HOME > ニッキン本紙 > ニッキン最新号ダイジェスト

ニッキン最新号ダイジェスト(2020年3月27日号)

主な記事

2020年3月27日号1面 金融庁、新仲介業に法人商品容認、定型融資など候補

  • 法令制度政策

 金融庁は、創設を目指す銀行や証券会社、保険会社などの商品・サービスを横断的に仲介できる新制度で、法人向け商品の仲介も一定の範囲内で容認する見通しだ。当初は個人向け商品を念頭に検討していたが、扱える商品を法人融資にも広げ、イノベーション促進と利便性向上につなげる。今国会に提出した金融商品販売法改正案が成立すれば2021年中にも新制度を始める。
 改正法は、業態ごとに必要な参入資格を統一するのが柱。フィンテック企業などの…

2020年3月27日号16面 特集 おしえて!ニッキン博士、正社員とパート・契約に「同一労働同一賃金」

  • 法令制度政策
  • 特集

 4月、働き方改革関連法によって改正されたパートタイム・有期雇用労働法が施行されます。同一企業内の正社員(無期雇用フルタイム労働者)とパートや契約社員らの間の不合理な待遇差を是正する「同一労働同一賃金」の実現を目指すのが狙いです。ただ、実現には企業経営や人事労務管理に大きな影響が及びます。改めて趣旨や必要な取り組みなどを分かりやすく解説します。

 【写真】正社員への転換試験に向けて上司の尾川豪介広報室長(左)と勉強する契約社員。試験に合格し4月から正社員に(1月6日、あいおいニッセイ同和損保本社会議室)

2020年3月27日号11面 特集 地域金融機関、“人材難解消”お手伝い、30行超が紹介業参入

  • 取引先支援
  • 特集

 副業仲介や外国人採用も
 地域金融機関で、人材紹介業(有料職業紹介事業)への参入が広がっている。2018年3月に金融庁が監督指針を改正して以降、地域銀行ではこれまでに30行超、信用金庫でも大阪信用金庫、さわやか信用金庫などが認可を取得(子会社分を含む)した。取引先で人材確保の悩みが深刻化しているのを受け、相次ぎ支援を強化。認可取得ではなく、人材会社とのビジネスマッチング契約により幅広い求人ニーズに対応する動きもある。

2020年3月27日号2面 日銀、米ドルなど資金供給積極化 ETF購入、月1兆円超

  • 法令制度政策

 日本銀行は、新型コロナウイルスの感染拡大で金融市場の動揺が続くなか、米ドル資金の供給や積極的な国債買い入れを続けている。また、不安定な値動きを続ける株式市場に対して過去最大規模の上場投資信託(ETF)購入などで、相場の安定を図っている。
 日銀は、日程を前倒しして開いた3月16日の金融政策決定会合で…

2020年3月27日号4面 MUFG、大企業のガバナンス支援、サステナ経営実現へ

  • 取引先支援

 第三者立場で専門会社設置
 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は大企業のサステナビリティ(持続可能性)経営を実現するため、第三者的立場で活動する専門会社を4月に設立。新会社および、三菱UFJ銀行は銀行の立場、三菱UFJ信託銀行は投資家の立場の三方から、企業ガバナンスの高度化を支援する。
 独立性を確保した立場で、大企業の指名・報酬領域で専門的な助言などを行う…

2020年3月27日号6面 地域銀行の2020年度の動き、千葉銀行や静岡銀行が新中計

  • 経営

 ふくおかFGはモバイル専業銀、同一県内で合併・統合も
 地域銀行の2020年度は、経営の持続可能性を確保するうえで節目の1年となりそうだ。合併が2件予定されているほか、年内に施行見込みの独占禁止法の特例法により、同一地域内の合併・経営統合が行いやすい環境が整う。SBIグループに代表される異業種との提携や、銀行業高度化等会社を活用した新たな事業領域への進出も相次ぎそうだ。
 20年度から新中期経営計画を始動するのは…

2020年3月27日号7面 関東地区3地域銀行、ビジネスマッチングをみる、新たな収益機会を創出

  • 取引先支援

 関東地区の地域銀行がビジネスマッチングサービスを強化している。最適なパートナー企業を紹介し、手数料や追加融資などで新たな収益機会を創出。足利銀行、きらぼし銀行、東和銀行の取り組みをみた。
 毎月400件の情報を更新
 足利銀は、めぶきフィナンシャルグループ(FG)傘下の常陽銀行の取引先との…

【写真】足利銀行が常陽銀行と共催している「ものづくり企業フォーラム」では、「技術提案書」を生かして個別商談の成約率向上につなげる(2月20日、つくば国際会議場)

2020年3月27日号8面 全信協・信金中金、コロナ対策へ動く、保証料・利子ゼロ化要望

  • 法令制度政策
  • 取引先支援

 調達・供給先探しを支援
 全国信用金庫協会と信金中央金庫が、新型コロナウイルスの感染拡大で中小企業が受ける悪影響軽減へ動いている。全信協は、業況が悪化した企業が実質的に保証料ゼロ・無利子でセーフティネット保証制度を利用できる財政措置を政府・与党へ要求。信金中金は、全国の信金が情報共有するプラットフォームで、資材や部品が不足した企業と在庫過剰に悩む取引先をつなぐ。
 全信協は、近く取りまとめられる第3弾の緊急経済対策へ金融支援の拡充を盛り込むよう…

