月刊金融ジャーナルについて

HOME > 月刊金融ジャーナル > 月刊金融ジャーナルについて

月刊金融ジャーナルとは

月刊金融ジャーナル

『月刊 金融ジャーナル』は、金融界の強い要請のもとに金融論専攻の大学教授が中心となって、1960年10月に創刊しました。以来、わが国屈指のアカデミックな金融総合専門誌として各方面から高い評価をいただいております。
金融の理論と実務の接点に立ち、“徹底分析・3~5年先を展望すること”を創刊以来の編集方針としており、内容の正確さや資料価値も高く、保存タイプの月刊誌としてご愛読いただいております。
執筆陣が金融を中心とする学会、官界、金融界、コンサルタント等の専門家や一般産業界の論客など、幅広いことも特徴です。

媒体概要

創刊日 1960年10月1日
毎月1日発行 B5判120~150ページ
年13冊(金融マップ含む) 年間11,316円(税込み)
単号1冊 927円(税込み)
お支払方法 クレジットカード払い、口座自動振替、お振り込み(請求書発行)からご選択

発行部数1万5千部、ニッキン100%出資の金融ジャーナル社が発行しています。

誌面構成

  誌面は、第I・第II特集のほか、金融機関の第一線の活動をテーマとする「最前線」、金融機関トップインタビューの「地域とともに」、「コラム」「ランキング」などで構成しています。さらに、創刊60周年を記念して2020年4月号から特別企画を連載しています。

  • 第I特集・第II特集

    理論と実務の接点を求めて、金融学会・官界・金融界・コンサルタント・産業界等の金融専門家が、1つのテーマに、各方面から理論的かつ明快に分析・提言します。

  • 最前線

    「始動するプラットフォーマー戦略」「Digitalな目線」「当店の働き方改革」「地域産業を興す」など、金融機関の最前線に焦点をあてています。

  • 地域とともに

    毎号、地域金融機関のトップに独占インタビューを実施。当地の概況から、地域貢献への取り組み、人材育成、持続的経営の構築に向けたプランなど、注目の情報を発信しています。

  • コラム

    「数字は語る」「あの日あの時」「支店経営アラカルト」など、経営者の思い出、支店経営の心得、時事の話題をタイムリーに取り上げます。

  • ランキング

    金融機関の経営指標を徹底分析し、全金融機関の健全性・収益性を探ります。オリジナルなデータ分析です。

※その他、巻頭を飾る「顔」、「新本店拝見」、「トピック」、「ブック・レビュー」など多彩な内容で構成されています。

  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせは
こちらからご連絡ください。