2017年10月30日号

◇決算分析◇

貸出金の残存期間別残高・構成比
(全国銀行 2017年3月末)
最多「7年超」の合計残高が6.3%増と長期にシフト
構成比は「1年以下」が各業態で大幅に低下


  全国銀行115行合計(都銀5行、信託銀3行、地銀64行、第二地銀41行、新生銀、あおぞら銀)の2017年3月末における残存期間別貸出金残高をまとめた(単体ベース。ディスクロージャー誌より作成)。
  合計残高は550兆9,302億円で前年同月末比13兆5,724億円(2.5%)増加。残存期間別の増減率では、「1年以下」のみ減少した。最も残高が多いのは、「7年超」の178兆8,307億円で同10兆6,255億円(6.3%)増。次いで「1年以下」の120兆461億円で同2兆6,212億円(▲2.1%)減。以下、「1年超3年以下」の90兆6,797億円で同1兆9,066億円(2.1%)増、「3年超5年以下」の78兆72億円で同1兆460億円(1.3%)増、「5年超7年以下」の42兆5,427億円で同2兆1,012億円(5.2%)増と続く(グラフ1)。






◇経営情報◇

相続対策(3)
(信用金庫
2017年9月調査)
信金中金・信金110金庫が138件の取組み
福岡ひびき信用金庫、相続定期継続2回目で0.15%上乗せ
金融機関の経営統合・合併
(2017年度以降)
合併14件、経営統合5件の合計19件
静岡・焼津信用金庫と浜松・磐田信用金庫が2019年2月に合併
金融機関店舗の開設・廃止状況 (2017年9月)

◇保険情報◇

第155回『ヒトの輪』 キャッシュレス化の意義
アメリカンファミリー生命保険
木下信行 シニアアドバイザー
保険窓販情報 北越銀行、静岡銀行、きらやか銀行、京葉銀行、
城南信用金庫、福井信用金庫、
ネオファースト生命保険・西日本シティ銀行
保険窓販商品の新規取扱状況 (2017年9月)

展 望

「持続可能な開発目標(SDGs)」と「ESG投資」

  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ
  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせ・
資料請求などは
こちらからご連絡ください。