2020年3月27日号18面 新連載・輝け!フレッシャーズ(1)、プロローグ

  • 人事施策

 大人の基礎力磨こう
 4月から、金融界に新たに加わる新入社員向けの連載をスタートする。本号は大人の基礎力を磨くビジネスマナー。次号からは「お客さまに寄り添う」をテーマに年齢の近い先輩が登場し、仕事のやりがいを伝える。併せて「新入行職員日記」も連載する。

 新たな職場へ配属・異動する際や新規顧客に会う際に身に着けておきたいのが…

2020年3月27日号3面 邦銀、原油暴落でデフォルト警戒、高利回り債に7兆円運用

  • 経営

 新型コロナウイルスの感染拡大などによる原油価格の暴落が、金融機関の余資運用に影響を与えそうだ。邦銀は低金利環境下、比較的利回りの高い海外のリスク性資産の投資を増やしてきた。“原油暴落”はエネルギー関連企業の業績不振などによるハイイールド(高利回り)債のデフォルト急増につながる懸念があり、邦銀は原油市況に対する警戒を強めている。
 原油価格の急落は新型コロナの世界的流行に加え…

2020年3月27日号17面 スイス現地取材、ピクテ・グループ、実績と質で高い信頼

  • 国際

 顧客のベストを追求
 ピクテ・グループは、スイスの名門プライベートバンクで、200年を超す歴史を持ち、約6千億ドルの資産を運用・管理する。ウエルスマネジメント(富裕層ビジネス)部門のグローバル・ストラテジスト、アレクサンドル・タヴァッツキー氏と広報責任者のフランク・レンギ氏に、その哲学などを現地で取材した。

 【写真】1階に展示しているクラシックカーはアトリエ・ピカール、ピクテ&シーにより20世紀初頭に製造された。1926年には銀行名もピクテ&シーとなった(2月24日、ピクテ・グループ本社)

2020年3月27日号20面 千葉銀行成田支店、空港関連の開発ニーズ取り込み、事業承継支援で成果

  • 営業店

 事業性融資・70億円純増
 千葉銀行成田支店(長岡明大支店長=行員40人うち女性18人。パート18人)は、成田空港に関する開発需要を踏まえたソリューション営業に注力している。2019年度上期の貸出金平均残高は、前年同期比28億1800万円増。事業性融資残高は2019年4~12月末で約70億円純増した。
 長岡明大支店長は2018年12月に着任。エリア内は成田空港を中心とする関連産業が集積し…

 【写真】日頃の情報共有を通じて、顧客ニーズの把握に努める(2月18日)

社説/ニッキン抄

研修企画 (14面)

【2019年度金融ホームドクター養成】
【下期確認テスト】 『FP実践力強化』
『コンサル能力養成』
『中小企業支援型融資推進』
『金融コンプラ』

※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。

人材育成 (15面)

失敗から学ぶ [292]
西中国信用金庫 営業統括部
 ライフプランアドバイザー・竹重 亜弥さん<下>
計画甘く・目標未達、難題への覚悟備わる

レギュラー企画

『寸言』 地域を守る金融の力 (1面)=川本 恭治・城南信用金庫理事長
『当店の元気印』 徹底した信頼関係構築 (7面)=東京スター銀行浦和支店 リレーションシップマネージャー・梶山 一貴氏
『東西ペンリレー』 日本100名城ひと巡り (12面)=東京きらぼしフィナンシャルグループ社長・味岡 桂三氏
『ちょっと一言』 新チームで勝利めざす (12面)=オートバイ・ロードレースライダー・岡崎 静夏さん
『初支店長(652)』 感謝と尊敬を忘れずに (20面)=静清信用金庫 石津支店長・田中 孝明氏
『当店のチームリーダー』 会話重ねて信頼築く (20面)=三重銀行・北川 沙樹さん

企画・特集・連載など

フォーカス2020 (1面) 外貨建て保険販売資格、負担重く・実効性を疑問視
【USA金融事情NOW】 (5面) 強まる支店でのコロナ対策
【マーケット・トレンド】 (5面) [株式]米国株の急落に追随しなくなった日本株
 広木 隆・マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
[債券]財政政策と国債買入政策
 野地 慎・SMBC日興証券 金融経済調査部 チーフ為替・外債ストラテジスト
地域銀行の“BCP再点検”(11) (6面)
 =香川銀行
免震とスペース性ある本店
信金・信組の“挑戦2020”(11) (8面)
 =大牟田柳川信用金庫
開放特許で地域活性化、市と連携して活用支援
千里眼 <271> (13面) 名南M&A 代表取締役社長・篠田 康人氏
中小企業のM&A支援、上場を機に関西強化
ミドルが拓く 370人の声(11) (18面) マネジメント力IV、部下には“考動”求める

ニッキンのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

ニッキンのおすすめ

社説/ニッキン抄

写真を読む

2020年3月13日号1面 【写真を読む】こういうときだからこそ

  • 取引先支援
  • 写真を読む

 【新潟】新型コロナの拡大で全国が自粛ムードのなか、塩沢信用組合(新潟県、小野澤一成理事長)は、全役職員50人が「こういうときだからこそ贅沢な昼食」を楽しんだ。条件は3月6日までに1回、3000円までの出前を地元業者から取ること。企業業績が落ち込む予測もあり、明るい話題を提供して地元に貢献したい考え。

【写真】豪華なランチに思わず笑みがこぼれる(3月5日、本店)