2017年9月18日号

◇決算分析◇

役務取引等収益の内訳・構成比
(全国銀行 2017年3月期)
地域銀の役務収益増加率トップは香川銀行の11.1%
経常収益に占める比率は合計で20.8%


 全国銀行115行合計の2017年3月期における役務取引等収益(有価証券報告書などから集計。原則、連結ベース)は4兆1,628億円となり前年同期比で141億円増加、増加率は0.3%と前年の1.7%から低下した。業態別に見ると、都銀5行合計は2兆3,027億円で同160億円(▲0.6%、前年0.0%)と微減。地銀64行合計は8,642億円で同184億円(▲2.0%、同0.9%)減、第二地銀41行では1,977億円と同57億円(▲2.8%、同0.7%)減と3業態とも減少したが、信託銀の増加(545億円)が全体の底上げに貢献した。役務取引等収益が増加した銀行は都銀5行中3行(前期3行)、地銀は23行(同40行)、第二地銀は16行(同26行)など計46行で全体の40%と前年の73行から大きく減少した。
 個別銀行の増減率を見ると、地銀の増加率トップは岩手銀の10.4%で2位の紀陽銀(5.4%)の約2倍。同行は16年5月に、保証業務を行う持分法適用関連会社を連結子会社化、保証業務の収益は3,400万円から5億400万円に増加した。第二地銀は香川銀が11.0%で1位。西京銀が9.9%で続く(表)。




業種別リスク管理債権残高・比率
(全国銀行 2017年3月末)
「不動産・物品賃貸業」は86行合計で▲16.9%
比率が高いのは建設業の3.9%
農協の県別貯金・貸出金残高 (2017年6月)
全国151信組の決算概況
(2017年3月期)
経常利益は前期比113億円減、当期純利益38億円減
広島市信組が14期連続で増収を達成
信組の個人ローン残高
(2017年3月末)
消費者ローン前期末比6.3%増と拡大続く
個人ローン残高トップは警視庁職員信組の3,108億円

◇保険情報◇

第149回『ヒトの輪』 人と出会う新しいスタイルを考える
上野直昭・保険健全化推進機構結心会会長
保険窓販情報 富山銀行、但馬銀行・きらやか銀行、鳥取銀行、
阿波銀行・大東銀行、第三銀行、岐阜信用金庫、
ネオファースト生命保険・山陰合同銀行・伊予銀行・
千葉銀行・西日本シティ銀行

展 望

アベノミクス加速への課題

  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ
  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせ・
資料請求などは
こちらからご連絡ください。