2017年11月20日号

◇決算分析◇

2017年9月中間決算概況(1)
(大手行等)
主要5社の純利益合計は1兆5,333億円で10%増
株式売却益の増加や与信費用の減少が寄与


 主要金融5社(みずほFG、三菱UFJFG、三井住友FG、りそなHD、三井住友トラストHD)の2017年9月中間決算は、連結経常収益の合計が8兆5,743億円で前年同期比8,448億円(10.9%)の増収、連結経常利益は2兆1,427億円で同1,421億円(7.1%)増益。また、親会社株主に帰属する中間純利益(以下純利益)は株式売却益の増加や与信費用の減少が寄与、1兆5,333億円で同1,405億円(10.1%)の増益となった(グラフ1)。
  最終利益は4期ぶりの増益となったが、実質業務純益は利息収入の低迷や手数料収益減少の影響を受け、1兆7,875億円と1,684億円(▲8.6%)の減益。増益は三井住友FGの1社のみと本業の収益は厳しい状況が続いている。






◇保険情報◇

個人年金保険販売実績
(地域銀等、大手信金
2017年度上期)
地域銀、定額一時払い対前年同期比60%超増加
大手信金の変額一時払いが件数・収保ともに2倍超に
医療・がん保険販売実績
(地域銀等、大手信金
2017年度上期)
福岡銀行、医療保険2,400件で地銀トップ
大手信金が、がんで前年同期比30%以上伸ばす
第158回『ヒトの輪』 金融商品の保有状況と直近の窓販加入経験
ニッセイ基礎研究所シニアマーケティング・リサーチャー
井上智紀氏
保険窓販情報 みちのく銀行、北越銀行、富山銀行、
百五銀行、沖縄銀行、北伊勢上野信用金庫

展 望

現状で補正予算は必要か?拙速すぎる!!

  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ
  • 掲載広告
  • 年特
  • ニッキンプラザ

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせ・
資料請求などは
こちらからご連絡ください。