HOME > 「ニッキン」最新号から > 地域貢献 > 2020年7月17日号19面 鹿児島銀行、子ども食堂に食材支援、県内54カ所へ毎月寄贈

2020年7月17日号19面 鹿児島銀行、子ども食堂に食材支援、県内54カ所へ毎月寄贈

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フードロスの解消も
 【鹿児島】鹿児島銀行は、安定的な食材調達が課題となっている「子ども食堂」の本格支援に乗り出す。地元農家や生鮮食料品の仲卸業者などから規格外商品、余剰在庫などを買い取り、鹿児島県内で活動する子ども食堂に提供する。毎月2、3回のペースで定期的に寄贈する仕組みを今夏以降につくり上げる考えで、「生産者支援と子ども食堂への支援に継続して取り組む」(松山澄寛頭取)方針。
 食材を提供するのは県内54カ所の子ども食堂。新型コロナウイルス感染症の影響で…

 【写真】調達する食材を確認する農業法人「春一番」の社員(中央)と「かごしまこども食堂・地域食堂ネットワーク」事務局スタッフ(左、7月9日、中央卸売市場)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事