2017年5月8日号

◇保険情報◇


健康年齢少額短期保険
大橋宏次社長

保険トップインタビュー
健康年齢少額短期保険
大橋宏次社長に聞く

2017年の「少額短期保険大賞」は、健康年齢少額短期保険が2016年6月に販売開始した「健康年齢連動型医療保険」が受賞した。3月2日の「ミニ保険の日」に発表されたもので、プロ(同業者)が先見性に富んだ商品を選定した。最大の特徴が、契約時の「実年齢」ではなく、加入者の健康状態から割り出した「健康年齢」に応じて保険料が決まる点。これまでにない画期的な商品だ。健康保険組合の実際の健診情報やレセプト(診療明細)などのビッグデータを活用したInsTech(保険テクノロジー)商品の先駆けともなった。既に、りそなグループの3銀行でも、16年12月から「健康年齢」を使ったネオファースト生命保険の「カラダ革命」を販売開始しており、今後こうした「健康増進型保険」は一般に広く普及しそう。新たな分野を開拓する大橋宏次社長に、商品開発の経緯や今後の展開を聞いた。

第130回『ヒトの輪』 オフィス エイ・エイチ
戸田博之代表
顧客との接点作り
保険窓販情報 三菱東京UFJ銀行、武蔵野銀行・但馬銀行、第四銀行、
名古屋銀行、京都信用金庫、オリックス生命保険

◇経営情報◇

急拡大するアプリ(3)
(第二地銀・信金
2017 年4月調査)
第二地銀16行・11信金が計36のアプリ提供
「口座開設アプリ」は、7 行・6 信金が導入
国債など公共債の預かり資産残高
(地域銀等、大手信金・信組
2017年3月末)
2016年3月末比残高増は14金融機関で7機関増加
中国銀行、北洋銀行、多摩信用金庫が業態別トップ
金融機関の店舗新設・廃止の
状況
(2016年度)
新設は58機関(前年度比4増)の76カ店(30減)
大阪商工信用金庫、電話専用店舗を開設し全国営業
地域銀行の新経営計画概要
(2017年度スタート分)
広島銀行、西京銀行、沖縄海邦銀行が前倒しで新計画
中国銀行は10年計画、宮崎銀行などは10年ビジョン

展 望

開催された経営計画説明会

  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ
  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせ・
資料請求などは
こちらからご連絡ください。