発行部数10万部 国内最大の金融総合専門紙ニッキン 発行部数10万部 国内最大の金融総合専門紙ニッキン

案内の人

今なら購読料最大15%サービス
キャンペーン実施中

「ニッキン」が、金融機関にお勤めの方を中心に
多くの方にご愛読頂いている
5

1

金融界全体、金融行政・政策の情報が充実、
読みやすい業態別面立て

金融行政(財務省・金融庁など)や金融政策(日銀)の動向をいち早くキャッチ メガバンク(都銀など)、リージョナルバンク(地銀・第二地銀)、コミュニティバンク(信金・信組・労金・農協)、証券・保険・外資系機関、日本郵政グループ、ノンバンクといった業態別に各業態と各機関別の最新の動向と動きを詳細に掲載

紙面紹介

総合面
金融行政(財務省・金融庁など)・金融政策(日銀)・社説・ニッキン抄(コラム)等
都銀・信託銀面
都市銀行・信託銀行の個別記事や傾向記事、「今週のメガバンクグループ」等
証券・保険・外資系面
証券会社・保険会社・外資系金融機関の個別記事や傾向記事など
リージョナルバンク面
地方銀行・第二地方銀行協会加盟銀行の個別記事や傾向記事など
コミュニティーバンク
【信金・信組】面
信用金庫・信用組合の個別記事や傾向記事など
コミュニテイーバンク
【JA・労金・ゆうちょ・かんぽ・郵便局】面
農業協同組合・労働金庫・ゆうちょ銀行・かんぽ生命・郵便局の個別記事や傾向記事等、「東西南北」(全国9地域ごとタイムリーな話題)
企画・特集面
その時々タイムリーな出来事、話題を掘り下げて伝えます
オピニオン面
「記者手帳」(記者が全国から経営方針などを取材)
「ちょっと一言」(時々の有名・著名人の生きざまを伝え、金融機関に一言)
「東西ペンリレー」(金融機関経営者の随筆)
企業・財務・IT面
金融機関に関係の深い一般企業やIT系企業の個別記事や傾向記事など
研修面
研修のフォローアップに役立つ幅広い金融の知識を事例・Q&A方式を中心に連載しています
人材育成面
自己啓発と仕事に役立つ情報を掲載します。「失敗から学ぶ」や「金融知識 アレ?これ!」など
ノンバンク・業界総合面
ノンバンクの個別記事や傾向記事など
特集・人事面
「人事異動」は金融機関の支店長以上の異動を網羅
〈注〉を読むと、金融機関の動きがつかめる
人事管理・組合・社会・人事面
全金融機関の人事管理(人事制度、給与・賞与、研修活動)の動きと職員組合の動き
社会・文化面
金融機関に関係する社会活動や文化活動、事件など
第一線面
営業店の最新動向を掲載
2

その時々の話題のテーマを特集・
企画記事を掲載しています

その時々の話題になっているテーマを取り上げた特集記事や企画記事を随時掲載しています。深掘りした記事で、「いま、何が問題になっているのか」が具体的内容を通して理解できます。

掲載記事

ゼロ金利政策で金利収益が厳しい中、非金利収入の増加が求められている。M&Aや事業承継関連のコンサルティングフィーや、ビジネスマッチング関係、預かり資産営業、各種手数料見直しなど、焦点を絞って銀行の動きを報じています。

掲載記事

自らのミスで顧客の怒りをかったり、上司・先輩にリカバリーしてもらったなど、様々な失敗や苦い経験と、その教訓を自らの成長にどうつなげたかを振り返ってもらう“生きたスキル情報”です。

掲載記事
安倍政権が2014年に地方創生を掲げてから3年経過。多くの地域金融機関が地元自治体と手を携え、さまざまな取り組みを展開して、各地でつぼみは膨らみつつある。その現場を追った。
3

個人読者限定の無料Webサービス!
「ニッキンプラザ」の便利な機能

ニッキンプラザは、ニッキンを個人で購読されている読者の方限定の無料Webサービスです。前週号のニッキンの記事データが、金曜日には閲覧・検索・印刷が可能になります。しかも過去6カ月分のバックナンバーまでを利用できます。

  • スマホ・タブレット・PCでご利用可能!

