ニッキン・銀行バーチャルIR:ネット上での銀行の本格的なIR活動を集約したポータルサイト。アナリスト、機関投資家、個人投資家らに利便性を供与し、銀行が正しく評価されることをめざすものです。

Home > 決算説明会概要 > 2016年9月中間決算説明会

2016年9月中間決算説明会


金融アナリスト・山中壽一氏に執筆いただいております。
2016年9月中間決算説明会

千葉銀行 (11/15) ふくおかFG (11/16) コンコルディアFG (11/17)
八十二銀行 (11/17) 静岡銀行(11/21) ゆうちょ銀行(11/21)
ほくほくFG (11/22) 池田泉州HD(11/22) 十六銀行 (11/24)
百五銀行(11/24) スルガ銀行 (11/25) 京都銀行 (11/25)
めぶきFG (11/25) 山口FG (11/28) 群馬銀行 (11/28)
北洋銀行 (11/29) 西日本FH(11/30) 広島銀行(11/30)
中国銀行 (12/2) 伊予銀行 (12/2) 北日本銀行 (12/2)
七十七銀行 (12/6) 山陰合同銀行 (12/7) 山形銀行 (12/7)
山梨中央銀行 (12/7) フィデアHD (12/8) 南都銀行 (12/9)
三重銀行 (12/12)
山中壽一氏 山中 壽一(やまなか・じゅいち)...長野県出身、1975年東京大学卒、第一勧業銀行入行、野村総合研究所、ニッセイ基礎研究所、国際証券、みずほ証券などで金融市場、調査部門でアナリストとして活躍。現在は『未来塾』を立ち上げ、主宰として金融機関を対象とした経営アドバイザーを務める。

千 葉 銀 行 (2016/11/15)   プレゼンテーター:佐久間英利頭取
【筆者コメント】
 次期中計のメインテーマとして実現が目指されるデジタルバンキングに注目したい。

先頭へ



ふくおかフィナンシャルグループ (2016/11/16)   プレゼンテーター:柴戸隆成社長
【筆者コメント】
 十八銀との経営統合が難航、日程の延期がどのような影響を及ぼすかを注視したい。

先頭へ



コンコルディア・フィナンシャルグループ (2016/11/17)   プレゼンテーター:寺澤辰麿社長
【筆者コメント】
 グループが強みを発揮し収益シナジーとコストシナジーが計画以上に進捗。

先頭へ



八 十 二 銀 行 (2016/11/17)   プレゼンテーター:湯本昭一頭取
【筆者コメント】
 今期は大幅な減収減益を予想、長計目標の地域活力創造が収益を下支えできるかに注目したい。

先頭へ



静 岡 銀 行 (2016/11/21)   プレゼンテーター:中西勝則頭取
【筆者コメント】
 今期は増収減益の見通し、次期中計に盛込まれる新成長戦略に注目したい。

先頭へ



ゆ う ち ょ 銀 行 (2016/11/21)   プレゼンテーター:池田憲人社長
【筆者コメント】
 貯金残高が178兆円と単独で地銀と第二地銀の合計預金残高の過半を占める巨大銀行、足元のマーケット対応や今後の成長戦略には課題が山積。

先頭へ



ほくほくフィナンシャルグループ (2016/11/22)   プレゼンテーター:庵栄伸社長
【筆者コメント】
 今期は減収減益に、中計に盛込まれた3コンセプト(営業力の強化、経営の効率化、経営基盤の強靭化)が発揮する下支え効果に注目したい。

先頭へ



池田泉州ホールディングス (2016/11/22)   プレゼンテーター:藤田博久社長
【筆者コメント】
 通期予想の開示が遅れ気味、信頼性確保に向けてはもう一段の踏込みが必要であろう。

先頭へ



十 六 銀 行 (2016/11/24)   プレゼンテーター:村瀬幸雄頭取
【筆者コメント】
 今期は減収減益を予想、次期中計にどのような成長戦略が盛込まれるかに注目したい。

先頭へ



百 五 銀 行 (2016/11/24)   プレゼンテーター:伊藤歳恭頭取
【筆者コメント】
 収益面でのじり貧状態が鮮明化、隣県地銀との連携強化による成長性確保が急務に。

先頭へ



ス ル ガ 銀 行 (2016/11/25)   プレゼンテーター:岡野光喜会長
【筆者コメント】
 厚い利ざや(預貸金粗利ざやは地銀平均の2.8倍、預貸金利ざやは地銀平均の5.7倍)によりマイナス金利下でも業務粗利益、コア業務純益、中間純利益は最高益を更新中、新社長のこれからの舵取りに注目。

