「ニッキンONLINE」創刊!
 
HOME > ニッキン本紙ダイジェスト > ニッキン最新号ダイジェスト

ニッキン最新号ダイジェスト(2024年5月24日号)

主な記事

2024年5月24日号1面 経産省、地域金融と省エネ促進、補助金審査で加点

  • 法令制度政策

 経済産業省は、地域金融機関と連携し、中小企業の省エネルギー化を後押しする。6月中旬以降に立ち上げる「省エネ・地域パートナーシップ」を通じて、参画金融機関に政策情報や営業担当者が活用できるドアノックツールなどを提供する。金融機関による関連情報の提供でニーズを掘り起こし、省エネ診断や省エネ補助金の活用を促す。同補助金の審査時に参画金融機関の確認書が添付されていれば、加点する仕組みも導入する。
 パートナーシップは、地域一丸の省エネ支援体制を構築するために立ち上げる。地域金融機関に加え…

2024年5月24日号8面 特集 大手行5グループ・2024年3月期、収益力高め純利益最高

  • 経営
  • 特集

 3メガ・初の3兆円超え
 大手行5グループ(G)の2024年3月期決算は5社合計の当期純利益が前年同期比19.1%増の3兆3705億円だった。過去最高だった2014年3月期(2兆8668億円)の水準を超えた。3メガバンクGの純利益は合算で同26.4%増。円安による増収効果に加え、海外貸出収益や法人向けソリューション、預かり資産関連収益が伸びた。3社の連結業務純益は2割増え、着実に「稼ぐ力」が付いてきた。与信費用増加などで減益だったりそなホールディングスと三井住友トラスト・ホールディングスを含めて各社とも2025年3月期、最終増益を見込む。

 ■円安追い風に強い決算
 「極めて力強い決算だった」――。過去最高益を更新した三菱UFJフィナンシャル・グループの亀澤宏規社長はこう総括した。金利収益の低下局面で打ってきた…

 【写真】会見する(左から)木原正裕・みずほフィナンシャルグループ社長、亀澤宏規・三菱UFJフィナンシャル・グループ社長、中島達・三井住友フィナンシャルグループ社長、南昌宏・りそなホールディングス社長、高倉透・三井住友トラスト・ホールディングス社長(5月14、15日、日本銀行)

2024年5月24日号2面 日銀、過去25年の金融緩和、円高是正も副作用「円安」、企業に“功罪”調査

  • 法令制度政策

 日本銀行は5月20日、過去25年間の金融緩和策や経済・物価情勢に対する実感を聞き取る企業向けアンケートの結果を明らかにした。1990年代半ば以降の政策効果・副作用を検証する「多角的レビュー」の一環。企業経営者が抱く非伝統的金融政策の功罪や、賃金・価格設定行動に及ぼした影響が浮き彫りとなった。
 アンケートは、大手から中小・零細の約2500社に対し、2023年11月から24年2月に実施(回答率は90%)。その半数超は、日銀本支店・事務所職員が調査企業に出向き、経営幹部らの面談を通じてヒアリングした。
 長く続いた金融緩和がもたらした自社事業への影響について…

2024年5月24日号3面 銀行界、外債運用姿勢に業態差、大手は「利下げ」享受

  • 経営

 銀行界で外債運用姿勢の業態差が鮮明になっている。大手行は、海外金利の上昇局面で圧縮してきたポジションを復元する動きが強まる。債券価格が本格的に上がる「利下げ」フェーズでの収益最大化を意識する。一方、地域銀行では保有残高の抑制基調が続く。運用部門の人員制約なども底流にあり、金融政策や金利動向次第では有価証券運用の収益格差が広がりそうだ。
 メガバンクなどでは先々の金利低下(債券価格上昇)を見据え、外債残高を再び積み増す先が目立つ。日本銀行の統計では…

2024年5月24日号7面 信金、ATM×AIで特殊詐欺防止、西尾信金・福島信金など試行導入

  • 経営

 信用金庫で、特殊詐欺防止へ新たなツールの導入が広がりそうだ。利用者が携帯電話を使うしぐさなどをATM内蔵のカメラと人工知能(AI)で検知し、職員に知らせたり、取引を中止したりする。4月に西尾信用金庫が全国で初めて導入、5月には福島信用金庫も導入した。開発した日立チャネルソリューションズには、全国の信金から問い合わせが増えているという。
 高齢者らを電話でATMに誘導し、指定口座に不正に送金させる特殊詐欺被害が後を絶たない。高齢客が多い信金では…

【写真】AI画像検知付ATMを試行する西尾信金職員(5月8日)

2024年5月24日号10面 【実像】試される賃上げ好循環、労使で成長ストーリー共創へ

  • 人事施策

 金融界は2024年春闘で2年連続の「満額ラッシュ」が実現した。メガバンクや大手地方銀行では、基本給を底上げするベースアップ3%以上に踏み切るなど、歴史的な高水準となった。社員の給与抑制など経費削減を通じて収益を追求する「コストカット型」から脱却し、賃上げを続けながら企業も成長する「好循環」の兆しも見えてきた。2025年以降、この流れを持続できるかが問われる。

 ■“果実”を分かち合う
 「2024年春闘は事前の意見調整なしでベア要求を前提として執行部で議論できた」――。大手行の労組幹部はそう振り返る。2023年度から物価高の局面に突入し…

