け不正送金・フィッシング対策ソリューション

インターネット・バンキングユーザを不正送金の脅威から保護します。クライアント型のPhishWallプレミアムと、ソフトのインストールが不要でサーバ側から監視するPhishWallクライアントレスの2製品があります。

■PhishWallプレミアム
顧客のPC側から、導入企業のWebサイトが真正なサイトであることを証明します。真正な場合、PCのブラウザに緑のシグナルが点灯し、ひと目でそのWebサイトが本物であることが確認できます。また、顧客が導入企業のWebサイトをブラウザでアクセスするタイミングで、顧客のPCがMITB(マン・イン・ザ・ブラウザ)攻撃型ウイルスに感染していないかをチェックします。感染の徴候を発見した場合は、警告メッセージを表示して不正な画面への入力を防ぎます。

■PhishWallクライアントレス
導入企業のWebサイトに顧客のPCがアクセスしたタイミングで表示される情報が、MITB攻撃型ウイルスによって改ざんされていないかをサーバ側でチェックします。改ざんの徴候を発見した場合は、警告メッセージを表示し、ブラウザを終了させることで不正送金をブロックします。顧客のPCにソフトのインストールが不要で、導入企業のWebサイトにアクセスする全ての顧客をMITB攻撃から保護します。また、PhishWallクライアントレスの機能に、検知情報(ページ毎の検知数、マルウェア名の情報など)をポータルサイトから提供するPhishWallクライアントレスWebポータルを追加しました。

問い合わせ先
セキュアブレイン
営業本部
[TEL]03-3234-3001
[URL]http://www.securebrain.co.jp/products/phishwall/index.html
資料請求番号:1022
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

Secure SDK

御社のスマホアプリに不正利用対策を実現

SaAT Secure SDK(サート・セキュア エスディーケー)は、iOS/Androidアプリ向けのセキュリティ強化ツールです。本ツールを導入することで、アプリで利用されるモバイルバンキングなどのサービスを、金融機関を狙った不正攻撃からガードできます。
本ツールは3つのサービスで構成され、アプリの動作状況から開発内容に至るまで、多重・多層的に保護します。

①端末環境保護
スマホ端末のセキュリティチェック機能を提供するライブラリです。アプリに組み込むことで悪性プログラムやOS異常を検出でき、動作環境から受ける不正を防げます。
※弊社製品・SaAT Secure Starterに実装されているものと同等のライブラリです。

②アプリプロセス保護
アプリファイルに対し、メモリ上に展開する情報の保護機能を付加します。アプリ動作を不正な解析から守り、情報流出を阻止できます。

③アプリソース保護
アプリファイルに対し、ソースコードの難読化を適用します(Android版のみ)。アプリ開発内容の把握を困難にし、偽アプリ開発も抑止できます。

問い合わせ先
ネットムーブ
ソリューション事業部
[TEL]03-6256-9652
[URL]http://www.saat.jp/
資料請求番号:1023
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

オンラインリスクベース認証と不正対策ソリューション

インターネットバンキングの認証強化と不正検出ソリューション

インターネットバンキングの利用が広まり、金融サービス利用者にとって便利な世の中になっています。しかし、同時に成りすましや不正アクセスといった攻撃も増え、不正アクセス件数も増え続けています。このような脅威が増大する社会において、エントラストの「IdentityGuard」と「TransactionGuard」は、ログインから処理完了まで、トータルに安全なインターネットバンキングを保護します。インターネットバンキングの利便性をお客様に提供するために、より強固なセキュリティ対策を施し、安心してインターネットバンキングを行える環境をエントラストは提供します。
■IdentityGuard
ワンタイムパスワードや乱数表を使用することにより、従来のユーザー名+パスワードだけのセキュリティに不安のある認証からリスクベース認証へと強化します。また、モバイルの普及に伴い、PCのみならず双方の不正アクセスを防止し、安全かつ確実な認証の下、インターネットバンキングサービスの提供を可能にします。
■TransactionGuard
強固な認証により、安全なインターネットバンキングを提供しても、利用者による不正の検出と防御が欠かせません。トランザクションをリアルタイムにモニタリングすることにより、金融機関自身で不正の検出と通知を実現します。

問い合わせ先
エントラストジャパン
営業部
[TEL]03-6738-6710
[URL]https://japan.entrust.com/
資料請求番号:1024
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

カード型ワンタイムパスワードトークン VC

財布に入るほど薄型なカードタイプのワンタイムパスワードトークン!

