2019年度ニッキン賞

HOME > ニッキン > 2019年度ニッキン賞

亀有信用金庫、新現役交流会の礎を築く

 43回目となる2019年度「ニッキン賞」の表彰式が、2月13日に行われた。日本金融通信社の伊保研一社長が亀有信用金庫本部で矢澤孝太郎理事長に賞牌(しょうはい)と副賞(50万円)を贈呈した。
 亀有信金は大手・中堅企業OBの経験豊富なシニア人材(新現役)と地域の経営課題を持つ中小企業をマッチングする地域金融機関主催の「新現役交流会」を全国金融機関に先駆けて開催。業務提携するシグマバンクグループ(東栄信用金庫、亀有信用金庫、小松川信用金庫、足立成和信用金庫)の支えもあり、この3者交流モデルは全国の地域金融機関に広がった。
 伊保社長は「取引先企業の相談に応えることは信頼につながり、地域、中小企業、金融界の大きな発展になる。全国にさらに広がることを望んでいる」と称えた。


矢澤理事長(右)が伊保社長から賞牌を受け取った(2月13日、亀有信金本部)

亀有信用金庫理事長
矢澤孝太郎氏

亀有信用金庫理事長 矢澤 孝太郎氏

授賞理由

 亀有信金は、2009年6月に中小企業庁の新現役チャレンジ支援事業を活用し、大手・中堅企業OBのシニア人材(新現役)と地域の中小企業をマッチングする地域金融機関主催の「新現役交流会」を初開催。同信金を含めた都内信金(東栄、小松川、足立成和)のシグマバンクグループの支えもあり、継続して開催。この3者交流モデルは礎となり全国の地域金融機関に広がった。こうした活動は地域の中小企業の課題解決に加えて、地方創生の観点からも大きく貢献するものとして高く評価される。

ニッキン賞規定抜粋

一、 目的

金融機関が国民大衆とともに発展していくため、金融機能の開発、経営の合理化などへの貢献、社会貢献活動、行職員の称賛に値する善行などを顕彰し、奨励することを目的とする。

一、 表彰の対象

  1. 新しい金融商品・サービスを開発、顧客に大きな利便をもたらす行為
  2. 事務システムやサービスの品質向上、新しい機械化システムの開発など、経営の合理化に寄与する行為
  3. 公共機関として正しい姿を国民大衆に啓もうし、率先垂範する行為
  4. 研究や論文、提言などが、賞の目的に合致する顕著な成果につながったと認められる行為
  5. 社会奉仕活動、防犯活動、災害救助活動など社会的貢献が顕著な行為
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせは
こちらからご連絡ください。