2021年度『ニッキン賞』表彰

HOME > ニッキン > 2021年度『ニッキン賞』表彰

北國FHD、DXへの先駆的取り組み

 45回目となる2021年度「ニッキン賞」の表彰式が2月9日、北國フィナンシャルホールディングス(FHD)本社で開かれた。日本金融通信社の宮岸順一社長が北國FHDの杖村修司社長に賞牌(しょうはい)と副賞(50万円)を贈呈した。
 同社は、傘下の北國銀行を中核に十数年前から確固たるシステム戦略のもと、最新テクノロジーを積極的に採用。いち早くデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んできた。自グループで蓄えたノウハウを取引先企業などにも還元することで、地域全体のDXにも貢献。前例にとらわれない数々の先駆的施策は、地方銀行のIT利活用に新たな可能性を示した。
 宮岸社長は「DXの活用により組織や働き方、企業文化が変革されてきた。新しい時代における地方銀行の地域貢献のあり方としても大変参考になるモデル」とたたえた。


宮岸社長から賞牌を受け取る杖村社長(左、2月9日、北國FHD本社)
北國FHD社長 杖村 修司氏

北國FHD社長
杖村修司氏

北國FHD社長 杖村 修司氏

 北國FHDは、北國銀行を中核に十数年前から確固たるシステム戦略のもと、最新テクノロジーを積極的に採用。いち早くデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んできた。自グループに留まらず、蓄積したノウハウを取引先企業などに還元して、地域社会全体のDXにも大きく貢献している。2019年5月に国内銀行で初めてEC(電子商取引)モールを開設。21年5月には国内初のフルバンキングシステムのパブリッククラウド移行を実現したほか、システムの内製化も着実に進めている。前例にとらわれない数々の先駆的施策は、地方銀行による新たなIT利活用の可能性を示したとして、高く評価される。

ニッキン賞規定抜粋

一、 目的

金融機関が国民大衆とともに発展していくため、金融機能の開発、経営の合理化などへの貢献、社会貢献活動、行職員の称賛に値する善行などを顕彰し、奨励することを目的とする。

一、 表彰の対象

  1. 新しい金融商品・サービスを開発、顧客に大きな利便をもたらす行為
  2. 事務システムやサービスの品質向上、新しい機械化システムの開発など、経営の合理化に寄与する行為
  3. 公共機関として正しい姿を国民大衆に啓もうし、率先垂範する行為
  4. 研究や論文、提言などが、賞の目的に合致する顕著な成果につながったと認められる行為
  5. 社会奉仕活動、防犯活動、災害救助活動など社会的貢献が顕著な行為
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせは
こちらからご連絡ください。