1回限りの使い捨てパスワードを生成する認証セキュリティデバイスです。
新型の本製品は、高性能ペーパー電池を使用することで、従来型に比べて電池の持ちが長くなったと同時に、財布に入るほどの薄型化を実現しました。
国際規格OATHに準拠した強力なセキュリティ、防水・防塵・耐高温・帯電防止の高い安全性能を誇ります。
スタイリッシュなデザインは欧州でも認められ、イタリア最大手銀行、イタリア大手弁護士事務所、イギリス保険関連機構など、豊富な導入実績がございます。
【特長】
①操作性
ボタンをクリックし、表示されたパスワードを入力するだけのシンプル操作のため利用が容易です。
②国際規格
「OATH規格※」に準拠し、OATH準拠製品と連携させてソリューションが実現できます。
※OATHは米国旧ベリサイン社等、国際的なベンダーがまとめたユーザー認証とアクセス制御に関する規格です。弊社でも同規格に準拠した認証サーバ(FOAS)、認証クラウドサービス(らく認)をご提供しております。
③カスタマイズ
本製品はOEM/ODM製品であり、受注生産で承っております。オリジナル(カラー、ロゴ変更等)にも柔軟に対応いたします。

問い合わせ先
飛天ジャパン
営業部
[TEL]03-3668-6668
[URL]https://ftsafe.co.jp/
資料請求番号:1025
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

ワンタイムパスワードトークン C200

可変パスワードによる認証強化でネットバンキングの不正利用を未然に防止!

OTPは1回限りの使い捨てパスワードを生成する認証セキュリティデバイスです。
パスワードが盗まれたとしても再利用が出来ないため、不正アクセス等の被害を未然に防止します。
弊社のOTPは、日本国内・中国の各種主要金融機関をはじめ世界各国のネットバンキングで採用され、500万本以上の導入実績がございます。
【OTPの特長】
①操作性
ボタンをクリックし、表示されたパスワードを入力するだけのシンプル操作のため利用が容易です。
ボタンを押すごとに可変パスワードを生成する「イベントベース」と60秒ごとに生成する「タイムベース」を用意しております。
②国際規格
「OATH規格※」に準拠し、同準拠製品と連携させ、ソリューションが実現できます。
※OATHは米国旧ベリサイン社等、国際的な認証ベンダーがまとめたユーザー認証とアクセス制御に関する規格です。
弊社でも同規格に準拠した認証サーバ(FOAS)、認証クラウドサービス(らく認)をご提供しております。
③カスタマイズ
オリジナル(カラー、ロゴ変更等)にも柔軟に対応いたします。
[製品URL]
https://ftsafe.co.jp/products/otp/

問い合わせ先
飛天ジャパン
営業部
[TEL]03-3668-6668
[URL]https://ftsafe.co.jp/
資料請求番号:1026
業務カテゴリ→監 査

SecureCube / Access Check

サイバー攻撃対策や監査等で重視される特権ID管理。ゲートウェイ型で低負荷・低コストに

特権IDは、金融監査やIT全般統制はもちろんのこと、多発している管理者権限や委託先による内部不正からの情報漏洩や標的型サイバー攻撃の被害拡大を防ぐポイントとして重要視されています。また、金融庁、監査法人から重視されるポイントにもなっており、金融検査指摘事例集でも顧客保護等管理態勢の不備として取り上げられています。
未だに、紙の申請書やサーバログを手作業で管理している例もありますが、かなりの手間を要し正確さに欠けます。また、特権IDは、絶対的・恒久的・唯一無二の特徴ゆえに非常に強力な権限をもつとともに共用利用されますが、職務権限分離や現場の運用、稼動中のシステムへの影響を考慮するとなかなか対応が難しいと思われがちです。
SecureCube / Access Checkは、本番サーバの手前にゲートウェイ(踏み台プロキシ)として設置し、利用者を特定してサーバへのアクセス制御や操作ログなどの一元管理ができます。エージェントレスの為、既存システムに影響なく、短期、低負荷、低コストで導入が可能で、大規模な環境ではより高い費用対効果を実現します。また、いつ、だれが、どこから、どこに、何をしたかという記録をするとともに、申請~承認~証跡取得~事後監査を紐づける為、監査業務の効率化や精度の向上といった効果が期待できます。

