金融マップ2019年版

HOME > 月刊金融ジャーナル > 金融マップ2019年版

月刊金融ジャーナル増刊号 金融マップ2019年版(最新47都道府県の金融勢力図)

ディスクロージャー・IRの活用にも最適のデータ

 日本銀行による異次元緩和政策が始まってから、まもなく6年となる。この間、金融機関を取り巻く収益環境は厳しさを増しており、2018年3月期の決算内容でも、その傾向は鮮明に表れている。金融庁トップも遠藤俊英長官にバトンタッチとなり、今後は持続的なビジネスモデルを構築できるか否か、一層、厳しい視線が注がれよう。一方、フィンテックの流れは従来の金融モデルに変革の波をもたらしており、全国の金融機関は、環境変化の荒波のなか、自らの進むべき道を選択していくことになる。各金融機関の2018年3月末の預貸金・店舗の動向は、2019年以降に向けた戦略を予感させるものとなっており、その分析は、近未来の国内金融界の姿を占う上で注目に値しよう。

本体価格1,905円+消費税

記事・ランキング

(1)【ランキング】

地銀・第二地銀個別行
地元預貸金シェアランキング
業態別・都道府県別預貸金シェアランキング

(2)【資料】

「地元銀行」VS「ゆうちょ銀」の預貯金シェア比較
都道府県別の金融機関数推移
預貯金シェアの20年比
貸出金シェアの20年比

都道府県別ページの構成

(1)各地区単位の経済動向解説
(2)2018年3月末および5年前、10年前における、地元銀行・第二地銀、預金5000億円超の信金・信組などの預貸金、シェアとその増減、店舗数
(3)各都道府県の金融動向解説
(4)各都道府県の現勢(人口・法人数・県内総生産・県民所得など)

【訂正】
 金融マップ2019年版30ページ「杜の都信用金庫」の、預貸金シェア、シェア増減で間違いがありましたので、お詫びして訂正します。正しくは下記の通りです。

購読・購入のお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙を金融ジャーナル社(FAX番号 03-3261-8839)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。
確認ができました方から順次発送いたします。

※キャンセルにつきましては、お近くの<本社・支社局>まで、ご本人様よりご連絡ください。
> 個人情報保護方針・プライバシーポリシー

  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせ・
資料請求などは
こちらからご連絡ください。