    一つのアカウントで、複数の端末からアクセスいただけます。通勤時間や会社の休憩時間など場所を選ばず記事がご覧いただけます。

  • 過去6カ月分の記事をご覧いただけます!

    過去6ヶ月~前週号までの記事データから目的の情報を検索いただけます。

  • 最新号をWEBで発行日に読めます!

    ニッキン本紙の紙面(イメージ)を、発行日の9時から読めるようになりました。
    パソコン、スマートホン・タブレットでご覧いただけます。

4

全国
金融機関情報をカバー

国内、本社・1支社・10支局の12拠点を足場にして、全国の金融機関の情報を、くまなくカバーしています。

5

信頼を頂き、設立”63年”
安心して読め、活用できます

『金融機関等が国民大衆とともに発展していくために存在する専門紙である。そして、金融機関を利用する側の立場に立った編集を基本とする』という編集綱領の元に、日本金融通信社・設立63年、発行部数10万部の実績があり、金融機関の方々のご信頼を頂戴しております。

金融機関幹部・トップの多くの方に
購読いただいております。

発行部数の80%が金融機関にお勤めの方が自宅で購読されています。そして、金融機関幹部の方はもとより、金融機関トップの方にも多くお読みいただいています。

地方銀行経営者トップの方のうち、50%以上の方が自宅購読されています。しかも、ご購読期間は平均で24年以上。金融機関とともに仕事をされる方の情報共有ツールとして最適です。

地方銀行経営者トップ購読率 50%以上
国内最大の「金融機関のためのITフェア」FIT

国内最大の「金融機関のためのITフェア」FIT

2000年に誕生した、金融総合専門紙「ニッキン」(日本金融通信社)が主催する国内最大の「金融機関のためのITフェア」です。過去17度の開催では、のべ22万8千人以上の金融機関、金融機関関係者が来場し、出展社との商談、情報交換の場としてご活用いただいてまいりました。

一般記事の他に
どのような記事が読めるの?

記者手帳
記者手帳=金融機関経営トップや金融行政・政策の長の具体的な生の声を聞き、その経営方針や政策を浮き彫りにする
  • 記者手帳
  • 記者手帳
  • 記者手帳
  • 記者手帳
  • 記者手帳
脚光
新任経営トップの抱負、人物紹介を就任時に報じる
  • 脚光
横顔・
日銀支店長
異動直後の財務局長・日銀支店長の抱負、人物をすばやく紹介
  • 横顔・日銀支店長
  • 横顔・日銀支店長
東西南北
地域経済動向、地域金融機関の経営動向、地域と金融機関との関わり合いなどのローカル色豊かな話題を提供
  • 東西南北
役員異動・人事異動
ニッキンの人事異動情報は、他紙と違い、<注>が重要です

(1)異動の総勢は何人か
(2)特徴は何か
(3)初支店長・初部長の略歴は?――
   などが分かります。それにより企業の戦略が見えてきます。

  • 役員異動・人事異動
  • 役員異動・人事異動

上記記事以外にも、連載内容満載です。

媒体概要

発行日 毎週金曜日ブランケット判20~22頁
創刊 1955年8月29日
価格(税込み) 17,160円/年
お支払方法 クレジットカード払い、口座自動振替、お振り込み(請求書発行)からご選択

(注)購読料は前納制、月1,430円<1年または2年(年特2の場合)契約。その後は自動継続。購読料は6カ月・1年・2年(クレジットカードに限る)払い>
※お支払い方法の年特1・年特2は、個人ご購読者の年払い特典サービスで、購読料(年特1は1年分・年特2は2年分)をクレジットカードで一括前払いする方に、購読料をサービス(年特1は 10%=1,716 円・年特2は 15%=5,148 円)します。

「ニッキン」購読のお申し込み方法

ニッキンのお申し込みはWeb申込みフォームより承っております。

1

購読お申し込み方法1

お申し込みフォームより、ご注文部数、お名前、ご送付先ご住所、お支払い方法等をご入力ください。

2

購読お申し込み方法2

ご記入頂いたメールアドレスに送付したご注文内容の確認メールに記載のURLにアクセスいただき、お申込み完了です。

3

購読お申し込み方法3

お申し込み頂いた週より発送いたします。

発行部数10万部 国内最大の金融総合専門紙ニッキン
案内の人

今なら購読料最大15%サービス
キャンペーン実施中

発行部数10万部 国内最大の金融総合専門紙ニッキン

私はニッキンの
購読を推薦します

「私はニッキンの購読を推薦します」

とても有益な情報収集ツールです!

