金融ニュービジネス&テクノロジー研究会

HOME > CMC > 金融ニュービジネス&テクノロジー研究会

金融ニュービジネス&テクノロジー研究会のご案内

「金融ニュービジネス&テクノロジー研究会」(N研)

この研究会の目的は、金融機関経営や業務への影響が予想される、新しいビジネスモデルやIT開発などの利用方法をテーマとして調査研究し、新規参入も含めた金融サービス業における経営・ 業務の改革や改善に活かすことにあります。
毎月一回、専門家を招き月例研究会(半日)を開催しています。
研究会には「当研究会会員」と「金融機関機械化研究会(BAC)会員」の他に「非会員機関」にもご参加いただけます。
会員機関は2014年3月現在、24機関です。「金融機関機械化研究会(BAC)」と同じく、金融機関、メーカー・ベンダー、ソフトハウス等にご登録いただいております。

会員は
(a)N研特別会員
(b)N研会員の2区分になっています。

(a)N研特別会員は
 (1)月例研究会への参加は2名まで無料です。
 (2)月例研究会の資料を送ります。
 (3)CMC機関誌「バンキングシステム」(年4回発行)を1部送ります。

(b)N研会員は
 (1)月例研究会への参加は1人10,800円です。
 (2)月例研究会の資料を送ります。
 (3)CMC機関誌「バンキングシステム」(年4回発行)を1部送ります。

(c)金融機関機械化研究会(BAC)の月例研究会もご参加できます。

会員機関・会社の社員が当カレッジのセミナーを受講するときは、料金が2日間セミナーで約8,000円強割引になります。

会費(年会費)は下記のとおりです。

(a)N研特別会員 88,020円 (本体価格 81,500円)
(b)資料会員 41,040円 (本体価格 38,000円)

直近の研究会テーマのご案内

BAC・N研 1月合同研究会

「地域金融機関のデジタル化の意義とその未来」
~地銀7行共同出資会社『株式会社フィンクロス・デジタル』の役割と戦略~

デジタル化の流れを前向きに捉え、これに対して積極的に対応することにより自行の未来を切り開いていこうと、7行の地銀が(株)フィンクロス・デジタルを共同出資で設立しました。日本において提供されるFinTechサービスを、銀行業務との関わりやその影響の濃淡により、いくつかのグループに分け、その概要を紹介するとともに、デジタル化への対応を地銀が共同で行っていくメリットと、その成功の可能性を探ります。

金融ニュービジネス&テクノロジー研究会のお問い合わせ

  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせ・
資料請求などは
こちらからご連絡ください。