問い合わせ先
NRIセキュアテクノロジーズ
ソリューション事業本部
[TEL]03-6706-0500
[URL]http://www.nri-secure.co.jp/service/cube/accesscheck.html
資料請求番号:1027
業務カテゴリ→監 査

ITシステム変更管理ソリューション Netwrix Auditor

“コンプライアンスの見える化”を実現
エージェント不要のITシステム変更管理

近年、企業には様々な情報セキュリティ対策が求められています。中でも注目されるのがコンプライアンス(法令遵守)への対応です。組織の信頼性を向上させるためには組織内のネットワークやシステムの管理を厳正に行い、コンプライアンスへの対応を示す必要があります。

Netwrix Auditor(ネットリックス オーディター)は、ネットワーク上のリソースに蓄積された Active Directory、ファイルサーバー等の重要データへの様々な変更履歴をエージェントレスで取得・管理し、セキュリティ情報や稼働情報などのレポートを自動生成します。

これにより、IT管理者の負荷を最小限に抑制しながら、迅速かつ効果的なIT統制、セキュリティ監視の体制を低コストで実現します。

■製品の詳細はこちら
 http://www.netwrix.jp/
 ※トライアル版のお申し込みも可能です。

問い合わせ先
ラネクシー
営業本部 ソフトウェアビジネス2部
[TEL]03-6261-4711
[URL]http://www.netwrix.jp/
資料請求番号:1028
業務カテゴリ→監 査

ManageEngine ADAudit Plus

Active Directoryのログを簡単に可視化! 監査レポーティングツール

Active Directoryから取得できる膨大なログを、監査人が見て理解できる体裁に整えるには、膨大な労力と手間がかかります。ADAudit Plusには、これらの膨大なログから、ログオン/ログオフ情報やポリシーの変更履歴等、監査に必要とされているレポート(200種類以上)を瞬時に作成するナレッジが集約されています。また、アラートを設定することでセキュリティリスクの即時検知にも役立ちます。

問い合わせ先
ゾーホージャパン
ManageEngine事業
[TEL]045-319-4612
[URL]https://www.manageengine.jp/products/ADAudit_Plus/
資料請求番号:1029
業務カテゴリ→監 査

ManageEngine EventLog Analyzer

統合ログ管理ソフト/簡易SIEMを低価格で導入!

EventLog Analyzer は、低コストで利用できる統合ログ管理ソフトウェア/簡易SIEMです。Windowsイベントログ、Syslogの分析に活用できる他、任意のテキスト形式ログを取り込んでログフォーマットの定義付けを行い、検索に活用できます。既に全世界で5,300社以上に利用され、国内でも金融・大手企業、官公庁等、幅広い業種の導入実績があります。

問い合わせ先
ゾーホージャパン
ManageEngine事業
[TEL]045-319-4612
[URL]https://www.manageengine.jp/products/EventLog_Analyzer/
資料請求番号:1030
業務カテゴリ→監 査

ManageEngine Password Manager Pro

価格で選ばれています! 特権ID利用の申請ワークフロー化と動画による操作記録

ManageEngine「Password Manager Pro」は、ITリソース(サーバー/ネットワーク機器/データベース)の特権ID利用申請ワークフロー、パスワードの自動更新、操作画面の録画機能等を提供し、企業のセキュリティリスク低減に寄与するソフトウェアです。Password Manager Proを踏み台としてITリソースへアクセスすることで(ゲートウェイ方式)、特権IDへのアクセス経路を一本化し、操作履歴を動画として記録できます。さらに、ManageEngineシリーズの「EventLog Analyzer」(イベントログ・アナライザー ※前項解説の製品)と併用することで、特権ID利用時のイベントログ/Syslogを収集し、より詳細な履歴を残せる他、Password Manager Proを介さないアクセスを外部からの不適切なアクセスとみなし、アラート通知も行えます。
Password Manager Proの製品価格は、全てWeb上で公開しています。「マネージエンジン 特権ID」でご検索ください。

