2018年度『ニッキン賞』表彰

HOME > ニッキン > 2018年度『ニッキン賞』表彰

 42回目となる2018年度「ニッキン賞」の表彰式が、2月14日と15日に行われた。日本金融通信社の伊保研一社長が滋賀銀行本店(15日)で高橋祥二郎頭取に、東京都新宿区の第一勧業信用組合本店(14日)で新田信行理事長に賞牌(しょうはい)と副賞(50万円)をそれぞれ贈呈した。
 滋賀銀は17年11月に地方銀行で初めて「SDGs(持続可能な開発目標)宣言」を行い、主催の起業塾や商談会などを通じて、取引先企業や地元産業界へのSDGs周知を積極化している。伊保社長は「金融界で先駆的な活動を行うだけでなく、ビジネスとして展開している」と称賛した。
 第一勧業信組は16年2月以降、全国の地域金融機関や自治体など、業態・業種を超えて多角的に連携協定を拡大。物産展の開催といった活動で東京発の地方創生と地域間の資金循環に取り組んでいる。伊保社長は「明日の金融機関の一つの形」とたたえた。

滋賀銀行、SDGsの先駆的活動


伊保社長から賞牌を受け取る高橋頭取(右、2月15日、滋賀銀本店)

SDGsを商機に


滋賀銀行頭取
高橋祥二郎氏

滋賀銀行頭取 高橋 祥二郎氏

授賞理由

滋賀銀行は2017年11月に地方銀行で初めて「SDGs(持続可能な開発目標)宣言」を行い、実現に努めることを公表した。18年以降、専用融資商品の取り扱いや同行主催の起業塾、商談会などを通じて、取引先企業や地元産業界に対するSDGsの周知活動にも積極的に取り組んでいる。こうした活動は銀行界で先駆的であり、業界内の関心を高めることにも貢献するなど高く評価される。


第一勧業信用組合、地方創生へ多角的連携


賞牌を受け取る新田理事長(左、2月14日、第一勧業信組本店)

連携数58先に拡大


第一勧業信用組合理事長
新田信行氏

第一勧業信用組合理事長 新田 信行氏

授賞理由

第一勧業信用組合は「東京発の地方創生」を掲げ、信用組合はもとより、地域銀行や信用金庫、地方自治体など業態を越えた連携協定を拡大。東京での物産展開催、都内在住者の地方不動産売却、農業ファンド組成など、地域間の資金循環に取り組んでいる。こうした活動は、協同組織金融機関の精神に基づき、互いに連携・協力して地域社会の発展に大きく貢献するものとして、高く評価される。

ニッキン賞規定抜粋

一、 目的

金融機関が国民大衆とともに発展していくため、金融機能の開発、経営の合理化などへの貢献、社会貢献活動、行職員の称賛に値する善行などを顕彰し、奨励することを目的とする。

一、 表彰の対象

  1. 新しい金融商品・サービスを開発、顧客に大きな利便をもたらす行為
  2. 事務システムやサービスの品質向上、新しい機械化システムの開発など、経営の合理化に寄与する行為
  3. 公共機関として正しい姿を国民大衆に啓もうし、率先垂範する行為
  4. 研究や論文、提言などが、賞の目的に合致する顕著な成果につながったと認められる行為
  5. 社会奉仕活動、防犯活動、災害救助活動など社会的貢献が顕著な行為
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせ・
資料請求などは
こちらからご連絡ください。