先頭へ



京 都 銀 行 (2016/11/25)   プレゼンテーター:土井伸宏頭取
【筆者コメント】
 関西2府3県における広域地銀戦略を独力で展開、次期中計にどのような成長戦略が盛込まれるかに注目したい。

先頭へ



めぶきフィナンシャルグループ (2016/11/25)   プレゼンテーター:寺門一義社長
【筆者コメント】
 グループの統合基本戦略を発表、トップラインシナジーと経費削減シナジーの進捗状況に注目したい。

先頭へ



山口フィナンシャルグループ (2016/11/28)   プレゼンテーター:吉村猛社長
【筆者コメント】
 今期は大幅な減収減益の予想、中計の2つのビジネスモデル(ソリューション・モデルとライフサイクルマネジメント・モデル)がどう機能するかに注目したい。

先頭へ



群 馬 銀 行 (2016/11/28)   プレゼンテーター:齋藤一雄頭取
【筆者コメント】
 今期は減収減益を予想、リテール貸出の収益下支え効果に注目したい。

先頭へ



北 洋 銀 行 (2016/11/29)   プレゼンテーター:石井純二頭取
【筆者コメント】
  今期は減益を予想、次期中計に盛込まれる成長戦略に注目したい。

先頭へ



西日本フィナンシャルホールディングス (2016/11/30)   プレゼンテーター:谷川浩道社長
【筆者コメント】
 持株会社体制に移行、それがどのような成長をもたらすかに注目したい。

先頭へ



広 島 銀 行 (2016/11/30)   プレゼンテーター:池田晃治頭取
【筆者コメント】
 今期は当期純利益を除いて減益を予想、成長戦略により現状打破が図れるかどうかに注目したい。

先頭へ



中 国 銀 行 (2016/12/2)   プレゼンテーター:宮長雅人頭取
【筆者コメント】
 今期は大幅な減収減益を予想、生産性改善に向けて進められる次期中計の基本戦略に注目したい。

先頭へ



伊 予 銀 行 (2016/12/2)   プレゼンテーター:大塚岩男頭取
【筆者コメント】
 今期は大幅な減収減益を予想、中計の諸施策によりどこまで成長軌道への回帰ができるかに注目したい。

先頭へ



北 日 本 銀 行 (2016/12/2)   プレゼンテーター:佐藤安紀頭取
【筆者コメント】
 今期は減収減益を予想、これからの難局に対峙(たいじ)していく取組み姿勢に注目したい。

先頭へ



七 十 七 銀 行 (2016/12/6)   プレゼンテーター:氏家照彦頭取
【筆者コメント】
 MEJAR移行費用ピークアウトが業績を下支え、今後の中計施策がもたらす増益効果に注目したい。

先頭へ



山 陰 合 同 銀 行 (2016/12/7)   プレゼンテーター:石丸文男頭取
【筆者コメント】
 積極的な有価証券投資を厚い自己資本でカバー、今後のビジネスモデルの方向性に注目したい。

先頭へ



山 形 銀 行 (2016/12/7)   プレゼンテーター:長谷川吉茂頭取
【筆者コメント】
 今期は減益幅拡大を予想、重点課題として取組む長計施策の収益下支え効果に注目したい。

先頭へ



山 梨 中 央 銀 行 (2016/12/7)   プレゼンテーター:進藤中頭取
【筆者コメント】
 今期は減収減益を予想、県内の成長鈍化をカバーする西東京ブロックでの戦略展開に注目したい。

先頭へ



フィデアホールディングス (2016/12/8)   プレゼンテーター:田尾祐一社長
【筆者コメント】
 今期は大幅な減収減益を予想、次期中計に盛込まれる効率化施策に注目したい。

先頭へ



南 都 銀 行 (2016/12/9)   プレゼンテーター:橋本隆史頭取
【筆者コメント】
 次期中計を十分な時間を使い説明、重点戦略がどのような形で実行に移されるかに注目したい。

先頭へ



三 重 銀 行 (2016/12/12)   プレゼンテーター:渡辺三憲頭取
【筆者コメント】
 第三銀と経営統合交渉を進めていることが判明、今後の統合への動きに注目したい。

先頭へ


※詳細はニッキンレポート(2016/2/6、2/13、2/20、2/27、3/6号)に掲載。開催日順

2017年4月10日

▲ このページのトップへ