ニッキンの出版物

HOME > ニッキンの出版物
日本金融名鑑

日本金融名鑑

日本金融名鑑は、わが国金融機関のあらゆるデータを収録することを目指し、金融機関ごとに本店所在地、概況(資本金、大株主、業績、労務状況)、沿革、役員略歴、本部機構、店舗など細大漏らさず掲載しています。
2018年度版から、電子版も加わり、上・下巻にリニューアル。2分冊(上・下巻)2,300ページ、DVD(名鑑電子版・店舗情報編付)。

ニッキン電子縮刷版(冊子付)

ニッキン電子縮刷版(冊子付)

アイデアの宝庫!ニッキン電子縮刷版は、WEB上で見れるニッキン縮刷版です。
キーワード検索なども可能な電子縮刷版。『冊子版』とセット販売です。

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報

ニッキン資料年報は、他に類例のないわが国唯一の金融機関(証券・保険を含む)ディスクロ—ジャーの集大成。資金調達原価、資金運用利回り、経費率、自己資本比率、リスク管理債権など経営諸効率の実態が一目で分かります(前年対比)。

BKD (BKダイアリー)

BKD (BKダイアリー)

薄い(4mm)、軽い(39g)、丈夫(表紙:合成皮革)。見開きページの月間予定欄で、多忙なバンカーのスケジュール管理。特記事項の自由記入に便利なメモ欄、計数記入の活用を。金融機関計数表(自己資本比率、総資金利ザヤ収録)をはじめ、都市人口・主要金融経済指標・金融機関考課表など役立つ必須情報が満載。

バンカーのための 書き込み式支店長ノート

「ニッキン」記事と付録から
自分の業務を振り返り書き留める
オリジナルノート

~金融機関の全役職員、必携の1冊~

失敗から学ぶ バンカー70人の成長秘話!!

失敗から学ぶ バンカー70人の成長秘話!!

「ニッキン」2013年10月4日号から2016年10月7日号まで、人材育成ページに連載された70人を掲載。
順風だった矢先の失敗、突然のトラブルなど、バンカーには、日々直面する悩み、問題が多い。今、聞きたくても聞ける身近な先輩がいなかったり、時間がなかったりするのが現実。この解決に対し、メガバンクをはじめ、全国の地域銀行や信用金庫などで役職員として現在、活躍中の70人が自らの経験を振り返り、具体的に役立つヒントをアドバイス。

翻訳版「バリュー・ウェブ」

翻訳版「バリュー・ウェブ」

「現金」「店舗」中心の従来型金融機関がウェブやデジタル化によって、「地域性」も「チャネル」も持たない新たな金融機関へ変わるための手引書。

翻訳版 デジタル・バンク

翻訳版 デジタル・バンク

AI、ブロックチェーン、SNSなどを 活用したフィンテック。 それを自らに取り込み、「デジタル・バンク」という 新しい仕組みを構築した欧米の金融機関。本書は、その概念から、具体的な立ち上げまでを解説。フィンテック時代に「金融機関はどうあるべきか」を具体例で示している。

いざという時 ナンバー2は 〜営業店で起きる100の難問Q&A〜

いざという時 ナンバー2は 〜営業店で起きる100の難問Q&A〜

ナンバー2が直面する課題を解決 悩む前に読む一冊
副支店長、次長など優れたナンバー2の存在なくして支店の存在価値を高めることはできない。 本書はナンバー2が直面する課題を解決し支店運営をサポートする必読の一冊。

金融リスク商品 トラブル回避の処方箋 ADRも怖くない、事例100

金融リスク商品 トラブル回避の処方箋 ADRも怖くない、事例100

金融リスク商品の販売行為で顧客とのトラブルが発生すると、顧客との信頼関係はもとより金融機関自体の信用失墜を招きます。販売時の注意事項は本書の販売想定事例100で確認、顧客とのトラブルを未然に防ぎます。

いざという時 支店長は

いざという時 支店長は

「店頭・窓口でのトラブルには」「事務管理・人事管理体制での問題には」「お客さまの不注意でトラブル発生、金融機関の責任は 」・・・等。いざという時、役に立つ支店長、必読・必携の書です。

  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせ・
資料請求などは
こちらからご連絡ください。