HOME > ニッキン本紙 > ニッキン最新号ダイジェスト

ニッキン最新号ダイジェスト(2019年12月13日号)

主な記事

2019年12月13日号1面 金融庁、スクレイピング契約容認、中小企業の影響考慮

  • 法令制度政策
  • ネット・システム

 API難航で暫定的に
 金融庁は銀行に対し、フィンテック企業がインターネットバンキングの画面から預金者の情報を読み取るスクレイピング契約を容認する。安全性に課題があるとされる同手法は、2020年5月末までにAPI(データ連携の接続仕様)接続に移行し、極力解消するよう求めていた。一部で交渉が難航しており、期限に間に合わない場合、契約を条件に認める方針だ。
 銀行と契約したうえで行うスクレイピングは…

2019年12月13日号3面 金融界、社内の人材情報を一元化、メガなど導入20社超に

  • 人事施策

 最適配置やキャリア支援で
 金融界で、クラウドを使って社内の人材情報を一元化し、最適配置やキャリア支援に生かす動きが広がっている。経営や人事部門、職場などで個々のスキルやキャリアなどの情報を共有。離職が増えるなか、働きがいを高め、成長を促すため、個人にあった育成などにも活用する。メガバンクグループや地方銀行など13社が導入済みで、10社超が検討している。
 全従業員の顔と名前、所属のほか、…

【写真】サイダス社が開いた金融機関限定のサミットには、システムを導入または関心を持つ25社が参加。大分銀行などが事例を発表した(11月18日、東京都内)

2019年12月13日号1面 【写真を読む】若手の要望から交流実現 愛知信用金庫

  • 写真を読む

 【名古屋】全店の職員が一堂に――。愛知信用金庫(浦田卓理事長)は12月6日、ボウリング大会を初開催した。支店の若手からの要望を受けて実現。2020年度の内定者13人も招待し、約200人が交流を深めた。始球式には浦田理事長が登場。「以前から職員が集まる機会を作りたかった。皆が笑顔でうれしい」とほほ笑む。

【写真】職員が注目するなか始球式で投じる浦田理事長(12月6日、名古屋グランドボウル)

2019年12月13日号2面 政府・与党、NISA・2階建てに、5年間は積立限定へ

  • 法令制度政策

 非課税、最大10年
 政府・与党は2024年に投資信託などの運用益を非課税にするNISAを見直す。23年末に期限を迎える一般NISAを引き継ぐ制度で、新たに2階建ての仕組みを創設するのが柱だ。1階部分にあたる最初の5年間は積立型の投資に限り、原則として終了後に2階部分の投資を可能にする。19年末までにまとめる税制改正大綱に盛り込む。
 投資額年102万円(5年間)まで非課税にする2階部分に投資するには、…

2019年12月13日号3面 全国金融機関のマル保融資、保証承諾は240機関で増加、創業支援など積極化

  • 融資

 信用保証制度を利用している都市銀行、地域銀行、信用金庫、信用組合448機関のうち半数超の240機関で、2019年4~9月の保証承諾件数が前年同期間の実績を上回った。プロパー融資を併用した件数も、239機関で増加。中小企業庁が11月29日に公表した金融機関別保証実績を集計した。
 承諾件数を最も増やしたのは、西日本シティ銀行。4月から、…

2019年12月13日号4面 三井住友銀行、羽田空港周辺の企業支援、マッチングで地元信金も力

  • 取引先支援

 三井住友銀行は、東京都大田区の羽田空港跡地と神奈川県川崎市の殿町(キングスカイフロント)両地区における最新テクノロジーの集積に向けた企業支援に力を注ぐ。地元信用金庫と手を組み、大手企業と地元中堅企業をつなぐビジネスマッチングも開く。
 大田区と川崎市は2013年に産業包括連携協定を締結。現在、協定を土台に、…

2019年12月13日号5面 中堅生保5社、営業職員数を拡充へ、採用強化や業務見直しで

  • 人事施策

 富国は上期490人増

 中堅生命保険各社が、販売チャネルの主力に置く営業職員の増員を進めている。新規採用の強化や提案力向上につながる研修を充実するなど早期離職者の防止にも取り組む。医療やがんなど保障性保険の販売増につなげるのが狙い。1万人割れが続いていた富国生命保険は9月末で1万308人と3月末比490人増やした。朝日生命保険も300人増の約1万2千人体制とした。
 営業職員については、固定給引き上げや成果給条件を緩和するなど、…

2019年12月13日号6面 地域銀行、2020年3月期業績予想、58行・Gが減益見込む

  • 経営

 与信費用増加を警戒

 地域銀行の2020年3月期決算は、連結純利益の増益が黒字転換を含め27行・Gにとどまる見通しだ。全86行・グループ(G)の7割にあたる58行・Gは減益(赤字2行を含む)を予想する。19年度上期実績を踏まえ与信関係費用を保守的に見積もる動きが広がり、利益の下押し圧力となる。
 通期予想を未公表の東京スター銀行を除いた連結純利益の合計は8660億円と、…

2019年12月13日号9面 全信協、信金の災害対応力底上げ、三井住友海上と初動訓練

  • 人事施策

 2020年1月までに6地域で

 全国信用金庫協会は、三井住友海上火災保険、MS&ADインターリスク総研と連携し、信用金庫の大規模災害発生時の対応訓練を支援している。11月~2020年1月に、全国を6地域に分け計11回の研修を開催。各信金による独自の訓練実施も促している。
 2017年に2社と協定を締結。BCP(業務継続計画)の策定支援を含め、…

