金融機関機械化研究会について

HOME > CMC > 金融機関機械化研究会について

金融機関機械化研究会のご案内

「金融機関機械化研究会」(BAC)

当研究会は40年の歴史をもつ実践的な研究会です。目的は、金融機関の経営環境・戦略の変化に即応したシステム構築と事務処理の効率化に役立つことと、会員相互の交流を図ることにあります。
毎月1回、専門家を招き月例研究会(半日)を開催しています。
会員機関は2014年3月現在、161機関です。金融機関を中心にメーカー・ベンダー、ソフトウェア開発会社など数多くの業種の企業に登録いただいております。

会員は(a)正会員(b)資料会員(c)一般会員の3区分になっています。

恩典は(1)月例研究会への参加は2名まで無料です。

(2)月例研究会の資料を送ります

(3)CMC機関誌「バンキングシステム」(年4回発行)を2部送ります。

資料会員は(1)月例研究会に欠席されても当日の資料をお送りします。

(2)月例研究会参加料は1人10,800円です。

(3)CMC機関誌「バンキングシステム」を1部お送ります。

一般会員は(1)月例研究会参加料は1人10,800円です。

(2)CMC機関誌「バンキングシステム」を1部送ります。

金融ニュービジネス&テクノロジー研究会(N研)の月例研究会もご参加できます。
その他、会員機関・会社の社員が当カレッジのセミナーを受講するときは、参加料金が2日間セミナーで約8,000円強割引となります。

会費(年会費)は下記のとおりです。

(a)正会員 88,020円(本体価格 81,500円、消費税 6,520円)
(b)資料会員 41,040円(本体価格 38,000円、消費税 3,040円)
(c)一般会員 21,600円(本体価格 20,000円、消費税 1,600円)

研究会テーマのご案内

BAC・N研 4月合同研究会

「オンラインビジネスの最先端とデータサイエンス/AI」

金融機関の企画推進担当やFintech推進担当の方を対象に、オンラインビジネスの最先端とデータサイエンスを活用したマーケティングや信用リスク評価について共有し、金融機関に求められる課題解決の方向性について、参加者同士のディスカッション等を踏まえ、次の取り組みに対するヒントを見出します。

BAC・N研 3月合同研究会

「銀行勘定系システムの現状と課題および今後の方向性」

金融業の収益力低下から巨大な社会的インフラストラクチュア―に成長した勘定系システムと、その周辺システムをさらにバージョンアップして維持していくことは容易ではなくなっています。勘定系システムを中心にした銀行システムの現状の問題と課題、および今後の銀行が果たすべき社会的役割を踏まえたうえでの今後のあり方を考えます。

金融ニュービジネス&テクノロジー研究会のお問い合わせ

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-3-3

  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせ・
資料請求などは
こちらからご連絡ください。