問い合わせ先
ゾーホージャパン
ManageEngine事業
[TEL]045-319-4612
[URL]https://www.manageengine.jp/products/Password_Manager_Pro/
資料請求番号:1031
業務カテゴリ→監 査

クライアント操作ログ管理 MylogStar 3

金融機関への導入実績多数! 情報漏えい対策に必要不可欠なログ管理とは?

情報漏えい対策を強化するため、詳細なユーザー証跡管理をおこなうにはクライアントの操作ログが必要です。
MylogStar(マイログスター)は、従業員すべての操作ログを取得することで、不正行為や情報漏えいの流出経路を可視化し、業務プロセスの改善に有効活用できるクライアント操作ログ管理システムです。

「誰が・いつ・どのような操作をしたのか」を正確に把握することで、従業員の情報セキュリティに対する意識レベルの向上と抑止効果を発揮し、操作ミスなどによる不正操作を未然に防止することができます。

MylogStarは、物理環境・シンクライアント環境にかかわらず、精度の高いログ収集力でクライアントの操作ログを取得することで、金融業に必要不可欠な証跡管理を提供します。また、導入環境は1台のスタンドアロン環境から、30,000台のエンタープライズ環境まで、お客様の規模やコストに応じたラインナップでログ管理をサポートします。

■製品の詳細はこちら
 http://www.mylogstar.net/
 ※トライアル版のお申し込みも可能です。

問い合わせ先
ラネクシー
営業本部 ソフトウェアビジネス2部
[TEL]03-6261-4711
[URL]http://www.mylogstar.net/
資料請求番号:1032
業務カテゴリ→監 査

内部脅威対策に画像ログ「Ekran」

あらゆる操作を画像とテキストで忠実に記録する証跡管理システム

高度なセキュリティ対策を要求される金融機関において、証跡管理として、従来のログ管理だけでは不十分です。アプリケーション内の操作などあらゆる操作を正確に漏れなく記録し、瞬時に問題を発見できる対策が不可欠です。

Ekran(エクラン)は、コンピューター操作を画像とテキストで記録し、履歴の再生、検索、レポートなどの機能を搭載する証跡管理製品です。また、USB制御、リアルタイムアラート、ライブ監視機能により不正操作を未然に防ぐことができます。
ウィンドウタイトル、URL、キーストロークなどで検索が可能で、瞬時に、“いつ、だれが、何を”したかがわかります。

Windows、Linux、Citrixのターミナルセッションに対応し、特権ユーザー対策も万全です。
エンタープライズ版では、SIEMとの連携、HA構成、DBアーカイブ、ワンタイムパスワードなどの機能を搭載し大規模環境にも対応できます。
Ekranは、情報漏えい、特権ユーザー、コンプライアンスなどの対策に低価格で活用できます。
■詳細はWebページで:
http://www.jtc-i.co.jp/product/ekran/ekransystem.html

問い合わせ先
ジュピターテクノロジー
プロダクト3部
[TEL]042-358-1250
[URL]http://www.jtc-i.co.jp/product/ekran/ekransystem.html
資料請求番号:1033
業務カテゴリ→基幹業務・iDC

Ambient Office 保険数理計算 HPC Azure トライアルサービス

大規模な並列および一括コンピューティングジョブをクラウドで実現

HPC Azure は、マイクロソフトの提供するパブリッククラウド「Microsoft Azure」上で、計算を分散・並列実行し高速化するために最適化されたプラットフォームです。Excel 高速化のプラットフォームとしても最適です。
保険数理における Embedded Value やリスク量計算など、高性能コンピューティング(HPC)が必要とされる業務で数台から数百台のサーバーを迅速かつ安価に提供することが可能です。Microsoft Azure を使うことで、わずか数分でサーバー環境を提供し、必要な時に必要な台数のサーバーを必要な時間だけ使うことができるため、初期費用と納期を大幅に短縮することが可能です。更に「明日、100CPU 増やしたい!」といった突発的なニーズも HPC Azure であれば、簡単に対応することが可能です。
数理とHPCに精通した金融アドバイザリー部の専門チームによる支援も可能です。

