HOME > 「ニッキン」最新号から > 国際 > 2018年6月29日号11面 米国現地取材・デジタルバンキング2018、AIで身近にバンカー

2018年6月29日号11面 米国現地取材・デジタルバンキング2018、AIで身近にバンカー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 課題は人間味のあるデジタル化、独自APIが収益源構築

 6月6~8日に開かれたソースメディア社主催の「デジタルバンキング2018」(以下、本イベント)を現地取材した。「キーワードは、ビッグデータ解析とAI(人工知能)に基づくパーソナライゼーション(きめ細かな個人対応)」――。この言葉が会場の至る所で聞かれた。米国テキサス州オースティンのオースティン・コンベンション・センターには、全米はもとより、日本を含むアジア、ヨーロッパから約1200人の銀行関係者らが参集。最新のデジタルバンキングについて、70を超えるセミナーやパネルディスカッションが開催された。JPモルガン・チェース、シティグループ、ウェルズ・ファーゴ、BBVAなどの先進事例が発表される一方、米銀行界が立ち上げた個人間決済プラットフォームのゼルのセッションなども注目を集めた。
 数年前までは、台頭するフィンテック企業によって……

【写真】出展社ブース会場では活発な商談が展開された(6月6日、いずれもテキサス州オースティンのオースティン・コンベンション・センター)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事