【写真】研修では地震発生直後に情報を収集・整理する訓練を積む(12月2日、都内)

2019年12月13日号10・11面 特集 全国547金融機関の資金量・融資量ランキング(2019年9月末)

  • 預金
  • 融資
  • 特集

 2019年9月末の全国資金量トップはゆうちょ銀行で、2~4位は3メガバンクが占めた。融資量は三菱UFJ銀行がトップ、2位はみずほ銀行で前年の3位から順位を上げた。

2019年12月13日号18面 特集 2019年度上期・地域金融機関の生保窓販実績

  • 投信保険
  • 特集

 終身・年金とも大幅減
 地域金融機関の2019年度上期「生命保険窓販実績」がまとまった。一時払い型の終身保険と定額個人年金保険は、合わせて2018年度下期比約3万6千件減少し、18万件を割り込んだ。地方銀行64行、第二地方銀行39行、2019年7月末で預金残高5千億円以上の大手78信用金庫を対象に調査した。

2019年12月13日号19面 住宅機構、リバモ型住宅ローン急伸、「相続人負担なし」が人気

  • 融資

 住宅金融支援機構のリバースモーゲージ型住宅ローン「リ・バース60」の申請件数が急増している。2019年度上期(4~9月)は474件と、前年同期比約2.4倍に増加した。2019年度の年間実績は1千件を突破する公算が大きい。
 60歳以上の顧客が対象の同商品は、提携金融機関のリバモ型住宅ローンに住宅機構が…

2019年12月13日号22面 十六銀行忠節支店、取引先の返済負担解決、シ・ローンを年1億円軽減

  • 営業店

 チーム制で4カ店連携強化
 【名古屋】十六銀行忠節支店(可児尚幸支店長=行員19人うち女性9人。パート10人)は、シンジケートローンの提案で顧客の課題を解決し収益確保にも寄与。4カ店で運営するチーム制の連携を強化し、2期連続で業績表彰を受けた。
 可児尚幸支店長は6月に着任。取引先へのソリューション提供で成功したのが8月に…

 【写真】にぎやかな雰囲気で会議も運営(11月28日)

社説/ニッキン抄

研修企画 (14面)

【2019年度金融ホームドクター養成】
【知識と実践力を磨く】 『FP実践力強化[35]=2020年注目したい制度改正内容』
『コンサル能力養成[35]=顧客ニーズと価格決定』
『中小企業支援型融資推進[35]=ステージ別支援:再生・廃業支援』
『金融コンプラ[35]=高齢者取引』
【金融法務】(35) 民法改正(債権法)〔3〕
自己診断テスト

※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。

人材育成 (15面)

失敗から学ぶ [281]
農林中央金庫 高松支店長・奥田 康一郎氏<上>
自分の仕事“丸投げ”、進捗確認せずピンチ

レギュラー企画

『寸言』 キャッシュレス支援 (1面)=桑野 徹・TIS会長兼社長
『一人一言』 変化はチャンス (7面)=大正銀行頭取・吉田 雅昭氏
『東西ペンリレー』 男の家事が日本を救う!? (17面)=三井住友フィナンシャルグループ執行役員・浅山 理恵氏
『ちょっと一言』 野菜収穫ロボット開発 (17面)=inaho 社長・菱木 豊 氏
『初支店長(640)』 女性初の職も前向きに (22面)=富山信用金庫 八尾支店長・瀧 和美氏
『当店のチームリーダー』 心のゆとりがミス防ぐ (22面)=京都北都信用金庫・安達 香織さん

企画・特集・連載など

フォーカス2019 (1面) 悩む「暴力団離脱者」対応
排除か、更生支援か
池田・埼玉りそな銀行社長に聞く (4面) 資産承継ビジネスで成果
飯田・みずほ証券社長に聞く (5面) 営業を科学する
【USA金融事情NOW】 (5面) 知性に富んだボルカー氏悼む
【マーケット・トレンド】 (5面) [株式]三度目の大型経済対策と株式相場
 広木 隆・マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
[債券]低い長期債利回りと株高
 野地 慎・SMBC日興証券 金融経済調査部 チーフ為替・外債ストラテジスト
若年層なう(11) (6面)
 =広島銀行
ターゲットを明確化
地域と生きる[24] (8面)
 =遠賀信用金庫
企業をつなぐ、マッチングで地元活性化
伊藤・島田掛川信用金庫理事長に聞く (9面) 課題解決で日本一めざす
千里眼 <261> (13面) エンピレックス CEO ジョン・ディアナ氏
品質テストサービスに注力、顧客体験改善を支援

ニッキンのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

ニッキンのおすすめ

  • cmc

社説/ニッキン抄

写真を読む

2019年12月13日号1面 【写真を読む】若手の要望から交流実現 愛知信用金庫

  • 写真を読む

 【名古屋】全店の職員が一堂に――。愛知信用金庫(浦田卓理事長)は12月6日、ボウリング大会を初開催した。支店の若手からの要望を受けて実現。2020年度の内定者13人も招待し、約200人が交流を深めた。始球式には浦田理事長が登場。「以前から職員が集まる機会を作りたかった。皆が笑顔でうれしい」とほほ笑む。

【写真】職員が注目するなか始球式で投じる浦田理事長(12月6日、名古屋グランドボウル)