2017年10月16日号

◇決算分析◇

預金の種類別残高
(全国銀行 2017年3月期)
流動性預金合計は11.5%増、定期性は1.1%減
地域銀の流動性増加率トップは熊本銀行の19.8%


  2017年3月期の全国銀行合計(都銀5行、信託銀3行、地銀64行、第二地銀41行、新生銀、あおぞら銀の115行。平残ベース)の種類別預金残高をディスクロージャー誌を基にまとめた。
  預金の合計残高は742兆3,609億円で、前年同期比43兆8,080億円(6.2%)増加。流動性預金(当座、普通、貯蓄、通知)が437兆6,463億円で同45兆2,036億円(11.5%)と大幅に増加した。一方、定期性預金(定期預金、定期積金)は279兆206億円で同3兆2,418億円(▲1.1%)の減少に転じた。また、その他預金は25兆6,922億円で同1兆8,465億円(7.7%)の増加。うち国際業務部門は21兆2,632億円で同9,119億円(4.4%)増と前年まで2年連続で10%を超えていた増加率は鈍化した。






大手信金の業種別貸出金残高
(2017年3月末)
不動産の構成比上位10信金に8信金が首都圏信金
全9業種の変動幅は最大0.3pでほぼ横ばい

◇経営情報◇

金融仲介機能のベンチマーク
公表状況
(地域銀行、大手信金
2017年8月末)
地域銀は103行、大手信金は17金庫が公表
東和銀は全55項目を公表、独自BMも最多の18項目
住宅ローン金利 (2017年10月)

◇保険情報◇

話題の保険商品 朝日火災の自動車6年保険「ASAP6」
第153回『ヒトの輪』 選挙とは何か、「3つの原則」
出口治明・ライフネット生命創業者
保険窓販情報 近畿大阪銀行、池田泉州銀行、宮崎銀行、静岡県労働金庫、
ネオファースト生命保険、アニコム損害保険

展 望

選挙戦通じて消費増税の是非、議論深めよ

  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ
  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせ・
資料請求などは
こちらからご連絡ください。