HOME > 「ニッキン」最新号から > 資産管理 > 2017年12月1日号16面 労金界、“積み立て”で資産形成促す、財形やiDeCo軸に

2017年12月1日号16面 労金界、“積み立て”で資産形成促す、財形やiDeCo軸に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 2018年4月からつみたてNISA

 

 労働金庫界は、“積立商品”を活用して勤労者の資産形成を後押ししていく。主力商品である勤労者財産形成促進制度(財形)や個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ))の推進に加え、2018年4月から営業店窓口でもつみたてNISAを取り扱えるようにする。労働金庫連合会は「非課税メリットを上手に組み合わせながら、特に若年層への周知を図りたい」と話す。

 つみたてNISAの口座開設は、……

 

 
 

労働金庫のつみたてNISAの専用冊子<ニッキン12月1日号16面>

労働金庫のつみたてNISAの専用冊子<ニッキン12月1日号16面>
 

ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事