 【写真】生保労連は加盟単組の賃金交渉結果をホワイトボードに記入している(3月26日)

2024年5月24日号12面 フィンテック界、外為業務で台頭、顧客紹介へ提携活発化

  • 為替・決済

 フィンテック業界が、銀行の外国為替業務で台頭してきた。ネット専業銀行などにサービス機能を提供するホワイトラベルや、地域銀行との顧客紹介に向けた業務提携が活発化。利用が拡大する電子商取引(EC)に加え、コロナ禍後の商流回復で高まる需要獲得に向けて、送金の取引金額を増やせる免許を取得するなど、法人向けにも対応したサービス拡張を進める。
 クイーンビーキャピタル(東京都)は、銀行口座に加えコード決済などで用いる「デジタルウォレット」にも送金できるのが特徴だ。ペイペイ銀行や…

2024年5月24日号15面 朝日信金、「しんきん館」が盛況、名産品販売で地域PR

  • 地域貢献

 朝日信用金庫(東京都、伊藤康博理事長)の地域貢献施設「上野しんきん館」が盛況だ。自社ビルをリノベーションし、期間限定で全国の自治体などに無償で貸し出す取り組み。2月1日のオープン以来、名産品の売り上げ拡大や地域のPRにつながっている。
 しんきん館は創立100周年事業の一環として開設した。出店者は、信金中央金庫やしんきん地域創生ネットワーク…

 【写真】4月から北海道の特産品を販売している(5月14日、上野しんきん館)

2024年5月24日号17面 みずほFG、広がる障がい者雇用、役職登用で定着する職場へ

  • 人事施策

 「徐々にできることが増えるとやりがいにつながる」――。こう話すのは、みずほフィナンシャルグループ(FG)の特例子会社「みずほビジネス・チャレンジド」で人材育成を務める亀竹哲也さん。自身も障がいがあるが、ジュニアリーダーに抜擢(ばってき)され、申込書類のデータ入力を担うチームで17人をまとめる。コミュニケーション面での不安から当初2人しか電話対応ができなかったチームだが、亀竹哲也さんを中心にメンバー間で模擬練習を繰り返し、今では10人が対応できるようになった。
 東京・町田市に本社を置く同社は、障がい者の雇用を促進するために1998年に設立。今では都内に五つある拠点で障がいがある社員371人が働く。
 同社の特徴は、雇用した障がい者の…

 【写真】チームのメンバーと会話する亀竹哲也さん(右、5月1日、みずほビジネス・チャレンジド町田本社)

2024年5月24日号18面 清水銀行袖師支店、ソリューション営業が奏功、貸出金残高・5億円増

  • 営業店

 【静岡】清水銀行袖師支店(杉山裕一支店長=行員18人うち渉外4人。パート6人)は、詳細な情報収集・分析による提案型営業で成果をあげている。分析結果を基に企業の課題解決に向けたソリューション営業を展開。手数料獲得や法人融資に結び付けている。貸出金残高は1年間で約5億円増の168億3800万円(2024年3月末)。2023年度全店業績表彰で優績店となった。
 袖師支店の営業エリアはJR清水駅から東名清水ICを中心に約10キロ四方と広い。アクセスが良く、物流・製造業が集積する。
 杉山裕一支店長は2022年4月に着任。同行パーパス「地域を愛し…

 【写真】取引の状況を確認する杉山裕一支店長(左から5人目、4月23日、清水銀行袖師支店会議室)

社説/ニッキン抄

学び (13面)

【Nikkin 金融講座】
私のターニングポイント(7) 佐賀山 隆・伊予銀行本店営業部上席執行役員部長(上)
新規融資焦り粉飾見抜けず、分析力高めるべく奮起
※「Nikkin 金融講座」は過去掲載分も含め、「ニッキンONLINE」でご覧になれます。

預かり資産 (14面)

預かり資産営業の“お悩み”Q&A (19)
 富裕層へのNISA提案
資産の課題解決手段として活用
投信窓販優績者に聞く 横浜信用金庫・宮尾 るり子さん
メモ取り顧客理解深める
投信レビュー 4月株式投信・1兆5000億円流入、新NISAで裾野拡大
ニッキンONLINE」に掲載

レギュラー企画

寸言 快適・安全・安心(1面)=角田 典彦・三菱UFJニコス社長
東西ペンリレー バミューダ諸島ってどこ?(9面)=伊原 隆史・三菱UFJ信託銀行取締役専務執行役員
ちょっと一言 江戸期の三井を研究(9面)=法政大学経済学部准教授・萬代 悠さん
『初支店長 [852]』 尊敬し合える関係づくり(18面)=百十四銀行加古川支店・岡 誠 氏
『スマイル』 プレッシャーを力に(18面)=小松川信用金庫・川口 真令さん

企画・特集・連載など

インタビュー(11面) 石川 耕治・損害保険ジャパン社長
企業風土変革に全力
インサイト
 キーパーソンに聞く<118>(12面)
高原 祐介・エクスプローラーコンサルティング代表取締役
契約件数の拡大に貢献
羽ばたく新人へ私の仕事秘話 [7](16面) 加茂信用金庫・丸山 美紀子さん
チームプレーに達成感
ザ・フロント・バンカーズ(18)(18面) 著:江波戸 哲夫氏

ニッキンのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。