HOME > 「ニッキン」最新号から > 人事施策 > 2019年5月31日号18面 金融界、敷地や就業中“禁煙”相次ぐ、健康経営や受動喫煙対策で

2019年5月31日号18面 金融界、敷地や就業中“禁煙”相次ぐ、健康経営や受動喫煙対策で

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 金融界では、従業員の健康づくりに戦略的に取り組む「健康経営」の一環で、職場を禁煙にする動きが一段と活発になっている。2020年4月から、職場などで原則、屋内禁煙を義務づける改正健康増進法の全面施行に先駆けた対応。4月から秋田銀行や福井銀行などが敷地内を全面禁煙にしたほか、7月から大分銀行が外回り中を含む就業時間内禁煙を始める。
 国の基準を上回る「敷地内禁煙」まで踏み込んだ対応が4月に相次いだ。福井銀は…


【写真】損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、5月末で本社ビルの屋外喫煙所も閉鎖(写っているのは別会社の従業員)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事