2017年8月28日号

◇決算分析◇

2017年4~6月期決算概況(2)
(地銀)
55社の合計純利益は前年同期比23.1%の大幅減
コンコルディアFGが195億円でトップ


 地方銀行57社の2017年4~6月期決算(連結ベース)は、経常収益の合計が1兆3,915億円、経常利益は3,862億円、四半期純利益は2,710億円となった。16年10月に発足しためぶきフィナンシャルグループ(FG)と西日本フィナンシャルホールディングスを除いた55社ベースでは、経常収益が1兆2,916億円で前年同期比▲192億円(▲1.4%)減少、経常利益は3,565億円で同64億円(1.8%)増加、四半期純利益は2,516億円で同759億円(▲23.1%)の減少となった。
 純利益の大幅減は、東京TYFGとコンコルディアFGが前年同期に計上した負ののれん発生益(194億円、603億円)が剥落したことによるもので、両社を除けば、ほぼ同額の利益水準となった。




信金の個人ローン残高
(2017年3月末)
消費者ローンは前期末比8.5%増と急伸
個人ローン増加額トップは440億円増の豊田信用金庫
2017年3月期決算説明会報告(7)
金融アナリスト 山中壽一
名古屋銀行、京葉銀行、中京銀行、佐賀銀行、
富山第一銀行、筑波銀行

◇経営情報◇

<創刊30周年企画(3)>
信用組合の預金・貸出金、30年比較
(2017年3月末)

147信組で貸出金を5兆円以上、2倍に伸ばす
貸預金増加率上位に大阪府下の信組が並ぶ
役員の報酬等の状況
(全国銀行  2017年3月期)
取締役1,042人の報酬額合計は271億円
報酬額1億円以上は4社14人で6人増加
金融機関店舗の開設・廃止状況 (2017年7月)

◇保険情報◇

第146回『ヒトの輪』 金融商品の保有状況と窓販の勧奨経験
ニッセイ基礎研究所生活研究部
シニアマーケティング・リサーチャー  井上智紀
保険窓販情報 三井住友信託銀行、七十七銀行、富山第一銀行、
三島信用金庫、日本生命保険、東京海上日動あんしん生命保険
保険窓販商品の新規取扱状況 (2017年7月)

展 望

人生100年社会に対応するため経済最優先で対処

  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ
  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせ・
資料請求などは
こちらからご連絡ください。