● お客様とのヒアリングを基に、Microsoft Azure および HPC 検証環境構成を構築します。
● 保険数理計算に適したシステム設計を支援します。
● 保険数理ソフト、Excel VBAのカスタマイズ支援を行います。
● アプリケーション検証時に数理面を中心とした検証支援を行います。

問い合わせ先
日本ビジネスシステムズ
金融事業部 金融営業部
[TEL]03-6772-4000
[URL]http://www.jbs.co.jp
資料請求番号:1034
業務カテゴリ→基幹業務・iDC

IT資産管理サービス – JBS IT Asset Manager

管理部門の生産性向上と市場のベンチマークによりITコスト最適化を実現(MRI監修)

JBS IT資産管理サービスでは、別々で管理されているITに関わる資産、コストの一元管理と自社のITコストのベンチマークレポートによりコストの最適化を実現します。
部門内の各個人に色々な情報がEXCELで散乱し、その中身も機器毎や外注毎といった状況で、システム(業務毎)単位にどのくらいコストがかかっているか不明瞭になりがちです。
また、当初の見積もりと実業務の情報も別々に管理されていることが多く、IT資産や契約自体の管理コストが高くなっています。
これらの情報を一元管理することでコスト分析が可能となり、MRIの知見が詰まったデータベースとのベンチマークにより、市場価格との比較が実現できます。
また、データ収集自体もコストのかかる作業ですが、JBSでは企業のITに関連する資産の情報収集の代行サービスも併せて提供しています。

問い合わせ先
日本ビジネスシステムズ
金融事業部 金融営業部
[TEL]03-6772-4000
[URL]http://www.jbs.co.jp
資料請求番号:1035
業務カテゴリ→基幹業務・iDC

Progress Corticon

意思決定を加速するビジネスルール管理システム(BRMS)

Progress Corticonは、世界各国500社以上で利用されているビジネスルール管理システム(BRMS)です。ビジネスルールとアプリケーションを分離することで、ビジネスルールを独立して管理可能な状態にし、システムの柔軟性、見える化と開発のスピードアップを実現します。ビジネスルールの変更もコーディングレスでシステムに反映可能です。金融機関なら、融資審査業務、コンプライアンス、手数料計算、アップ/クロスセルなどに、保険業界なら、医療査定業務、保全システム全般、保険料計算、加入申出書類不備チェックなどに最適です。

問い合わせ先
アシスト
情報基盤事業部
[TEL]03-5276-3653
[URL]https://www.ashisuto.co.jp/product/category/brms/progress_corticon/
資料請求番号:1036
業務カテゴリ→基幹業務・iDC

データセンターサービス「Qicデータセンター博多駅」

お客さまの情報資産を守り抜く、安心と信頼のデータセンターサービスをご提供します。

「キューデンインフォコム(九州電力グループ)」は、全国屈指の低災害リスク・高い都市機能を誇る福岡の特長と高信頼ファシリティ・安心のサポート体制により、金融関係のお客さまをはじめ、自治体や企業の情報システムをお預かりするなど、多くのお客さまにご好評をいただいております。

平成31年には、弊社において3拠点目となる「Qicデータセンター博多駅」を運用開始し、「災害に強い信頼の都市型データセンター」として、最新鋭の高信頼ファシリティでお客さまにご満足いただけるサービスをご提供いたします。

問い合わせ先
キューデンインフォコム
営業本部 データセンター営業部
[TEL]092-771-8519
[URL]https://www.qic.co.jp/
資料請求番号:1037
業務カテゴリ→基幹業務・iDC

顧客データ統合ソリューション「トリリアム」

顧客情報管理業務を強力にバックアップ
名寄せ・クレンジングエンジンの決定版!

