2017年5月15日号

◇経営情報◇

個人向け国債販売実績
(地域銀、大手信金・信組等 2016年下期)
販売額は地銀107%増、第二地銀156%増
業態別では肥後銀行、北洋銀行、帯広信用金庫がトップ


 地域銀、大手信金(2017年1月末預金残高5,000億円以上)、大手信組(同3,000億円以上)等を対象に、2016年度下期の個人向け国債販売状況の調査を実施した。4月27日までに回答があった地銀64行、第二地銀39行、大手75信金、10信組および三井住友信託銀の販売額および販売件数を特集する。調査対象とした国債は、2016年11月から2017年4月に発行された変動10年債(第79~84回)、固定5年債(第67~72回)、固定3年債(第77~82回)。


貸金庫キャンペーン等の動き
(地銀、第二地銀、信金
=2017年4月調査)

地域銀、2017年以降で前年同期比2倍増超の7件
マイナス金利で非金利収入増が重要課題に
信金の定積契約高比率
ランキング
(2017年3月末)
住宅ローン金利 (2017年5月)
コール・NCDレートの推移 (2017年4月)

◇保険情報◇

保険特集 世界リタイアメント意識調査 第3回
ソニーライフ・エイゴン生命・宮川貴央氏
第131回『ヒトの輪』 アメリカンファミリー生命保険・木下信行シニアアドバイザー
中国のデジタルイノベーション
保険窓販情報 りそな銀行・埼玉りそな銀行、北海道銀行、清水銀行、鳥取銀行、
伊予銀行、西日本シティ銀行、蒲郡信用金庫

展 望

スチュワードシップ・コード改訂と議決権行使助言会社

  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ
  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせ・
資料請求などは
こちらからご連絡ください。