2017年5月29日号

◇保険情報◇

個人年金保険販売実績
(地域銀等、大手信金 2016年度下期)
地域銀、定額平準払い対前年同期比20%超増加
変額一時払いで地域銀の販売件数が対前年50%割れに


 2016年度下期の生損保窓販実績をアンケート調査し、回答があった地方銀行64行、第二地方銀行41行、大手78信用金庫(2017年1月末預金残高5,000億円以上および販売実績のある信用金庫)、大手行等の個人年金保険販売実績を特集する。地域銀行の変額個人年金保険は、販売件数・収入保険料ともに減少率は50%を超え、依然として縮小傾向が続く。一方、平準払い定額個人年金保険の販売件数は、全業態で前年同期を上回っており、金融機関窓販でその存在感を高めている。件数ベースで見ても、調査対象機関合計で変額個人年金保険一時払い型1万5,089件、定額年金保険一時払い型1万3,566件といずれも1万件台なのに対し、定額個人年金保険平準払い型は8万9,305件と、9万件に迫る勢いとなっている。


保険特集

拡大するユニット・リンク保険−第1回
アクサ生命保険・鈴木幸光氏
第133回『ヒトの輪』 オリバーワイマングループ  富樫直記・日本代表パートナー
BigData、AIを超える情報把握・情報活用
保険窓販情報 山形銀行、伊予銀行、
福岡銀行、高知銀行、京都北都信用金庫、
ネオファースト生命保険・百五銀行
保険窓販商品新規取扱状況 (2017年4月)

◇経営情報◇

金融機関による健康増進の取組み
(銀行、信金、信組、保険
=2017年5月調査)
70機関2グループが多彩な94件の取組み
塩沢信組、健診項目改善で預金最大0.5%優遇
信金の渉外人員比率ランキング (2017年3月末)

展 望

日本の海外買収の成功の秘訣は?

  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ
  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせ・
資料請求などは
こちらからご連絡ください。