「トリリアム」は、データクレンジングと名寄せを行うエンジンで1999年から日本において販売を開始しております。現在200社以上の実績があり、主に金融機関に導入いただいております。昨今の銀行合併におけるHD、FGの名寄せをはじめ、CRM構築、バーゼル、LCR、ペイオフ、AMLなど多様なニーズに対応し課題解決を実現します。

<主な活用事例>
1.システムごとに分散管理された顧客情報の統合…各種業務システム間の顧客データの統合、HD間、FG間の名寄せなど、統合における多様なニーズを実現
2.顧客照会業務でのリアルタイムマッチング…コールセンター・窓口・WEB等より、業務別に分断された顧客のコンタクト履歴のリアルタイムマッチングを実現
3.マーケティング高度化…様々な外部情報(企業情報、市場情報、銘柄情報、格付情報)と顧客情報のマッチングが可能
4.アンチマネーロンダリング対応…反社会的勢力、凍結口座リスト、資金凍結者リスト、その他各種ブラックリストとの柔軟なあいまいマッチング機能の提供により、フィルタリングの精度を最適化
5.預金保険機構規定(ペイオフ)対応業務…きめ細かな点検単位にデータ分類し、効率的なペイオフ対応業務を支援

問い合わせ先
アグレックス
営業統括部
[TEL]03-5990-5210
[URL]https://www.agrex.co.jp/page/trillium
資料請求番号:1038
業務カテゴリ→財務・会計

Fusion 財務統合管理

財務業務データの一元管理を実現するシステム
クラウドシステムによりTCOを削減

資金管理に応じた財務データを一元管理し業務の継続運用を実現します。株式・債券・投資信託等の有価証券と借入金・貸付金等の金融取引を対象に様々な資金移動に対応した伝票の起票と仕訳出力を行います。承認機能によるガバナンス強化、有価証券における管理台帳、グループ企業を含む金融取引のキャッシュフロー情報を出力します。蓄積されたデータを抽出し財務業務の意思決定における情報として活用することが可能です。クラウドシステム及び導入・保守サービスの充実により、導入期間の短縮とリモート接続環境によるサポートを実現しました。

問い合わせ先
Profit Cube
ソリューション営業部 Fusion担当
[TEL]03-4330-3042
資料請求番号:1039
業務カテゴリ→人事・コミュニケーション

遠隔窓口相談システム LiveOnコール機能

相続やローンなどの「遠隔窓口相談システム」
本部の専門スタッフによる遠隔対応が可能に!

「LiveOn コール機能」は、各支店窓口・ローカウンターなどにPC端末を設置することにより、相続やローンなどの相談を遠隔で行うことができる遠隔窓口相談システムです。

支店に来店されたお客様が画面のメニューを選択するだけで簡単に本部の専門スタッフを呼び出すことができ、遠方の支店にいながら対面で本部の専門スタッフと相談を行うことができます。

相続相談やローン・投資信託業務などは手続きが複雑であり、高度な知識や経験が求められるため、特定の行員に業務が集中するという問題が発生します。「LiveOnコール機能」を使用すれば、本部で一括して支店からの相続などの相談業務に対応することができ、行員の負荷軽減と業務効率化が実現できます。

また、これまで営業店で行っていた業務を本部に集中化させることで、個々人のスキルによって生まれていた差異をなくし均質なサービスをお客様に提供することが可能となります。

<主な機能>
■ワンクリックでの呼出
■着信の自動振分け
■資料共有機能(描画も可能)
■保留・転送・複数拠点間通話
■着信予約機能

問い合わせ先
ジャパンメディアシステム
東京営業部
[TEL]03-5297-5511
[URL]http://www.liveon.ne.jp/
資料請求番号:1040
業務カテゴリ→人事・コミュニケーション

働く、が変わるテレワークソリューション LiveOn×PacketiX

テレワークに最適な環境をワンストップでご提供いたします。

【1: いつでもどこでも打ち合わせ 「web会議システムLiveOn」】
テレワーク(在宅勤務)に欠かせないインターネットを使った打ち合わせや、サテライトオフィスとの会議ならLiveOnにおまかせ。

