金融ニュービジネス&テクノロジー研究会

HOME > CMC > 金融ニュービジネス&テクノロジー研究会

金融ニュービジネス&テクノロジー研究会のご案内

「金融ニュービジネス&テクノロジー研究会」(N研)

この研究会の目的は、金融機関経営や業務への影響が予想される、新しいビジネスモデルやIT開発などの利用方法をテーマとして調査研究し、新規参入も含めた金融サービス業における経営・ 業務の改革や改善に活かすことにあります。
毎月一回、専門家を招き月例研究会(半日)を開催しています。
研究会には「当研究会会員」と「金融機関機械化研究会(BAC)会員」の他に「非会員機関」にもご参加いただけます。
会員機関は2014年3月現在、24機関です。「金融機関機械化研究会(BAC)」と同じく、金融機関、メーカー・ベンダー、ソフトハウス等にご登録いただいております。

会員は
(a)N研特別会員
(b)N研会員の2区分になっています。

(a)N研特別会員は
 (1)月例研究会への参加は2名まで無料です。
 (2)月例研究会の資料を送ります。
 (3)CMC機関誌「バンキングシステム」(年4回発行)を1部送ります。

(b)N研会員は
 (1)月例研究会への参加は1人10,800円です。
 (2)月例研究会の資料を送ります。
 (3)CMC機関誌「バンキングシステム」(年4回発行)を1部送ります。

(c)金融機関機械化研究会(BAC)の月例研究会もご参加できます。

会員機関・会社の社員が当カレッジのセミナーを受講するときは、料金が2日間セミナーで約8,000円強割引になります。

会費(年会費)は下記のとおりです。

(a)N研特別会員 88,020円 (本体価格 81,500円)
(b)資料会員 41,040円 (本体価格 38,000円)

直近の研究会テーマのご案内

BAC・N研 5月合同研究会

「中国のキャッシュレス・イノベーションの課題と邦銀の対応」

中国では、ALipayやWeChat Payなどによる非対面電子決済が拡大、すでに第三者決済の9割以上を占めると言われています。国際銀聯やアントン・フィナンシャル・Alipayを訪問した講師が、両者の内容と取り組みを報告するとともに、日本への本格進出を検討するビッグデータ利用イノベーション企業の課題とわが国金融機関の対応について解説します。

BAC・N研 4月合同研究会

「キャッシュレス社会におけるATMサービス」

ATMの利用手数料を収益の柱にして成長を遂げてきたセブン銀行が、キャッシュレス社会の到来を見据えて、利用者のライフスタイルの変化に応じた新たなATM利用スタイルの創造を進めるための取り組みを、外部変化への対応事例として紹介します。

金融ニュービジネス&テクノロジー研究会のお問い合わせ

  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ
  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせ・
資料請求などは
こちらからご連絡ください。