(地方銀行・役員様)

「『ニッキン』は、金融総合専門紙として、金融行政・政策を含む金融業界全般の最新情報から、個別金融機関の最新動向まで、幅広く深く掲載しており、とても有益な情報収集ツールです。」

情報共有ツールとして欠かせません!

(ITベンダー・幹部様)

「『ニッキン』は、金融機関幹部の方の多くが読まれていて、情報共有ツールとして欠かせません」

金融機関行職員の多くの方が購読している情報源であることから、コミュニケーションの材料になります!

(支援機関・役員様)

「『経営革新等認定支援機関』は、『金融機関と経営支援の一体的な取り組み』を実践し、経営支援を行うためにも金融情勢をタイムリーにつかむ必要があります。『ニッキン』は金融機関行職員の多くの方が購読している情報源であることから、コミュニケーションの材料になります」

よくあるご質問

Q

記事にはどのような内容が掲載されているのですか?

A

金融業界全体、政策行政をはじめ、業態別に面建てて内容を掲載しております。
紙面イメージのサンプル電子ブックがございますので、ぜひご覧ください。

Q

新聞配送の時間は決まっているのですか?

A

毎週金曜日にご指定の住所まで郵送でお届けしています。

媒体概要

発行日 毎週金曜日ブランケット判20~22頁
創刊 1955年8月29日
価格(税込み) 17,160円/年
お支払方法 クレジットカード払い、口座自動振替、お振り込み(請求書発行)からご選択

(注)購読料は前納制、月1,430円<1年または2年(年特2の場合)契約。その後は自動継続。購読料は6カ月・1年・2年(クレジットカードに限る)払い>
※お支払い方法の年特1・年特2は、個人ご購読者の年払い特典サービスで、購読料(年特1は1年分・年特2は2年分)をクレジットカードで一括前払いする方に、購読料をサービス(年特1は 10%=1,716 円・年特2は 15%=5,148 円)します。

「ニッキン」購読のお申し込み方法

ニッキンのお申し込みはWeb申込みフォームより承っております。

1

購読お申し込み方法1

お申し込みフォームより、ご注文部数、お名前、ご送付先ご住所、お支払い方法等をご入力ください。

2

購読お申し込み方法2

ご記入頂いたメールアドレスに送付したご注文内容の確認メールに記載のURLにアクセスいただき、お申込み完了です。

3

購読お申し込み方法3

お申し込み頂いた週より発送いたします。

発行部数10万部 国内最大の金融総合専門紙ニッキン
案内の人

今なら購読料最大15%サービス
キャンペーン実施中

発行部数10万部 国内最大の金融総合専門紙ニッキン

会社概要

商号 株式会社日本金融通信社
(英文名)The Japan Financial News Co., Ltd.
本社
東京都千代田区九段南4-3-15 [地図]
TEL:03-3261-9971
FAX:03-3264-7087

(ニッキン第2ビル)
東京都千代田区九段南4-4-9
設立 1955年8月27日
資本金 3,000万円
代表者 代表取締役社長 伊保研一
支社・支局 国内:1支社・10支局
従業員数 170名
主たる業務 全金融機関と行職員を主たる対象とする金融総合専門紙・ニッキン、日本金融名鑑、縮刷版、その他書籍等の発行、調査・研修事業、コンサルティング、金利情報などの各種情報サービス
会員・加入 (社)日本ABC協会、(社)日本広告審査機構、財務省財政クラブ、金融庁記者クラブ、郵政記者クラブ、日銀金融記者クラブ、兜倶楽部、関西金融記者クラブ、名古屋金融記者会、福岡経済記者クラブ