音声遅延と音切れを極力回避する独自の技術で、クリアな音声と軽快な動画映像を実現します。
視覚的に操作ができるインターフェイスなので、パソコン操作に不慣れな方でも簡単にご利用いただけます。

【2: いつでもどこでもデータアクセス 「リモートVPNアクセスPacketiX」】
公衆回線を専用回線であるかのように利用できるようにするVPN(Virtual Private Network)技術です。
社外から企業内のネットワークにアクセスし、どこにいても業務が続行できる環境を実現するリモートアクセスVPNです。

【3: テレワークを導入すると…】
「ワークライフバランスの実現」「BCP対策」「オフィスのコスト削減」「労働人口の確保」「就業機会の拡大」「生産性の拡大」「環境負荷の軽減」など、社会的にも大きな効果を生み出すことになります!

問い合わせ先
ジャパンメディアシステム
東京営業部
[TEL]03-5297-5511
[URL]http://www.bias.jp/
資料請求番号:1041
業務カテゴリ→人事・コミュニケーション

ビジュアルコミュニケーションシステム(Web会議)LiveOn

研修配信・経費削減・BCP対策に最適な高品質Web会議システム

LiveOn(ライブオン)は完全自社開発のWeb会議システムです。

パソコンとインターネット回線を用いて接続し、Webカメラやマイクスピーカーなどの簡易な機器で接続ができるため、手軽に安価な費用で全国の支店を繋ぐ会議システムを導入することが可能です。それにより、従来のように会議や研修の度に一ヶ所に集まる必要がなくなるため、移動に伴う出張経費や時間の削減、業務効率化を実現します。
LiveOnは金融機関様で非常に多く導入されているシステムであり、金融機関様への豊富な実績をもとに、お客様のご要望に合わせたカスタマイズなど、最適なご提案を行うことが可能です。

また、LiveOnでは会議で使用する資料を画面上で共有できる資料共有機能やホワイトボードといった機能をはじめ、メディア(動画)再生、録音録画機能など、幅広い利用シーンに対応できる多彩な機能を標準搭載しています。

無償のトライアルも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

<金融機関様でのご利用用途>
■社内研修の配信
■相続やローンなどの相談窓口
■BCP対策
■社内会議

問い合わせ先
ジャパンメディアシステム
東京営業部
[TEL]03-5297-5511
[URL]http://www.liveon.ne.jp/
資料請求番号:1042
業務カテゴリ→人事・コミュニケーション

グループウェア「desknet's NEO」

会議室予約、申請管理から安否確認まで。組織力をアップする情報共有/業務支援ツール

デスクネッツ ネオは「使いやすさ」と「充実の機能」にこだわったグループウェア。行内の情報共有や業務に活用できる25機能を標準搭載しています。日本のワークスタイルや商習慣に合わせた設計で日々の業務効率を上げ、社内のタテとヨコのつながりを活性化します。
安心・安全が求められる金融機関での利用に不可欠なセキュリティ関連メニュー、オプションも豊富にご用意しています。官公庁・自治体から一般企業での利用はもちろん、銀行、信金、各種組合など様々な金融機関での導入実績があります。

問い合わせ先
ネオジャパン
プロダクト事業本部 営業部
[TEL]045-640-5910
[URL]https://www.desknets.com/
資料請求番号:1043
業務カテゴリ→人事・コミュニケーション

金融機関向け人材育成・教育支援サービス

業務ナビから研修用教材、Web会議まで ―
金融機関の人材育成を多面的にサポート

複雑な業務規程を遵守しながら多種多様な商品を扱う金融機関職員―そんな皆様の人材育成を、さまざまな面からお手伝いします。

【1】事務規定を柔軟に反映できるナビゲーションシステム
各種法律や貴機関の規程にそった事務処理をサポート。投資信託や相続受付など、ケースによって変動する対応・手順を自動的にナビゲートするフォームや複雑な業務処理経路に対応するワークフローで意識せずとも適切に事務処理。
→職員スキルを平準化し、業務品質を向上
【2】専門家監修の研修用教材
金融法務専門家が監修したテキストと理解度テストで業務知識の習得を支援。既存のeラーニングシステムへの搭載や、研修管理システムとのセット提供が可能。
[提供教材例]反社対策基礎講座、改正犯手法基礎講座(2017年春販売)*オリジナル教材製作も可
→高品質な教材で研修負担を軽減
【3】モバイル対応の研修管理システム
スマホやタブレットでも参加できるオンライン研修を実施。教材や研修動画の配信、受講状況の把握、テストの実施や自動採点、成績管理等に対応。職員のスキルを可視化、適切な人員配置や考課に活用。
→学習機会の拡充、教育効果の測定、人材戦略の強化
【4】研修用Web会議システム
双方向から書き込めるホワイトボードや資料共有など、離れた拠点間でも対面と変わらない研修や会議を実施。集合研修を在宅職員にリアルタイム配信、講義や会議を動画保存して利用など幅広い活用が可能。
→時間調整や移動にかかるコストを削減

問い合わせ先
アシストマイクロ
システムソリューショングループ
[TEL]03-5302-2983
[URL]http://www.assistmicro.co.jp/
資料請求番号:1044
業務カテゴリ→人事・コミュニケーション

ビジネスチャット「ChatLuck」

メールより速く、無料ツールより安全で、会議よりも手軽な情報共有を実現します

メールや電話に代わる業務連絡手段として注目を浴びる「チャット」。チャットラックは一般向けチャットツールの使いやすさはそのままに、ビジネス利用に特化した「管理機能」「セキュリティ対策」を備えたチャットツールです。
部署情報が管理できるので、行員の異動や組織再編にも柔軟に対応可能。利用端末の制限も行えるため、管理外の端末からの不正アクセスを防いだり、端末を紛失した際の利用停止措置も取ることができます。行内ネットワークのみに利用を限定することもでき、金融機関で必要な高いセキュリティ環境下でスムーズな情報共有を実現できます。

問い合わせ先
ネオジャパン
プロダクト事業本部 営業部
[TEL]045-640-5910
[URL]https://www.chatluck.com/
資料請求番号:1045
業務カテゴリ→リスク管理

経営支援ソリューション Vivaldiシリーズ

ALM・収益管理に加え営業戦略も提供可能な統合型ソリューション

金融機関の競争が激化してきているなかにおいて、金融機関が収益を拡充していくためには、営業戦略の部門間連携を適切に実施して、戦略の分析および課題の把握による運用の改善を実施し続けていくことが求められています。ProfitCubeでは、統合経営管理データベースに明細データを持つことに加え、ひとつのデータベース上で、ALM、収益管理に加えて営業戦略立案システム(マーケティング)等様々なアプリケーションを動かし、アプリケーション相互間の情報連携を自由に行えるソリューションを提供します。

問い合わせ先
Profit Cube
ソリューション営業部
[TEL]03-4330-3042
資料請求番号:1046
業務カテゴリ→リスク管理

保証・求償債権管理システム

保証の受付から審査、保証管理、償却までの求償債権管理等業務をトータル管理します。

「保証管理システム」、「求償債権管理システム」にて、保証会社における保証・求償債権の管理業務を大幅に精緻化・効率化します。

【保証管理システム】
保証会社向けの保証業務の受付・管理システムです。金融機関からの保証依頼の受付から保証契約成立後の保証料の計算・管理、自己査定までを行い、保証業務全般の効率化を実現します。前受保証料などのシミュレーション機能や、各種統計・管理資料も充実しています。

【求償債権管理システム】
保証債権に関して、母体行からの代位弁済請求を受けて、求償債権の請求・回収から償却処理までを管理するシステムです。債務者の状態別の債権残高等を把握する機能に加え、各状態における業務を支援・管理する文書の作成や、回収・償却を支援する機能を保有しています。

問い合わせ先
アイティフォー
フィナンシャルシステム事業本部
[TEL]03-5275-7905
[URL]http://www.itfor.co.jp/solutions/finance/gms/
資料請求番号:1047
スペース